フライハイエクスプレス2020.10

ゲーム情報

2020/10/22

FLYHIGH EXPRESS(フライハイエクスプレス) 2020.10.21 情報・内容まとめ

フライハイワークスの放送番組「FLYHIGH EXPRESS 2020.10」をまとめます。『ピコンティア』の続報有!『フェノトピア』がおもしろそう!

ゲーム情報

2020/10/21

『十三機兵防衛圏』資料本が発売決定 / 「フライハイエクスプレス」21日20時放送 みなとも Game News Pick Up 20年10月14日~20日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『十三機兵』の本は「設定資料集」と「脚本集」が登場。BOXもあるそうです。

ゲーム情報

2020/10/20

『inbento : インベントウ』『Carto』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年10月15日~10月28日

20年10月15日~10月28日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『LUNA The Shadow Dust』『クロスクラッシュ』などなど。

ゲームの旅路

2020/10/18

「冥人奇譚」開始 / 『あつ森』でマニアックな生き物をゲット ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.26

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『あつ森』『マリオギャラクシー』『ツシマ』などです。

ウルトラマンZ 第17話感想

ウルトラマン

2020/10/17

ウルトラマンZ 第17話 感想夫婦対談 / ベリアロクは誰の手に!?魅せ演出だらけの特撮回

『ウルトラマンZ(ゼット)』第17話「ベリアロク」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

特別企画

2020/10/15

『スマブラSP』サウンド全曲一覧 / アレンジ担当逆引きリスト ・ 新アレンジリストあり

『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』のコレクション内で聴けるミュージックは約900曲。「アレンジ編集担当の一覧があったら便利だな。」ふと思い立ち、「シリーズごと」「アレンジ編集担当ごと」「新アレンジ」の一覧を作成しました。全曲コンプリートしています。追加楽曲も随時追加します。

ゲーム情報

2020/10/13

ヴィレヴァン『真・女神転生』フェア24日から / PS5の後方互換機能の詳細が公開 みなとも Game News Pick Up 20年10月7日~13日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!SwitchがIARC審査を一部導入。PSNのトロフィーシステムが刷新。など。

ゲーム情報

2020/10/13

『Cloudpunk』『マリオカート ライブ ホームサーキット』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年10月8日~10月21日

20年10月8日~10月21日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『A HERO AND A GARDEN』『黄泉ヲ裂ク華』などなど。

ゲームの旅路

2020/10/13

『VA-11 Hall-A (ヴァルハラ)』開始 / 『閃乱カグラPBS』は断念 ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.25

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『マリオ35』『こだわりラーメン館』『3000th Duel』など。

週刊アトラス

2020/10/11

『メガテン3HD』に登場する「葛葉ライドウ」を詳しく解説!【週刊アトラス】

『メガテン3HD』に登場する「葛葉ライドウ」って、どんな人?実は別作品からのゲストキャラです。彼を知ることで『メガテン3』をもっと楽しめるようになります!

ゲームレビュー

ヘッドライナー:ノヴィニュース 感想・レビュー byとも / メディアが国民を動かす!正統な社会派ゲーム

評価:3.5

ヘッドライナー:ノヴィニュース

社会派ゲームの代表とも言える『ヘッドライナー:ノヴィニュース』を3周クリアしました。
プレイしたのはNintendo Switch版です。

主な良かった点

  • メディアが持つ力がわかる
  • 作り込まれた世界

主な不満点

  • 用語一覧がほしい
  • 達成イベント一覧が欲しい

などを感じました。

不満も多いですが、考えさせられる「心に残る作品」でした。

それでは「ゲーム内容」も含めて、詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

概要

『ヘッドライナー:ノヴィニュース』概要 (クリックすると展開します)

20年7月26日時点の情報です。

発売日 Xbox  One 2019年12月11日
PS4 2019年12月12日
Switch 2019年12月12日
発売元 コーラス・ワールドワイド合同会社
開発元 Unbound Creations
ハード Nintendo Switch、プレイステーション4、Xbox One
ジャンル アドベンチャー、シミュレーション
プレイ人数 1人
CERO B(12才以上対象)
通常価格(税込) 【パッケージ版】Switch・PS4 各4,378円
【ダウンロード版】Switch・PS4・Xbox  One 各1,600円
公式サイト ヘッドライナー:ノヴィニュース
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 Headliner:NoviNews ©2019 Developed by Unbound Creations. Published by Chorus Worldwide Games, all rights reserved.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ゲーム内容

主人公

主人公は「ノヴィニュース」というネットニュースを扱う会社の編集長です。

最初に名前や見た目、性別などを変えることができます。

ヘッドライナー:ノヴィニュース

弊社使用欄に書かれている『do not fill』は直訳すると「記入しない」の意。

わざと記入するのも、おもしろいですよ。

 

記事

どんな記事を採用するか、不採用にするかで、世論が変わっていきます。

どんな世論にするかは編集長の腕次第。

ヘッドライナー:ノヴィニュースヘッドライナー:ノヴィニュース

 

 

その他

  • タッチ操作に対応しています。
  • ゲーム内「14日間」で、1周目が終わります。
  • 2周目から新しいキャラクターが登場します。
  • 2周目から世論の傾向がわかりやすいように、アプリがデスクに置かれます。

ヘッドライナー:ノヴィニュース

 

 

