ゲームの旅路

2022/6/26

『ニーア』は2周目開始 / 妻、麻雀にハマる 【ゲゲ語り】vol.114

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『トライン4』『ニーアオートマタ』『世界のアソビ大全51』です。

トライン4 タイトル

ゲームレビュー

2022/6/26

トライン4:ザ・ナイトメア プリンス 感想・レビュー byみなと / 3人を切り替えて解く!達成感を味わえる秀作パズルアクション

親切設計で、程よく歯ごたえのある謎解きアクションアドベンチャー『Trine4』の感想・レビューです。

ゲーム情報 特別企画

2022/6/23

ゼノブレイド3ダイレクト みなとも対談【Xenoblade3 Direct 2022.6.22】感想 ~私たちが感じたこと~

22日23時に放送された「ゼノブレイド3ダイレクト」を夫婦で視聴!その感想や期待することを対談形式でお届けします。

ゲーム情報

2022/6/21

「ゼノブレイド3ダイレクト」22日23時放送! みなとも Game News Pick Up 22年6月15日~21日

22年6月15日~21日の間のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!ペルソナリマスターはPSでもプレイできる。アーロイねんどろいどは本日21時まで予約受付中。など。

ゲーム情報

2022/6/20

『ElecHead』『AI: ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年6月16日~6月29日

22年6月16日~6月29日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『ARISE - A SIMPLE STORY - 決定版』などなど。

ゲームの旅路

2022/6/20

『ジョジョASBR』体験版をプレイ / 『ニーア』は流血に凹む 【ゲゲ語り】vol.113

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ニーアオートマタ』『ボクらの大夏まつり』『トライン4』など。

ボクらの大夏まつり

ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

2022/6/19

ボクらの大夏まつり 感想・レビュー byとも / 意外とムズイ!ミニゲームに刺激を求める方向け!?

パーティゲームの『ボクらの大(だい)夏まつり』。追加コンテンツを足した13個を遊んでみました。ゴールドコインを目指すにはけっこうキツイです。ゲーム内容一覧あります。

ライザのアトリエ

ゲームレビュー

2022/6/18

ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜 感想・レビュー byみなと / 移動の快適さに感動!錬金は手堅く、バトルは挑戦的

『ライザ1』の感想・レビューです。若者たちの成長がほほえましい、優しいアトリエ。リアルタイムバトルには賛否あるか。

ゲームレビュー

パペッティア 感想・レビュー byみなと

2017年2月7日

SCEが贈る、不思議な人形劇の世界。
PS3『パペッティア』をレビューします。

全編を「人形劇の舞台」に見立てた2Dアクションゲームで、様々な小ネタが盛り込まれています。

開発スタッフの多くは、あの『SIREN』に関わっているらしいですが、今作はホラーではありません。
ただし、ブラックユーモアはけっこうあります。

主人公・クウタロウは、木の人形にされてしまった少年。
本来の頭(ヘッド)は序盤で失ってしまうため、道中で見つけたヘッドを代用品として装着します。

魔法のハサミ「カリバス」を振るい、太陽の妖精「ピカリナ」を相棒とし、自分のヘッドを取り戻すため、月の世界を旅します。

スポンサーリンク

概要

 

 

良い点

徹底的にこだわった「人形劇」の世界

今作の世界は全て、舞台上で上演されている「人形劇」という設定。
狂言回しのナレーションと、観客の声援・拍手、ピカリナとナレーションとの掛け合いなど、舞台演劇(喜劇)ならではの見せ方を多く取り入れています。

パロディや、メタ発言もかなり多いですが、設定が設定だけにそれほど気になりません。

ナレーションは藤原啓治氏。めっちゃイイ声。

シーンの移動は「舞台転換」であり、舞台装置が動き回り、次のシーンへ移行します。

雲や星などは「吊りもの」扱いで天井から垂らされていたり(しかも揺れる)、印象的な場面では演者にサスを当てて盛り上げたり、演劇的表現を徹底しています。

1人1人の登場人物を演じる役者の設定まで考えられていて、楽屋ネタ、裏話なども見ることができます。

このこだわりは、スゴイです。

公式サイトからも、そのこだわりがにじみ出ているので、ぜひ1度見てみてほしいです。

 

アクションゲームとしても楽しい

魔法のハサミ「カリバス」は、チョキチョキと物を切り続けていれば、宙に浮けるという代物。
このハサミのアクションが今作の基本で、移動に攻撃にと大活躍します。

さらに、道中手に入れる4つの特別なヘッド。
これは「ヒーローヘッド」といい、クウタロウに新たなアクションを授けてくれます。

シールド、爆弾、チェーンフック、怪力、これらの力を使い分けて攻略します。

100種のヘッド集め、各地の敵を倒し魂を救出、ボーナスステージの発見など、やりこみ要素も豊富です。

 

一つ一つの動きが楽しい・可愛らしい

クウタロウの代用ヘッドは100種類にものぼり、道中の仕掛けを解くなりして手に入れます。

基本的に特別な効果はありませんが、「ヘッドアクション」という、そのヘッドならではの固有の動きが見られます。
この動きも丁寧に作られており、非常に楽しく、可愛らしいです。

特定の場所では、特定のヘッドで「ヘッドアクション」を行うと作動する仕掛けもあります。

それ以外でも、敵や動物などの仕草もおもしろく、場面全体、舞台全体に手抜きがありません。

©2013 Sony Computer Entertainment Inc.

 

 

不満点

1ステージが長い

後半になると特に感じるのですが、1ステージあたりが長いです。

ステージ要素のコンプリートには、雑魚敵を全て倒す必要もあるため、見落とした敵がステージ終盤の場合、大変なことに。

さらに、1ステージ1ステージ短くないムービーが挟まるため面倒。
スキップはできるのが幸いです。

©2013 Sony Computer Entertainment Inc.

 

ただクリアするだけなら、かなり簡単

アクションゲームに慣れている人にとっては、あまりやり応えのあるゲームではありません。
敵の種類も少なく、ボスも強くはないのです。

全年齢対象ですし、子どもが遊ぶことも想定しているとは思うのですが、それにしては子どもには理解できなさそうな小ネタやブラックユーモアが仕込まれています。

2Pプレイで「親子で楽しむ」がベストなのかもしれません。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 不明
トロフィー 状況 90%
トロコン 難易度 難しめ。2Pでのプレイが必要なトロフィーあり(一応コントローラ1つでも可能)

 

 

総評

「人形劇」や「舞台演劇」の要素を取り入れた、斬新で意欲的な作品。
そういうのが好きな人にとっては、たまらないはず。

逆に、演劇に興味がない人や、がっつりアクションゲームがやりたい人には不向きかと。
パロディ、メタ発言、ブラックジョークも豊富なので、苦手な人は注意です。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽
最新記事
『ニーア』は2周目開始 / 妻、麻雀にハマる 【ゲゲ語り】vol.114

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『トライン4』『ニーアオートマタ』『世界のアソビ大全51』です。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , , ,