ゲームの旅路

2024/2/26

『龍が如く8』ついにクリア! 【ゲゲ語り】vol.200

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『龍が如く8』『スプラトゥーン3 サイド・オーダー』です。

龍が如く8

ゲームレビュー

2024/2/26

龍が如く8 感想・レビュー byとも / ハマる要素盛りだくさん!考えさせられるストーリーにうなる

今の日本や世界が抱える問題をテーマに切り込む『龍が如く8』。スジモンやドンドコ島など、おちゃらけているようで、実は社会問題にメスを入れているのです。たぶん。

スプラ3 サイドオーダー

ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

2024/2/26

サイド・オーダー 感想・レビュー byみなと / 良い歯ごたえでボリューミーなスプラ的ローグライト

倒れたら1階から。でも救済措置がたくさん。ローグライト初心者でも楽しめる『スプラ3』DLC『サイド・オーダー』の感想・レビューです。

ゲーム情報 特別企画

2024/2/22

真Ⅴ完全版! / ENDER LILIES続編! みなとも対談【Nintendo Direct ソフトメーカーラインナップ】感想 ~私たちが感じたこと~

21日23時に放送された「ニンダイ ソフトメーカーラインナップ」を夫婦で視聴。気になったタイトルについて語ります!全タイトルも一覧にしました。

メイド・オブ・ザ・デッド

ゲームレビュー

2024/2/21

メイド・オブ・ザ・デッド 感想・レビュー byみなと / 全方位から迫り来るゾンビを撃ちまくる紳士向けメイドさんシューティング

自動射撃の360°アクションシューティング『メイド・オブ・ザ・デッド』の感想・レビューです。セクシー描写はマイルド。ゾンビは出ますがグロくはないです。

ゲーム情報

2024/2/19

『バンドルテイル』『ピクセルクロス 牧場物語エディション』etc. みなとも「新作ゲーム談議」24年2月15日~2月28日

24年2月15日~2月28日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Lake』『くるくるパズル ならべて百人一首』などなど。

ゲームの旅路

2024/2/19

『シレン』クリア / 『龍が如く8』は風刺的 【ゲゲ語り】vol.199

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『メイド・オブ・ザ・デッド』など。

不思議のダンジョン 風来のシレン6とぐろ島探検録

ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

2024/2/21

風来のシレン6 とぐろ島探検録 感想・レビュー byみなと / 新規も古参も楽しめる新時代のシレン

14年ぶりの最新作『風来のシレン6』の感想・レビューです。今作最難関ダンジョンの攻略のコツも書きました。参考にしてください。

ゲームレビュー

Creepy Tale:Ingrid Penance 感想・レビュー byとも / なぞ解きが楽しい『パンを踏んだ娘』

評価:4

Creepy Tale: Ingrid Penance

アンデルセンの創作童話『パンをふんだ娘(Pigen, som traadte paa Brødet)』がゲーム化。
その名も『Creepy Tale:Ingrid Penance(クリーピーテイル:イングリッドの罪滅ぼし)』。

ワガママな少女・イングリッドを操作し、なぞ解きをしながら地獄からの脱出を試みます。

この童話はNHK教育テレビの番組『にんぎょうげき』または『こどもにんぎょう劇場』などで何度も放送されました。
影絵のようなアニメーションで作られ、アニメーションの不気味さや主題歌の怖さに「トラウマもの」として有名になりました。

子どもの頃に番組を視聴。
今でも主題歌を歌えるくらい、衝撃を受けた作品です。

それがゲーム化。
「やるしかない!」と購入し、クリアしましたので、レビュー記事をお届けします。

 

ちなみに『Creepy Tale』シリーズとしては今作が3作目。
『Creepy Tale3』の方が馴染みがあるかもしれません。

なお、童話をゲーム化しているのが『Creepy Tale』シリーズなので、物語の繋がりはありません。

 

主な良かった点

  • よく作られた、なぞ解きがおもしろい
  • 不気味さが良く出たグラフィックやデザイン

主な不満点

  • 物を拾える範囲が狭い
  • 拾えるアイテムに「手のマーク」がつかない物がある

それでは詳しく書いていきます。
プレイしたのはSwitch版です。

なぞ解きに関してのネタバレなしです。

スポンサーリンク

概要

 

 

ゲーム内容

ゲームは章仕立てで進んでいきます。

 

なぞ解き

なぞ解きをしながら進行していきます。

解決方法がいくつか用意されている場合もあります。
より良い選択肢で解決していきます。

なぞ解きのヒントとしては「見づらいが、端っこに何かある場合がある」「奥行きも関係するため、拾えるものを見逃しがち」の2つです。

Creepy Tale: Ingrid Penance

 

