ゲームレビュー

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション レビューbyみなと

2017/08/01

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション

『BIOHAZARD REVELATIONS UNVEILED EDITION』

3DSで発売された『バイオハザード リベレーションズ』をHD化し、追加要素を加えた作品。
PS3版以外にも、Windows版、Xbox360版、WiiU版が発売されている。

時系列的には、『4』と『5』の間のお話であるようだ。

『バイオハザード』シリーズの、無料連動Webサービス「RE.NET」に対応。
オンラインイベントや、特殊な武器の配信といった企画が実施されている。
この連動で手に入れた「RE POINT」は、今作以外の対応ゲームにも使える。

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション

3DS版の体験版をプレイしたことがあり、そのグラフィックの精細さに驚いた記憶がある。
PS3版の今作は、以前PS Plusのフリープレイで配信され、良い機会なのでダウンロードした。

体験版を除くと、『バイオハザード』シリーズは、これまで全然プレイしたことがない。
遠い昔、店舗の試遊台で初代『バイオハザード』を少し触った程度だ。
今思えば、よくあのゲームを試遊台に出せたな。
映画は4作くらい観ているが・・・。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2013年5月23日
発売元 カプコン
開発元 トーセ
必要な周辺機器 Wiiリモコン+
ジャンル サバイバルホラー
CERO D(17才以上対象)
公式サイト BIOHAZARD REVELATIONS UNVEILED EDITION
画像の出典 画像は全て上記サイトより引用
権利表記 ©CAPCOM CO., LTD. 2012, 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
PSストアのページ バイオハザード® リベレーションズ アンベールド エディション (PS3)

 

良い点

閉鎖空間での恐怖演出

今作の主な舞台は、豪華客船。
客室や機関室、展望台やキッチン、乗組員の船室、カジノ、プールなど様々なロケーションを用意している。
海上の船ということもあり、逃げ場のない狭い空間が多く、とても怖い。

出てくる敵も水棲生物をモチーフにした気持ちの悪い造形のモノが多く、コンセプトに合っている。
異形化した通信士のボス等、元の人間の習慣などを残したモノもいておもしろい。
「メーデー・・・メーーーデーーー」

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション

 

快適な操作性

ホラーゲームの中には、あえて操作性を悪くすることで恐怖感を増そうとするものがある。
今作ではその方式は取らなかったようで、非常に快適な操作性を誇る。
それでいて恐怖感は薄れていないのだから大したもの。
武器を構えての移動、リロードしながらの移動、照準も取りやすく、回避だってできる。
複数の敵に囲まれても、冷静に対処すれば乗り切れる。
まぁ、冷静になれなくなる仕掛けも盛り込まれているのだが。

 

海外ドラマを意識した構成

今作はチャプター形式になっていて、チャプターの合間に「これまでのバイオハザード リベレーションズ」といったナレーションとともに、あらすじ映像が入る。
チャプターも時系列順に並んでいるとは限らず、過去のできごとを追体験する場面もある。
シナリオ自体はツッコミどころはあるが、なかなか新鮮な構成でおもしろい。

 

レイドモードで鬱憤発散

本編でクリアしたステージを、好きなキャラ・自由な装備で挑戦するモード。
敵の配置も変わっており、攻撃すればダメージ数値が表示される。
目的地に到達すればクリア。
上述した無料連動Webサービス「RE.NET」で獲得した武器は、このレイドモードで使える。
このモード限定のキャラ・装備も多く、やりこみ要素としても良い。
装備が整えば、おびただしい敵を相手でも圧倒でき、本編にはない爽快感が得られ、完全に別ゲー。

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション

 

不満点

豪華客船以外のステージ

今作はそのチャプターによって、豪華客船以外のステージもプレイすることになる。
雪の洞窟やビル内が舞台になるが、面倒くさい敵が多く、おもしろくはない。
物語上必要な要素かとは思うが、怖くもないし、ただのアクションシューティングだ。

 

奇をてらい過ぎて分かりづらくなったストーリー

ネタバレなので詳しくは書かないが、騙した、裏切った、隠してた、実は・・・という展開が多く、誰が誰の味方なのか、最後までよくわからないのもいる。
前述した通り、チャプターも時系列ではないのも相まって、より理解に支障が出ている。
そもそも動機がよくわからない事柄もあり、練っているようで提示が下手なストーリーって印象。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 35時間
トロフィー 状況 48%
トロコン 難易度 かなり難しい。協力プレイが必須なトロフィーあり

 

総評

概要でも述べたが、今作が俺にとって、ほぼ初の『バイオハザード』シリーズ。
他を知らないので比較はできないが、ホラーとアクションを上手く融合させていると感じた。
映画とは全然違うのね。

船の中での恐怖演出はなかなか良かったし、レイドモードもまあまあ楽しめた。
「RE.NET」でのポイントが残るのも悪くない。

PSストアのページはこちら
→ バイオハザード® リベレーションズ アンベールド エディション (PS3)

全体評価   ★★★★☆

シナリオ   ★★☆☆☆
操 作 性  ★★★★★
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★☆☆
ビジュアル  ★★★★☆
音   楽  ★★★☆☆

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , ,