ゲームの旅路

特集:海の国「シュワシュワーナ」/ 旅行ブログ『マリキャとみー』【スーパーマリオ オデッセイ】

2017/12/10

マリキャとみー

旅行ブログ『マリキャとみー』です。
前回に引き続き、取材はマリオ、キャッピー。
レポートはともみなとが担当します。

それぞれの頭文字をとって、『マリキャとみー』です。

旅行ブログ『マリキャとみー』シリーズ

よくよく考えたら、今年海行ってない!!

え~?
妊娠中だったし、遠出するのも、泳ぐのもちょっと難しかった時期じゃないか。

違う!!
私はラーメン屋に行きたかったの!!

あー、あそこか。
別のラーメン屋さんで我慢してください。

さて、今回の特集は、海の国「シュワシュワーナ」です。

画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したものです。
『スーパーマリオ オデッセイ』公式サイトはこちら
→ 『スーパーマリオ オデッセイ』公式サイト

スポンサーリンク

記事下広告1

海の国「シュワシュワーナ」概要

人口 中規模
面積 広い
民族 シュワーナ人
通貨 シェル型
産業 炭酸水、リゾート
気温 平均31度

 

シュワーナ人

この国に住む、シュワーナ人。

男性はマリオのような立派な、お髭をたくわえています。
また、女性は大きな真珠のネックレスを身につけています。

リゾート地に住むのですから、お金持ちなんでしょうね。

ちなみに、彼らの口癖は「○○しー」。
SEA(シー/海)と、かけているでしー。

 

通貨(ローカルコイン)

この国の通貨はシェル型。
あちこちに隠されています。
ご自由に取っていいとのことなので、遠慮せずにいただきましょう。

1人100枚まで、集めていいそうです。

 

衣装

リゾート地で着たいものといえば、そう「アロハ服」
海の国「シュワシュワーナ」で手に入れることができます。

取材班の1人・マリオが着てみました。
なかなか似合いますねぇ。
女性用も売っていると思われますので、店員にご確認を。

さて、もう一着。
それがこの「セーラー服」

水兵さんですね。
青い2本のラインが素敵です。

ローカルコインで、買い求めましょう。

 

おすすめスポット紹介

炭酸の海

「シュワシュワーナ」の海は、世にも珍しい炭酸の海。
炭酸の海に入ると、お肌がツルツルになるそうです。

 

グラスタワーとグラス宮殿

「シュワシュワーナ」に来て、まず目に入るのが、このグラスタワーではないでしょうか。

このグラスタワーはただ単に、見た目の美しさだけではありません。
特産品である「誓いの水」を精製する機能もあるのです。
観光的で、実用的なんですよ。

ちなみに、このグラスタワーの頂上に登れるそうなのですが・・・。
どうやって行くのでしょうか。

 

そしてこちらがグラスタワーの土台である、グラス宮殿。

海の中なのですが、かなり、凝った作り。

ぜひ、スキューバダイビングをして、この美しさを堪能してください。

 

誓いの水

上記の「グラスタワーとグラス宮殿」で述べた「誓いの水」。
実は、飲み物のことなんです。

4つの噴水から、グラスタワーに向かって、海水を吹き上げます。

炭酸の海水ですが、グラスタワーでブレンドされると、上品で深みのある味に変化するのです。
この飲み物を「誓いの水」と呼ぶのです。

「誓いの水」は「出会いから、よい変化をもたらす」という縁起物として飲まれるようになったそうです。
飲んだ人が幸せになったという話があるそうなので、シュワシュワーナへ行った折は、ぜひ、「誓いの水」を飲んでみてください。

 

海の家

海といえば、「海の家」。
しかし、鍵がかかっていて、特定のお姿でしか入れないそうです。残念。

 

天然の露天風呂

周囲の海を一望しながら浸かれる、天然の露天風呂があります。

海底の火山活動からできた温泉ですので、効能は数知れず。
しかも、無料。
というわけで、かなりの人気スポットとなっています。

ただ、水深があるので、泳げない方やリラックスしたい方は、浮輪を持参してください。

 

注意生物

ホースイ

一見、タコのようにも見えるホースイ。
油断していると・・・

なんと、脚の付け根から、水鉄砲を吹き出します。
この水鉄砲、自らまとった水を吹き出しているのです。

しかし、この水鉄砲を活かして上昇する姿は、必見。
この生物を見る時には、安全な場所から、見物しましょう。

 

ウツボ

海底洞くつに住む、巨大な生き物。
それがこのウツボ。

ダイビングで楽しむ観光客に向かって、突進して来ます。
お気を付けください。

 

おみやげ店:クレイジーキャップ

「シュワシュワーナ」のクレイジーキャップはなんと、ドッシーの背中。
この愛らしい姿を見るために、わざわざこの国に観光に来る人もいるとか。

おみやげのラインナップはこの通り。

  • 海の国のステッカー

  • グラスタワーの模型
  • 砂のビン

右下にあるのが、グラスタワーの模型です。
レプリカなので、水を入れることはありませんが、かなりきれいです。

また左中央にあるのが、砂のビンです。
金のシュワーナ人の模型が乗っていますね。
シュワシュワーナ海岸で採取された砂が入っています。

 

ミニゲーム

国技 ビーチバレー

きれいな砂浜で、この「シュワシュワーナ」の国技であるビーチバレーがプレイできます。

ビーチバレーといっても、対戦相手はいません。
ただひたすらに、専任コーチに返すだけ。

しかし、甘く見てはいけません。
この専任コーチは、なかなかの腕前で、どんな球でも投げ返してきます。

 

パワームーン探訪

通貨と同じく、こちらも様々な場所に隠されているパワームーン。
この国では紫です。

 

パワームーンが取れない?

ブログ読者のウルフさんからの質問です。

ビーチバレーが難しいです。
調子がいい時でも40回くらい・・・。
100回なんて、できそうにありません。
どうすればいいですか?

お答えします。
「帽子投げ」は使っていますか?
ボールは地面に落ちても、一瞬だけ許してくれます。
即座に帽子を当てて返せば間に合います。
ボールそのものよりも、ボールの影を見た方が落ちる場所の予測ができますよ。

それでも、どうしても厳しい場合、2人プレイを利用する方法もあります。
マリオにはコートの外で待機してもらい、キャッピーだけでプレイするのです。
キャッピーは動きが速いので、難度はかなり下がります。
「打ち返したらコートの中央に戻る」を繰り返すと、安定しますよ。

ちなみに、マリオで打ち返す時に「ジャンプしてYボタン」でスパイクが打てます。
コインが出ますよ。

 

あとがき

9回目の掲載となった旅行ブログ『マリキャとみー』。
いかがだったでしょうか。

さて、次回は料理の国「ボルボーノ」です。
「料理」と聞くと、たくさんの美味しいものがあるのを想像してしまいます。
取材班には、食べ過ぎないように言っておきます。

関連記事はこちら
→ 2人プレイも楽しい!最高の箱庭!なぜCERO B?スーパーマリオ オデッセイ ファーストレビュー

 イラストbyみなと

※この記事は『スーパーマリオオデッセイ』を題材にした、旅行ブログ風の記事です。
記事の内容とゲームの内容は必ずしも一致しません。

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームの旅路
-, , ,