ゲームの旅路 特別企画

ネタバレあり! Detroit: Become Human(デトロイト) 感想・考察 夫婦対談 vol.4

2018/08/30

2018年5月25日に発売された、『デトロイト ビカム ヒューマン』。

複雑に絡み合ったシナリオ、考えさせられる社会情勢、息をのむほど美しい映像。
そして、非常に多くの選択肢。

まさに「自分だけの物語」を体験できる、名作アドベンチャーだと思います。
プレイする人によってその物語は異なり、感じ方も違うことでしょう。
私たち夫婦間でも、異なるストーリー展開を見せ、ここ数日『デトロイト』の話題でもちきりでした。

そこで今回は、私たち夫婦が今作『デトロイト』をプレイし、どんな感想を持ったかどんな選択をしたか
そしてどう考察をしたかを対談形式でお伝えしようと思います。

チャプターの進行に沿って会話していきます。
長くなるので分割しまして、今回は「命をつなぐもの」~「海賊の入り江」まで。
その範囲内までのネタバレも含みますので、未プレイの方はご注意ください。

ゲーム画像は、本体のスクリーンショット機能を使って撮影したものです。

前回はこちら
→ ネタバレあり! Detroit: Become Human(デトロイト) 感想・考察 夫婦対談 vol.3

スポンサーリンク

記事下広告1

『デトロイト』感想・考察対談 「命をつなぐもの」~「海賊の入り江」

「命をつなぐもの」マーカス編

マーカス編の「命をつなぐもの」。
サイバーライフの倉庫へ行って、必要な部品を盗みに向うシーン。
ここでは、コンテナからコンテナへジャンプする、アクションがたくさんあったね。

そうだね。
で、ドローンがパトロールしてたね。

そうなんだよね。
このゲームの中では至る所に、ドローンが活躍してるよね。

アンドロイドが活躍してるから、ドローンも普通なんだろうね。

今も、だんだんと普及してきてるしね。

で、部品を盗もうとしていたら、警備のアンドロイドが来たね。
さらに人間の警備員も来そうってなって、ピンチになったけど、みなとはどんな選択したの?

俺はね、逃げた。

逃げた?

最初にあったカーソルが「逃げる」だったから、「あっ逃げなきゃならないんだ」と思って、逃げたんだよ。

え?じゃあ、部品取れなかったの?

数個だけしか取れなかったんだよ。
だからすごく短いシーンに。

「ジェリコ」の支持も上がらなかったんじゃない?

うん。でも「行動したことに意味があるんだ」ってことをマーカスが訴えてた。

あはは。ちょっとごまかしてる感があるなぁ。
私は冷静に見れたから、「逃げる」「人間を攻撃する」「隠れる」「アンドロイドを捕まえて隠れる」の4択の中で、「アンドロイドを捕まえて隠れる」を選んだんだ。

あのアンドロイドはジョンだね。

うん。で、人間の警備員が来た時に、ジョンを放したんだよね。
うまいこと、ジョンが変異体になってくれたから、うまくごまかしてくれて。

そうそう。
そこで、初めてマーカスが、他のアンドロイドを変異させるってことをしたんだよ。

そうだねぇ。そんなつもりはなかったんだろうけれど、そういう気持ちが働いたのか、変異することができたよね。
で、無事、その場をしのいで、部品をかき集めてたんだ。
そうしたら、新品のアンドロイド達を見つけて、逃がすか逃がさないかの2択になったんだ。
気持ちは逃がしたかったんだけれど、ここで逃がすと人間にバレるんじゃないかと思って、やめたよ。

うんうん。

で、帰ろうかってなった時にジョンが「連れて行ってくれ」って。
どうしようか悩んだんだけれど、のちのち重要になるかもしれないなと思って、一緒に行くことにしたんだ。
そうしたら、ジョンが「トラックを盗んだらたくさんの部品が手に入るよ」って、悪魔のささやきをするわけだよ。

あはは。悪魔のささやき。

でも、ここまでうまくやったのに、もし失敗したらイヤだなと思ったの。
もうある程度、部品は盗めたしね。
だから、1周目では帰ったよ。
でも、2周目はトラックを盗もうと思ってやってみたんだ。
そしたら、意外と簡単にトラックを盗めたから、拍子抜けしたよ~。

まぁ、外におびき出すってことに気づかなかったら、厄介だったのかもね。

 

「エデンクラブ」コナー編

次は、コナーの「エデンクラブ」だね。
アンドロイドを扱っている風俗店が舞台だね。

うん。
人間に快楽を与えるためのアンドロイドがいるお店だね。

実際、アンドロイドが普及したら、こういうお店は必ず出てくるし、需要もあると思う。
人間相手では楽しめないとか、相手にされないとか・・・。

容姿に自信がないとか、コミュニケーションが苦手とかね。
相手がアンドロイドなら大丈夫って人もいるだろうね。

うん。そうだねぇ。
意外と安価だしね。

風俗店って、女の子たちがたくさんいるっていうイメージがあるけれど、ここは男女共にいるんだよね。
男×女だけじゃなく、女×女、男×男でも大丈夫っていう。

うん。どういうニーズにも対応しているんだよね。
見た目や人種も、各種そろってるしね。

うんうん。
思ったのは、ここのアンドロイド達は、風俗専用でできてるんだろうなって思ったの。
例えば、おっぱいが柔らかいとか、触った感触が人間のようだとか。
性器も男女共に人間と同じように付いているだろうなって思ったの。

そうだね。
そういう風に作られているだろうねぇ。

あと思ったのは、自分の家で一般的なアンドロイドを持っている人が、そのアンドロイドに恋しちゃってさ。
相手のアンドロイドもまんざらでもなくてさ。
で、人間がそのアンドロイドに快楽を求めようと思ったら、一般的アンドロイドだから、行為はできない。
だから、そういうパターンを考えて、パーツだけエデンクラブ仕様のカスタマイズができるんじゃないかなって思った。

エデンクラブ仕様(笑)
まぁ、そういう要求もあるかもね。
この作品はほぼ、アンドロイド目線しか描かれないけれど、アンドロイドに恋する人間いるだろうね。

逆もあるかもね。
アンドロイドが人間に恋しちゃうっていう。
もし『デトロイト2』が出るなら、「人間目線でのアンドロイド世界」っていうのもおもしろいかも。

そうだね。
ってずっと、性について話してたけれど、元に戻すか。
えっと、殺人事件が起こったんだよね。

うん。人間の男性が死んでいて、近くに壊れた女性型のアンドロイドがいると。
で、コナーがそのアンドロイドを調べると、ちょっとだけど、起動できそうだと。
起動したら、もう1体アンドロイドがいたことがわかるんだよね。

うん。そのアンドロイドを探すことになるんだけれど、何時間も前に起こったから、もう逃げたんじゃないかって。
でも、格好が下着姿だから、まだ中にいるんじゃないかって推理して、レンタル待ちのアンドロイドのメモリーを見て、アンドロイドを追跡するんだけど、そこで役に立つのがハンク。

そうなの!
ハンクがいないと、レンタルできないんだよね。

そうそう。
で、なかなか目撃しているアンドロイドがいないんだよね。

いなかったねぇ。ずいぶん、探したよ。
で、探す度にレンタル料金発生するから、かなりの高額だよね。

ハンク、経費で落とせるかなって言ってたね。

無理っぽいよねぇ。
で、メモリーを2時間でリセットするって言ってたね。

だから、客と何があっても忘れてもらうってことだよね。
客のプライバシーに配慮してだろうねぇ。

あー、そうだろうねぇ。
で、捜査をしていくと倉庫に行きつくわけだけれど、壊れているのかたくさんのアンドロイドがいるんだよね。
そういや、ハンクが言ってたけれど「使い捨て」って言ってたね。

そうだったね。
まぁ労働は激しいから、壊れやすいのかもね。
あと、お客によっては、人間相手では要求しないことも、アンドロイドならすると思うんだよね。
で、使い物にならなくて、破棄するんだろうね。

そうだねぇ。
で、ここで、犯人のアンドロイド(青髪のトレイシー)と、その子の味方のアンドロイド(トレイシー)と格闘するんだよね。

うん。2対2のバトルだったね。

で、この犯人に協力している女性アンドロイドはなんなんだろうって思ったら、この2体って恋人同士なんだよね。

うん。で、他のアンドロイドは2時間でメモリーリセットされているけど、この2体だけリセットされてないんだよね。
きっと、のがれてる。

うんうん。そうだね。
で、私、恋人の方を銃で殺してしまったんだよ。
そうしたら、「この子はなにも悪くないのに」って犯人アンドロイドに言われてしまって、犯人アンドロイドは銃で自殺してしまった。
あー、ごめんなさいって思ったよ。

うん。「この子がいないなら、生きている意味がない」みたいなこと言ってね。

うん。かなり落ち込んだよ。
だから2周目は、2体とも逃がしたんだよね。
幸せになってって思って。

その方がハンクからの評価もあがるんだよね。
だから、この頃からハンクは変異体に対して、感情移入してきてるし、アンドロイドの見方も変わってきてるんだよね。

そうだね。あんなに嫌悪感まるだしだったのにね。
そういえば、行為する部屋にトイレはあったけれど、お風呂がなかったんだよね。
相手がアンドロイドだから、清潔にする必要ないだろうってことなんだろうけれど。

でも、犯人の子、体臭がイヤだったって言ってたね。

言ってたね。
アンドロイドを知れば知るほど、かわいそうに思えてくるよ。

 

「海賊の入り江」カーラ編

じゃ、次は「海賊の入り江」カーラ編。
カーラ達が「ズラトコ」の家から出て、国境超えを助けてくれる人に会いに行こうとするシーンだね。
ズラトコからパクった車で、ルーサーとアリスの3人でね。

そうそう。雪降る中ね。
で、うまくいくはずもなく、車が故障するんだよね。

あれ、なんの故障だったんだろう。
整備不良かな。

そうだろうね。
ズラトコのことだから、なにか欲しいものがあったらきっと通販で済ましちゃうでしょ。
だから、長いこと、乗ってなかったと思うよ。
むしろ、なぜ車があったのかが疑問だね。

あはは。そうだねぇ。
で、目的地にはだいぶ遠いから、泊まれる場所を探そうってなって。

で、見つけたのが「海賊の入り江」っていう遊園地。
また、ホラーかよって思ったよ。

そう。カーラ編は試練の連続かよって。
ほんと辛い。

そうなんだよねぇ。
で、いろいろ調べると、凍ったアンドロイドがいたり、しゃべる機械がいたり。
怖かったよぉ。

そうだね。
で、お店を見つけて、ここなら泊まれるかもってなるんだよね。

うん。
アリスのために火を起こしたり、寝る場所を作ったりね。
で、いろいろ調べてたら、ルーサーのカバンの中に銃を見つけるんだよね。

そうだったね。

私、この時点では、まだルーサーを信用しきれてなかったから、「この拳銃で撃たれたりしないよなぁ」って不安になったよ。

さらに試練になったら、ほんとうに可哀想だよ。

そうだね。
で、ここで物語を話して、アリスを寝かせようとしたら、アリスがお話を作って聞かせて欲しいって頼むんだよね。
で、自分たちの境遇を重ねた話をしてアリスを寝かせるんだよね。

うん。それで、寝かせた後、ルーサーとお話しするんだけれど、「アリスが特別だって分かってる?」みたいなことを言うんだよね。
で、俺は「なんのこと?」みたいな返しをしたかな。

私はその話を聞いて、アリスはもしかしたら、なにか重篤な病気なんじゃないかなって思って不安になったよ。

あー、具合が悪そうな感じはしてたからね。

うん。雨の中や雪の中を歩き回ったからね。
で、その事実をカーラは知りたくないんじゃないかと思った。

なるほどね。
で、その後、襲撃が起こるんだけど。
ここはかなりビックリしたよ。
やっと休めるようになったのに、これかよって。

うん。私も「ギャー!!」だった。
で、私は、ルーサーのカバンの中から銃を持って、守ろうとした。

俺はね、先にアリスの方に行って、守ったんだよね。
そうしたら、ルーサーが銃を構えてくれたよ。

あっ、そうなんだ。

で、何事かと思ったら、ジェリーっていうアンドロイド達で、この遊園地の従業員達だったんだよね。

うん。まぁ、あまりおもしろくない遊園地だったのか、つぶれて。
で、建物を処分するお金も、アンドロイド達の処分するお金もなくて、とりあえずそのまま放置・・・。

うん。アンドロイドもろとも放置だね。

うん。アンドロイドを放置していても、死なないし、きっとアンドロイドを守る法律だってないだろうし。

ないだろうね。

で、行くあてもないし、ずっとここに・・・。

うん。
で、彼らは時々イタズラでやってくる人を脅かそうと思って、襲撃してきたけれど、相手はアンドロイドだったし、なにより久しぶりに子どもに会って、楽しませてあげるよって。
で、メリーゴーランドにアリスが乗るという。

そう。いいシーンだったよね。
綺麗だしね。

俺はチャプター終わるまで、彼らを疑ってたけどね。
大丈夫だろうなぁって。

あははは。
私は、事情がわかってからは安心してたよ。
子どもが好きなアンドロイドだったよね。
きっと、そうプログラムされてるんだろうね。

そうだろうね。
久しぶりに会って、嬉しかっただろうね。

そうだねぇ。
あのシーンで、「あっ、ここ電気来てるんだ」って思った(笑)

あっ、そうだね。

まぁ、演出用なのかもしれないけど。
いいシーンでしたわ。

 

まとめ

いかがでしたか?

『デトロイト』のチャプター「命をつなぐもの」~「海賊の入り江」までについて、私たちがどう行動し、どう感じたかを対談してみました。
実際には、もっと多くの会話をしていまして、書き出したのは一部です。

それだけ、色んな話や考察ができて、夫婦の会話も随分はずみました。

最終チャプターまで、随時公開していこうと思います。
また、お付き合いくださいませ。

他の『Detroit』関連記事・夫婦対談はこちら
→ 『Detroit』関連タグ

PSストアのページはこちら
→ Detroit: Become Human

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームの旅路, 特別企画
-, , ,