特別企画

みなとも対談【UNDERTALE】Pルート・Gルート編 ~私たちが感じたこと~ 

UNDERTALE

発売してから、口コミで広がっていった印象のある『UNDERTALE(アンダーテイル)』。
遅ればせながら、私たちもプレイしてみました。

笑ったり、泣いたり、考えさせられたり、恐怖を感じたりと、私たちに大きな影響を与えた『UNDERTALE』。

ネタバレなしのレビュー記事だけでは語りつくせぬ!

というわけで、クリア後だから話せるアレコレを夫婦で語り合いました。
ちなみに私たちは3周目(Gルート)のとあるボスで止まっています。

なので、私たちがプレイしたその辺りまでのネタバレありの対談になっています。
ですから、まだクリアしていない方や2周目(Pルート)、3周目を未プレイの方も、ご覧にならないでください!

『UNDERTALE』の世界にひたれるよう、BGMの試聴ボタンを設置しています。
ぜひ、音楽をかけながら読んでください。

注意

この記事は『UNDERTALE』のネタバレを含みます。
未プレイの方は絶対に読まないでください!!

1周目のNルート編はこちら
→ みなとも対談【UNDERTALE】Nルート編 ~私たちが感じたこと~ 

ネタバレなしのレビュー記事はこちら
→ UNDERTALE(アンダーテール) 感想・レビュー byとも

スポンサーリンク

記事下広告1

Pルート(2周目)

いせき周辺

2周目は「誰も倒さない」っていうのが条件なんだよね。
最初はちょっと戸惑ったけど。

うん、私も。
敵とエンカウントすると「こうどう」の中に「はなす」とか敵ごとに項目があるんだよね。
で、いろいろと行動をしてくとさ、「にがす」っていう黄色の文字が出現する。
それを選択すれば、不戦のまま進められるんだよね。

そのシステム、1周目からあったんだけどね。
確かカエルが説明してくれてたはず。

アンダーテール

1周目、ちゃんと説明聞いたはずなのに、ガンガン倒す方向に行っちゃったもんね。
で、今回敵と話していくとさ、敵がかわいく見えてきたんだよね。
こんなキャラだったんだってわかってきて。

とある敵は、放っておくと「パーソナルスペースを尊重されて喜んでる」とかね。
あー、あまり近づかないでほしかったんだって。

フフフ。いたね、そんな敵。
「相手が喜ぶことを探して、逃がす」のくり返し。
これでもちゃんとストーリーが進むってのにびっくりしたな。

進むと、トリエルと戦闘になるわけだけど、トリエルとどうやって不戦にもちこめるかピンとこなくてね。
で、1週目の記憶があるのかわからないけれど、「あなたがしぬところをみた」って。
それを言わずにわかってもらう方法を考えるんだったね。

アンダーテール

で、トリエルを攻撃しないでいると、まぁ、トリエルも・・・。
もう泣きました。

ともがプレイしている時、俺まだ未プレイだったけれど、「なんで2周目早々で泣いてるの?」ってびっくりした。

ふふふ。私も2周目で泣くとは思ってなかったよ。
で、トリエルとハグしてさ。
本当にステキだったよ、トリエル。

 

 

スノーフル・ウォーターフェル周辺

不戦を続けているとさ、バーにみんながいたことに驚いたな。
1周目ではみんな倒しちゃってたからさ。
1つの個として存在してるんだよね。

そうそう。バーの中だけじゃなく、他のみんなもちゃんといるんだよね。
「ここが君の定位置だったのか」って。

アンダーテール

暮らしてるんだよね。

そう!生きてるんだよね!
スノーフル・ウォーターフェル周辺では、パピルスを逃がしたり、アンダインを逃がしたり・・・。

アンダインを逃がすのは大変だったな。
どうやって不戦にしていいかわからなくて、ずっと避けたよ。

あれは気づきにくい箇所だよね。
で、なんだかんだで、ウォーターサーバーの出番だよ。
1周目どう使うのかまったくわからなかったけれど、アンダインのためだけにあるんだよね。

