ウルトラマン

兄弟で乗り越えろ。極めし力、金色の宇宙! 第15話 感想『ウルトラマンルーブ(R/B)』

2018/10/16

はじめに

18年7月7日から放送が開始された『ウルトラマンルーブ』。
「ウルトラマン」は初心者に近く、また女であるこの私、ともが感想を書いてきます。

なお、ネタバレもありますので、放送をご覧になった後に読んでいただくのが、ベストだと思います。

『ウルトラマンR/B』の公式サイトはこちら
→ https://m-78.jp/rb/

『ウルトラマン』は、放送後一週間「見逃し配信」を無料で視聴できます。
YouTubeの円谷プロの公式チャンネル「ウルトラチャンネル」をチェックしましょう。
→ YouTube「ウルトラチャンネル」

画像・動画は上記公式サイト、もしくは上記公式チャンネルからの引用
[権利表記 © 円谷プロ  © ウルトラマンR/B製作委員会]

当ブログの『ウルトラマン』関連記事はこちら
→ 「ウルトラマン

ウルトラマンシリーズ ともの鑑賞歴

スポンサーリンク

記事下広告1

今週の主な出演者

レギュラー

  • 湊 カツミ(CV・ウルトラマンロッソ)/ 平田 雄也
  • 湊 イサミ(CV・ウルトラマンブル)/ 小池 亮介
  • 湊 アサヒ / 其原 有沙
  • 湊 ウシオ / 山崎 銀之丞
  • 愛染 マコト / 深水 元基
  • ダーリン / CV・湯浅 かえで
  • 美剣 サキ / 木下 彩音

 

第15話「まとうは極」の流れ

ウルトラマンルーブ 15話

対怪獣拘束システム

前話の続き。

ウルトラマンルーブ 15話

敗北したロッソとブルを確認した美剣サキは、ダーリンに「対怪獣拘束システム」を実行するよう頼む。
すると、アイゼンテックの本社から出た拘束ビームにより、グルジオキングは起動停止してしまう。

ウルトラマンルーブ 15話

ウルトラマンルーブ 15話

不思議がるカツミ達。

ウルトラマンルーブ 15話

 

クロトワMに戻ったカツミ達。
テレビをつけると、怪獣の話題。

市民のインタビューでは、ウルトラマンよりも、アイゼンテックを支持している声が。
それに対して、怒るイサミ。

ウルトラマンルーブ 15話

カツミは、今回の件は愛染の仕業なのかを疑う。
そして、誰かに踊らされているのではないかと。

イサミはその誰かをクリスタルの女ではないのかと推測。

そのクリスタルの女からもらったクリスタルを、慎重に扱うべきだったというカツミに対して、イサミはこれに頼るしかなかったと反論。

そうして、普段から思っているお互いのことで、ケンカしてしまう。

ウルトラマンルーブ 15話

それを仲裁したのは、アサヒ。
3人だけの兄妹だろうと。

しかし、カツミとイサミは険悪のまま、バラバラに去ってしまう。

そんな状況を知ってか知らずか、ウシオが登場。
新作Tシャツをアサヒに見せる。アサヒはTシャツには無反応だが、一言だけ言う。

アサヒ「お父さん。私、うちの子でよかったです。」

ウルトラマンルーブ 15話

それを聞いたウシオは満面の笑みだが、アサヒの表情は暗い。

 

アサヒの憂鬱

グルジオキングが捕獲されてから2日目の朝。
「災害復興担当大臣を始めとする調査チームが現地に入りする」と、報道される。

 

一方、クワトロMでは、学校から帰って来たアサヒ。

ウルトラマンルーブ 15話

アサヒ「ただいま~」
カツミ「おかえり。学校どうだった?」
アサヒ「普通に四角かったですよ」
カツミ「ふーん」
アサヒ「イサ兄は?」
カツミ「知らないよ、あんなやつ」
アサヒ「もういいかげん、機嫌直してください。昔から仲のいい兄弟だったじゃないですか。」

と昔の写真を持ちだしてきた、アサヒ。

そうして、恐る恐るカツミに訊く。

アサヒ「私、どんな子でした?」

ウルトラマンルーブ 15話

カツミ「アサヒが迷子になって、捜しに行ったら俺たちの方が迷っちゃって。そしたら、アサヒはちゃっかり母さんのとこに戻ってて、ずいぶん怒られたっけな。」
アサヒ「そんなこともありましたね」

アサヒの手中の写真には、おにぎりを食べるウシオ、カツミ、イサミしか映っていない。

ウルトラマンルーブ 15話

 

一方、イサミは、怪獣のせいで封鎖された道路を双眼鏡で観察していた。

封鎖はアイゼンテック社が行っている。
取材陣に囲まれるアイゼンテックの社員も見える。

ウルトラマンルーブ 15話

そこにやってきたのはアサヒ。

イサミ「アイゼンテックのやつら、きっと何か企んでるはずなんだ。絶対、陰謀を暴いてやる。」

ウルトラマンルーブ 15話

アサヒは、まずは腹ごしらえと、イサミの大好物の「おかかとチーズのおむすび」をイサミに見せた。

アサヒ「よくお母さんがピクニックの時、作ってくれたじゃないですか。」
イサミ「最後の1個は取り合いになったな。」
アサヒ「いつもカツ兄は私たちに譲ってくれましたよ。」

おにぎりにかぶりつくイサミ。

アサヒ「私も、そこにいましたよね?」
イサミ「急にどうしたんだよ。もちろんいたよ。一緒におむすび食べてたじゃん。」

そうしてアサヒが取り出した写真には、やはりウシオ、カツミ、イサミしか映っていない。

ウルトラマンルーブ 15話

 

カツミはクワトロMで「思い出箱」の整理中。
イサミが幼いころに描いた絵には、カツミとイサミしか描かれていない。
アサヒが描かれていないことに気づかず、見返している。

ウルトラマンルーブ 15話

 

再始動

屋上にやってきた美剣サキとダーリン。

ウルトラマンルーブ 15話

美剣サキは、政府の怪獣災害調査団が到着したとの報告を受けて、ダーリンに「対怪獣拘束システムを切るように」と言う。

ダーリンは、「調査団に被害が及んで、アイゼンテック社の信用問題に関わるので切れない」というが、

美剣「だからやるのだ」

と一蹴。
そうして切られた、対怪獣拘束システム。

グルジオキングは愛染マコトと共に目覚めた。

ウルトラマンルーブ 15話

ウルトラマンルーブ 15話

ウルトラマンルーブ 15話

愛染「みなさん、ハロー。ハロー注意報が出ています。」

逃げ惑う人々。

攻撃するグルジオキング。

ウルトラマンルーブ 15話

イサミはアサヒに逃げるように指示。

その頃、美剣サキは写真撮影。

美剣「これが女子高生のいう、盛れる角度ってやつか?」
ダーリン「かなり盛れてます。」

ウルトラマンルーブ 15話

 

力がなければ世界は救えない

変身しようとしたイサミ。
ふと見ると、グルジオキングがまさに火を噴こうとしているところ。

ウルトラマンルーブ 15話

間一髪で、カツミがイサミを助けた。

ウルトラマンルーブ 15話

カツミ「昨日はどなって悪かった」
イサミ「俺もちょっと言い過ぎたよ。」

そうして、ウルトラマンロッソ フレイムとウルトラマンブル アクアに変身した。

ウルトラマンルーブ 15話

ロッソ フレイム「俺がやつの気を引く。イサミは背中の大砲を」
ブル アクア「合点」

作戦通りに動く2体。

ウルトラマンルーブ 15話

ウルトラマンルーブ 15話

それを見ていた美剣サキは言う。

美剣「古き友は言った。『不正義よりも厄介なもの、それは力を持たぬ正義だ』オスカー・フィンガル・オフラハテイ・ウィルス・ワイルド。」

苦戦するロッソ フレイムとブル アクア。

美剣「友情だ、兄弟愛だと言ったところで、力がなければ世界は救えない。」

ウルトラマンルーブ 15話

空に飛んだロッソ フレイムとブル アクア。

ロッソ フレイム「あいつが次、撃ってくるまでに、何秒かかる?」
ブル アクア「2.5秒ってとこかな。」
ロッソ フレイム「その間が攻撃のチャンスだ。」

その攻撃のチャンスに、ハイブリッドシュートを打った2体。

ウルトラマンルーブ 15話

美剣「ダーリン。こんな時、女子高生ならどう言う?」
ダーリン「超すご~い、ありえな~い、とか?」
美剣「私ならこう言う。」
美剣「(声色を変えて)そんな貧弱な攻撃、マジうける~!」

ウルトラマンルーブ 15話

ダーリン「うぉっ・・・うおぉ・・・」(引いている)

 

攻撃が決まり、喜んでいるロッソ フレイムとブル アクアに再び、ギガキングギャノン。

攻撃が当たり、喜ぶグルジオキングと愛染マコト。

ウルトラマンルーブ 15話

そうして、もう一度、ウルトラマンとベリアルのクリスタルを使うことを決意した、カツミ。
イサミはためらうが、迷っているヒマはない。

それぞれクリスタルを掴もうとするが、やはり、跳ね返されてしまう。

ウルトラマンルーブ 15話

美剣「所詮、お前たちにあのクリスタルは使えない。さらばだ、素人ウルトラマン。」

 

ウルトラマンルーブ

倒れた、ロッソ フレイムとブル アクアに対して、アサヒが言う。

アサヒ「諦めないで!お母さんは言ってたでしょう?兄弟2人なら、なんでもできる!」

ウルトラマンルーブ 15話

その言葉に勇気をもらった2人は、再度、ウルトラマンとベリアルのクリスタルを使おうとする。
今度は成功。

ルーブジャイロ「弾けろ!最強の力」

そうして、2人の力で「キワミクリスタル」を出現させた。

ウルトラマンルーブ 15話

去ろうとしていた美剣サキは、それに気づき、足を止めた。

キワミクリスタルをルーブジャイロに取り付け、2人の力で、ウルトラマンルーブに変身した。

ウルトラマンルーブ 15話

ウルトラマンルーブ 15話

グルジオキングの口からの火炎放射をものともせずに、手で防御しながら近づく、ウルトラマンルーブ。

ウルトラマンルーブ 15話

そうして、口を押さえこんだ。

挑発するウルトラマンルーブ。

ウルトラマンルーブ 15話

グルジオキングはギガキングギャノンの準備。

その時、イサミはニュージェネレーションヒーローズクリスタルをルーブジャイロにセット。

ウルトラマンギンガ、ウルトラマンビクトリー、ウルトラマンX、ウルトラマンオーブ、ウルトラマンジード、そしてウルトラマンルーブの6人の力の技、ニュージェネレーションバリアを放ち、グルジオキングに攻撃。

ウルトラマンルーブ 15話

ウルトラマンルーブ 15話

 

続いて、ウルトラマンルーブの胸から、新たな武器ルーブコウリンを取り出した。

カツミはルーブコウリン ロッソとして、イサミはルーブコウリン ブルとして、攻撃。

ウルトラマンルーブ 15話

ウルトラマンルーブ 15話

カツミはルーブコウリンにキワミクリスタル装着し、ルーブ ボルテックバスターを放ち、グルジオキングを倒した。

ウルトラマンルーブ 15話

ウルトラマンルーブ 15話

美剣サキは首をかしげたのち、去っていった。

戦いを見守っていたアサヒ。

アサヒ「やっぱり、お母さんの言った通りだった。兄弟2人なら、なんでもできる。
    ・・・兄弟2人?」

ウルトラマンルーブ 15話

 

戦闘を終えた、カツミとイサミ。

ウルトラマンルーブ 15話

カツミ「俺はお前が羨ましかったみたいだ。」
イサミ「俺が羨ましい?カツ兄が?」
カツミ「ああ。イサミはなんか、自由に生きてる気がしてさ。」
イサミ「俺もカツ兄にコンプレックス持ってたよ。スポーツもできるし、店も父さんと切り盛りして、近所の人気者だし。」
カツミ「うわぁ!あー、気持ち悪い。お前、もうこんな話やめようぜ。」
イサミ「ハッ。そうだな、やめやめ。」

 

どこへ行った?

ウルトラマンルーブ 15話

テレビ「今回の怪獣災害について、アイゼンテック社の管理責任が問われるところですが、当の愛染誠社長は2日前から消息不明で、取材に応じた・・・」

ウシオはそのテレビの報道を真剣に見ている。

帰宅したカツミ達。

ウシオに、アサヒはどこにいるのかと聞くと、「一緒にいたんじゃないのか」と返す。

ウルトラマンルーブ 15話

それを聞いて、飛び出すカツミとイサミ。

テレビ「愛染社長が独自に開発していたものと思われ、一般社員は、その存在すらも聞かされていなかったようです。警視庁では愛染社長が事件に巻き込まれた可能性も鑑みつつ、行方を追っています。」

 

物語は、次週「この瞬間が絆」へ繋がる。

 

今週の新作Tシャツ

カレー辛くて ごめんなチャイ

ご注文はこちら!
→ バンコレ!『クワトロM』オンラインストア

 

今週判明した、決めゼリフと技の名前

  • まとうは極!金色の宇宙!
    カツミとイサミが、ウルトラマンルーブに変身する際に発した言葉。
     
  • ニュージェネレーションバリア
    ニュージェネレーションヒーローズクリスタルを使った、ウルトラマンルーブの技。
    バリアという名の攻撃技。
     
  • ルーブ ボルテックバスター
    ルーブコウリンに極クリスタルを取り付けて放つ必殺光線。

 

今週の気になったこと

学校は四角い

カツミの「学校どうだった?」という問いに対しての、アサヒの「普通に四角かったですよ。」

笑ってしまいました。

いつも通りの会話なのでしょうか?

