解説・操作方法・攻略

オーバークック2 攻略のヒント【Nintendo Switch】

2018/10/12

みなさん料理していますか?

役割分担をして、料理をして、提供する。

この単純に思える作業に悪戦苦闘中ではないでしょうか?

今回は『オーバークック2』の攻略のヒントをご紹介します。
また、DLC「南国ぎゅぎゅっとバカンスパック」だけに使えるテクニックもご紹介します。

この記事は、ともがお伝えします。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2018年8月7日
発売元 Team17
開発元 Ghost Town Games
ハード Nintendo Switch
ジャンル シミュレーション
プレイ人数 1~4人(ローカル通信・インターネット通信 2~4人)
対応コントローラー Proコントローラー
プレイモード TVモード、テーブルモード、携帯モード
動画撮影 対応
CERO A(全年齢対象)
通常価格 2,750円 (税込)
公式サイト Overcooked® 2(任天堂公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

 

攻略のヒント

基本的なこと

まず以下の2点を頭に入れておきましょう

  1. 注文を間違わないこと
  2. 速く提供すること

提供する順番は前後しても大丈夫ですが、注文の制限時間が過ぎると失敗になり「-30点」になるので、ご注意を。

また、頼んでいない商品を出しても、減点はされませんがムダです。
その商品が注文されるまで置いておいた方がいいかと思います。

なお、注文された順番に提供するとチップが多めにもらえるので、高得点を狙うならば、提供する順番にも気を使いましょう。

 

1人プレイ時のテクニック

私が独自に発見した技を一覧にしてみました。
以下の技は、使えるステージと使えないステージがあります。
どの技にしろ、臨機応変に動くのがよいと思います。

 

1・ダッシュを使う

Bボタン(ヨコ持ちの場合は下ボタン)でダッシュが使えます。
積極的に使っていきたいところ。

 

2・どちらを先に持つか

お皿を鍋やフライパンに近づけて、完成させた方が効率的です。
ただ、鍋やフライパンをお皿に近づけても、完成になりますので、臨機応変に使い分けたいですね。

 

3・2人で食材を切る、皿を洗う

対面で、まな板が使えるステージやお皿が洗えるステージでは、2人でできます。
1人でやるよりも速いので、場面によってはどんどん使っていきたい技。

 

4・切る作業を引き継ぐ

対面で、まな板が使えるステージに限り、切る作業を引き継ぐことができます。

例えば、Aが食材を切っている。
Bがやってきて、2人で切る。
Aが次の作業へ移り、切る作業はBに任す。

こうすることで、少しでも時間のロスを少なくできます。
    

5・手ぶらで移動しない

ただ移動するだけではなく、なにかを持って移動しましょう。

 

6・できるだけヒマな人を作らない

どうしても「1人を動かし、もう1人はなにもしていない」という場面が生まれてしまいます。

1人は切る作業か、洗う作業をさせておき、もう1人を動かすことをできるだけ心がけましょう。

 

7・「投げる」を最大限に活用する

今作から実装された「投げる」。
切る前の食材や、切った後の食材を投げることができます。
「Xボタン」で、投げます。

対面テーブルに置いて渡すより、投げた方が効率がいい場合があります。
また食材を投げて、床に転がしておくことも可能です。
ちなみに階段間は投げられません。

段差があると、投げても、飛んでいかない

 

8・「直接」投げる

切った食材を直接フライパンや鍋、ボウルに投入することができます。
冷静に狙ってみましょう。

また相手に直接、食材を投げ渡すこともできるので、活用してみましょう。
ただし、落下しないように確実に狙うこと。

 

9・食材も瞬間移動

瞬間移動ができるステージが登場します。
この瞬間移動は、人間だけでなく、食材も瞬間移動できます。
なので、投げて移動させるという手が使えます。

レタスが左から右へ(ちなみに上記の場合は、右に投げても意味はない)

 

10・ベルトコンベアーを使わないという手

ギミック にベルトコンベアーがありますが、「あえて使わない」という手も。

 

11・順番を考える

適当に持ってきた食材を切ったり、煮たりするのではなく、一番効率がよい「順番」を考えてみましょう。
[追記]
もし、高得点を狙うならば、注文通りに提供していきましょう。

 

12・食材ではなく、お皿やボウルをもって移動した方がいいステージも

1つずつ食材を集めてお皿やボウルに入れるより、お皿やボウルをもって、食材を入れていくといいステージも。

 

