ゲームの旅路 特別企画

VRキットを「ラボ初心者」が作ってみた【Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)】

2019/08/10

ニンテンドーラボ VR

工作とゲームが好きな、我が娘、8歳。
前作である『ニンテンドーラボ』の「バラエティキット」「ドライブキット」をプレゼントした際は、喜び、夢中になって作っていました。

そして「バラエティキット」が発売されてから約1年後の今日、2019年4月12日は、第4弾となる「VRキット」が発売されました。

今回もまた、すべて娘に任せてみようかと思ったのですが、

一度は作ってみたい!

ということで、VRゴーグルを私、ともが作ることになりました。

この記事では「VRゴーグル」の作成風景を交えながら、製作にかかった時間などをお伝えします。

過去の制作風景やレビューはこちら
→ 「Nintendo Labo」一覧

この記事は、ともがお伝えします。

スポンサーリンク

記事下広告1

はじめに

ニンテンドーラボについて、簡単におさらいします。

  1. ニンテンドーラボは工作後、ゲームとして遊べる新感覚ゲーム
    Toy-Con(トイコン)を作った後は、Nintendo Switchを使用し、ゲームとして遊べます。
     
  2. 説明書はNintendo Switchで
    作り方の説明書は、ゲームソフト内に入っています。
    かなり丁寧で、わかりやすい説明書です。
     
  3. のり、ハサミ不要
    「工作」と聞くと、「のりやハサミ、必要な部品(ヒモや輪ゴム等)を用意しなければいけない」と思ってしまいがち。
    しかし、ニンテンドーラボには、それらは一切不要。
    のりやハサミがなくても作れるような設計になっていて、必要な部品は付属されています。
     
  4. パーツの取り外しが簡単
    段ボールは柔らかめで、切り取り線が入っているので、簡単に取り外せます。
    またパーツには折り目が入っているので、折り曲げるのも簡単です。
     
  5. 仕組みがわかるように解説付きなので、学べる
    「どうして動くのか」ということが、学べます。
      
  6. アレンジができる
    動く仕組みがわかると、アレンジして別な物を作ることができます。
    ソフト内に入っている「Toy-Conガレージ」では、プログラミングをして、自分オリジナルの物を作ることができます。
    子どもよりも、大人が熱中してしまいます。
     
  7. 失くしたり、壊した場合は、購入することが可能
    任天堂パーツ販売では、必要な分の段ボールシートや付属品セットを購入できます。
    詳しくはこちら
    → 任天堂パーツ販売> Nintendo Switch> Nintendo Labo

ニンテンドーラボ VR

 

 

まずは練習

Joy-Conケース

操作方法などを学ぶためにJoy-Conケースを作ります。

これは3分ほどで、できあがりました。

ニンテンドーラボ VR

 

Toy-Con 画面ホルダー

次は画面ホルダーを作ります。

ニンテンドーラボ VR

こちらは7分ほどで完成しました。

画面ホルダーは「VRモード」にしない場合に使用します。

ニンテンドーラボ VR

 

 

VRゴーグルToy-Con 作成

ニンテンドーラボ VR

さて、お待ちかね「VRゴーグル Toy-Con」を作成していきます。

注意
VRレンズに付いている保護シールは取らずに作業しましょう。
またレンズには触らないようにしましょう。
もし触ってしまった場合は、メガネ拭きでふきましょう。

 

作成風景

一番大きなパーツから着手します。

ニンテンドーラボ VR

折り目をギュッと折ることが大事です。
そして、表裏の確認や、ちゃんと差さっているかの確認が大事だと思いました。

ニンテンドーラボ VR

 

意外と難しかったのは、このハトメ。
けっこう、力が要ります。

ニンテンドーラボ VR

また、ハトメには表と裏があります。

ニンテンドーラボ VR

これはハトメの裏

もし間違えた場合は、下記の画像のようにコインで取り外します。

 

気になったのは、このシール。
まず表に貼った後・・・

ニンテンドーラボ VR

裏で端を止めます。

ニンテンドーラボ VR

貼る箇所の番号によって、シールの大きさが異なりますので、注意が必要です。

ニンテンドーラボ VR

 

いくつかの工程を経て・・・

ニンテンドーラボ VR

本体ができました。

ニンテンドーラボ VR

「安全キャップ」も作ります。
これはスイッチ本体が落ちないようにするために必要です。
「かざぐるまToy-Con」でも使います。

「安全キャップ」は遊びによって使用したり、しなかったりします。

ニンテンドーラボ VR

そして、ついに完成しました。

ニンテンドーラボ VR

 

実際にかかった時間

キットの箱に記載してあった組み立て時間の目安(10歳の場合)は30分~60分でした。

ともの場合は30分でした。

初めて作ったわりには、サクサクできました。

 

 

まとめ

「組み立て時間の目安」どおりに作れました。
お子さまが作る場合でも、50~60分で作れる気がします。

大事なのは、「きっちり折る」「きっちり合わせる」「きっちりはめる」と感じました。

VRレンズを装着する前に、一度メガネ拭きで拭いた方がよかったかもしれません。
プレイ中に、ちょっとホコリが気になりました。

関連記事はこちら
→ Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)VRキット 開封紹介
→ ともが答えます!VRKIT(ブイアールキット)のQ&A【Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)】

その他のニンテンドーラボの記事はこちら
→ 「Nintendo Labo」一覧

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームの旅路, 特別企画
-, , ,