ゲーム情報

2022/9/28

『ニーア オートマタ』がアニメ化 / タマネギ騎士がねんどろいどに みなとも Game News Pick Up 22年9月21日~27日

22年9月21日~27日のゲーム情報から、気になるものをピックアップ!『アームドファンタジア』のキックスターターがもうすぐ終了。『ガンズ・アンダークネス』にも注目。など。

ゲーム情報

2022/9/27

『ピクロスS8』『VALKYRIE ELYSIUM』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年9月22日~10月5日

22年9月22日~10月5日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Shovel Knight Dig』『ラッキーハプニング』などなど。

ゲームの旅路

2022/9/26

『スプラ3』フェスをやり込む / 『Jack Move』開始 【ゲゲ語り】vol.127

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラトゥーン3』『ソウルハッカーズ2』『Jack Move』です。

ゼノブレイド3

ゲームレビュー

2022/9/23

ゼノブレイド3 (Xenoblade3) 感想・レビュー byみなと / 全員推し!超物量のシリーズ集大成

モノリスソフトのRPG『ゼノブレイド3』の感想・レビュー・評価をします。キャラクターの魅力もクエストの物量も、遊びやすさも一級品の傑作です。

ゲーム情報

2022/9/21

日本ゲーム大賞2022が発表 / 『スプラ3』バトロイカTシャツが登場  みなとも Game News Pick Up 22年9月15日~20日

22年9月15日~20日のゲーム情報から、気になるものをピックアップ!20日にPSプラス「ゲームカタログ」に7作品追加。など。

ゲーム情報

2022/9/20

『OneShot』『TUNIC』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年9月15日~9月28日

9月15日~9月28日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Jack Move』『トリニティトリガー』などなど。

ゲームの旅路

2022/9/19

『スプラ3』バンカラマッチにチャレンジ! 【ゲゲ語り】vol.126

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラトゥーン3』のみです。

週刊アトラス

2022/9/18

アトラス関連のLINEスタンプ一覧【週刊アトラス】

コミュニケーションアプリ「LINE」で使えるスタンプ。アトラスキャラが使える公式スタンプを全件紹介します。全画像つきなので購入の参考に。

解説・操作方法・攻略 週刊アトラス

『ソウルハッカーズ2』の『メガテン』や『ペルソナ』と同じ点、違う点【週刊アトラス】

はじめに

2022年8月25日に発売されたシリーズ最新作『ソウルハッカーズ2』。

パッケージやPVを観ただけだと、

『メガテン』や『ペルソナ』と、どう違うんだろう?

『ソウルハッカーズ1』の続き?前作やってなきゃダメかな?

と、疑問に思われるかと思います。

そこで今回は、『ソウルハッカーズ2』をプレイしてわかった、過去作との違いや同じところを分析し、紹介していきます。
ぜひ、購入の参考にしてください。

この記事はみなとがお伝えします。
なお、22年8月27日現在絶賛プレイ中ですので、今後追記する可能性があります。

画像はゲーム本体のスクリーンショット機能で撮影したものです。
【権利表記 ©ATLUS ©SEGA All rights reserved.】
なお、画像はクリックすると拡大します。

スポンサーリンク

『ソウルハッカーズ2』と過去作との共通点

まず、今回の記事で比較として主に取り上げるのは、

  • 真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY
  • 真・女神転生Ⅳ
  • 真・女神転生Ⅴ
  • ペルソナ4 THE GOLDEN
  • ペルソナ5
  • デビルサマナー ソウルハッカーズ

です。

『デビルサマナー』シリーズには『葛葉ライドウ』が2作ありますが、こちらはアクションRPGなので今回は触れずにいこうと思います。

 

どの作品にも共通すること

ハードな難易度

ソウルハッカーズ2

作品やシリーズによって差異はありますが、総じて「難易度高め」なアトラス作品。
今作も例にもれず、雑魚敵でも油断できない難易度になっています。

対策せずにボスと戦えば歯が立ちませんが、対策すればしっかり勝てるバランスです。

 

