ゲームレビュー

風ノ旅ビト レビューbyみなと

2016/12/06

概要 

【発売日】2012年3月15日
【発売元】ソニー・コンピュータエンタテインメント
【開発元】thatgamecompany
【ハード】プレイステーション3
【ジャンル】アドベンチャーゲーム
【CERO】A(全年齢対象) 
【公式サイト】http://www.jp.playstation.com/scej/title/kazenotabibito/
画像は全て上記サイトより引用

今回のレビューは、PS3「風ノ旅ビト」。
舞台は美しい砂漠の世界。クロークをまとい、スカーフがたなびく旅人がプレイヤー。

PS4版も配信されている、ダウンロード専売のゲームである。
2012年のGame of the Yearを始め、数々の賞を受賞している。
ジャンル名は「アドベンチャーゲーム」とあるが、以前俺がコラム「アドベンチャーゲーム」って何だい(コラムページが開きます)で触れたような「アドベンチャーゲーム」とは異なる。
物語を表す言葉や、セリフなどは一切なく、仕掛けを解きながら、探索しながら目的地へ向かう。

PS+にて、16年9月のフリープレイで配信が決定しています。
この機会にダウンロードしてみてはいかがでしょう。
提供期間 2016年9月7日(水)~2016年10月4日(火)

 

スポンサーリンク

記事下広告1

良い点

美しい砂の世界

通常、ゲームでの「砂漠ステージ」に、いい印象はない。
みなさんも同様だと思われます。
単調、迷う、敵が強い、移動速度が遅いなど理由も様々。
今作の旅の半分は砂の世界。
だが、謎解き、スライダー、地下、など工夫を凝らしたステージ構成で飽きさせない。
その映像美も素晴らしく、砂の一粒一粒が光を反射し、砂漠だからこそ出来る表現を魅せてくれる。
特にスライダーステージの美しさは、息をのむほど。

gallery_img_7

©2016 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

最低限の操作がもたらす没入感

今作での操作は、スティックによる移動、○で光と音を発する、×でジャンプ、以上。
画面上に見えるステータス等もなく、スカーフの長さがジャンプの可能数を表すくらい。
概要でも触れたように、言葉やセリフも一切ない。
謎めいた壁画が各地にあり、プレイヤーは物語を自分で想像すればよい。
想像の邪魔になるようなものは画面には表示されないし、プレイヤーの数だけ物語があるといっていいかもしれない。

 

一期一会

オンラインに繋げた状態でのプレイ中、自分と同じ姿の人物に遭遇することがある。
これは、世界のどこがで同じエリアを攻略中のプレイヤーである。
攻略中は相手の名前も表示されないし、コミュニケーションの手段もほぼないので、気軽。
相手に触れればスカーフを回復してくれる。回復し合えば高所まで飛ぶことも可能。
熟練者と会えれば攻略のヒントをくれたりするし、逆に自分がエスコートしてもいい。
そこでもセリフはなく、合図などだけであり、アイコンタクトのような雰囲気がある。

この柔らかい繋がりのオンラインプレイは、とても良い。

©2016 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

©2016 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 

不満点

短い

普通にプレイする分には、開始からクリアまで2時間足らず。
サクッとプレイする分にはいい長さかもしれないが、もうちょいあってもいいのに。
探索も膨大に出来るわけでもなく、全体的にあっさり。

 

総評

明確な言葉を使わないため、解釈はプレイヤーに委ねられるストーリー。
「雰囲気ゲー」と揶揄されることもあるとは思うが、その「雰囲気」が最高なら言うことないのでは。
時間は取らせません。一度やってみましょう。
プレイ動画など観ないように。

【ソフトウェア】ダウンロード
【プレイ時間】15時間
【シリーズのプレイ状況】
 flOw(PS3)
 Flowery(PS3)

【トロフィー状況】100%
【トロコン難易度】とても簡単

全体評価   ★★★★★

シナリオ   ★★★☆☆
操 作 性  ★★★★☆
システム   ★★★★★
キャラクター ★★★☆☆
ビジュアル  ★★★★★
音   楽  ★★★★☆

Journey Sheet Music Selections from the Original Video Game Soundtrack: Piano Solos / Piano / Vocal
Journey Sheet Music Selections from the Original Video Game Soundtrack: Piano Solos / Piano / Vocal

ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-
ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-

-ゲームレビュー
-, , , ,