ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

HUE(ヒュー) 感想・レビュー byとも / 色を使い分けるアクションパズルゲーム!

2020年1月4日

評価:4

HUE ヒュー

2020年、初めてクリアしたゲームはNintendo Switchのアクションパズル『HUE(ヒュー)』でした。

7時間ほどでクリアしました。
ネタバレなしでレビューしていきます。

スポンサーリンク

概要

『HUE(ヒュー)』概要(クリックすると展開します)

20年1月3日時点の情報です。

発売日 2019年6月6日
発売元 Digital Bards
開発元 Fiddlesticks
ハード Nintendo Switch
ジャンル アクションパズル
プレイ人数 1人
CERO A(全年齢対象)
通常価格(税込) ダウンロードソフト 1,000円
公式サイト HUE
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 Hue™ & © Fiddlesticks Games Limited. Licensed by Curve Digital. Licensed to and published in Japan by Digital Bards.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ゲーム内容

モノクロの世界に住む少年HUE(ヒュー)。
母からの手紙をきっかけに、色と母を探す旅に出ます。

HUE ヒュー

 

色を使ったパズル

色はアクア、パープル、オレンジ、ピンク、レッド、ブルー、イエロー、グリーン
全部で8色あります。

旅を続けることで、1色ずつ見つけていきます

HUE ヒュー

 

獲得した色を使って、ゲームを攻略していきます。
色を変えると、同じ色の「オブジェクト」や「仕掛け」が消える仕組みです。

時間制限はありません。

 

死ぬと・・・

動いている岩にぶつかる、レーザーに当たる、トゲに当たるなどで、死んでしまいます。
死ぬと、そのステージの始めからリスタートになります。

動かした木箱などは初期位置に戻ります。

 

インク

色のレーザーは当たると死んでしまいますが、色を変えることができるインクは当たっても死にません。

HUE ヒュー

 

収集アイテム「フラスコ」

収集アイテムである「フラスコ」は全部で28個あります。

HUE ヒュー

 

手紙

旅の途中に手紙が落ちています。
それを拾うことで、自動的に読まれます。

英語で読まれるので「字幕ON」の状態を推奨します。

HUE ヒュー

なお、全年齢対象のゲームではありますが、この手紙の字幕にはルビがふっていません。
お子さまにとっては難しい単語もあり、お子さまがプレイする場合、ストーリーは理解できないかもしれません。

 

マップとワープ

簡易的なマップを見ることができます。

収集アイテムである「フラスコ」の獲得状況も見ることができます。

そして各ワールドへのワープも可能です。

HUE ヒュー

 

操作方法

初期設定では画像のとおりですが、変更が可能です。

HUE ヒュー

ちなみに私はジャンプボタンを「Lボタン」に変更しました。

 

カラーシンボル

オプション内に「カラーシンボル」というものがあります。
これにチェックを付けることで、色にシンボルが表示されます。

色覚異常の方でもわかりやすいゲームデザインになっています。

HUE ヒュー

 

 

良い点

種類が豊富!色を使ったパズルゲーム

ワールドごとに最初は優しく、徐々に難しくなっていくゲームデザインになっています。

さまざまな仕掛けが用意されていて、どういう風に解くのか楽しみながらプレイしました。

さすがに初見では、情報量が多く

難しそう・・・

となるのですが、1つ1つ見ていったり、実際にやってみると、意外にも簡単だったりします。

手順を覚え、解き方がわかった時の爽快感が気持ちよかったです。

HUE ヒュー

 

音楽がいい!

ある時は軽快に、ある時は神妙な音楽がかかり、耳でも楽しむことができました。

公式サイトによると、オリジナル曲が30曲以上あるようです。

 

その他の良い点

  • 色覚異常の方でもわかりやすい「カラーシンボル」システム。  
  • ほどよいバランスの難易度。

 

 

不満点

手紙をもう一度読みたい

拾った手紙を再度読むことはできません。

クリア後、もう一度、読み返したかったです。

HUE ヒュー

 

説明書なし

今作は説明書のようなものがありません。

最初は「ここをこう動かしますよ」という表示での説明はあります。
しかし、その後は一切ありません。

おかげで、上記のゲーム内容に書いた「インク」も

当たると死ぬ!

と思い込んで、避けていました。

「当たっても大丈夫」と、ひと目でわかるようなデザインのステージがあるとよかったです。

 

細かいマップがない

上記のゲーム内容に書いたとおり「マップ」は存在します。

しかし細かいマップはなく、収集アイテムである「フラスコ」を取るためにはワールドの最初からやり直さなくてはなりません。

パズル自体も、攻略に時間がかかるものが多いですし、収集アイテムを取りやすい配慮があるとよかったです。

 

 

気になった点

背景の色によっては見にくくなる

人にもよるとは思いますが、背景の色によって見にくく感じることがありました。

下記の画像は、同じ場面を各色で撮ってみたものです。
また「カラーシンボル」オンのバージョンも撮ってみました。(クリックすると拡大します)

▼「カラーシンボル」OFF

HUE ヒュー HUE ヒュー HUE ヒュー HUE ヒュー
HUE ヒュー HUE ヒュー HUE ヒュー HUE ヒュー

 

▼「カラーシンボル」ON

HUE ヒュー HUE ヒュー HUE ヒュー HUE ヒュー
HUE ヒュー HUE ヒュー HUE ヒュー HUE ヒュー

 

こうして見ると「カラーシンボル」オンでプレイした方が見やすいかもしれません。
ご参考までに。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロードソフト
プレイ時間 7時間(クリア時間)+3時間

 

 

総評

ほとんどのステージは自分の力で解くことができました。
しかし、一部のステージでは時間をかけてもわからず、夫・みなとの知恵を借りました。

ちょっとだけ見方を変えるだけで、解けたりします。
でも、煮詰まるとぜんぜんわからないんですよねぇ。

ちなみに、やり込み要素の「フラスコ」はあと9個。

クリア後、「フラスコ」目的でプレイしていました。
数個は取れましたが、1つ1つ時間がかかるステージが多いので、全部取るのは断念します。

 

今作は、

  • アクションが得意
  • パズルが好き

な方にはピッタリだと思います。

 

レビュー

全体評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽

夫からもちょっと言わせてくれ

背景と同化するオブジェクトを消す。
という斬新なシステムが光る、良質なパズルゲームでした。

ちょっとタイミングがシビアな部分もありますが、難易度もちょうど良いです。

不満を言うと、クリア済みのステージは飛ばせると良かったです。
フラスコ集めが大変なので。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!
入力していただいたコメントは、管理人が承認するまで画面には反映されません。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー, 解説・操作方法・攻略
-, , , , ,

Copyright© ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.