「ジャックフロスト」をはじめとする伝承を基にしたキャラ

ソウルハッカーズ2

『真・女神転生』シリーズでは「悪魔」。
『ペルソナ』シリーズでは「ペルソナ」と呼ばれる、アトラスおなじみのキャラクターが登場します。

これは世界中の伝承からチョイスされた「超常的存在」をキャラクター化したものです。

「悪魔」と「ペルソナ」の違いは細かく書くとかえってややこしくなるので、ここでは省略します。
とりあえず「悪魔は超常的存在の総称で、『ペルソナ』以外では超常的存在そのものが登場する」と認識してください。

『デビルサマナー』シリーズ(『ソウルハッカーズ2』も含む)では、この悪魔を使役する「デビルサマナー」を生業とした人物が話の軸になります。

ちなみに

悪魔デザインは金子一馬さんと土居政之さんが手がけています。

 

バトルシステム

ソウルハッカーズ2

バトルはターン制のコマンドバトルです。

細かなゲームシステムの違いはありますが、どの作品も弱点属性や補助スキルが重要になる点は変わりありません。

 

ソウルハッカーズ2

通常攻撃だけを高速で繰り返す「オートアタック」も、どの作品でも登場する機能です。

 

スキルの名称

  • 火炎属性は「アギ
  • 回復は「ディア
  • 蘇生は「リカーム

など主要スキルの名称は、どのシリーズでも共通です。

最初は聞きなれない単語で戸惑うかもしれませんが、慣れればおなじみのスキルで安心してプレイできます。

ココに注意

ただし、爆弾化を治す「ボムディ(ソウルハッカーズ1)」、核熱属性の「フレイ(ペルソナ1・2・5)」など作品ごとに異なるスキルも登場するので注意が必要です。
『ソウルハッカーズ2』の場合、毒・麻痺・畏縮・爆弾を治療する「ルルド」というスキルが登場します。

 

合体や全書機能

ソウルハッカーズ2

所持している悪魔と悪魔を掛け合わせて、新たな悪魔を作り出す秘術「悪魔合体」。

そして手にしたことのある悪魔を、お金と引き換えに再度呼び出せる「悪魔全書」。

これらはもちろん登場します。

『ペルソナ』シリーズだと「ペルソナ合体」「ペルソナ全書」ですが、同じものです。

 

 

『メガテン』や『ペルソナ』と共通する点

エンカウントシステム

ソウルハッカーズ2

『ソウルハッカーズ2』はシンボルエンカウントを採用しており、フィールドを徘徊する怪物に触れると戦闘突入になります。

シンボルを攻撃するとダウンさせ、敵を無視することができます。
ダウン状態のシンボルに触れると、有利な状態で戦闘に入る場合があります。

シンボルエンカウントですが、シンボル状態では敵の予測がつかないので、方式としては『メガテンⅣ』や『ペルソナ5』に近いです。(ただしクエスト対象敵は判別できます)
ダウン後に「戦闘」か「回避」かを選択できるのは、今作独自の要素かと思います。

 

悪魔を装備する

ソウルハッカーズ2

『ソウルハッカーズ2』では、悪魔(仲魔)は連れ歩いてパーティーとして戦う存在ではなく、装備します。

悪魔を装備することで、その悪魔の持つ属性相性やスキルが使えるようになり、パラメーターも変化します。
ざっくり言うと「ペルソナ能力」と、ほぼ同じシステムです。

主人公だけが付け替えできる『ペルソナ3』~『ペルソナ5』とは違い、仲間全員がどの悪魔を装備しても良いです。

 

コマンダースキル

ソウルハッカーズ2

リーダーのみが使える「コマンダースキル」という特殊能力があります。
『メガテンDSJ』や『メガテンⅤ』などにも類似の能力があり、ここぞという時に使うタイプの機能です。

『ソウルハッカーズ2』ではターン経過で発動条件が整うものや、自動的に確率で発動するものなど、何パターンかあるようです。

イメージ的には、『メガテンⅤ』の「マガツヒスキル」と『ペルソナ』系の「ナビのスキル」の要素を合わせた感じです。
ターン数は持ち越しできますし、ボス戦まで温存してもOKです。

 

