コラム

コラム 「ウルトラマン」光の国から50年 byみなと

2017/05/11

はじめに

今年2016年は、「ウルトラマン」放送開始から50年。

半世紀経ってもなお、光り続ける巨人「ウルトラマン」。
今回のコラムでは、「ウルトラマン」、「ウルトラ戦士」、「ウルトラシリーズ」について触れようと思う。

「ウルトラシリーズ」の公式サイトはこちら→http://m-78.jp/
「ウルトラマンシリーズ放送開始50年」の特設サイトはこちら→http://m-78.jp/50th/

画像・動画は全て公式のものを引用

シリーズを網羅しているわけではないし、コアな特撮ファンでもないので、あまり専門的な話はできない。
その辺はご容赦を。

 

スポンサーリンク

記事下広告1

俺にとっての「ウルトラマン」

現在、我が家での「ウルトラマン」の存在はかなり大きい。
家族全員が好きだから。
しかし、ここまで熱中したのはここ数年の話。

俺個人としての「ウルトラマン」との出会いは、小学生の時。

  • 『ウルトラマン』
  • 『ウルトラセブン』
  • 『帰ってきたウルトラマン(新マン、ジャック)』
  • 『ウルトラマンA(エース)』
  • 『ウルトラマンT(タロウ)』

の5作品を観た。
所謂「ウルトラ兄弟」のシリーズだ。

勿論リアルタイムではなく、再放送みたいなものを観ていた。
それも全編まるまるではないので、所々穴はあった。
それでも、ソフビを色々買ってもらい、怪獣図鑑なども読み込んでいた記憶がある。
当時の俺にとって「ウルトラマン」とは、まさに「ヒーローそのもの」であった。

コラム 「ウルトラマン」光の国から50年

『ウルトラマングレート』も観てはいた。
が、そもそもテレビシリーズに元気がなくなっていた影響もあり、その後興味は「ウルトラマン」から離れていった。

 

再燃のきっかけは、娘

上記のように、俺は平成に入ってからの「ウルトラシリーズ」をほとんど知らなかった。
妻はもっと知らなくて、「ウルトラマン」「セブン」「タロウ」の名前と歌くらいしか知らなかった。

そんな我が家にウルトラ旋風を巻き起こしたのは、意外にも当時3歳の娘であった。
新聞に折り込まれたヒーローショーのチラシを見て、「カッコいい!」と言い出した。
家に「ウルトラマン」関連の物は1つもなかったし、「ウルトラマン」の「ウ」の字も教えていなかったのに・・・。
あまりにも、ウルトラマン、ウルトラマンというので、
実家で眠っていた、自分が幼い頃に使っていたソフビたちを掘り起こし、娘に与えると、さらに好きになっていったのである。

ちなみに、娘の推しウルトラマンは、「ウルトラマンゼロ」。

ウルトラマンゼロ

 

怪獣・異星人では、メトロン星人やゼットンが好きだそうだ。

メトロン星人

©円谷プロ

ウルトラマン ゼットン

©円谷プロ

それから、「ウルトラマン」関連の商品を探すようになった。
しかしまぁ、なかなか無いもんで、「仮面ライダー」や「戦隊ヒーロー」、「プリキュア」のグッズはいくらでもあるのに、当時「ウルトラマン」グッズはホント少なかった。
そんなこんなで自然と「ウルトラマン」について調べるようになり、我々夫婦も徐々に興味がわいてきた。

 

ゲームを通じて、さらに知る

「ウルトラマン」に興味を持てば、「ウルトラマン」が出ているゲームをやりたくなるのが、ゲーマー。
何か手頃で楽しい「ウルトラマン」ゲームがないかと探しだした。

そこで見つけたのが、3DS『ロストヒーローズ』。
「ウルトラマン」だけでなく、「仮面ライダー」と「ガンダム」のキャラクターも多数出てくるクロスオーバーゲームである。
このゲームで、「メビウス」「ヒカリ」「ゼロ」「ベリアル」を知った。

次に手を出したのは、PS2『ウルトラマン Fighting Evolution 3』。
「コスモス」までの主要なウルトラマンと怪獣が登場する格闘ゲームだ。
キャラゲーとしての完成度も高く、ウルトラシリーズファンなら買い。

