私たちのお気に入り

ゲームの女の子キャラ名鑑 No.2

2019/10/27

はじめに

ゲームに登場するステキな女の子1人にスポットを当てて、紹介しようという企画。
ゲームの女の子キャラ名鑑」。

その女の子の、

  • 登場作品
  • プロフィール
  • 魅力的なポイント

などを紹介します。
「女の子きっかけでゲームにも興味を持ってもらおう」という狙いもあります!

重大なネタバレは避けて紹介します。

女の子の選出は、私みなとがやります。
独断と偏見と、個人的趣向が出まくりの選出になることを、あらかじめ言っておきます。
なお、「女の子」と書きましたが年齢・種族等を制限しません。
あくまで「見た目が女性っぽいキャラ」です。

あと、この企画の立案者はともですからね!

 

スポンサーリンク

記事下広告1

カーラ(『デトロイト ビカム ヒューマン』)

Detroit: Become Human

プロフィール

名前 カーラ
登場作品 『Detroit: Become Human』
CV ヴァロリー・カリー(英語版)
佐古真弓(日本語版)
演者 ヴァロリー・カリー
型式・主なスペック AX400#579 102 694
2032年発売
家事手伝い、家政婦、ベビーシッター等を得意とし、300の言語を話すことができ、9,000以上の料理を作れる
おっぱい 小さめ

 

 

簡単なご紹介

「女の子キャラ名鑑」第2弾として選んだのは、『Detroit: Become Human』の主人公の1人、カーラ。
アンドロイドが一般的になった近未来が舞台の『デトロイト』で、家事用のアンドロイドとして登場します。

1人の少女を守るためにとる、彼女の奮闘や葛藤は、今作の魅力の1つだと思います。

女優のヴァロリー・カリーさんの全身をキャプチャーしているため、見た目も動きも声も、完全に女優さんです。

アンドロイドなので厳密には女性ではないかもしれませんが、見た目が女性なので良し!

 

 

選んだ理由

非常に高精細なグラフィックと、枝分かれするストーリーが特徴的な『デトロイト』。

カーラが辿る数奇な運命は、プレイ中本当に心を動かされました。

1人の少女を守るために、彼女のアンドロイドとしての役割も揺らぎます。
機械でありながらとても人間的で、プレイヤーの選択次第でさまざまな表情を見せてくれるところも魅力的。

人によっては「カーラ編は序盤で終わってしまった」なんて展開もあるそうです。
驚きの展開や、感動的な展開、緊張する一瞬。
プレイしていて、こちらの感情も大きく揺さぶられました。

 

 

オススメポイント

Detroit: Become Human

未プレイの人にオススメしたいポイントは、「母性」です。

カーラと共に行動することになる少女「アリス」。
アリスのことを、プレイヤー自身も「守りたい」と思わせる一連のできごとは、序盤の見せ場の1つです。

カーラの「母性」を見出し、プレイヤー自身がカーラとアリスに感情移入をすればするほど、カーラ編の魅力は上がっていきます。

もちろん、その美しい見た目もオススメポイントです。
家事の丁寧な動きも必見です。

他の主人公も、脇役たちも魅力的なキャラクターばかり。
『デトロイト』は、PS4を代表するアドベンチャーゲームの1つだと思います。

 

 

妻からひと言

カーラは私も大好きなキャラクターの1人。
カーラが見せてくれる「母性」は、涙を誘います。

また、カーラ編だけに用意されている「あの家」では、心臓が張り裂けそうになるくらいハラハラしました。
カーラが守るアリスと共に、「最後まで生き残ってほしい」と心から願いながらのプレイでした。

うんうん、『デトロイト』はどの主人公も魅力的だけど、「感情の揺さぶり度」ならカーラがダントツだよね。
キャラクターが死んだとしても普通に話が進んじゃう作品だけに、どんな展開になるか最後まで分からずハラハラしたね。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

「ゲームの女の子キャラ名鑑 No.2」は、『Detroit: Become Human』のカーラでした。

次は、どんな女の子がチョイスされるのでしょうか?
お楽しみに。

関連記事はこちら
→ 「 Detroit: Become Human 」 一覧

その他の女の子キャラはこちら
→ 「 女の子キャラ名鑑 」 一覧

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-私たちのお気に入り
-,