うん。ちょっとびっくりだったよね。
アンダインとのデートもおもしろかったなぁ。
緊張感のあるティータイム。

あははは。そうだね。
どうなるかまったく展開が読めなかったけれど、おもしろかったわ。

 

 

ホットランド周辺、ラスボス

アルフィーとの思いがけないデートの後は、真実のラボ。
このラボで、どういう研究をしてきたかとか、アルフィーがひた隠しにしてきたものが明るみになるね。

うん。ちょっと衝撃だったな。
あれは、みんなに真実を話すのは勇気がいるよ。
戦闘も大変だったよね。
こっちのレベル1のままだし、HP20しかないし。
避けにくい攻撃してくるしさ。

ふふふ、そうだね。
あそこはこのゲームの中でも珍しくホラー要素が強いところだったね。

アンダーテール

うん。
真実のラボ、怖いと感じながらプレイしてたけれど、知れば知るほど、見方が変わってくるんだよね。

そうだね。
「姿かたちにとらわれない考え方」が大事だと気づかされるよ。

で、直通でアズゴアのところへ行くんだよね。
戻れないことに焦ったけれど。

うんうん。「装備品買いたかったのに」ってなった。
で、アズゴアといざ戦うぞってなったら、アズゴアが攻撃されて吹っ飛んじゃう。
で、来たのはトリエルなんだよね。

トリエル~!って泣いたよね、ここ。
しかもみんなも来るしさ。
もう感動して、泣いて、これで終わりかぁって思ったら・・・だよ。

ね。
本当のラスボス戦だよ。
ものスゴイ絶望から入るよね。

これがまた激しい戦いでね。
あー負けるーっと思ったら・・・。

うん。
ハートが壊れないんだよね。

うん。ハートが壊れるかと思ったら、くっついてさ。
「いやだ。こわれるもんか。」って。
名言だよ。
それ見て、泣いて泣いて、プレイどころじゃなかったよ。

そうなんだよー!
で、その後「ふっかつ」のコマンドが増えて、これまた泣けて。
敵のすごい攻撃が来て、「これはさすがに死んだろ」って思ったら、HPが「0.0000000001」みたいな0がいくつあるかわからないくらいになってさ。

最初なにが起こったかわからなかったんだけれど、それを見つけた瞬間、また号泣。
諦めない心が伝わってきてさ。

ゲームの常識、今までの当たり前を全部やめて、すごい表現のしかただなと。

そうだね。
1周目であんなに泣いたのに、2周目でさらに泣かしてくるとは思わなかったよ。

 

 

散歩

ラスボスが終わったら、散歩だね。
ほどんどのキャラクターのセリフが変わってて、びっくりしたな。

1人も倒してないから、みんなちゃんといて、希望を持ったコメントするんだよね。
どんなコメントをするか楽しみで、会いに行ったよ。
真実のラボで、恐怖を感じたみんなもいてさ。
受け入れたみんなの優しさを感じたよ。
みなとは、ほぼ全員に会いに行ってたよね。

アンダーテール

コアの奥とかね。
黒いソーセージみたいな敵もちゃんと話を聞けたよ。

で、一番最初の自分が落ちた穴まで戻ると・・・。ね。

うん。重要な話が聞けるね。
ちょっと面倒だけれど、ここまで戻ってきた価値はあったよね。

うん、そうだね。
で、またラストの所に戻ったら、2つの選択肢が出るね。
両方見たけれど、両方泣けるし、素敵な終わり方だったよ。

幸せな気分になるよね。
「あーこのゲームに出会えて良かった」ってなる。

うんうん。
スタッフロールも素敵だったよ。

ミニゲームっぽいんだよね。
ここで避けきるといいみたいなんだけど、達成できなかったなぁ。

 

Gルート(3周目)

ジェノサイドルート

さて、Gルートは1匹残らず「殺す」ってルートだね。
いせき周辺で、とにかくエンカウントしてたらさ、敵が出なくなるんだよね。
エンカウントしても「しかし だれもこなかった」って。
そうすると、曲が変わる。

アンダーテール

そうなんだよ。
「3周目で曲変わるの!?」ってビックリ。
しかもセーブする時も「ケツイ」だけになって。

主人公の人間性が失っていくんだよね。

そう!エンカウントするモンスターより、主人公が怖い!
自分が操作してるんだけれど、怖い!

トリエル戦でも一撃。
びっくりしたよ。
スノーフルの「としょんか(図書館)」にあった本に「悪意を持った攻撃は非常に恐ろしい」みたいなことが書かれててさ。
それが敵の話かと思いきや、自分の話だったんだよね。

そうそう。サンズやパピルスの話も聞かないし、ちょうどいいランプにも隠れない。
スノーフルのパズルも全無視で、怖い。

主人公は元々なにも話さないけれど、感情は行動で読みとれた。
けれど、Gルートの主人公は感情がないのか、って思うよね。

パピルスもつまらなくなって主人公に構わなくなるし。
プレイヤーとしてはね、何度も同じパズルをやるのは辛いから、飛ばせるのはうれしいよ。
だから、それを逆手に上手に作られて感心するよ。

スノーフルに着く前に敵を倒しきると、スノーフルの住人は誰もいなくなるんだよね。

「家族を傷つけないで」って書きおきもあったりしてさ。
で、現金や商品を奪えるんだよね。

アンダーテール

うん。プレイヤーとしてはかなり助かるんだけれど、今までの主人公とは別人に感じるんだよね。
その後に戦うパピルスも一撃でね。

パピルスは、まだやり直せるから、信じてるからって言ってくれるんだけど。
ツライよねぇ。

うん。ツライ。
Pルートがあまりにも幸せだったから、ギャップが激しい。
で、カメさんのお店もやってるんだけど、悪態ついてきたりして、対応が違うんだよね。
お花もしゃべらないし、カタツムリもいない。
本当に同じゲームなのか疑うくらい、別ものになるんだよね。

アンダーテール

 

 

アンダイン戦

で、第一関門のアンダイン戦。
お互い苦戦したね。

半分までは削れたんだけれどね。
それ以降がボロボロ。
ゲームオーバーになるたびに、励ましてくれるんだけれど、私の実力じゃ無理だったよ。

アンダーテール

俺は、なんとかクリアしたよ。
もうホント、何戦したか分からないくらい。
必死にパターン覚えてさ。

いやー、素晴らしかったよ。
おめでとう&ありがとう。

 

 

ニューホームとサンズ戦

で、ニューホームにいくとさ、ちょっと様子が変なんだよね。

そうなんだよ。本性が見えるんだよね。
まだGルートクリアしてないから、なんとも言えないけれど、予想はつくよね。

アンダーテール

で、その後のサンズ戦。
最弱だけど、最強のボス。
もう何度戦っても勝てない!
ここさ、戦闘前のセリフが毎回違うんだよ。サンズに負けた回数を数えてるんだよね。

そうそう。途中のセリフも全部違ってるの。
この戦いは、アンダイン戦よりも苦戦するけれど、サンズのセリフやBGMに救われるよね。
・・・って私、戦ってないで、みなとのプレイ見てるだけだったわ。

アンダーテール

ものすごく大変だけど、いずれはクリアしたいなぁ。

はい!がんばってください!

アンダーテール

 

おわりに

いかがでしたか?

『UNDERTALE』をプレイして夫婦で感じたことを語り合ってみました。
2回に渡る記事を読んでいただき、ありがとうございました。

完全クリアには遠いですが、「名作」だと心から思えるゲームでした。
可能であれば、難関突破を目指したいです。

 

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-特別企画
-,