ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

レイジングループ 感想・レビュー byみなと

2019/08/21

レイジングループ

(ぺこり)

本日は、ケムコ製のホラーサスペンスノベルADV『レイジングループ(Rei-Jin-G-Lu-P)』の感想・レビューをいたします。
先日参加させていただいたオフ会にて紹介され、興味を持ち、購入・プレイしました。

『レイジングループ』は2015年にスマホアプリとして登場し、人気を博し、2017年にPS4版・VITA版・Nintendo Switch版・PC版が発売されました。
今回プレイしたのは、PS4版です。
PS4のパッケージ版なので、特典ステッカーが封入されていました。

「人狼ゲーム」をモチーフとした今作。
わたくし・みなとは「人狼ゲーム」について全く知識のない状態でプレイしました。
その点も踏まえて、レビューを読み進めてください。

未プレイの方の楽しみを奪わないよう、ネタバレなしでまいります。

(ぺこり)

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『レイジングループ』概要

19年8月21日時点の情報です。

発売日 VITA版 2017年1月11日
PS4版 2017年3月1日
Switch版 2017年8月3日
発売元 ケムコ
開発元 ケムコ
ハード プレイステーション4、PS VITA、Nintendo Switch
ジャンル ホラーサスペンスノベルADV
プレイ人数 1人
CERO D(17才以上対象)
通常価格(税込) 【PS4】
パッケージ版 3,600円
ダウンロード版 3,000円
【VITA】
ダウンロードソフト 3,000円
【Switch】
ダウンロードソフト 3,000円
公式サイト レイジングループ
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©2015-2017 KEMCO
©2015-2017 dwango

 

 

ゲーム内容

レイジングループ

『レイジングループ』は、文章を読み進め、途中で出てくる選択肢により物語が分岐するタイプのゲームです。
ただし、選択できる選択肢は後で開放されるものが多く、基本的には一本道となります。

 

基本システム

レイジングループ

  • オート機能(自動読み送り)
  • 高速スキップ
  • バックログ
  • チャート機能
  • ボイスの個別ON/OFF

などなど、ノベルゲームの基本機能はしっかりと備えています。
いつでもセーブが可能ですし、「次の選択肢までスキップ」なんてことも可能。

 

バッドエンド・KEY・ヒントコーナー

レイジングループ

途中の選択肢で物語が分岐するシステムですが、最初は選択肢を選べない状態がほとんどです。
初回プレイ時は、必ずバッドエンドを見ることになります。

バッドエンドの多くでは、「KEY」と呼ばれるシステムアイテムを入手します。

レイジングループ

この「KEY」を持った状態で、その「KEY」で開く選択肢の場所へ行くと、選べなかった選択肢を選ぶことができ、物語が分岐します。

レイジングループ

バットエンド時には「ヒントコーナー」を見ることができます。
インターフェイスキャラの「ひつじさん」の軽快なトークで、入手した「KEY」を使う場所を教えてくれます。

チャート機能で該当の場所に飛びましょう。

 

残酷表現

今作は物語の性質上、凄惨な状況、恐ろしい描写が出てきます。
ただし、あくまで文章として。
画像としては、そういう描写を匂わす表現にとどめていて、直接的なものはありません。

レイジングループ

文章に関しても、「残酷表現OFF」という機能があります。
OFFにすると、伏字になります。

 

配信に関するお願い

ノベルゲームなので、ストーリーが命。
みだらにネタバレをされると、今作の楽しみが薄れてしまいます。

なので、プレイ動画等を配信される場合の、制限を指示しています。

レイジングループ

『4.潜入』の『Q.入村方法は』までが、配信可能範囲。
それ以降の配信はご遠慮ください。とのことです。

実際プレイしてみると、そこまででもかなりのボリュームです。
4~5時間くらいはかかりますね。

 