良い点

メディアの重要性が伝わる

どの記事を承諾するか、却下にするか。
とても難しい問題です。

  • 会社の犬として記事を選ぶのか。
  • 大事な身内を守るために記事を選ぶのか。
  • 国民を落ち着かせるために記事を選ぶのか。
  • 国民を混沌に陥れるために記事を選ぶのか。

など、編集長が押すハンコ1個で国民は情報の渦に流されていきます

なにが噂で、なにが真実なのかを見極めながらの作業は一筋縄ではいきませんでした。

「メディア」という「あまのじゃく」のような存在に編集長としてどう立ちまわるのか。
とても考えさせられる内容でした。

 

選択によって変わっていく国民

選択によって国民の生活、治安、社会保障などなどが変わっていきます。

国民にとって良かれと思った選択が、実は誰かを傷つける結果が待っていたりします。

選択によっては驚くような展開もあり、その選択を導いたのが自分だったと気づいた時の後悔は大きなものでした。

 

その選択によって導かれるルートがいくつも存在していて、かなり作り込まれていると感じました。

ヘッドライナー:ノヴィニュース ヘッドライナー:ノヴィニュース

上の画像は同じチラシなのに、内容が変わっています。

 

 

不満点

用語一覧がほしい

「ノヴィスタン」「ウォルフ」「モッド技術」などなど、聞きなれない名称が出てきます。

  • 「ノヴィスタン」は主人公が住んでいる国の名前。
  • 「ウォルフ」はノヴィスタンの首相の名前。
  • 「モッド技術」は胎児用遺伝子改良技術のこと。

大事な名称なのにも関わらず、用語一覧がありません。

なので1周目は用語を覚えていないがために、話が見えず、苦戦しました。

用語一覧があれば見返す作業ができ、より深く世界観が学べたのにと思います。

 

感覚的にボタン配置が逆

記事を承諾する場合はAボタン。
却下する場合はBボタンです。

2つの記事のどちらかを承諾、却下にしなければならない場面では、右の記事を採用する場合、Bボタン。
左の記事を採用する場合はAボタン。

感覚的には逆です。

 

また記事をめくる場合でも、右にある記事を読む場合は右ボタン。
左にある記事を読む場合は左ボタンです。

こちらも感覚的には逆です。

洋ゲーなので、それが普通なのかもしれません。
しかし、ボタン配置を自由にできるとよかったです。
何度も誤爆しました。

タッチ操作で行うと間違わずにできると思います。

 

記事が動いて見にくい

まずは下記の動画をご覧ください。

読みにくくないですか?
ビシっと止まっていてほしかったです。

なぜ動く仕様にしたのか、なぞです。

 

達成イベント一覧

どういった達成イベントがあるのがわかる「達成イベント一覧」のようなものはありません。
PS4版やXbox One版ならばトロフィーや実績である程度ならわかると思います。

Switch版ではなにもないので、予想くらいしかできません。

一覧があるとよかったです。

 

その他の不満点

  • ロードが遅い。
  • ポリゴンのキャラクターデザインがひどい。

 

 

気になった点

ノルマは「2」のはずなのに、本当は「3」!?

記事のノルマは2つと言われる場面。
2つ承諾し

「さぁ後は却下するだけ」

と思ったら

「残り全て承認してノルマ達成して」

と言われ・・・。

結局ノルマは2つではなく3つってこと?
だとしたら、重大な間違いだけど・・・。
これは多分ね、二者択一の記事はノルマに含まないんだと思うよ。
他の「1~2個の記事を承認して」っていうノルマの時、二者択一の含めて3個にしたけど通ったし・・・。

一応ボスもそんなこと言ってはいたけど・・・。
いずれにせよ、わかりづらい表現だよね。

そういうこと?わかりづらいわぁ。

ヘッドライナー:ノヴィニュース

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 約5時間

 

 

総評

「作品」としてはとても良くできていますが、「ゲーム」としてはイマイチ、という感じでしょうか。

「どういった結末になるのか気になるからプレイする」という感じで、テーマも重いですし「ゲームが楽しい」という感情はあまりありませんでした。

しかし「社会派ゲームここに見参!!」という形で心に残る作品でした。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽

 

 

夫からもちょっと言わせてくれ

3周プレイしました。

マスメディアの立場で、世論を操作する。

大変斬新で、攻めたアイディアの作品だと思いました。
内容的には「近未来の架空の国でのお話」ですが、現代におけるナニカを風刺していると感じるところも多いです。

「正体不明の流行り病」も登場し、ちょっとだけタイムリー。

 

操作性はよくなく、承認は誤爆もしやすかったです。
二者択一の記事は、タッチ操作でハンコをドラッグする方法の方が安全です。

「反乱分子を収容中…」「デマを報道中…」といったロード中の文章はおもしろいですが、ロード時間は長め。

周回プレイが前提の作品にもかかわらず、

  • 移動が遅い
  • ロードが長い
  • 既読スキップができない
  • 早送りができない

といった不便な部分がもったいなかったです。

非常に社会派の作品で、プレイする価値は十分あります。
かなり専門用語が出てくるので、少なくとも2周はした方が楽しめるでしょう。
最新記事
フライハイエクスプレス2020.10
FLYHIGH EXPRESS(フライハイエクスプレス) 2020.10.21 情報・内容まとめ

フライハイワークスの放送番組「FLYHIGH EXPRESS 2020.10」をまとめます。『ピコンティア』の続報有!『フェノトピア』がおもしろそう!

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

6+

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , , ,

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5