ゲーム情報

2023/10/3

『BLACK WITCHCRAFT』『帰ってきた 名探偵ピカチュウ』etc. みなとも「新作ゲーム談議」23年9月28日~10月11日

23年9月28日~10月11日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『プチシール物語』『人生ゲーム』などなど。

ゲームの旅路

2023/10/2

『テトリス99』が『ゼノ3』コラボ 【ゲゲ語り】vol.180

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラ3』『Sea of Stars』『テトリス99』など。

ウルトラマン

2023/10/1

ウルトラマンブレーザー感想【ウル語り】第1話~第11話

「ゲーマー夫婦の『ウルトラマンをまったりと語ろうよ』」。『ウルトラマンブレーザー』の感想を夫婦対談しました。1話ずつ随時更新していきます!

ゲーム情報

2023/9/28

【毎月更新】2023年の「フリープレイ」まとめ【PS Plus】

2023年に配信のPS+「フリープレイ」タイトルを紹介します。毎月更新し資料記事にしていきます。

ゲーム情報

2023/9/26

『イースX -NORDICS-』『COCOON』etc. みなとも「新作ゲーム談議」23年9月21日~10月4日

23年9月21日~10月4日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『ミネコのナイトマーケット』『スーパー桃太郎電鉄』などなど。

ゲームの旅路

2023/9/25

『Spiritfarer』再開 / ブキに悩むスプラ 【ゲゲ語り】vol.179

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラ3』『Spiritfarer』『Sea of Stars』です。

ゲームレビュー

2023/9/20

OU 感想・レビュー byみなと / だれかとなにかのあいだに紡がれる、唯一無二の世界

芸術的で哲学的なアドベンチャー『OU』の感想・レビューです。あなたはこの世界を、どう見ますか?

ゲームの旅路

2023/9/18

『トロンボーン チャンプ』開始 【ゲゲ語り】vol.178

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラ3』『Trombone Champ』『Sea of Stars』です。

ゲーム情報 週刊アトラス

どう思う?『P3R』『P5T』『メタファー』夫婦対談【週刊アトラス】

はじめに

2023年6月12日に配信された「Xbox Games Showcase」にて、アトラスの新作ゲーム情報が飛び出しました。

  • ペルソナ3 リロード
  • ペルソナ5 タクティカ
  • メタファー:リファンタジオ

の3作品です。

今回はこの3作品について、夫婦で思うところやPVを観て気づいたところなどを語っていこうと思います。

 

この記事はみなとと、
ともがお伝えします。

動画は公式のもので、画像は公式動画からキャプチャー撮影したものです。
画像はクリックすると拡大します。
【権利表記 ©ATLUS ©SEGA All rights reserved.】

スポンサーリンク

ペルソナ3 リロード

 

美しくなったビジュアル

ペルソナ3 リロード

まずは『ペルソナ3 リロード』の話から行こうか。

2006年にPS2で発売された『ペルソナ3』は、その後のシリーズの方向性を決定づける画期的なゲームシステムで登場。
今年はリマスター版も発売されて、より多くのユーザーが楽しんだところでフルリメイクの発表となったんだよね。

まずはこのグラフィックの美しいこと・・・。

アイギス、ただでさえ、お美しいのに、さらに美しい・・・。

 

ペルソナ3 リロード

メニュー画面も、オシャレ&美しすぎてビックリ。
『P4』もオシャレだったけど、『P5』はさらにオシャレでスタイリッシュに。
で、その流れで今回の『P3』リメイク版。
めっちゃオシャレでカッコイイ!
はかなげで、涼しげで。
『ペルソナ3』にピッタリなデザインだよねぇ。

 

 

追加要素や収録しない要素について

ペルソナ3 リロード

とりあえず、わかっている追加要素としては「キャラクターエピソードの追加」「掛け合いのセリフ追加」「アニメの撮り直し」。
例えば ↑ の画像は、ゆかりとの「コミュとは違う追加エピソード」かな。
日付的に、序盤でも見れるっぽいね。
ゆかりのエプロン姿!
料理は・・・どうなんだろ。
歴代作品では、じょうずに作れる女の子少ない(笑)

 

