ゲームの旅路 特別企画

ネタバレあり! Detroit: Become Human(デトロイト) 感想・考察 夫婦対談 vol.3

2018年6月19日

はじめに

2018年5月25日に発売された、『デトロイト ビカム ヒューマン』。

複雑に絡み合ったシナリオ、考えさせられる社会情勢、息をのむほど美しい映像。
そして、非常に多くの選択肢。

まさに「自分だけの物語」を体験できる、名作アドベンチャーだと思います。
プレイする人によってその物語は異なり、感じ方も違うことでしょう。
私たち夫婦間でも、異なるストーリー展開を見せ、ここ数日『デトロイト』の話題でもちきりでした。

そこで今回は、私たち夫婦が今作『デトロイト』をプレイし、どんな感想を持ったかどんな選択をしたか
そしてどう考察をしたかを対談形式でお伝えしようと思います。

 

チャプターの進行に沿って会話していきます。
長くなるので分割しまして、今回は「ジェリコ」~「ロシアンルーレット」まで。
その範囲内までのネタバレも含みますので、未プレイの方はご注意ください。

ゲーム画像は、本体のスクリーンショット機能を使って撮影したものです。

前回はこちら
→ ネタバレあり! Detroit: Become Human(デトロイト) 感想・考察 夫婦対談 vol.2

スポンサーリンク

『デトロイト』感想・考察対談 「ジェリコ」~「ロシアンルーレット」

「ジェリコ」マーカス編

じゃあ次は、マーカス編の「ジェリコ」。
廃棄場で得た情報をもとに「ジェリコ」へ行くんだよね。

ねぇねぇ。
廃棄場で「ジェリコ」を教えてくれたアンドロイドのものまねして。

ジェリコ~。ファウンド ジェリコ~~

あははは。似てる~。
みんなに伝わらないけど(笑)

話それたよ。
えっと、壁に描かれている絵の中にシンボルが隠されていて、それを辿ると、「ジェリコ」に着くぞっていう。
俺はね、3つ目くらいのシンボルが見つけられなくて、端っこまで行ったんだよね。
で、戻ってきて探してたら、わりと序盤にあったという。

Detroit: Become Human

そんなに迷うところじゃなかったと思うけど。

ここは素直に行くべきだったね。

で、ここではマーカスの能力が発揮されるんだよね。
どうやって目的の場所に辿りつくかを予測して、計算して、成功するっていうプランができたら実行に移すという。
これはおもしろかったね。

Detroit: Become Human

うん。おもしろかったね。
さすがアンドロイドって感じだったね。

そういえば、アンドロイドの死体がいくつかあったね。
「ジェリコ」の場所を教えてもらったけれど、途中で息絶えてしまったってことでしょ?
「ジェリコ」に辿りつくまで、けっこう労力使うし、怪我していたら「ジェリコ」まで辿りつけないよね。

そうだね。けっこうなアクションが必要だよね。
アクティブに動いている間にブルーブラッドが流出したりするよね。
そういえば、俺「ジェリコ」が船だとは思わなかったな。
船に「ジェリコ」って文字・・・

わっ!ほんとだ!
船に「ジェリコ」って書いてある!!

今、気づいたの?
船の名前なんだよ、「ジェリコ」って。

船の名前!?知らなかった。

まぁ、日本風に言うと「ジェリコ丸」みたいな。

それはダサい。
それにしても、あの海に飛び込むシーンはきれいだったね。
夕日を背にしてさ。

Detroit: Become Human

そういえば、跳びこんだ後で、コートなくなったよね。
水中では重かったのかな。

あっ、ほんとだ。
艦内では着てなかったね。
かっこよかったのに。

そういえば、艦内大丈夫だった?

大丈夫じゃないよ!怖いよ!
薄暗い廃墟の中を懐中電灯で歩いてくんだよ。
「キャー」って誰か走ってくしさぁ。
怖くて断念した『バイオハザード』思い出したよ。

Detroit: Become Human

あのね、実はね『バイオハザードのリベレーションズ』は船の中なんだよ。

ふふふ。そうだったね、オマージュだった?(笑)
で、艦内の中で足場が崩れて落ちたら、誰かに囲まれて。
最初敵かと思ったよ。

味方のアンドロイド達だったね。
で、マーカスは無事、目的地の「ジェリコ」に着いたんだよね。

 

 

「鳥の巣」コナー編

次は、コナーの「鳥の巣」だね。
まずはお昼休みのシーンから。

ハンクがお昼ご飯食べるんだけど、まーカロリー高いのばっかり食べるんだよね。

そうそう。
分析したらすごいカロリー量なんだよね。

Detroit: Become Human

あれ見たら、食べる気失せるよ。

あのシーンで、ハンクに「なんでお前はそんな情けない顔してるんだ」みたいなこと言われるんだよね。
で、「みんなに受け入れやすい顔にされているはずです」みたいなこと答えるんだよね。

それを目の前で言われている、コナーの俳優さんかわいそうだよね。

うん。まんまの顔と声使ってるからね。
で、殺人現場に2人で行くんだけれど、とっても汚いんだよね。

そうそう。
ハトがたくさんいて、ハトの羽とフンも大量。
ほら、ハトって空飛ぶ雑巾みたいなこと言われるじゃない。
衛生面でよくないよ、あそこは。

Detroit: Become Human

そうだね。
コナーはあの場所にいても病気にはならないだろうけれど、ハンクは病気になるかもね。
まぁ、そもそもハンクは鳥が嫌いみたいだから、相当きつかったと思う。

そうだねぇ。
で、そこで変異体が残した手がかりを見つけていくんだよね。

そうそう。
「RA9」とか「暗号化された日記」とか、外したLEDとかね。
そうして分析していくうちに、まだ近くに潜んでいるってことがわかるじゃない。
で、変異体のルパートを見つけたら、追いかけっこになるでしょ。
1周目は、俺はすぐにルパートを見失ったんだよね。

Detroit: Become Human

ええええぇ。
まぁ、みなとは難易度難しいやつ(EXPERIENCED)だったしね。
私は、難易度カジュアルにしていたから、なんとかなったよ。
で、ルパートを追い詰めたんだけれど、「落っこちそうなハンクを助ける」か、「ルパートを追う」かの2択になるんだよね。

そうだね。
ともは1周目はどっちにしたの?

私はね、ルパートを追い詰めたんだよね。
だってね、ハンクの生存確率が80%を越えてたんだよ。
じゃあハンクは自分でなんとかなるんなら、ルパートを追ったほうがいいなと思って、ルパートを選んだの。

そうしたらコナー、ハンクに殴られて、めっちゃ怒られるんだよね。
「おまえは命より、任務の方が大事なのか、コノヤロー」みたいなこと言われて。

そうなの!
確率が80%越えてたらさ、そりゃ見捨てるでしょ。
なのにめちゃ怒られて、「いやー!」ってなったわ。

ねー。
で、ルパートを連行しようとしたら、ルパート跳び下りて死んじゃうんだよね。

もう、どうすればよかったのか。

 

 

「決断の時」マーカス編

じゃ、次は「決断の時」マーカス編。
「ジェリコ」の中を探索したり、各メンバーと話すんだよね。
でね、おそらくプレイした皆ね、ノースに話しかけた時に「ノースについて」を聞いちゃって好感度下がるんだよね。

Detroit: Become Human

私も聞いて、好感度下がったわ。
でも、普通聞くよね?

うん。聞く。

で、ノースって美人さんなのにかっこいいんだよね。
初めて会った時、ノースってボールを壁に当てて遊んでいるでしょ?
とっても、ノースの性格が出てるなぁって思った。

そうだねぇ。

で、ここで、ドラム缶に火を灯せるでしょ?
なにかあるんじゃないかと思って、全部に火を灯したら、なんにもなかったよね・・・。

俺も全部点けた。
で、みんな集まってくるんだけど、暖とる必要ないよね?

あはははは。
そうだね、暖とる必要はないよね。
で、ここで衝撃的だったのが、ルーシー。

Detroit: Become Human

頭の部分が壊れてて、配線がむき出しになっているからね。

うん。
で「ボーナス」の「ギャラリー」でルーシーのこと見たら、彼女カウンセラーなんだよね。

そうそう。
だから、相手の内面を見て、導いていくんだよね。

そうそう。
で、前の段階でマーカスがお腹に怪我をしちゃって。
それをルーシーが燃えている鉄パイプを患部に当てて治すんだけど、最初「そんなんで治るんですか?」って疑ったわ。

うん。溶接だね。
アンドロイドだから、痛くも、熱くもないしね。
でも、見ている方は、「うあー」ってなるよね。

なったわぁ。

あと、ブルーブラッドを渡されて飲むでしょ?
あれでいいんだって思ったよ。輸血っていうか。

そうだね。衝撃的だよね。
それでその後、マーカスがリーダーとしての頭角を現していくんだよね。

そうそう。
この「ジェリコ」の様子が自分が思っていたものと違って、「自由を求めているってわりには、隠れ住んでいるだけじゃないか」って。
「もう壊れそうな仲間たちもたくさんいて、部品が足りないでしょ」って。
で「ここに行けば部品があるから盗りに行くぞ」ってなるんだよね。
そうやって、みんなをリードしていくっていう。

けっこう、マーカスって行動派だよね。
まぁ、死線を潜り抜けているからかもしれないけれど。
物怖じしない言い方とか聞いていると、マーカスに惹かれていくのはわかるよね。

カールの下で暮らしていたというのが大きいかも。
一般的なアンドロイドとは考え方が違うというか。

なるほどねぇ。

 

 

「ズラトコ」カーラ編

Detroit: Become Human

じゃあ次は「ズラトコ」。
ここに行けば助けてくれるって教えてもらった場所だね。

ズラトコの家って、大きな屋敷なのに、なんだか暗いんだよね。
で、悪趣味な物が置いてあったりして、これは信用しちゃいけないんじゃないかって、うすうす感じてきたよ。

そうだね。で、ここでルーサーに出会うね。
大柄なアンドロイド。

うん。ルーサー無表情だし、ズラトコは親身に話してくれるけれど、なにか怪しい。