ゲームレビュー

FEZ(フェズ) レビューbyみなと

概要 

【発売日】2014年8月20日
【発売元】Polytron Corporation
【開発元】Polytron Corporation
【ハード】PS VITA
【ジャンル】アクションパズル
【CERO】A(全年齢対象) 
【公式サイト】http://fezgame.com/(海外サイト)
PSのソフトウェアカタログはコチラ → http://www.jp.playstation.com/software/title/up4427pcse00404_000000000000000000.html
画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

「2次元」と「3次元」の融合。
新感覚のアクションパズルゲーム『FEZ(フェズ)』をレビューします。

「2次元」の世界の住人である、主人公・ゴメズ。
冒頭で不思議なキューブの力を得て、世界を「3次元」的に回転させることが出来るようになる。

上の画像は、同じ位置で回転させたもの。
回転は「L」ボタンと「R」ボタンで、90°ずつ回転する。(VITAの背面フリックでも出来る)
回転後は2Dとして扱われ、普通に横移動できる。
道が無かったり、足場まで遠かったりしても、回転させることで通れるようになったりする。

今作では、この回転させる力を使い、世界に点在する「金色のキューブ」を集めるのが目的。

俺がプレイしたのはVITA版だが、PC、Xbox360、PlayStation 3、PlayStation 4でも出ている。

 

スポンサーリンク

記事下広告1

良い点

高難度で、バリエーションに富んだ謎解き

集めるべき「金色のキューブ」は、32個。
小さな「黄色いキューブ」を8個拾うことで、1つの「金色のキューブ」になる。
「金色のキューブ」がそのままドンと置いてあることもある。

この「金色のキューブ」集めは、ほぼ探索ゲー。難しくは無い。
今作ではもう1種類キューブが存在する。
紫色の「アンチキューブ」だ。こちらも32個。
この「アンチキューブ」集めは、かなりの高難度。

・ブロックの形を揃える
・特定の手順で画面を回転させる
・QRコードを読み込む

など、斬新な切り口の謎解きが多く、面白い。

 

可愛らしい絵・動き

今作のグラフィックは主にドットで描かれていて、レトロゲーム風。
キャラクターも緩くて愛らしい。
動きは特に可愛く、ちょっとした仕草なんかも良い。

背景の鳥や、道端のネコなども細かく動いており、その仕草も可愛い。

 

不満点

ストーリーは分かりづらい

日本語翻訳の関係かもしれないが、今作のストーリーは意味不明な点が多い。

作中に多くみられる壁画や、部屋内のオブジェクト等で、物語の背景を読み解けるのかもしれないが、よくわからない。
何か哲学的な含みがありそうな文章はあるが、よくわからない。
うーん、なんだか自分の頭の悪さを露呈している気がするが・・・しょうがない。よくわからなかった。

総評

ストーリーについては、パズルゲームだしそこまで重要ではないと思う。
斬新なシステムや、歯ごたえのある謎解きは、今作を十分評価できる要素だ。

謎解きに疲れたら可愛いドット絵を眺めていても良いかもしれない。

【ソフトウェア】ダウンロード
【プレイ時間】不明
【トロフィー状況】100%
【トロコン難易度】とても難しい

全体評価   ★★★☆☆

シナリオ   ★★☆☆☆
操 作 性  ★★★☆☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★★☆
ビジュアル  ★★★★☆
音   楽  ★★★☆☆

RPGツクール フェス - 3DS
RPGツクール フェス - 3DS

引ク押ス [オンラインコード]
引ク押ス [オンラインコード]

-ゲームレビュー
-, , ,