解説・操作方法・攻略

セーブデータ 破損から復元する方法【Nintendo Switch / PS4 / PS3 / PS Vita】

はじめに

『RPGツクールMV trinity』でゲーム制作中、バグに見まわれ、まともにプレイができなくなりました。
直前にしていた作業を削除するなり対処するも、改善せず。

「セーブデータ自体が壊れた」と判断しました。
途方にくれましたが、その時思いつきました。

オンラインストレージから落とせば復活するんじゃ・・・?

数時間分の作業はなかったことになりましたが、プレイできる状態のセーブデータを復元することができました。

この方法、もしかしてあまり知られてない?

そこで今回は、Nintendo Switch、PS4、PS3、PS Vitaで使える「セーブデータ破損から復元する方法」をお伝えします。

有料プランである「Nintendo Switch Online」と「PS Plus」に加入している場合に使える方法です。

画像は全て、本体のスクリーンショット機能で撮影したもの。

スポンサーリンク

記事下広告1

Nintendo Switchの場合

Nintendo Switch Onlineに加入

まずは有料プランである「Nintendo Switch Online」に加入しましょう。

詳しくはこちら
→ スイッチでオンラインプレイするなら必須!『Nintendo Switch online』を詳しく解説

 

▼価格

プラン 期間 価格
個人
(1アカウント)
1ヶ月(30日間) 300円
3ヶ月(90日間) 800円(「1ヶ月」で加入するより100円お得)
12ヶ月(365日間) 2,400円(「1ヶ月」で加入するより1,200円お得)
ファミリー
(最大8アカウント)
12ヶ月(365日間) 4,500円(2人以上ならお得)

※価格はすべて税込価格

 

セーブデータのバックアップ・復元方法

セーブデータバックアップ

HOME画面で、セーブデータの管理をしたいソフトにカーソルを合わせ、「+ボタン」。

プレイ中のソフトのセーブデータ管理はできません。
セーブして終了しておきましょう。

 

セーブデータバックアップ

セーブデータのオンラインバックアップを選択。

 

セーブデータバックアップ

ここで、セーブデータをオンラインにバックアップしたり、バックアップしておいたセーブデータをダウンロードしたりできます。
セーブデータが複数あっても、一度に全てのデータを操作します。

「自動バックアップ」をONにしておけば、サーバーにデータがこまめに保存されます。
しかし、『ツクールMVT』の場合は、壊れたセーブデータが保存される危険もあるので「OFF」にしておいた方が良いと思います。

 

注意
『1-2-Switch』『Splatoon2』『ポケットモンスター Let's Go ピカチュウ/イーブイ』などの一部のタイトルは、オンラインバックアップに対応していません。

 

PS4の場合

PS Plusに加入する

まずは有料プランである「PS Plus」に加入しましょう。

詳しくはこちら
→ PlayStation®Plusについて(公式サイト)

同じアカウントであれば、PS VitaでもPS3でも使えます。
追加で料金を払う必要はありません。

 

▼価格

期間 価格
1ヶ月(30日間) 514円
3ヶ月(90日間) 1,337円(「1ヶ月」で加入するより205円お得)
12ヶ月(365日間) 5,143円(「1ヶ月」で加入するより1,025円お得)

※価格はすべて税込価格

 

セーブデータのバックアップ・復元方法

セーブデータバックアップ

HOME画面で、セーブデータの管理をしたいソフトにカーソルを合わせ、「OPTIONボタン」。

プレイ中のソフトのセーブデータ管理はできません。
セーブして終了しておきましょう。

 

セーブデータバックアップ

ここで、セーブデータをオンラインにバックアップしたり、バックアップしておいたセーブデータをダウンロードしたりできます。
セーブデータが複数ある場合、個別に選んで操作することもできます。

自動でアップロードしておいてほしい場合、
HOME→「設定」→「アプリケーションセーブデータ管理」→「自動アップロード」で、ソフトごとに設定できます。

 

PS Vitaの場合

PS Plusに加入する

↑の「PS4の場合」を参照してください。

 

セーブデータのバックアップ・復元方法

セーブデータバックアップ

ソフトを選択した後、右上の「+」のアイコンをタッチします。

 

セーブデータバックアップ

オンラインにバックアップしたい場合は「アップロード」。
オンラインから復元したい場合は「ダウンロード」を選択しましょう。

Vitaの場合は「自動アップロード」は個別に設定する必要があります。
「設定」→「PlayStationNetwork」→「自動アップロード設定」→「セーブデータをオンラインストレージにアップロードする」をONにしたうえで、上記画面の「セーブデータ自動アップロード」にチェックを入れましょう。

 

PS3の場合

PS Plusに加入する

↑の「PS4の場合」を参照してください。

 

セーブデータのバックアップ方法

スクリーンショットの撮影ができないので、文章で解説します。

  1. クロスメディアバーの「ゲーム」にカーソルを合わせ、上へ
  2. 「セーブデータ管理(PS3)」を選択
  3. アップロードしたいゲームにカーソルを合わせ、「△ボタン」
  4. 「コピー」を選択
  5. 保存先を「オンラインストレージ」に

自動アップロード設定は、ソフトにカーソルを合わせ「△ボタン」で設定します。

 

セーブデータの復元方法

  1. クロスメディアバーの「ゲーム」にカーソルを合わせ、上へ
  2. 「セーブデータ管理(PS3)」を選択
  3. 一番上の「オンラインストレージ」を選択
  4. 復元したいゲームにカーソルを合わせ、「△ボタン」
  5. 「コピー」を選択
  6. 本体にコピーされます

まとめ

いかがでしたか?

  • セーブデータが壊れた
  • 間違って上書きしてしまった
  • ソフトを手放したけど、また買った

などなど、活用できる場面は多い「オンラインバックアップ」。

有料プランに加入する必要はありますが、その恩恵はとても大きいと思います。

もちろん、有料プランは他にも「オンラインプレイ」などのサービスもあります。
あなたのゲームスタイルに合うようなら、ぜひ加入してみてください。

ちなみにXboxでも同様のサービスはあると思いますが、所持していませんのでわかりません。
ご了承ください。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-解説・操作方法・攻略
-, , , ,