暴露モード

レイジングループ

トゥルーエンドに到達すると、「暴露モード」が解禁されます。
ONにして本編を読み直すと、随所に登場人物の「考えていること」が表示されます。

ここで明かされる謎も、このモードでしかとれないトロフィーもあります。

 

 

良い点

非常に緻密な舞台設定

レイジングループ

今作は、「人狼ゲーム」と「和風伝奇ホラー」を掛けあわせた舞台設定。
これが、非常によくできていました。

人狼伝説と、それに繋がる・連なる宗教観。
「山奥の集落」というロケーションを活かした、さまざまな仕掛け・人間模様。

レイジングループ

そして、それぞれの登場人物が頭をフル回転させて挑む会話戦・心理戦。

どれも高いレベルでまとまっていて、読んでいてひたすら感心させられます。

笑いどころもしっかり用意されていて、ダレません。
先が気になって一気に読んでしまいました。

 

便利なチャート機能

レイジングループ

既読の箇所は、細かくフローチャートになっています。
ゲーム中好きなタイミングでチャートを開き、好きな場所から再開できます。

そのため、「分岐が出る度にセーブ」をする必要がありません。

 

超親切設計

レイジングループ

本編開始前に、めちゃくちゃ丁寧なチュートリアルが入ります。
そこで、今作の基本的なシステムや特徴的なシステムを学べます。

さらに、途中途中の「ヒントコーナー」でも、かなり丁寧な補足が入るので、迷うことなく戸惑うことなく読み進めるかと思います。

レイジングループ

 

 

不満点

ド下手な声優がいる

「誰が」とは申しませんが、ちょっと聞くに堪えないレベルで下手な声優さんがいました。
全員ではありませんよ。ほんの一部です。

ボイスは個別でON/OFFできるので、気になる人はOFFにしましょう。

 

「ゲーム」としては?

ほぼ全編「読むだけ」の今作。
「チャート機能」等快適なシステムと、親切なインターフェース、引きこまれるストーリーで魅力は十分なのですが・・・。

「ゲーム」としてはどうなのか?

ほとんど開かない、もしくは総当たりしなくてはならない選択肢があるため、プレイヤーが自由に結末を選ぶ訳ではなく、一本道。
まぁ、全て読まないと意味が繋がらないストーリーではありますが。

「人狼ゲーム」特有と思われる心理戦に、プレイヤーの意思が介入できるところは少ないので、物足りなさはあります。

念を押しておきますが、今作は「人狼ゲーム」自体を楽しむゲームではありません。
「人狼ゲーム」をモチーフとした物語を楽しむゲームです。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア パッケージ版
プレイ時間 約40時間
トロフィー 状況 100%
トロコン 難易度 簡単

 

 

総評

レイジングループ

山奥の集落を舞台にした、人狼伝説。
「本格ホラーサスペンス」とありますが、ホラー要素は、それほど怖くはありませんでした。

それよりも先が気になって気になって・・・実は、寝る間も惜しんでプレイしてしまいました。
これは危険。
ですが、時間のある方にはぜひプレイしてほしいタイトルです。

まず、超丁寧・親切設計に驚きます。
次に、軽快な会話劇に笑わせられます。
そして、濃厚な舞台設定高度な心理戦に引きこまれることでしょう。
伏線の回収も見事です。

プレイを終え、俄然「人狼ゲーム」自体にも興味が湧きました。

ケムコが手掛けるADVは初プレイですが、これは新作の『最悪なる災厄人間に捧ぐ』も、気になります!

それでは、今回はここまで。
をち戻り・・・ドン☆

関連記事はこちら
→ 2人でプレイできる「人狼ゲーム」を考案してみた【トランプ】
→ MGMゲームルーム(オフ会)に参加してきた! in札幌

全体評価   ★★★★★

シナリオ   ★★★★★
操作性    ★★★★★
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★★☆
ビジュアル  ★★★☆☆
音  楽   ★★★☆☆

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー, 解説・操作方法・攻略
-, ,