週刊アトラス

『メガテン』の魅力を解明する6つの秘密【週刊アトラス】

はじめに

私たち夫婦は『真・女神転生シリーズ』が好き。

あまり万人受けしない作品ですが、なぜ夫婦2人とも好きになったのか。

  • 『メガテン』の何が魅力的なのか?
  • 『メガテン』のどこが好きなのか?
  • 私たちが『メガテン』を好きなわけとは?

今回は、そこを文章化してみようと思います。

私たち夫婦の主観が強い記事になりますが、『メガテン』の魅力が伝わるかと思います。

 

  • 勧善懲悪ではないストーリー
  • 「現実」が「非現実」になる恐ろしさ
  • 個性的なキャラクターたち
  • 神話や伝承にのっとった「悪魔」
  • 容赦ないけどクセになるバトル
  • 探索しがいのあるマップ

大きく6つに分けると、こんな感じ。
それでは、1つずつ解説していきます。

この記事はみなとと、

ともがお伝えします。

画像はそれぞれのゲーム画面のスクリーンショット。
【権利表記 ©ATLUS ©SEGA All rights reserved.】

スポンサーリンク

なぜ『真・女神転生シリーズ』は魅力的なのか

勧善懲悪ではないストーリー

圧倒的な悪がいて、主人公は絶対正義。

『真・女神転生』が生まれた当初は、そういった創作物は多かった印象です。
少なくとも、ゲームではそんな作品ばかりに囲まれていました。

『メガテン』は、主人公が進む道を複数のルートから選択、つまりストーリーが変化します。
そして、そのどれもが「一概に正義とは言えない」エンディングなのです。

プレーヤーによって、見る人によって、それが良い結末だったか悪い結末だったかが変わります。
そんな「勧善懲悪ではない」ストーリーが、『メガテン』の魅力です。
『メガテン』をプレイして、これまでの既成概念が壊されました。
謎が謎を呼ぶ、先が読めないストーリーも魅力的!

 

 

「現実」が「非現実」になる恐ろしさ

真・女神転生Ⅲ -NOCTURNE

『メガテン』では、舞台が現代の日本であることが多いです。
主人公は一般人で、現実的な生活風景からスタートします。

そしてその現実は、序盤で壊されます

  • 悪魔や怪物が街に現れる
  • 学校が異界に沈む
  • 東京が死んで、主人公が悪魔になる

そんな、見慣れた世界が一変する様子は、恐ろしくもあり惹かれる部分でもあります。

序盤に少しだけ日常を見せるのもポイント。
「現実」が「非現実」になり、主人公だけじゃなく周りの色んな人もその影響を受け、困惑したり順応していくさまがとてもリアルです。
自分がそこにいたら・・・と考えると恐ろしくなります。

 

 

個性的なキャラクターたち

真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY

真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY

一筋縄ではいかない世界設定を体現するかのように、登場するキャラクターたちも個性的。

それぞれ違う狙いや信念で動いている人物が多く、言い分にも一理あると感じる部分が多いです。

セリフに力がある

そう感じます。

キャラクターだけではなく、悪魔たちも個性的。
悪魔会話では多くの口調が用意されていて、その口調によってさまざまな性格や会話パターンが用意されています。

悪魔たちが語るセリフも印象的。

プレイをすれば、きっと心に残るセリフに出会えます。
主要キャラクターだけではなく、モブキャラクターたちのセリフにもご注目を。
新たな発見があります。

 

 

神話や伝承にのっとった「悪魔」

サマエル

女神転生TCGより、金子一馬氏のデザイン

真・女神転生Ⅳ FINALより、土居政之氏のデザイン

一般的なRPGで言う「モンスター」は、『メガテン』では「悪魔」と呼ばれます。

「悪魔」は、世界各地の神話や伝承で語られる「神」「天使」「怪物」「妖怪」などがモデルになっています。
『メガテン』では、それらを総称して「悪魔」と呼んでいます。

金子一馬さんや、土居政之さんが描く「悪魔」の造形は、伝承にのっとりながらも先進的で特徴的。
非常に魅力的な姿です。

『メガテン』では、敵として出現した「悪魔」を、会話で仲間(仲魔)にすることができます。
育成したり、合体したりして強力な仲魔に育て上げられる点も、『メガテン』の大きな魅力と言えます。

悪魔を口説いて、悪魔を育てて、悪魔を合体して・・・。
この背徳的なシステムがたまりません。
やっぱり悪魔合体が大好き。
理想的な悪魔にたどり着くために計画を立てたり、あれこれと合体していると、かなりの時間が経過しててビックリします。

 

 

容赦ないけどクセになるバトル

真・女神転生Ⅲ -NOCTURNE

高難度で有名な『メガテン』のバトル。
近年の作品は低難度モードがついている場合が多いですが、「ノーマルモード」=「一般的なゲームのハードモード」くらいの認識になるかと思います。

雑魚戦でも、全滅の危険を伴うのが『メガテン』。
でも、そのスリリングなバトルはクセになります。

  • 弱点属性の重要さ
  • 補助スキルの重要さ
  • 物理反射の恐ろしさ

この辺りを理解してくると、バトルがかなり楽しくなってきますよ。

「オートバトルがある」というのも良いところ。

ラクカジャ(防御力アップスキル)を1回かけるだけでも、バトルの難しさは大きく変わります。

強敵はホントに強敵なので、勝てた時のよろこびも大きいです。
特に死を司る強力な悪魔、「魔人」との戦いはどれも印象的で恐ろしく、とてもテンションが上がります。

準備がとっても重要。
他のゲームでは補助スキルは面倒くさくて軽視しがちですが、『メガテン』は別!
ちゃんとしないと、そこに待つのは「ゲームオーバー」。

 

 

探索しがいのあるマップ

真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY

真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY

『メガテン』のマップは、「一人称視点の3Dダンジョン」か「三人称視点の3Dダンジョン」のどちらかが採用されています。
「一人称視点の3Dダンジョン」の場合、マップはマス目状に表現されます。

どちらのマップでも、未踏の場所を探す楽しさやルート開拓の楽しさを味わえます。

作品にもよりますが、

  • 装備品をアップグレードすると通れるようになる道
  • 月齢によって中身が変わる宝箱
  • 一方通行や見えない壁

など、個性的なギミックがたくさんあります。

それぞれ雰囲気も違いますし、ダンジョン探索は飽きることなく楽しめます。
まぁ、敵は強いので全滅には注意ですが。
踏破できるタイプのマップでは、踏破率100%を目指したくなります。

 

 

おわりに

『真・女神転生シリーズ』の魅力が伝わったでしょうか?

今回お伝えしたのは、あくまで私たち夫婦が特に推したいポイント。

他にも「音楽」や「UI(ユーザーインターフェース)」、「ファンサービス」など、魅力はいくつもあります。

 

プレイする人によって推したいポイントは変わると思いますが、私たちが考える「『メガテン』の魅力」はこんな感じです。

 

さて、今回の【週刊アトラス】はいかがでしたか?

それでは、コンゴトモヨロシクお願いします。

【週刊アトラス】関連記事はこちら

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

+1

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-週刊アトラス
-,