ゲームレビュー

Q レビューbyみなと

2017/07/31

パズルゲーム『Q』

スマホ用基本無料アプリとして配信されたパズルゲーム『Q』の3DS版。
XboxOne版も販売されている。

3DS版の特徴としては、アプリ版からの厳選200問に加え、3DS版オリジナルの問題が100問収録されている。
3DSオリジナル版は2画面を使った問題が多い。
3D表示には非対応。
横向きで使う場合もある。問題の文章横の緑の↓が向いている方が下。

ジャンル名の「物理演算パズル」が示す通り、今作は物体にかかる重力や、反動、てこの原理等を利用して解くパズルゲームである。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日 2015年11月18日
発売元 リイカ
開発元 リイカ
ハード ニンテンドー3DSシリーズ
ジャンル 物理演算パズル
CERO A(全年齢対象)
公式サイト Q(3DS)
画像の出典 画像は全て上記サイトより引用
権利表記 © 2015 liica, Inc. All rights reserved.

 

『Q』のルール クリア条件

タッチ操作でオブジェクトを描き、出現させ、画面に記された達成条件を満たすことでクリアとなる。
例えば、

パズルゲーム『Q』

この画像の問題の場合、下画面の黒いエリアに何か図を描き、ドミノ倒しを成功させるのが目的。

  • 描いた図は物理法則に従って落下する。
  • 図の大きさや密度によって重さが変わる。
  • 重さが変われば、かかる力も変わる。
  • 描いている間は、その図はその場に固定される。
  • 固定されていても、他のものに影響は与える(ぶつかったものが跳ね返るとか)。
  • タッチを離した瞬間、重力に従う。
  • 一度描いたものは消せない。
    邪魔になることも多々。
  • Lボタンでリトライ。
    描いたものは消え、最初からあるものは開始時の状態に戻る。
  • 十字キー上ボタンでイグジット。
    そのステージから出る。
  • リトライとイグジットのボタンは、オプション→キーコンフィグで変更可能。

この辺りが主なルールか。
アプリ版とXboxOne版は未プレイ。
なので、3DS版との細かい違いはわからない。

 

良い点

歯ごたえのある問題の数々

今作は全体的にかなり難易度は高い。
前半から苦戦するものも出てきた。
ヒントはほぼない。
その分、頭をひねらせ上手く解けた時の喜びは大きい。
また、スマホ版では1000問くらい出ているらしいが(課金かどうかはわからない)、3DS版は300問。
十分だと思う。

パズルゲーム『Q』

 

自由度の高いシステム

「物理演算」を利用するパズルゲームは結構あるが、自分で描いたものを利用するのは、おもしろいアイデア。
問題も具体的な解法を求めるものは少なく、達成条件さえクリアできれば、どんな手順で何を描いても良い。
さきほどのドミノにしても、○を書こうが□を書こうが何個書こうが自由だし、ドミノの途中に書いたって良い。

 

ユニークな問題

某ゲームや某特撮をモチーフにした問題。
また、椅子に座ったキャラクターを隣に移動させる「つめてあげて」といった、具体的ではない達成条件。
そんな、ちょっとクスッとなるようなユニークな問題もある。

パズルゲーム『Q』

 

不満点

運が絡む

「物理演算」は、「摩擦」はあまり考慮されていないようである。
しかし物体にかかる力はかなりシビアに設定してあり、少し位置がずれて触れただけで、動きが大きく異なる。
そのため、適したオブジェクトを描いたつもりでも、微妙な位置の差、高さの差で動きが異なる。
そこまで判断して的確に描くのは難しい。
また、動きがある問題や、ボールが存在する問題の場合、リトライする度に挙動が異なる場合がある。
運はかなり必要になる。

 

思ったように描けない

元々スマホで操作するゲームだからか、描いた線がかなり太い。
そのため、繊細な線を使った図は描けない。
シビアな「物理演算」がかかるゲームだけに、思った通りの図が描けないのは痛い。

タッチ操作の判定も悪く、描いている途中なのに「描き終わった」扱いになることも多い。
別オブジェクトに隣接するように描くのも難しく、引っかかるように描こうとするとペンが動かなくなり、描き直す羽目になることも。
画面の端に描くのも難しい。

 

プレイ時間

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 13時間
シリーズのプレイ状況(みなと なし

 

総評

解き方がわかっているのに、操作性のせいでクリアできない。
といった状況にはよくなる。
しかし、その自由度の高いシステムや、ユニークな問題の数々はおもしろい。

元々スマホの基本無料ゲームってことを踏まえると、割高感はある。
課金要素や問題のクオリティを考慮すると、妥当な線なのかもしれないが、いかんせんスマホ版は未プレイなのでわからない。

自由で高難度のパズルゲームが好きな人には、良い選択肢であるかと。
ロード時間も無いので快適である。

全体評価   ★★★☆☆

シナリオ   ーーーーー
操 作 性  ★★☆☆☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ーーーーー
ビジュアル  ★★☆☆☆
音   楽  ★★★☆☆

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, ,