救世主の資格

ウルトラマン

2021/11/27

ウルトラマントリガー 第19話 感想夫婦対談 / 敵も味方も試される!キリエルの暗躍と次元を超えた光

『ウルトラマントリガー』第19話「救世主の資格」の感想を、夫婦対談形式でお届け。『ティガ』未視聴の夫婦による感想記事です。

週刊アトラス

2021/11/27

日めくり悪魔動画 感想夫婦対談 / 全悪魔リスト付き『真・女神転生Ⅴ』【週刊アトラス】

「日めくり悪魔」で紹介された悪魔動画を夫婦で対談。短い動画ですが、あんなことやこんなことに気づいちゃいました。悪魔一覧も掲載。随時更新していきます。

週刊アトラス

2021/11/26

『真・女神転生Ⅴ』声優のお仕事まとめ【週刊アトラス】

あの声優さん、他に何の役をやっているんだろう?『メガテン5』に出演される声優さんの、主な出演作をまとめました。

メガテン5 タイトル

ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略 週刊アトラス

2021/11/25

真・女神転生Ⅴ 感想・レビュー byみなと / 快適で高難度!まさに「進化したメガテン」!

1周目クリア!RPG職人たちが練り上げたこだわりの逸品!『メガテン5』の感想・評価・レビューをお届けします。「御魂の倒し方」も記載。

ゲーム情報

2021/11/23

『にゃんこ大戦争』がいっせいトライアル / 『Dead Cells』がメトロイドヴァニアコラボ みなとも Game News Pick Up 21年11月17日~23日

21年11月16日~11月23日の間のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!「真・女神転生シリーズくじ」の特設サイトがオープン。ブラックフライデーセールがスゴイ。など。

ゲームの旅路

2021/11/22

VRミクちゃんカワイイ / 『ハッピーホーム』クリア 【ゲゲ語り】vol.83

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ハッピーホームパラダイス』『初音ミクVRフューチャーライブ』など。

DEATH STRANDING DIRECTOR'S CUT

ゲームレビュー

2021/11/21

DEATH STRANDING DIRECTOR'S CUT 感想・レビュー byとも / ただの配達が使命感に燃えた!新クエストでボリュームアップ!

「ほんとうに楽しいの?」と、疑いの眼を向けていた『デストトランディング』。実際にやってみると驚きが!無印版をクリア済みでも楽しめるディレクターズカット版についてお伝えします。

スマイル作戦 第一号

ウルトラマン

2021/11/27

ウルトラマントリガー 第18話 感想夫婦対談 / 何かがおかしい!?箸休め回かと思いきや・・・

『ウルトラマントリガー』第18話「スマイル作戦 第一号」の感想を、夫婦対談形式でお届け。『ティガ』未視聴の夫婦による感想記事です。

ゲームレビュー

Skul: The Hero Slayer 感想・レビュー byみなと / 頭が変われば戦法も変わる!高難度ローグライクアクション

2021年10月30日

評価:4.5

Skul:タイトル画面

2021年10月21日に発売された インディーズ タイトル『Skul: The Hero Slayer』をレビューします。

今作は韓国の開発社「SouthPAW Games」が開発した、2Dローグライク アクションゲームです。
人間に囚われた魔王を救うため、少年スケルトン「スカル」が人間たちに挑みます。

主な良かった点

  • 多彩なスカルの能力
  • バリエーション豊かなエリア

主な不満点

  • ローカライズがダメダメ
それでは詳しく書いていきます。
プレイしたのはSwitch版です。

スポンサーリンク

概要

『Skul: The Hero Slayer』概要 (クリックすると展開します)

21年10月29日時点の情報です。

発売日 2021年10月21日
発売元 NEOWIZ GAMES
開発元 SouthPAW Games
ハード Nintendo Switch、プレイステーション4、Xboxシリーズ
ジャンル ローグライクアクション
プレイ人数 1人
IARC 12+(12才以上対象)
通常価格(税込) Switch:2,100円
PS4:2,090円
Xboxシリーズ:1,900円
公式サイト Skul: The Hero Slayer(任天堂公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 © NEOWIZ All rights reserved.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ゲーム内容

主人公は、少年スケルトンの「スカル」。
全5ステージを進む2Dアクションゲームです。

道中で力尽きるとスタート地点に戻されるローグライクゲームでもあります。
ステージ内の構造は毎回変化し、出現する敵や手に入るアイテムも毎回異なります。

頭を取り換える

Skul:Dead Cells

今作最大の特徴、頭の取り換え。

スカルは道中で手に入れた別のスケルトンの頭を付けることで、さまざまな能力を得られます。
スキルや見た目が変化するだけではなく、固有のゲージや特殊なシステムが追加されるなど、頭によって大きくゲーム性自体が変化します。

持てる頭は2つまでで、持てない分は「骨の粉」にできます。
「骨の粉」が一定数あれば、要所要所にいるアラクネに渡し、装着している頭を強化してもらえます。

Skul:覚醒

強化状態は、冒険に失敗すると初期化されます。

 

スタート地点でできること

能力強化

Skul:能力強化

スタート地点「魔王城」にいる魔女に話しかけると、道中で手に入れた「魔石」を使った能力強化が可能です。

「魔石」と、この能力強化は死んでも初期化されません。
それ以外のお金や骨の粉、入手したアイテムや強化した骨などはすべて初期化されます。

単純に攻撃力や体力が増加するものから、「1度だけ復活できる」といった強力なものまであります。

 

頭やアイテムの入手

ゲーム進行に応じて、魔王城には味方キャラが増えていきます。

  • 取り換え用のスカル(頭)の入手
  • 装備アイテムの入手
  • 一時的に追加能力を得られる
  • 魔王城の修繕

といったことができるようになります。

頭とアイテムは、1つ目は無料で、2つ目は魔石を10個で入手できます。
冒険を始める前に、まずは入手すると良いでしょう。

魔王城の修繕は大量の魔石を使いますが、見た目が変わるだけかと思います。
優先度は低いです。

 

冒険の流れ

  1. 魔王城からスタート
  2. いくつかのエリアを攻略
  3. お店
  4. 中ボス戦(冒険者)
  5. いくつかのエリアを攻略
  6. お店
  7. いくつかのエリアを攻略
  8. ステージボス戦
  9. 次のステージへ

大まかに書くと、このように進行します。
基本的には、すべての敵を倒すことで先に進めるようになります。

Skul:お店

攻略エリアは、扉の色であるていど判断できるようになっています。

一例として、

  • 金の扉 → 装備アイテムが手に入る
  • 骨が描かれている → 骨が手に入る
  • 赤い炎 → お金が手に入る
  • 看板 → お店

という感じです。

 

お店

お店には必ず回復アイテムが売っていて、装備アイテムも売っています。

  • 魔石で買うアイテム
  • 精髄

は、置いていない場合もあります。

骨は無料ですが、破棄した骨を粉にできません。

 

装備アイテム

Skul:装備品の能力

Skul:装備品の能力

画像はクリックすると拡大します。

装備アイテムは、そのアイテム固有の能力+追加効果が2種付属されています。

追加効果は、別の装備品も同じ効果を持っていれば効果が強化されます。

 

救出

Skul:救出

道中には人間に捕まっているモンスターがいることがあります。

彼らを救出すると、アイテムや骨を入手できたりします。
お金やHPを要求する人もいます。

 

操作方法

Skul:操作方法

画像はクリックすると拡大します。

 

今作はキーコンフィグが可能です。

「精髄」は必殺技のような能力で、拾ったり買ったりして装備して使います。

 

 

良い点

多彩なスカルの能力

Skul:Dead Cells

スカルは、その装着した頭によってさまざまな姿に変身できます。

「兵士」や「盗賊」といったものから、「ライダー」や「ピエロ」といった変わり種まで。

驚いたのは、『Dead Cells』に登場した囚人(主人公)の頭まで用意されていた点です!
能力も『Dead Cells』っぽさを全面に出していて、楽しかったです。

おもしろいのは、その能力によって戦い方が大きく変わるところ。

例えば「墓守」だと、新たに無害な亡霊が湧くようになり、攻撃すると墓になり、スキルを使うと墓から戦士を呼び出します。

例えば「チャンピオン」だと、攻撃によって溜まるゲージが新たに追加され、ゲージMAXになると高速攻撃が可能に。

このように、装備する頭によってプレイスタイルが大きく変わります。
さらに成長させることによって能力が増える骨もあり、楽しめました。

どんな頭を拾うかは一期一会なので、いろいろなプレイスタイルが求められます。
拾うアイテムによっても戦い方が変わるので、常に新鮮な気持ちでプレイできました。

 

バリエーション豊かなエリア

Skul:ステルス

Skul:鍵探し

画像はクリックすると拡大します。

敵を倒して進むエリアがほとんどですが、たまに「ステルスっぽいエリア」や「カギを探すエリア」などの変わったエリアも登場します。

攻略は難しいですが、通常よりも良いアイテムがもらえることもあります。
無視して進むことも可能ですし、いろいろなバリエーションが用意されていて好感触でした。

 

ストーリー

Skul:幕間

ステージの初回クリア時に、魔女目線でのストーリーが進行します。
魔女目線では「過去に何が起こったのか」が順を追って語られます。

スカルが主人公の現在進行形の物語と合わせて楽しむことができ、展開の見せ方が上手いです。

最後は不覚にも少し泣けました。

 

その他の良い点

  • 高精細なドット絵
  • 音楽(特に最初のステージ)
  • こだわりが見える女性キャラ

Skul:レジェンダリー覚醒

 

 

不満点

ローカライズがダメダメ

Skul:怪しい日本語

画像はクリックすると拡大します。

 

海外インディーにはよくあることですが、日本語翻訳がかなり怪しいです。

  • 口調が定まらない
  • 誤字脱字
  • 文節がおかしい

というのがいたるところに。

ストーリーが良いだけに、もったいないです。

 

不具合

進行できないバグに遭遇しました。
ボスを倒しても報酬が出ずに、扉も出現しない状態に。

ゲームを終了して再開すると、ボスと再戦にはなりましたが、進行できました。

Skul:不具合

他にも「お店に価格が表示されているけど、商品がない」というバグもあり、少し不安定だと感じました。

肝心な時にバグることもあるかもしれないので、改善が必要なところだと思います。

 

 

気になった点

激ムズ

Skul:ルーキーモード

今作は、かなり難しいです。

ノーマルモードで始めましたが、2ステージ目のボスすら突破できないので「ルーキーモード(イージーモード)」に変更してクリアしました。

それでも何度も倒れましたし、最終的に30時間かかってます。
かなりの高難度ゲーだと感じました。

 

まず敵の物量がスゴイですし、ボスの攻撃も苛烈です。
ルーキーモードは受けるダメージが半分になりますが、それでもかなり難しく感じました。

アクションゲーム自体がそこまで得意なわけではないですが、それでも激ムズです。
ノーマルモード=ベリーハードな印象です。
多分、同じように苦戦している人も多いかと思います。
ちょっとズルいですが、発見した裏ワザを総合評価の後に書いておきますので、よろしければご覧ください。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロードソフト
プレイ時間 約30時間

 

 

『Skul: The Hero Slayer』の総合評価・レビュー

あまりの難しさにクリアできるか不安でしたが、なんとかクリアしました。

難しさとローカライズ以外に大きな不満はなく、バリエーション豊かなエリアやプレイスタイルで熱中してプレイができました。

なんだかんだ、最初のボスを圧倒できるくらい上達はしました。
繰り返し繰り返しプレイすれば、おそらく何とかなる作りなのだと思います。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽

 

裏ワザ

それでは禁断の裏ワザを伝授しましょう。

先ほど書いたバグ対策の際に発見したことなのですが、今作は「ゲームを終了して再開すると、そのエリアの最初から」という仕様になっているようです。
そのエリアに入った最初の状態です。

なので、負けそうになる or 体力を大きく消耗してしまったら、ゲームを終了して再開するとやり直しができる
ということ。

固有ゲージなどは初期化してしまうようですが、それでも大きく難易度は下がると思います。
「どうしても」という場合は、試してみては?

 

関連記事
Dead Cells(デッドセル) 大型アップデート後 感想・レビュー byみなと / ハマればやめられない高難度ローグヴァニア

メトロイドヴァニア×ローグライクで「危険な中毒性」のゲームができあがる!アップデートについても簡単にまとめています。

created by Rinker
ガンホー・オンライン・エンターテイメント

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , , ,

© 2021 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5