バッグログと早送り

ソウルハッカーズ2

『ペルソナ4G』以降に導入されたバックログ機能が実装されています。
また、会話やイベントの早送りも可能です。

近年でも実装されたりされなかったりのバックログ。
会話の多い作品なので、あるとうれしい。

 

ゲーム進行の方式

『ペルソナ』のようなカレンダーシステムではなく、『メガテン』などと同様にメインストーリーが進む場所に行くと進行しそれ以外ではクエストをこなす。
といった方式を採用しています。

まぁ、ここは一般的なRPGと同じですね。
と言うか『ペルソナ』が特殊です。

クエストは斡旋所で受けるものや、ダンジョンで悪魔から受けるものなど多岐にわたります。
仲間の過去と向き合い、より互いを知り成長をする「ソウル・マトリクス」という特別なダンジョンとクエストも用意されています。

 

 

『デビルサマナー』シリーズと共通する点

まず前提として『デビルサマナー』シリーズの1作目は、『真・女神転生 デビルサマナー』と言います。
名前からわかるとおり、『デビルサマナー』シリーズは『メガテン』シリーズの外伝作品的位置づけでした。

そしてその次作が『デビルサマナー ソウルハッカーズ』。
次に『デビルサマナー 葛葉ライドウ』と繋がっていきます。

ちなみに

『デビルサマナー』→『ソウルハッカーズ』は地続きの世界が舞台ですが、共通する登場人物はわずかです。
『葛葉ライドウ』は『デビルサマナー』よりずっと過去の話になるので、シリーズとしてそれほど物語の繋がりを意識する必要はありません。

今回の『ソウルハッカーズ2』は、『2』と言えど前作(『デビルサマナー ソウルハッカーズ』)から物語が続いているわけではないので、今作からプレイしても問題はありません

ただ、共通する部分はあります。

 

近未来が舞台

ソウルハッカーズ2

今より少し未来、テクノロジーがある程度発達した世界が舞台です。

『デビルサマナー ソウルハッカーズ』では「仮想空間」が物語のキーとなっていました。
2022年現在ではバーチャルやメタバースは当たり前になりつつありますが、前作が開発された当時はそんなことはありません。
「先見の明」がある作品とも言えます。

シリーズを通して「テクノロジーと人間」をテーマにしているようです。

 

大人の物語

高校生が主人公になることが多い『メガテン』や『ペルソナ』と異なり、『デビルサマナー』シリーズは大人が中心になったストーリーが多いです。

今作の主人公・リンゴはAIですので厳密には違いますが、パーティーメンバーは全員成人しています。

年齢に合わせたハードボイルドな物語展開が多いのも、このシリーズの特徴です。

 

『デビルサマナー』シリーズの用語

  • 悪魔召喚士 → デビルサマナー
  • 悪魔を悪用する召喚士 → ダークサマナー
  • 悪魔を悪用する組織 → ファントムソサエティ
  • 国防を担う霊的機関 → ヤタガラス
  • 人造悪魔 → 造魔
  • 悪魔合体をする施設 → 業魔殿
  • 業魔殿の主 → ヴィクトル
  • サマナーの仕事を斡旋する謎の人物 → マダム銀子

といった、シリーズ特有の用語・人物がいくつか存在します。
他にも、シリーズ経験者が「ニヤリ」とする要素はあります。

物語に関わってくる用語はゲーム内でも軽く解説されるので、ご心配なく。

 

どこでもセーブ

ソウルハッカーズ2

『ソウルハッカーズ2』では、どこでもセーブが可能です。
ダンジョンでも街でも、メニュー画面が開けるところなら「システム」→「セーブ」で手動セーブができます。
オートセーブもあります。

『メガテン』や『ペルソナ』では特定の場所でしかセーブできないことがほとんどですので、意外な点かもしれませんね。

前作『ソウルハッカーズ』には「バックアッパー」というCOMPのインストールソフトを適用することで「どこでもセーブ」を実現できる要素がありました。
今作の場合、COMPとは無関係で「どこでもセーブ」が可能です。

 

 

『ソウルハッカーズ2』が過去作と違う点

主人公がしゃべる

ソウルハッカーズ2

『ペルソナ』シリーズを含め、悪魔が出るタイプのアトラス作品は、主人公は無口な場合がほとんど。
選択肢ではセリフはありますが、基本的には音声付きのセリフがありません。

ですが、『ソウルハッカーズ2』のリンゴは、よくしゃべります。

戦闘中も掛け合いが多いので、にぎやかです。

 

 

仲魔による探索

ソウルハッカーズ2

ダンジョンに入ると自動的に仲魔たちが散開し、ダンジョン内のあちこちでリンゴを待ちます。

話しかけると、

  • 回復してくれる
  • 拾ったアイテムやお金をくれる
  • クエストアイテムをくれる
  • 交渉できる悪魔を紹介してくれる

といったプレゼントを用意してくれています。

ちなみに

この時もらえるクエストアイテムは、この悪魔探索でのみ獲得できるアイテムです。
散開した悪魔に話しかけると、また探索に行ってくれます。

 

 

仲魔の増やし方

ソウルハッカーズ2

今作では戦闘中の悪魔会話はありません。

↑で書いたように、悪魔探索で仲魔が見つけてくれた悪魔と交渉することで、新たな仲魔にできます。

すぐに仲魔になってくれる場合や、HPなどを要求してくる場合があります。
また、これまでの作品と同様に、主人公より高レベルの悪魔は仲魔になってくれませんし、ストックに同じ悪魔がいる場合も仲魔にはなりません。

 

 

サバト

ソウルハッカーズ2

今作のバトルは、従来通り弱点を突く点が重要なのは同じですが、ターンが増えたりダウンを取ったりはしません。

弱点を突くとストックの仲魔が敵の背後に待機し(スタック)、ターン終了時に全体攻撃をしかける「サバト」というシステムが登場しました。
リンゴの能力やコマンダースキルでスタック数は増減し、仲魔のスキルによっては追加効果もあります。

印象としては『メガテンSJ』の「デビルco-op」に近いです。
クリティカルや無効・反射が過去作ほど恐ろしくはありません。

 

 

キャラクターデザイン

ソウルハッカーズ2

今作のキャラクターデザインは、三輪士郎さんです。
アトラス作品では初めて起用される方ですね。

元々漫画家さんで代表作は、『DOGS / BULLETS & CARNAGE』など。

イラストとしての仕事は

  • PSP『セブンスドラゴン2020』のキャラクターデザイン
  • アニメ『ジョーカー・ゲーム』のキャラクター原案

などが有名どころでしょうか。

初音ミクさんのファン的には、「『恋は戦争』の絵」と言った方がピンと来るかもしれませんね。
supercellの楽曲に使われている絵やアルバムジャケットを、多く担当されています。
created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

 

 

サウンド

今作の楽曲は「MONACA」という楽曲制作会社が担当しています。
代表は岡部啓一さんです。

岡部啓一さんやMONACAの代表作は、
ゲームでは、

  • 鉄拳シリーズ
  • リッジレーサーシリーズ
  • ニーア オートマタ

など。

その他の映像作品では、

  • アニメ『アイカツ!』
  • アニメ『サマータイムレンダ』
  • ドラマ『ちむどんどん』

などです。

 

 

おわりに

わかる範囲で、これまでの作品との違いや共通点を書いてみました。
『ソウルハッカーズ2』という作品がどういうものか、すこし伝わったのではないでしょうか?

簡単にまとめると、

過去作・関連作の要素を織り交ぜアレンジしつつ、新要素も加えた新規タイトル

という感じの作品です。

どの作品とも似ているし、どの作品とも違う。
『ソウルハッカーズ1』の要素もありますが、『2』からプレイしても問題ありません。

逆に『ペルソナ』や『メガテン』をプレイ済みの人でも、すんなりシステムを理解してプレイできるタイトルでもあります。
ですが新規のキャラデザインや主人公のキャラクター性に抵抗がある場合は、少しオススメしづらいかもしれません。

購入の参考になれば、さいわいです。

 

さて、今回の【週刊アトラス】はいかがでしたか?

それでは、コンゴトモヨロシクお願いします。

【週刊アトラス】関連記事はこちら

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-解説・操作方法・攻略, 週刊アトラス
-,