ゲームレビュー

勇者死す。 感想・レビュー byみなと

勇者死す。top

今日のレビューは、日本一ソフトウェアの『勇者死す。』です。

元は、携帯電話用のゲームアプリで、VITA向けにリメイクしたもの。
「魔王討伐後、相打ちとなった勇者が5日間だけ復活し、魔王討伐後の世界を旅する」という、とても斬新なコンセプトの作品です。

ジャンルとしては、RPGですね。
でも、通常のRPGとは異なる部分もあるので、簡単に内容も紹介します。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2016年2月25日
発売元 日本一ソフトウェア
開発元 ピラミッド
ハード PS VITA
ジャンル RPG
プレイ人数 1人
CERO C(15才以上対象)
公式サイト 勇者死す。Vita版公式サイト
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©2016 Nippon Ichi Software, Inc. © G-MODE, Shoji Masuda/Pyramid
PSストアのページ 勇者死す。

 

ゲーム内容

操作方法

勇者死す。 操作方法

フィールドは3Dで表現されていますが、移動は左右のみです。

 

戦闘

勇者死す。 戦闘コマンド

戦闘は、敵シンボルに触れると開始される、シンボルエンカウント。
ターン毎に行動する、オーソドックスなコマンドバトルです。

 

余命

勇者死す。 余命

主人公は、魔王と相打ちになり命を落とした勇者。
名前は自分で設定できます。(ボイスではユウシャ様と呼ばれる)

特別に5日間だけ命を与えられ、復活。
「再び死ぬまでの限られた時間をどう過ごすか」が、今作の重要な点になります。

この5日間を有意義に使えるように、「夜」は訪れません。
ずっと日が出ている状態です。

 

弱体化

月曜日に復活し、土曜日の朝に、死にます。
復活直後はステータスはMAXで、最強の状態。

勇者死す。 最強

 

ですが、日を追うごとに、時間があるていど過ぎるごとに、どんどん弱体化していきます。

勇者死す。 弱体化

使える魔法を忘れてしまったり、強力な装備品を重たく感じるようになります。
さらに、一定時間ごとにステータスも弱体化していきます。

ずっと行動していると「疲労度」が溜まります。
疲労度が多く溜まっている状態や、重い装備を着けていると、より多くのステータスが弱体してしまいます。
休息をとってできるだけ疲労度を溜めないようにしたり、合わない装備は着けかえたりする必要があります。

 

勇者死す。 限界

装備や疲労を放置して日数を重ねた場合、最終的には↑の画像くらいまでステータスが下がります。

 

仲間

勇者死す。 ビビショップ

冒険の途中でイベントをこなすと、仲間が増えます。
最大4人パーティーです。

仲間キャラの装備変更は、装備を「プレゼント」という扱いになります。
与えた装備品を装備してくれますが、元々着けていた装備品は破棄されます。

女性の仲間キャラに「深紅のバラ」というアイテムを渡し、宿屋に泊ると・・・。

勇者死す。 子孫

 

葬儀・周回

勇者死す。 葬儀

土曜日の朝6時になると勇者は息絶え、葬儀のシーンとなります。

その5日間でこなしたイベントの関係者や仲間にしたキャラなどが参列し、別れの言葉を告げていきます。
この葬儀のようすは「葬儀リプレイ」に保存され、タイトル画面から再視聴が可能です。

葬儀が終わると、セーブ。
そして最初の月曜日に戻され、再び5日間をプレイすることになります。

前の周でのイベント達成により、次の周で発生するイベントもあります。
そうしてイベントをこなし、真エンディングを目指すことになります。

 

良い点

斬新なコンセプト

勇者死す。 余命

復活から死までの5日間を繰り返し、イベントをこなして真実に到達する。

アドベンチャーではよくありますが、RPGというジャンルでは、こういった作りのゲームは珍しいですね。
こなしたイベントによって葬儀の内容が変わる点も、斬新でおもしろいです。

 

魔王討伐後の世界

魔王を倒して、果たして世界は平和になったのか?

今は大分減りましたが、RPGといえば「勇者と魔王」でした。
「魔王を倒して、めでたしめでたし」
そんな物語を、少し掘り下げて描くとどうなるか?

とても興味深いですし、考えさせられます。

もしかすると、今作で最も重点的に考えられているのは、ここかも・・・?

 

不満点

RPGとしては・・・

斬新なコンセプトではありますが、「RPGとして楽しいか」と言われると、微妙です。

  • 主人公は成長せず、弱体化
  • シンボルエンカウントだけど、敵を避けたりできない
  • 街は少なく、ダンジョンも少ない

など、バトルや成長を楽しむ要素が薄いです。

周回前提の作りなのに、メッセージスキップができない点もマイナス。

 

所持できるアイテム数が少ない

勇者死す。 持ち物

所持できるアイテム数が40と、極端に少ない。
宝箱は多く、敵もよくアイテムを落とすので、すぐにパンパン。

いちいち捨てるかどうか選ぶ必要があるので、とてもテンポが悪いです。

周回すると持っているアイテムは全て初期状態にリセットされます。

 

トロフィー集めが大変

今作のトロフィーは、

  • 取り返しがつかないもの
  • 運次第なもの
  • リストを埋める必要があるもの

などがあり、集めるのがとても大変でした。

中でも「全種類のモンスターと戦う」と「全アイテムを入手する」が鬼門。
運が絡むうえに、どのモンスターと会っているか、どのアイテムを入手しているかを確認する手段がありません。
記憶力に頼るか、最初から自分でリストを作成してチェックしていくかしかありません。

ちなみに俺が最後に入手したアイテムは、「仲間キャラの初期装備」でした。
仲間キャラの装備品は入手したもの扱いになっていませんし、装備変更した場合、元のアイテムは破棄されます。
仲間の初期装備品は、買うなりして自分が入手していないといけません。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 約18時間
トロフィー 状況 100%
トロコン 難易度 運次第

 

総評

ちょっと無視できない粗は多いですが、なんだかんだトロコンまでプレイしました。

1周あたり、大体2時間くらい。
段々効率的なプレイができてきて、知識的な成長を感じられました。

一風変わったRPG、というか「勇者と魔王」を題材にしたループ物のアドベンチャー
と言ったほうが近いかも。

PSストアのページはこちら
→ 勇者死す。

全体評価   ★★★☆☆

シナリオ   ★★★★☆
操作性    ★★☆☆☆
システム   ★★☆☆☆
キャラクター ★★★☆☆
ビジュアル  ★★★☆☆
音  楽   ★★★★☆

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , ,