特別企画 解説・操作方法・攻略

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)VRキット 開封紹介 

2019/08/10

はじめに

ニンテンドーが提案する「新しいあそび」。
初めて『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』が発売されたのは、2018年4月20日のこと。

それから、約1年の2019年4月12日。
「VR KIT(ブイアールキット)」が発売されました。

早速、開封しセット内容を紹介します。
また、「バラエティキット」「ドライブキット」との違いもお伝えしていきます。

注意
『ニンテンドーラボ』は、Nintendo Switchを持っていないと遊べません。
購入の際は、注意してください。

この記事は、ともがお伝えします。

スポンサーリンク

記事下広告1

外箱

外箱から見ていきます。

ちなみに側面には、セット内容。
そして、「つくる」対象年齢と組み立て時間の目安が書かれていました。
のちに詳しく説明します。

 

表面

ニンテンドーラボ VR

 

裏面

ニンテンドーラボ VR

 

外箱サイズ

外箱サイズは、縦約34.7cm×横約45.2cm×高さ約7.5cmです。

ニンテンドーラボの「バラエティキット」や「ドライブキット」よりも「高さ」が1㎝長かったです。

 

 

セット内容

開封

さて、開けて行きます。

ニンテンドーラボ VR

さらに開けると、こんな感じ。

ニンテンドーラボ VR

 

VRレンズ

箱から出すとこんな感じ。

ニンテンドーラボ VR

ビニール袋から取り出してます

注意事項が書かれた保護シールが貼ってあります。

注意事項の通り、直射日光には気を付けましょう。
失明のおそれや、火災の原因になります。

 

保護シールを取ってみると、こんな感じ。

ニンテンドーラボ VR

ニンテンドーラボ VR

レンズはプラスチック製だと思われます。

※撮影用に保護シートをはがしましたが、実際はVRゴーグルToy-Con完成時に、はがすことになります。

 

ダンボールシート

ニンテンドーラボ VR

ダンボールシートを取り出してみました。
けっこう入っています。

合計32枚

ちなみに、バラエティキットは28枚、ドライブキットは25枚でしたので、一番枚数が多いです。

 

 

組み立て時間の目安(10歳の場合)

外箱の側面に書かれていました。
表記の通り、記載します。

  • VRゴーグル Toy-Con
    30分~60分
     
  • カメラ Toy-Con
    30~60分
     
  • ゾウ Toy-Con
    60~120分
     
  • トリ Toy-Con
    90~150分
     
  • 風 Toy-Con
    90~150分
     
  • バズーカ Toy-Con
    120~180分
     
  • Toy-Con ガレージ
    アイデア次第!

 

 

対象年齢

外箱の側面書かれていた、対象年齢。

保護者と一緒に組み立てる場合は6歳~

1人で組み立てる場合は10歳~

と書かれていました。

また、VRモードは7歳以上が対象です。

 

 

VRモードについて

VRモードでゲームをプレイすると、乗り物酔いのような症状や体調不良になる可能性があります。
その場合はゲームを中断し、休憩をとってください。

また、ゲーム内では一定のプレイ時間ごとに休憩の案内があります。
その休憩の案内が出たら休憩しましょう。

 

6歳未満のお子さんについて

「VRモード」の対象年齢は7歳以上です。
視覚の発達に与える3D映像の影響を考えたうえでの設定です。

6歳未満のお子さんが遊ぶ場合は「VRモード」をオフにして、プレイしましょう。

 

 

段ボールが壊れた。部品を失くした。

子ども、大人関係なく、作っている時や遊んでいる時にダンボールが壊れたり、部品を失くしたりすることがあると思います。
任天堂では、そういった時の対処法として、ダンボールシートだけ購入できたり、部品を購入できるようにしてくれています。

 

ダンボールキットを買う

マイニンテンドーストアにて、ダンボールシートや部品、ゲームソフト以外の全てがセットになった商品を販売中です。
価格は6,458円(税込)です。

下記のリンクから飛べます。
Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit (ダンボールキットのみ)

 

個別に買う

個別に買いたい場合は、任天堂公式HPの「パーツ販売」から購入できます。

VRレンズ単品も購入できます。
→ https://onlineshop.nintendo.co.jp/shop/item_list?category_id=537843&cur=1&sort=8&num=10

 

 

まとめ

今まで「バラエティキット」「ドライブキット」を購入してきましたが、工作好きの長女(8)に、すべて組み立ててもらっていました。

しかし、今回は「VRゴーグル」を私、ともが。
「バズーカ」をみなとが。
その他の「カメラ」「トリ」「ゾウ」「風」はいつも通り、長女が担当します。

私が作るのは初めてです。
実際にかかった時間など、ひとつの参考になるよう、レビューしていきたいと思います。

お楽しみに。

■追記
「VRゴーグルToy-Con」を作ってみました。
記事はこちら
→ VRキットを「ラボ初心者」が作ってみた【Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)】

関連記事はこちら
→ ともが答えます!VRKIT(ブイアールキット)のQ&A【Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)】

「Nintendo Labo」についてはこちら
→ 「Nintendo Labo」一覧

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-特別企画, 解説・操作方法・攻略
-, ,