ゲームの旅路

特集:都市の国「ニュードンクシティ」/ 旅行ブログ『マリキャとみー』【スーパーマリオ オデッセイ】

2017/12/10

マリキャとみー

旅行ブログ『マリキャとみー』です。
前回に引き続き、取材はマリオ、キャッピー。
レポートはともみなとが担当します。

それぞれの頭文字をとって、『マリキャとみー』です。

旅行ブログ『マリキャとみー』シリーズ

この国にはフェスティバルがあるってさ。参加したい!

場酔いして、テンションおかしくならなきゃいいけど・・・。

さて、今回の特集は、都市の国「ニュードンクシティ」です。

画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したものです。
『スーパーマリオ オデッセイ』公式サイトはこちら
→ 『スーパーマリオ オデッセイ』公式サイト

スポンサーリンク

記事下広告1

都市の国「ニュードンクシティ」概要

人口 多い
面積 広い
民族 ニュードンカー
通貨 肖像型
産業 情報、宣伝
気温 平均27度

 

ニュードンカー

この国に住む人々を、ニュードンカーと呼ぶそうです。
なんだか、かっこいいですね。

ニュードンカーのみなさまは、スーツを着ていらっしゃいますが、スーツやネクタイの色が違います。
また、男女でかぶっている帽子も違います。

人種もバラバラなようですが、差別なく、皆仲良く暮らしているそうです。
素晴らしいですね。

ちなみにこの方々は、話題の名作映画を観に並んでいます。ぜひ行ってみましょう!

通貨(ローカルコイン)

この国の通貨は肖像型。
ポリーン市長の肖像ですね。

あちこちに隠されています。
ご自由に取っていいとのことなので、遠慮せずにいただきましょう。

1人100枚まで、集めていいそうです。

 

衣装

都市の国「ニュードンクシティ」で手に入れることができる衣装はこちら。
「ビルダー服」
取材班の1人・マリオが着てみました。

いわゆる作業着ですね。
高い場所での作業・点検をする場合は必須な衣装ですが、観光客のみなさまは、必要ないかと思われます。
しかし、ここでしか売っていない商品ですので、「レアもの」という珍しさで購入する観光客の方もいらっしゃるそうです。

そして、こちらが「ゴルフ服」

ダサ・・・いや、えっと・・・かわいらしいですね。

どちらも、ローカルコインで、買い求めましょう。

 

なお、こちらは「紳士服」

どの国でも買うことができるのですが、「ニュードンクシティ」に訪れた事がある方にしか売ってもらえないそうです。

これを着れば、あなたもニュードンカー。
紳士服を女性が着てもかっこいいですが、スカートをお求めの方は、店舗へお問い合わせください。

 

おすすめスポット紹介

ニュードンク市庁舎

世界有数の企業が集まり、高層ビルが立ち並んでいます。
その中でも、街の中央にそびえ立つのは、ニュードンクシティの市庁舎。
運が良ければ、この都市の敏腕市長であるポリーン市長に出会えるそう。
もし見かけたら、気軽に声をかけてみましょう。

ポリーン市長

この方がポリーン市長。赤いスーツがステキです。

 

バイク

この黄色いバイクですが、無料でレンタルができます。

一見、おばあちゃんが乗っていそうなスクーターですが、見た目とは裏腹に、高性能。
かなりのスピードが出ますので、ご注意を。

特別な駐輪場もあるそうですので、観光にはもってこいの乗り物です。

 

工事現場

再開発中のニュードンクシティ。
いたるところに工事現場があります。

観光客の方は、立ち入ることはできませんが、着実に建てられていくビルを見るために、わざわざ訪れるという方も。

 

100万コインの夜景

普段は、高層ビルが立ち並ぶニュードンクシティ。

しかし、夜になると・・・

素晴らしい夜景が広がります。

一番のオススメは、ニュードンクシティ市庁舎の屋上からの眺め。
一度、この夜景を味わってみては。

 

フェスティバル

ニュードンクシティの名物であるフェスティバル。
これに参加しようと、大勢の人々で賑わっていました。

なお、開催は不定期なので、お問い合わせを。

歌っているこの方は、なんとポリーン市長。
歌手でもあるそうで、市長と歌手の二足のわらじだとか。

しかし、どちらも疎かにしないそうです。

 

寄り道しよう

横断歩道

ご覧の通り、「歩く」でも「止まれ」でもない、不思議な表示がされています。
大都市なのに「?」の表示です。
都市全体の信号が壊れているのでしょうか。

観光の皆さまは、左右の確認をお忘れないよう、注意して渡ってください。

 

看板

ニュードンクシティの市長であるポリーンと、ゆかりのある看板だそうです。
マリオに似た人物が描かれていますが、今よりもお歳を召しているようなので、別人ですね、きっと。

 

公園

あちこちに公園があります。
公園で、のんびり過ごすのも乙なものですよ。

でも、こういう場所に来たら、ピクニック気分でお弁当を食べたいですね。

 

屋上プール

なんと、屋上プールがあります。
よいお天気の日には、ここで泳ぐと最高の気分が味わえるそう。

誰でも無料で利用できますが、ここまで行くのは、至難の業だとか。
・・・エレベーターはないのでしょうか。

 

オープンカフェ

オープンカフェがあちこちにあります。
このオープンカフェで、打ち合わせすることが、流行しているそうです。

リラックスしながらの打ち合わせは、柔軟な発想が出やすそうですね。

 

おみやげ店:クレイジーキャップ

こちらにあるクレイジーキャップは、本店。
本店だけあって、大きいです。

おみやげのラインナップはこの通り。

  • 都市の国のステッカー

  • ポリーン像
  • ニュードンク市庁舎の模型

マリオの右にあるのが、ポリーン像。
そして、左にある高い模型がニュードンク市庁舎の模型です。

ニュードンク市庁舎の模型は、なんとイルミネーション付き。
室内が明るいので、よく見えませんが、かなりきれいだそうです。

・・・マリオ、ポリーン像、ガン見ですね。
そんなに元カノのことが気になるのでしょうか。
って、これ極秘情報でした。忘れてください。

 

ミニゲーム

なわとび

健康ブームの一旦なのか、なわとびをするニュードンカーと出会いました。
誰でも気軽に参加できますので、この機会に体を動かしてみてはどうでしょうか。

ちなみに飛べる回数が増えるたびに、なわとびを回す女性たちが本気を出すそうです。

 

ミニカー

この都市にとっては、品位と風格のあるスポーツとして扱われているミニカー。
腕試しにプレイしてみてはいかがでしょうか。

 

パワームーン探訪

通貨と同じく、こちらも様々な場所に隠されているパワームーン。
この国では薄いピンクです。

 

パワームーンが取れない?

ブログ読者のウルフさんからの質問です。

なわとびを100回跳んだらパワームーンが取れるようですが、うまくできません。
30回なら、なんとかなったのですが・・・。
どうすればいいですか?

お答えします。
コツは、短くジャンプすること。
ジャンプボタンを、とても軽く押しましょう。
長く押すと高くジャンプしてしまい、タイミングを合わせづらくなってしまいます。

なわとびは、だんだん回すスピードが上がっていきますね。
でも、50回からはずっと同じスピードです。
軽く短く跳び、50回からはずっと同じ強さと同じリズムで跳び続ければ、100回に到達できるはずです。

 

あとがき

7回目の掲載となった旅行ブログ『マリキャとみー』。
いかがだったでしょうか。

さて、次回は雪の国「パウダーボウル」です。
「雪」と聞いただけで、寒くなります。
取材班には、きっちりとした防寒具をまとって取材してもらいます。

関連記事はこちら
→ 2人プレイも楽しい!最高の箱庭!なぜCERO B?スーパーマリオ オデッセイ ファーストレビュー

 イラストbyみなと

※この記事は『スーパーマリオオデッセイ』を題材にした、旅行ブログ風の記事です。
記事の内容とゲームの内容は必ずしも一致しません。

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームの旅路
-, , ,