ゲーム情報

2024/4/24

『Another Crab's Treasure』『Stellar Blade』etc. みなとも「新作ゲーム談議」24年4月18日~5月1日

24年4月18日~5月1日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『百英雄伝』『サガ エメラルド ビヨンド』などなど。

ゲームの旅路

2024/4/22

『8番出口』クリア / 『Planet of Lana』開始 【ゲゲ語り】vol.208

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラ3』『維新!極』など。

ゲームレビュー

2024/4/20

8番出口 感想・レビュー byみなと / 話題の「間違い探しループホラー」リアルでちょっと怖い

地下通路を進んで異変を見つけるウォーキングシミュレーター『8番出口』の感想・レビューです。Switch版をクリアしました!

ゲーム情報

2024/4/16

『偽夢』『バニーガーデン』etc. みなとも「新作ゲーム談議」24年4月11日~4月24日

24年4月11日~4月24日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Planet of Lana』『Picross -LogiartGrimoire-』などなど。

ゲームの旅路

2024/4/22

『ユニコーン』クリアレビュー公開 / 忙しくてゲーム進まず 【ゲゲ語り】vol.207

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ユニコーンオーバーロード』『龍が如く 維新!極』です。

ユニコーンオーバーロード

ゲームレビュー 週刊アトラス

2024/4/14

ユニコーンオーバーロード 感想・レビュー byみなと / 事前に作戦、バトルはオート!超美麗シミュレーションRPG

『ユニコーンオーバーロード』をクリア!シミュレーションRPGに触れたことがない人でも楽しんでプレイできる作品だと思います。

ゲームの旅路

2024/4/8

『古銭プッシャーフレンズ弐』にハマる 【ゲゲ語り】vol.206

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ユニコーンオーバーロード』『龍が如く維新!極』『古銭プッシャーフレンズ弐』です。

ゲーム情報

2024/4/2

『オラッ掘人 ホレゆけ!ブラジル』『ハココロV』etc. みなとも「新作ゲーム談議」24年3月28日~4月10日

24年3月28日~4月10日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『古銭プッシャーフレンズ弐』などなど。

映画レビュー

映画「デッドプール」 レビューbyとも

2017年5月22日

イメージ画像

映画イメージ

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
 HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

原題 Deadpool
初公開年 2016年
ジャンル ヒーロー、コメディ
年齢制限 R15+[15歳以上限定]
監督 ティム・ミラー
主なキャスト ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン
Amazonビデオのページ デッドプール(字幕版)
デッドプール(吹替版)

 

あらすじ

ウェイド(ライアン・レイノルズ)は、以前は、優秀な特殊部隊の傭兵として活躍していた。
現在のウェイドは、悪者を痛めつけてお金を稼いでいた。
そんな時に知り合った、ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)。
月日をかけ、愛を育んで、結婚も決まったが、末期ガンだと診断される。

 

原案

マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックが原案。

 

映画について

エンドクレジット終了後にもお楽しみがあるので、最後まで見るべきです。

■追記
『デッドプール2』が2018年6月1日に公開です。

スポンサーリンク

今まで私が観た、マーベル・コミックが原作の映画

  • 『ブレイド』(1998年)
  • 『X-MEN』(2000年)
  • 『ブレイド2』(2002年)
  • 『スパイダーマン』(2002年)
  • 『X-MEN2』(2003年)
  • 『スパイダーマン2』(2004年)
  • 『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』(2005年)
  • 『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006年)
  • 『ゴーストライダー』(2007年)
  • 『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』(2007年)
  • 『アイアンマン』(2008年)
  • 『インクレディブル・ハルク』(2008年)
  • ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(2009年)
  • 『アイアンマン2』(2010年)
  • 『マイティ・ソー』(2011年)
  • 『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011年)
  • 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
  • 『ゴーストライダー2』(2012年)
  • 『アベンジャーズ』(2012年)
  • 『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014年)

 

感想

デッドプールの愛称はデップー。
以下、「デップー」と書いてあります。

想像していたのと違った

今作は、おバカギャグ満載の映画だと思っていた。
しかし、ものすごい熱い展開で感動すら覚えるという、意外や意外のデップーでした。
アクションシーンもかっこいいんですよ。

 

キャラクターがよい

デップーのキャラクターが好きです。
画面向こうの観客に対して話してみたり、敵に対してふざけてみたり。
でも、熱いものを心の内に秘めていて、魅力あふれる主人公です。

 

注意点

ちょっとグロい描写があります。
苦手な方は注意です。

また、時系列が行ったり来たりします。
そういうのが苦手な方も注意です。

 

字幕でも吹き替えでも

基本、私は字幕で見るので今回も字幕で見た。
しかしアメリカンジョークなどの箇所はよくわからなかった。

事前情報で、吹き替えでもかなり下ネタがあって、完成度が良いと聞いていたので、時間がない中、鑑賞してみた。
前半の30分ほどしか吹き替え版は観れなかったのだが、めちゃくちゃおもしろかった。
ただ単純に、訳して吹き替えているわけではなく、同じ意味合いで、日本人にわかりやすく馴染みのある表現に変えられている。
だから、最初から字幕ではなく吹き替えでもよかったのかもしれない。

でも今後、『アベンジャーズ』などにデップーが出た時はどうすれば良いのだろう。
デップーだけ吹き替えしたい。

 

他のMarvel作品をまず見るべき

事前にMarvel(マーベル)作品を見ておくことを推奨します。
Marvel作品とは、『X-MEN』シリーズや、『スパイダーマン』シリーズ、『アイアンマン』シリーズ、『アベンチャーズ』シリーズなどなど、アメリカのコミック会社、マーベル・コミックを原作とした作品のこと。

そのMarvel作品の小ネタが随所にあるのです。
この『デッドプール』がMarvel作品初鑑賞なら、それらの小ネタがわからず、つまらないで終わってしまうかもしれません。

なお、『ウルヴァリン X-MEN ZERO』にデップーが出演しますが、今作のデップーとは設定が異なります。

 

ネタバレと評価

以下ネタバレのため、評価を先に。

総合★★★★☆
脚本★★★★☆
演出★★★★☆
映像★★★★★

Amazonビデオのページはこちら
 デッドプール(字幕版)
 デッドプール(吹替版) 

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

▼敵の要素が弱い!?

今までMarvel作品を全てではないが、ある程度は観てきた。
今作、敵の能力としては、一番弱くないだろうか。
「痛みを感じない」のと「怪力」。
うーん。
厄介な敵かもしれないが、もうちょっと魅力のある敵がよかったかな。

 

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-映画レビュー
-, ,