 

おかかとチーズのおむすび

ウルトラマンルーブ 15話

うちの家族が大好きな「チーズおかか おにぎり」。
まさかイサミも大好きだったとは。

うちはプロセスチーズを切って、混ぜていましたが、アサヒはスライスチーズを挟んでいました。

そういう手があるのか!
今度やってみよう。

と思いました。

ちなみに、みじん切りの長ネギを入れると、ピリ辛で、さらにうまうまです。

 

すんなり過ぎない?

時間がないとはいえ、仲直りは、あっさりしたものでした。

もうちょっと感動的なものの方がよかったかなとは思いましたが、兄弟だからあんな感じでいいのかもしれません。

また、ウルトラマンとベリアルのクリスタルも、アサヒからの「兄弟2人」という言葉を聞いたら、すんなり使えてしまいました。

なにかワンアクションあってから、使えるようになった方が、納得がいく形なのですが・・・。

 

極クリスタル(キワミクリスタル)

クリスタルを使用する時、ロッソは2本、ブルは1本で使っていました。

極クリスタルは、3本。
赤が2本、青が1本。
2人の力で誕生したクリスタルということがわかりますね。

ウルトラマンルーブ 15話

 

不細工?

ロッソとブルが合体して、ウルトラマンルーブになりました。

けれど、なぜか、かっこいいとは思えない。

目が近いから?
頬が膨らんでいるから?

アクションもまぁまぁに思えてしまい、ちょっと残念なウルトラマンルーブでした。

見慣れたら、普通に思えるのかなぁ?

ウルトラマンルーブ 15話

 

ニュージェネレーションヒーロー

いや~、かっこよかったですね。

やっぱり、馴染みのあるヒーローが他の作品に出演するというのは、鳥肌ものです。

 

愛染マコトの今後

あんなにウルトラマンというヒーローに憧れていたのに、グルジオキングとしてノリノリでした。
怪獣に飲み込まれてしまったのか。

美剣サキが「不正義よりも厄介なもの、それは力を持たぬ正義だ」とオスカー・ワイルドの言葉を引用していました。
それは、愛染マコトを指している言葉だと思ったのですが、もしかして、3人に言っていたのかなぁ?

とにかく、愛染はグルジオキングが倒れたあたりにいたと思われますが、行方不明。
美剣サキが介抱しているのでしょうか。

そういえば、対怪獣拘束システムは愛染が独自に作ったシステムだったようですね。
オーブダークと対怪獣拘束システムの2つの力で、怪獣をやっつけていこうと考えたんでしょうか。

 

美剣サキの魂胆

美剣サキは、アイゼンテックの防衛システムを稼働させ、アイゼンテックの株を持ちあげようとしているのかと思いましたが、違いましたね。
愛染マコトを懲らしめるためだったのでしょうか。

そう言えば、美剣サキは、ロッソとブルに向かって「素人ウルトラマン」という言葉を発していました。
ということは、美剣サキは他のウルトラマンと会ったことがあるということでしょうか。

うーん。わからん。

 

アサヒの心情

記憶にはあるけれど、記録にないアサヒ。
それを知ってしまって、カツミとイサミに思い出を聞いていますね。

とっても切ないシーンです。

また、母・ミオの言葉であった、「兄弟2人」という言葉に気づき、ショックを受けていましたね。

アサヒが持つみんなの記憶、みんなが持つアサヒの記憶、そして記録のないアサヒ。
これは混乱します。

1人きりになりたいのも、うなずけます。

ん?プチ家出だよね?
なにかに囚われたんじゃないよね?

 

お知らせ

【重要なお知らせ】

申し訳ありませんが、この記事のコメントの取り扱いをやめています。
この記事についてのコメントはしないようにお願いいたします。

なお、記事内で間違った箇所を指摘するためのコメントは受けつけています。
しかし、その場合のコメント掲載とコメントへの返信も控えさせていただきます
指摘していただき、ありがたいのですが、申し訳ありません。

ウルトラマンルーブがNintendo Switchで遊べるゲームに。
詳しくはこちら
→ 1番わかりやすい『なりキッズパーク ウルトラマンR/B(ルーブ)』まとめ

ルーブジャイロの開封記事はこちら
→ DXルーブジャイロ 開封・感想 / ウルトラマンルーブ(R/B)

ウルトラマン関連の記事一覧はこちら
https://gamelovebirds-minatomo.link/category/ultraman/

円谷プロの公式サイトはこちら
→ https://m-78.jp/

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ウルトラマン
-