13・作業スペースを分担しておく

ステージによっては、同じ場所に2人留まると、作業が滞るステージがあります。
なので、作業が滞らないようスペースも分担しておきましょう。

ギミックが動いてしまい、食材がないため、なにもできなかった場面

 

14・お皿を渡せない時

「ギミックが動いて、お皿を渡せない」という場面があると思います。
そういう場合は「作る」ことに専念し、渡せるタイミングで渡しましょう。

 

15・残り30秒

残り30秒になったら、一番材料の少ない注文を優先して作りましょう。
もちろん、それまで作っていた作りかけの料理の方が早く作れそうならば、それを優先に。

 

16・移動や消火は最小限にとどめる

極力、移動しない方がスムーズなステージも。
自然発生する火は、自然に消えるので、消さなくても大丈夫なように動くといいです。

 

17・場面が変わるステージ

5-6など、まるごと場面が変わるステージがあります。
移動が大変な時は「具材を作る」ことに専念し、移動を必要最小限に抑えます。
そして、移動が楽な場面になったら、料理を完成させたり、お客さんに提供したりしましょう。

 

18・フライパンやボウルは捨ててもOK

フライパンやボウルの中にある、できあがった料理をベルトコンベアに乗せます。
お皿で料理をすくい、器具はさようなら。
でも、器具はちゃんと元の場所に戻ってきます。

オーバークック2

画像は、追加コンテンツ「南国ぎゅぎゅっとバカンスパック」より

 

19・水鉄砲で洗う時は、まとめて(DLC)

追加コンテンツ「南国ぎゅぎゅっとバカンスパック」でのアイテム「水鉄砲」。

1枚ずつ洗うよりも、重ねておいたままの状態で、水鉄砲を使ったほうが効率的です。

 

20・ふいごは無理に使わない、という手(DLC)

追加コンテンツ「南国ぎゅぎゅっとバカンスパック」でのアイテム「ふいご」。

火力を上げて、早く仕上げる方法を取ってもいいのですが、あえて「ふいご」を使わず、食材を切ることに専念。
手が空いたり、残り時間がないという時だけに使うという手があります。

オーバークック2

 

特に難しいステージの攻略ヒント(1人プレイ時)

4-6

上記の「1人プレイ時のテクニック」を参考に、ベルトコンベアの流れに逆らわず、集中力をもって、たんたんとこなしましょう。

切っていた食材が流れて行ってしまったら、後回し。
今できることに頭を切り替えましょう。

 

5-3

ここでは、必要最低限に効率よく、動かしていきましょう。
キーとなる数字は「2」です。

 

5-5

移動床を常にどこに置いておくか、また、お皿の受け渡す時はどこに置くかが問題です。
さて、どこがいいでしょうか。

そして、移動床の移動は最小限に済ませられるようにしましょう。

最初は、どっちのキャラクターを動かしているのかわからなくなってしまいますが、何度もチャレンジするうちに、慣れてきますよ。

 

6-4

ギミックの移動を各1回に抑えるように動いてみましょう。

 

6-5

お皿の受け渡しは必要ですが、自分のテーブルを中心におこなった方が良いです。
つまり、受け渡す時間を減らすということ。

フライパンに乗せている肉は、水の下に沈んだ後でも焼き続けるので、沈む前に回収しましょう。

ちなみに焼けた肉をフライパンごとベルトコンベアーに置くというのも手です。

 

スポンサーリンク

記事下広告1

隠しステージ ケビンの出現方法

情報を調べた結果、隠しステージの出現方法がわかりましたので、追記します。

 

1・ポールが白黒に点滅しているステージを見つける


 

2・点滅しているステージをクリアする。

その際に気をつけることは、注文の順番通りに提供して、チップ数を稼ぐこと。

 

3・すると、該当する隠しステージが出現します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

独自に発見した攻略のヒントですが、お役にたてると嬉しいです。

今作の関連記事はこちら
→ オーバークック2 ゲーム内容・解説【Nintendo Switch】
→ 『オーバークック2』/ DLC「南国ぎゅぎゅっとバカンスパック」ゲーム内容・解説
→ オーバークック2 レビュー byとも【Nintendo Switch】

前作についての記事はこちら
→ オーバークックシリーズ

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-解説・操作方法・攻略
-, , ,