『ウルトラマンX』

去年(2015年)放送されていた『ウルトラマンX(エックス)』。
家族が、本編全てを視聴した初めてのウルトラマンである。

ドラマとしても、特撮としても非常に完成度が高く、毎回1つは絵になるカットがある。
過去のウルトラマンや怪獣の素材・要素を上手く使っており、ネタ回すら感動的。

「データ化したウルトラマンや怪獣」と「フィギュア化した怪獣」。
そして「ウルトラマンが怪獣を装備する」というコンセプトで楽しませてくれた。

この作品が我が家に与えた影響は大きく、最終回の時には大きな喪失感に襲われたものだ。

その後放送された『新・ウルトラマン列伝』では、これまで放送されたウルトラシリーズから、印象的な回を放送。
また、映画を分割で放送したりしていた。

 

『ウルトラマンオーブ』

そして、最新作の『ウルトラマンオーブ』。
まだ放送中のため断言はできないが、控え目に言っても「傑作」だ。

主人公「クレナイ・ガイ(石黒英雄)」は、とある事情で本来の力を失ったウルトラマン。
先輩ウルトラマンの力を宿した「フュージョンカード」を2枚用いて、変身(フュージョンアップ)して戦う。
代表的な姿である「スペシウムゼペリオン」は、「ウルトラマン」と「ティガ」の力を借りた姿。
先輩ウルトラマン達には、さん付けで呼び、「光の力、お借りします」と、先輩に対し腰が低い。

このように「昭和ウルトラマン」と「平成ウルトラマン」の要素が合わさり、どちらかのファンも「おぉ!」ってなるかと。
怪獣や異星人も、新規、昭和、平成とバランスよく登場する。

「フュージョンカード」と変身アイテム「オーブリング」との連動は、玩具としても面白い。
アーケードゲームのデータカードダス『ウルトラマン フュージョンファイト!』とも連動している。

ヒロインの「ナオミ(松浦雅)」は、毎回なんらかのコスプレと素敵な太ももを見せてくれるので、そういったニーズにも強い。
ガイのライバル、「ジャグラス・ジャグラー(青柳尊哉)」も非常に良いキャラで、ガイとの因縁はヒーロー物として実に熱い。
腐的な目線でも、このライバル関係は萌えるかも。

色んな層を狙い撃ちしている。
狙い撃たれた人は、是非観よう!
テレビ東京系、毎週土曜日・朝9時から。
BSジャパン、毎週火曜日・17時から放送中。

子ども向けとは思えないハードな展開や、重いメッセージ性も含んでおり、今後も目が離せない。

 

まとめ

元気がなかった「ウルトラシリーズ」だが、近年は少し盛り返したようで、グッズも見かけるようになった。
やはり、テレビ本編の出来が良いと、ファンも増えるということだ。
玩具や、データカードダスとの連動も上手くなった。

我ら家族にとって、かけがえのないコンテンツとなった「ウルトラマン」。
当ブログでもちょいちょい扱うことになるので、お付き合いくださいませ。

ちなみに、俺が1番好きなウルトラ戦士は、ゾフィー。

ゾフィー

©円谷プロ

黒星は多いが、「ウルトラ兄弟最大火力」というロマン溢れる隊長。
『ロストヒーローズ』での頼れる司令官っぷりが良かった。

次点で、ウルトラマンベリアル。

ウルトラマンベリアル

©円谷プロ

悪堕ちしたウルトラマン。
キャラクターも魅力的で、ウルトラマンライブでも大活躍だった。

ウルトラマンベリアル

・・・ピンと来た人、居ますね。

[17年4月27日追記]
新たなウルトラマンが発表されました!
→ 新ウルトラマンはベリアルの息子!『ウルトラマンジード』7月8日スタート!

妻からもちょっと言わせて

幼い頃、「ウルトラマンシリーズ」は放送していても観てこなかったし、まぁ、有名なウルトラマンや歌、怪獣2体くらい知っていた程度。
それが、『ウルトラマンX』では、涙を流し、神木隊長(神尾佑)に悶絶。
自ら、ウルトラマンのイベントを調べ、出掛け、握手してもらったこと、多数。
そして、今年はウルトラマンライブにも行けた。
かっこよかった~。
そして、只今放送中の『ウルトラマンオーブ』でも、涙を流し、ガイに悶絶。
メガネのガイさん、最高でしたよ~!!

こんなにもウルトラマンファンになった私。
けれど、未だに、顔と名前が一致しない、ウルトラマン達と怪獣達。
やっとゾフィーとゴモラの顔と名前が一致した所。
6歳の娘に教えられる日々です。

なお、2歳の息子は、ウルトラマンのことを「ウータン」と呼んで、変身グッズで変身しています。
うーたんは、また別の・・・。

-コラム
-,