ペルソナ3 リロード

あと、タルタロスの攻略も探索しがいがあるように作り直されて、ダレないように工夫されているらしいよ。
正直言うとタルタロス攻略はあまり楽しくはなかったからね、これはうれしい変更。
そうだねぇ。
『P4』『P5』はダンジョン攻略も楽しかったからね。
反面収録されなかった要素としては、『P3FES』や『P3P』の要素は、ほぼ入ってないみたい。
今回はあくまで「『P3』オリジナルを丁寧にリメイクする」っていうのが目的みたいだし。
ハム子ーーーーー!
じゃあ藤田真由美さんの楽曲もなしかぁ。悲しい。

 

 

発売時期や対応機種

ペルソナ3 リロード

発売は、2024年初頭。
現時点で発表されている対応機種はXboxシリーズにWindows、PS4とPS5にSteam。
ただ、海外のストアとかにSwitch版の画像も出てるみたいだし、Switchでも出るかも。

各社から出すとは、かなりの力の入れようだね。

うちはどうする?
PS5版?

今のところ、PS5版にしようかと思っているよ。
Switch版も出るなら、ちょっと検討したいところ。

 

 

ペルソナ5 タクティカ

 

「シミュレーションRPG(タクティカルRPG)」というジャンル

ペルソナ5 タクティカ

さて次は『ペルソナ5』の新作『ペルソナ5 タクティカ』。
スピンオフっぽいけど、ストーリーの時系列としては3年生の卒業式間近ってところらしい。

で、ジャンルは「シミュレーションRPG」。
『ペルソナQ』とは違う方向性だね。

そうだねぇ。
このバトルシステムが心配かな。

 

ペルソナ5 タクティカ

「高さ」や「遮蔽物」を使って有利な位置を取る要素もあるみたいだね。
作戦が大事なジャンルだけど、タクティカル系に慣れてない人でも楽しめる工夫があるみたいだから、そこは安心して良いと思うよ。
まずは「慣れ」かなぁ。

ペルソナ5 タクティカ

ペルソナ5 タクティカ

バトルは3人で挑むみたい。
ダウンさせた敵を3人で囲むことで総攻撃ができるそうだよ。
3人は仲間内で自由に編成できるらしく、ジョーカーを入れなくても良いみたい。
いやージョーカーは入れたいなぁ。
あっ、でも、女の子3人とかにもできるのか。
うむむむ。

 

 

キャラと音楽

ペルソナ5 タクティカ

新キャラは革命家の「エル」。
今回のテーマは「革命」だそうだ。
「革命」!!
「エル」カッコいいねぇ。
「ジャンヌ・ダルク」を意識した作りなのかな。
たしかに。
そういうところも意識しているかも。

 

ペルソナ5 タクティカ

サウンドコンポーザーはアトラスの小西さんで、歌唱はおなじみのLyn(稲泉りん)さん。
公式サイトで1曲試聴できるけど、これまたカッコイイ!
わーカッコいいねぇ。
でも『ペルソナ』シリーズはこうでないとね!
だね。
楽曲も楽しみのひとつ!

 

 

発売時期や対応機種

ペルソナ5 タクティカ

発売日は2023年11月17日。
対応機種は、現行全機種だね。
予約も開始されているよ。

 

ペルソナ5 タクティカ

で、すでにDLCの情報も出てるんだけど、追加エピソードがあるんだって。
これは有料別売だけど「ダウンロード豪華版」には収録されているそうだ。

「ダウンロード豪華版」にはこの追加エピソードのほかに「追加ペルソナ」や「追加武器」が収録されているみたい。
何が欲しいかで、どのバージョンを購入するか考えないとね。

そうなのよ。
豪華版も迷ったんだけど、結局、Switchのパッケージ版にした。
豪華版がパッケージだったらよかったんだけどね。
そうだねぇ。
追加エピソードは別に購入できるし、まずは本編を楽しみましょ。

 

 

メタファー:リファンタジオ

 

新しいコンセプトの「ファンタジー」

メタファー:リファンタジオ

さて、ついに発売決定のPVが公開された『メタファー:リファンタジオ』。
これは2016年に「新しいコンセプトのファンタジーRPG」として制作が発表された『Project Re:Fantasy』のことだね。

ずーっと続報がなかっただけに、無事に発売決定で安心しました。

ほんと、それね。
作っているとは思っていたけど、全然情報なさすぎて、「頓挫」の二文字が頭をよぎったくらいだもん。

ふふふ。

で、今作のコンセプトなんだけど「現実が、誰かにとってのファンタジーだったら?」っていう斬新なアプローチなんだよね。
もしかしたら物語上で、現実世界も絡んでくるかも?

これはどういうシステムになっていくか、よくわからないんだよね。
その辺は追い追いだよね。
プレイして初めて体験する驚きもあるかもしれないし。

 

 

動画から読み解く

メタファー:リファンタジオ

まだどんなゲームなのかすら、明らかになっていないけど、PVを観て予想できるところを読み解いてみようと思うよ。

まずは ↑ のシーン。
かなり大きな街だけど、剣をスケートみたいにして乗っているし、移動は快適かも。

剣にタイヤをくっつけてェ・・・
いやいやいや、ウルトラハンドじゃないんだから。

あははは。冗談。

剣が自由自在に変形するってことなのかな。

浮いているようにも見えるけど、詳細はまだわからないかなぁ。

あと右側には日付が書いてあるし、右上には「災厄まで00」っていう期限みたいのが書いてある。
『ペルソナ』シリーズみたいなカレンダーシステムかな?

カレンダーシステムがありそうだよね。
好きな要素だから、ちょっとうれしい。

 

メタファー:リファンタジオ

メタファー:リファンタジオ

メタファー:リファンタジオ

「勇気」「見識」「包容力」「説得力」「想像力」といった人間ステータスみたいな要素もあるし、
「BOND」って書いてあるコミュみたいな要素もある。
これはかなり『ペルソナ』っぽいか?
まぁ完全新作だけど「要素」は引っ張ってくるだろうねぇ。
『ペルソナ』っぽい要素が、『ペルソナ』以外でどんな影響があるか、楽しみだなぁ。

 

メタファー:リファンタジオ

現時点でわかっているパーティーメンバーはこんな感じね。
妖精は「ガリカ」って名前なんだね。
ナビをしてくれるみたい。
「真・女神転生」で言うところのピクシーだよね。
まぁ見た目もピクシーっぽい。

 

メタファー:リファンタジオ

バトル面では、ペルソナみたいな存在を宿して戦うっぽいな。
「シーフ」とか「ナイト」って英語で書いてある。
職業をペルソナ化してる?
ん?あー右下のね。
職業によって能力が違ってくるのかな。

 

メタファー:リファンタジオ

スキルには「マハタルカジャ」っていう見慣れたものもある。
『メガテン』や『ペルソナ』と同じ感覚で戦えそうだね。
おー、そうだね。
私、その下の「冒険家の好奇心」が気になる。
どんな効果だろ。
全然想像つかんなぁ。
消費MPの上に書かれているマークも気になる。
一番上のアイコンに似ているし、消費プレスターンみたいな?

 

 

デザインセンス

メタファー:リファンタジオ

メタファー:リファンタジオ

やっぱりスゴイと思ったのはデザインセンスだよなぁ。
メニュー画面からして ↑ だよ?
カッコよすぎでしょ。
『ペルソナ5』に近いものがあるよね。
スタイリッシュでかっこいいけど、「見やすいか」といえばどうなんだろうね。
それはそうだね。
まぁメニュー項目の説明もちゃんと書いてあるし、大丈夫だとは思うけど。

 

メタファー:リファンタジオ

こっちはバトルのリザルト画面ね。
『ペルソナ5』なみのカッコよさ。
これに動きと音楽が付くんだよ。
あーいいっすねぇ。

 

 

発売時期や対応機種

メタファー:リファンタジオ

発売時期は2024年。
現時点で発表されている対応機種はXboxX/SとWindows。
でもまぁ、こっちは少なくともPS5では出るかと思う。
だよね。
むしろ、出してくれないと困る!
発売まではまだまだ、多分1年以上待つことになると思うけど、これは続報も要チェックだね。
まずは20日に公式生放送があるから、そちらを観ないと。
はーい。

 

 

おわりに

怒涛の新情報が展開された、アトラスの新作。
今後も動向を見つつ、発売を楽しみにしようと思います。

 

さて、今回の【週刊アトラス】はいかがでしたか?

それでは、コンゴトモヨロシクお願いします。

【週刊アトラス】関連記事はこちら

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲーム情報, 週刊アトラス
-,