スーパーマリオサンシャイン

ゲームレビュー

2020/10/1

【3Dコレクション】スーパーマリオサンシャイン 感想・レビュー byみなと / 「万人向け」をかなぐり捨てた挑戦作

『スーパーマリオ3Dコレクション』の『スーパーマリオサンシャイン』をクリア!完全初見で今作はどう感じたのか!?

ゲーム情報

2020/9/30

「日本ゲーム大賞2020」受賞作品を発表 / 『龍が如く』ハリウッド実写化 みなとも Game News Pick Up 20年9月23日~29日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!「日本ゲーム大賞2020」ではアトラス作品が2本優秀賞に!『真・三國無双8Empires』が発表。など。

ゲーム情報

2020/9/29

『スーパーマリオブラザーズ35』『Spiritfarer』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年9月24日~10月7日

20年9月24日~10月7日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『A Short Hike』『カービィファイターズ2』などなど。

ゲームの旅路

2020/9/28

『シンキングシティ』『サンシャイン』クリア ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.23

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『あつ森』『The Sinking City』『ゴーストオブツシマ』『スーパーマリオ 3Dコレクション』です。

週刊アトラス

2020/9/27

【TGS2020】裏ネタあり!アトラス特番「TGSだよ、目がテン!」情報まとめ【週刊アトラス】

「東京ゲームショウ2020」の中で放送された26日の「アトラス特番」を観ました!おもしろメンバーによる濃い話、聞けましたよ。

ウルトラマンZ 第14話感想

ウルトラマン

2020/9/26

ウルトラマンZ 第14話 感想夫婦対談 / 笑いと感動と迫力と驚きの四次元的神回!

『ウルトラマンZ(ゼット)』第14話「四次元狂騒曲」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ウルトラマン 私たちのお気に入り

2020/9/29

ウルトラかいじゅう絵本 全巻感想・レビュー / ウルトラマンファン目線でツッコミまくる!?

登場ウルトラマンはもちろん、登場怪獣やモブキャラクター的な怪獣までご紹介。ちょっと変わった感想記事です。

ゲーム情報

2020/9/23

『P5R』のボードカードゲームが登場 / 3DSシリーズが生産終了 みなとも Game News Pick Up 20年9月16日~22日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『メガテン3』の新グッズも魅力的。TGSタイムスケジュールのおさらいも。

ゲーム情報

2020/9/21

『Ori and the Will of the Wisps』『原神』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年9月17日~9月30日

20年9月17日~9月30日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『World for Two』『Into the Breach』などなど。

ゲームの旅路

2020/9/21

妻、『ツシマ』開始 / 『3Dコレクション』は『サンシャイン』から ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.22

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『あつ森』『龍が如く7』『カルドセプトリボルト』です。

映画レビュー

映画「ウルヴァリン X-MEN ZERO」 レビューbyとも

2017年5月23日

イメージ画像

映画イメージ

3DS『バッジとれ~るセンター』でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS『バッジとれ~るセンター』のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

原題 X-Men Origins: Wolverine
初公開年 2009年
ジャンル ヒーロー、アクション
監督 ギャヴィン・フッド
主なキャスト ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー、リン・コリンズ
Amazonビデオのページ ウルヴァリン:X-MEN ZERO (字幕版)
ウルヴァリン:X-MEN ZERO (吹替版)

 

あらすじ

幼少期に能力者となった、兄弟、兄ビクターと弟ジェームズ(のちのローガン / ウルヴァリン)。
不老不死と再生能力が高い体、そして爪が特徴の2人は、様々な戦地で戦ってきた。
ある日、軍人のストライカーが現れ、ミュータントで編成された特殊部隊「チームX」に入るようスカウトする。

 

原案

今作の主人公であるウルヴァリンは、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックに登場する『X-MEN』のヒーローの1人。

 

映画について

映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品。
『X-MEN』シリーズ第1作目である『X-MEN(2000年)』の前日譚にあたる。

今作のウルヴァリンスピンオフシリーズ第2作目が『ウルヴァリン: SAMURAI』(2013年)。
そして第3作目は『LOGAN/ローガン』(2007年)。

なお、エンドクレジット中や、エンドクレジット後にもお楽しみがあるので、最後まで見るべきです。

スポンサーリンク

今まで私が観た、マーベル・コミックが原作の映画

  • 『ブレイド』(1998年)
  • 『X-MEN』(2000年)
  • 『ブレイド2』(2002年)
  • 『スパイダーマン』(2002年)
  • 『X-MEN2』(2003年)
  • 『スパイダーマン2』(2004年)
  • 『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』(2005年)
  • 『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006年)
  • 『ゴーストライダー』(2007年)
  • 『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』(2007年)
  • 『アイアンマン』(2008年)
  • 『インクレディブル・ハルク』(2008年)
  • 『アイアンマン2』(2010年)
  • 『マイティ・ソー』(2011年)
  • 『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011年)
  • 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
  • 『ゴーストライダー2』(2012年)
  • 『アベンジャーズ』(2012年)
  • 『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014年)
  • デッドプール』(2016年)

 

感想

ウルヴァリンとビクター

ウルヴァリンの優しさや人間性に惚れる。
そしてビクターの狂気さに震える。
この相対する2人が見どころの1つ。
ビクターの心境は分かりにくいですが、ビクターの心境を考えていくのも、おもしろさがアップする1つです。

 

デッドプールの設定の違い

映画『デッドプール』のデッドプールと、今作に登場するデッドプールの設定が違う。
映画『デッドプール』のデッドプールが好きならば、今作のデッドプールに違和感を覚えてしまうと思う。
ちなみにデッドプール役は2作ともライアン・レイノルズが演じている。

 

能力者

『X-MEN』シリーズの見どころの1つがミュータント達による、能力対決だと思う。
いったいどんな能力を使って、どんな攻撃がでるのか、ハラハラワクワクしながら見られる。
今作も、そんな気持ちで見ていたのだが・・・。
今作の能力を数えてみると、11ほど。
11と聞けば、多いが、派手さはない。
たくさんのミュータントが出ているのだから、もう少し、能力を発揮してもらいたかったし、派手な能力対決が見たかった。

 

都合が良い

「魅せるために、こういう場面にしました。」というのがちょっと多い。
整合性が取れておらず、つっこまずには、いられない。

 

ネタバレと評価

以下ネタバレの為、評価を先に。

総合★★★☆☆
脚本★★☆☆☆
演出★★★☆☆
映像★★★★☆

Amazonビデオのページはこちら
 ウルヴァリン:X-MEN ZERO (字幕版)
→ ウルヴァリン:X-MEN ZERO (吹替版)

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

▼飛行機嫌い

ウルヴァリンは飛行機が嫌いだとわかるシーンが2つほどある。
でもヘリコプターには普通に乗ってたし、というかヘリの上で立って移動していた。
飛行機はダメで、ヘリなら大丈夫なのか?
飛行機は揺れるからダメで、ヘリなら揺れないから大丈夫?
んな、ばかな。
設定があるのならば、最初から最後まで貫き通してほしい。
んー。いずれかの戦争で、飛行機にトラウマができてしまったということにしておこう。

 

▼ウェポンXI

様々な能力者の遺伝子を持ったウェポンXI。
でも、見せてくれた能力は4つほど。
能力者であるミュータントがたくさんいるんだから、4つと言わず、10個くらい持って、強敵として立ちはだかった方が盛り上がったのになぁと思う。

 

▼誤訳

作中に「不死身にするため」とストライカーが、ウルヴァリンに言う場面がある。
元々、不死身なのに、なにを言っているのかと疑問に思い、調べてみた。

ストライカーは「we're gonna make you indestructible」と言っている。
訳すると、「私たちは君を破壊できない(体)にする」と言っている。
つまり、ウルヴァリンの骨を特殊金属「アダマンチウム」に変えて、破壊できない体にしようということ。
今のままでは、武器の爪も折れてしまうし、骨折もする。
それを防ごうというわけ。

「不死身にするため」と訳されてしまうと、意味合いが違ってくるのに・・・。

 

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

0

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-映画レビュー
-, ,

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5