善行と悪行

右手が良い行いをした善行の数、左手が悪い行いをした悪行の数です。

初期はどちらも5つです。

Creepy Tale: Ingrid Penance

なぞ解きを「善行をして解決する」か、「悪行をして解決する」か、「助けに応じる」か、など行動によって数は変わります。

 

マルチエンディング

調べたところによると、エンディングは3つ。
善行と悪行の数によって、エンディングが変わります。

ちなみに私は画像のとおり。
これでノーマルエンドでした。

Creepy Tale: Ingrid Penance

 

選択肢

選択肢が出ることがあります。

左右どちらかの本のページを破ります。

Creepy Tale: Ingrid Penance

 

 

けっこうな暴力シーンあり

今作の対象年齢は16歳以上となっています。
理由の記載では「激しい暴力」とあります。

「暴力」と聞くと「殴る蹴る」を想像しがちですが、今作には「殺害シーン」があります。

小さなお子様向けではありません。

 

 

設定と操作方法

Creepy Tale: Ingrid Penance

Creepy Tale: Ingrid Penance

 

 

良い点

よく作られた、なぞ解きがおもしろい

難しめではあるのですが、とても良く作られたなぞ解きで、夢中になってプレイしました。

基本的にアイテムを得るために行動し、そのアイテムを使って行動する、という感じです。

「このアイテムはここで使うの?」という意外性もあり、楽しめました。

解法がいくつかあるので、家族や友人のプレイを見て、「こんな手があったのか!」と驚くこともあると思います。

Creepy Tale: Ingrid Penance

 

不気味さが良く出たグラフィックやデザイン

暗めで、アニメ調のグラフィック。
悪魔の類が登場しますが、どの悪魔も不気味さ満点です。

雰囲気に沿ったグラフィックとデザインで、引き込まれました。

Creepy Tale: Ingrid Penance

 

イングリッドのキャラクター性がよくわかる演出

ワガママ少女・イングリッド。
自分勝手で、上から目線で「イヤなやつ」なのです。

しかし、「ふん!」という言い方や、ドアを蹴って開けるなど、イングリッドのキャラクター性がとてもよくわかる演出が気に入りました。

改心したかどうかは置いておいて、イングリッドのイヤさがとてもよくわかりました。

 

 

不満点

物を拾える範囲が狭い

アイテムが足りず、行ったり来たり。
どこを探しても見つからず・・・と思ったら普通に落ちていたという。

実は物を拾える範囲が狭く、ピンポイントで移動しないと「手のマーク」が出ません。
奥行きも少しあるので、拾いそこないがないか入念に見たり、歩かないといけません。

もう少し設定が甘くてもいいのに、と思いました。

 

拾えるアイテムに「手のマーク」がつかない物がある

基本的に拾えるアイテムは「手のマーク」がつきます。
なので、アイテムがあることがすぐにわかるのですが、物によっては「手のマーク」がつきません。

すべてのアイテムに「手のマーク」がついてほしかったです。
まぁ、バグなのかもしれませんが。

 

 

気になった点

携帯モードだと上下左右が暗い

Switchを手持ちでプレイしていたのですが、Switchの本体設定で一番明るくしても、上下左右が暗めです。
おかげで「なぜか進めないと思っていたら、穴だった」ということがありました。

テレビ画面でプレイすると気にならなかったので、テレビ画面の方が見やすいと思います。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 約7時間

 

 

『Creepy Tale:Ingrid Penance』の総合評価・レビュー

『パンを踏んだ娘』のゲーム化ということと、海外製インディーということで、そこまで期待しないでプレイを開始しました。

しかし、どんどんのめり込んでいきました。

ストーリーもしっかりしていますし、なぞ解きもおもしろい。
期待以上の出来でした。

これをきっかけに『パンを踏んだ娘』の原作を読んでみたいと思いました。
NHK教育の影絵風アニメのストーリーしか知らないので。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽

夫からもちょっと言わせてくれ

妻のクリア後にプレイ。
この手の海外インディーゲームは駄作も多いのですが、意外にも完成度が高く、楽しめました。

善行・悪行、謎の解き方によってエンディングが変わるのも良いですし、一貫した雰囲気や、フルボイスな点も気合を感じました。
まぁ、翻訳はちょっと怪しいですが。

不気味なキャラクターだらけですが、どこか愛嬌があり可愛らしく見えるものもいて、気分が悪くなるほどではありませんでした。

残酷な場面も多いですし謎解きの難易度的にも、小さいお子さんにはオススメできません。
ですが、中学生くらいならプレイしてみても良いかもしれません。
なにより、教訓にもなりますしね。

 

最新記事
no image
ローグライト

プレイするたびにダンジョンや敵の構成などが変わるゲームジャンル「ローグライク」に近いシステムのこと。作品によってはレベル1からになったりするが、難易度はローグライクに比べると易しいものが多い。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , , , , ,