ゲームレビュー

神巫女 -カミコ- 感想・レビュー byみなと

神巫女 -カミコ-

フライハイワークス×スキップモアの、アーケードライクなNintendo Switch用アクションゲーム『神巫女 -カミコ-』。

和(神道)をモチーフにした、独特なテイストの インディーズ ゲームです。

小粒ながら完成度の高い今作。
感想・レビューをします。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『神巫女 -カミコ-』概要

19年5月12日時点の情報です。

発売日 2017年4月13日
発売元 フライハイワークス
開発元 スキップモア
ハード Nintendo Switch
ジャンル アクション
プレイ人数 1人
CERO A(全年齢対象)
通常価格(税込) ダウンロードソフト 500円
公式サイト 神巫女 -カミコ-(フライハイワークス公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©Flyhigh Works/SKIPMORE/Kan-Kikuchi/CIRCLE Ent.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応していません。

 

ゲーム内容

今作は、「ステージをクリアしてボスを倒す」を繰り返すアーケードタイプのアクションゲームです。

主人公選択

神巫女 -カミコ- 主人公選択

左から「ヤマト」「ウズメ」「ヒノメ」

最初に3人の主人公から1人を選択し、ゲームを始めます。
それぞれ進行度が別にセーブされます。

3人はそれぞれ三種の神器を授かり、それを用いて戦います。

ヤマト クサナギノツルギ(草薙剣) 剣による素早い近距離攻撃
ウズメ ヤサカニノマガタマ(八尺瓊勾玉) 矢じりに勾玉 遠距離攻撃
ヒノメ ヤタノカガミ(八咫鏡) 鏡をブーメランのように飛ばし、短刀で近距離にも対応

ゲーム内のヘルプで、それぞれどのような人物なのか、わかります。

 

基本的なこと

▼操作方法

神巫女 -カミコ- 操作方法

ダッシュを使わないとクリアできないところもあるので、お忘れなく。

宝箱から入手したカギを持つと、ダッシュはできなくなります。
敵に当たったり攻撃をするとカギを失います
宝箱に戻れば、カギは復活しています。

 

▼画面の見方

神巫女 -カミコ- 画面の見方

草や壺を壊すと、体力回復アイテムが出現する場合があります。
入手しなくても消えないので、体力が減った時に拾うようにしましょう。

 

SP

基本的には、敵を連続で倒すことでSPが溜まります。
ザコ敵は、時間をおいて無限にわきます。

SPは「スペシャルアタック」の使用に使えますが、宝箱や扉の開放、幽現の門の開放などにも使用します。

神巫女 -カミコ- セーブ

幽現の門を開放すると、セーブができます

 

ステータス強化

ステージ内には、体力やSPの上限を強化するアイテムが存在します。

比較的わかりづらい場所の宝箱に入っているので、よく探してみましょう。

ボス戦前も、入手できます。

 

シークレット

各ステージには、1つずつシークレットアイテムが隠されています。

柱などを調べることで入手できます。

 

タイムアタック

神巫女 -カミコ- タイム

今作はクリアタイムが記録されます。

良いタイムでエンディングを迎えると、タイムにトロフィーが付きます。

 

良い点

サクッと楽しめる

非常にスピーディーで、サクッと楽しめました。
慣れれば1周40分ほどでクリアできます。

「アクションゲーム」とされていますが、スイッチ操作やカギ探し等もあり、『ゼルダの伝説』などの「アクションアドベンチャー」に近いゲームだと感じました。

カギを持つと、カギ穴までノーダメージで行かねばなりません。
無双するだけではない緊張感も得られ、メリハリの利いたシステムだと思います。

 

さわやかなドット絵

神巫女 -カミコ- SP

低ビットのゲームですが、ドット絵はとてもこだわって作られています。

遺跡の崩れた感じや、水の反射、光の加減など、丁寧で美しいです。
配色も明るく、非常にさわやかだと感じました。

敵を連続で倒した時に増えて放射されるSPの描写も、爽快感があって良いです。

 

ピコピコ和サウンド

低ビットゲームらしく、ファミコンチックなピコピコ音でBGMが作られています。

ゲームの雰囲気に合わせ、とても「和」のテイストが活きたサウンドで、心地良かったです。

 

不満点

強制戦闘の再戦

神巫女 -カミコ- 強制戦闘

今作は、ザコ敵は無限にわきます。
SPを使いきってしまうとクリアできない仕様なので仕方ありませんが・・・。

個人的に気になったのは、強制戦闘でのザコ戦。

場面は限られますが、特定のエリアに入ると柵が出現し、中の敵を全滅させないといけない時があります。

そういう戦闘もあっていいのですが、今作の場合そのエリアに入るたびに同様の戦闘が開始されてしまいます

せっかくスピーディーなゲームなのに、著しくテンポを阻害してしまいます。
タイムアタック的にも良くありません。

強制戦闘は、1度で十分だと感じました。

 

ストーリー・キャラクター描写は薄味

ストーリーやキャラクター描写は、かなり薄かったです。
サクッと楽しめるアーケードタイプのゲームなので、一概に悪いとは言えませんが。

主人公たちの簡単な人物説明は、ヘルプにあります。
ですが、ゲーム中は無言なので今ひとつ魅力を感じづらいところです。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 3時間

 

総評

シークレットコンプを含む、完全クリアまで3時間ほど。
ボリュームはありませんが、500円なら十分すぎるクオリティです。

可愛らしく爽やかなドット絵と、心地良いサウンド。

ちょっとした探索要素や、タイムアタックも楽しめます。

難易度は低いですが、誰でも手軽にプレイできるのも、魅力の1つです。

全体評価   ★★★★★

シナリオ   ★★☆☆☆
操作性    ★★★★☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★☆☆
ビジュアル  ★★★☆☆
音  楽   ★★★★☆

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , ,