ゲームの旅路 解説・操作方法・攻略

死闘の果て『隻狼』全ボス撃破の軌跡

2019/07/02

忍殺-SHINOBI EXECUTION-

『SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE(隻狼)』のトロフィーをコンプリートしました!

しのぎを削るボスとの戦い。
忍びらしい縦横無尽な移動と、さまざまな忍具。

大変でしたが、楽しめました。

 

今回は、『隻狼』に登場するボスたちとの戦いを振り返り、みなとが初撃破の時にどのくらい苦戦したか、どう攻略したかを書いていこうと思います。

中ボスも含めると膨大になってしまうので、「戦いの記憶」を入手できるボスに限ることにします。
ラスボスも含めるので、ネタバレ注意です!

この記事は、みなとがお伝えします。
さあ、「忍殺 -SHINOBI EXECUTION-」!

スポンサーリンク

記事下広告1

『隻狼』概要

「→」をクリックすると展開します。

『SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE(隻狼)』概要

19年5月4日時点の情報です。

発売日 2019年3月22日
発売元 フロムソフトウェア、アクティビジョン
開発元 フロムソフトウェア、アクティビジョン
ハード プレイステーション4、XboxOne
ジャンル アクション・アドベンチャー
プレイ人数 1人
CERO D(17才以上対象)
通常価格(税込) PS4版 パッケージ・ダウンロード 各8,208円
XboxOne版 パッケージ・ダウンロード 各8,208円
公式サイト SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©2019 FromSoftware, Inc. All rights reserved. ACTIVISION is a trademark of Activision Publishing Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

 

『隻狼』全ボス戦いの記憶

鬼庭刑部雅孝

『SEKIRO(隻狼)』鬼庭刑部

最初に戦う大ボス。
鬼刑部。

馬に乗って迫力満点の槍技をくり出すお侍さん。

直前に「馬は爆竹でひるむ」というヒントをもらえますが、爆竹を未入手だったため、まともにやり合うことに。

「弾き」がとても有効ですが、一周目の時点では恐ろしくて逃げながら戦っていました。

鉤縄で飛び付いてチクチク攻撃し、また逃げ。
を繰り返してHPを削って倒しました。

チキン戦法です。
2周目以降はちゃんと弾いて、簡単に勝てるようになりました。

みなとの苦戦度:★★★☆☆

 

まぼろしお蝶

『SEKIRO(隻狼)』まぼろしお蝶

過去の平田屋敷で戦う、カッコいいおばあちゃん。
くノ一・・・なのかな?
幻術も使う、テクニカルなボス。

体幹がそんなに強くないので、ちゃんと「弾く」をすれば相手のHPがかなり残っていても忍殺が決まります。
「危」の攻撃は思いっきり逃げました。

ゲージ2本目の幻術攻撃がやっかい。
時間経過で解除してくれるので、逃げまくるのも手かも。

「種ならし」が有効みたいですが、上手くいった試しがない・・・。

みなとの苦戦度:★★★☆☆

 

葦名弦一郎

『SEKIRO(隻狼)』葦名弦一郎

葦名大好き弦一郎どの。
刀と弓を自在に操る宿敵。

弓の攻撃が本当に強くて、回復を妨害されがちでした。

逃げてばかりではまず勝てず、とにかく攻めて攻めて弾いて弾いて倒しました。
今作の戦い方を勉強できる、最高のボスでした。

ゲージ2本では倒せずもう一本分戦いますが、突き攻撃と雷攻撃は見切りがしやすく、むしろ楽に勝てました。

「雷返し」を覚える、良い相手です。

みなとの苦戦度:★★★★☆

 

獅子猿

『SEKIRO(隻狼)』獅子猿

谷底のお猿さん。
火牛みたいな中ボスかと思いきや、ゴリゴリの大ボスでビビリました。

初見ではとにかく攻撃が怖くて、弾けるなんて思わず逃げてばかりでした。

寝転がってジタバタしている時とか、ウンコ投げる時に潜り込むとか、攻撃チャンスはけっこうあります。
掴み攻撃は本当に痛いので全力で逃げました。

忍殺を決めてからの展開には、本当に驚きました。

が、むしろ「弾き」を決めやすい攻撃が多かったので前半戦よりは楽でした。
それでも何度も死にましたが。

見た目も動きも怖すぎる!

みなとの苦戦度:★★★★☆

 

見る猿、聞く猿、言う猿、

『SEKIRO(隻狼)』4猿

お寺の謎空間で突然始まるボス戦。

暗いエリアや鐘等を使って上手に猿を倒す・・・のですが、4周やってもスムーズに行けたことがありません。
なんか、雑に動きまわって運よく倒せた感じです。

敵の攻撃じたいはあまり怖くなく、「怖気」にさえ気をつければ死ぬ危険も低いです。

と、言うか初見で倒せたボスは、こいつらだけ。

みなとの苦戦度:★☆☆☆☆

 

獅子猿(2回目)

『SEKIRO(隻狼)』獅子猿

獅子猿との2度目の戦い。
最初から首が落ちた状態で、戦い方は前回の後半戦と一緒。

前回で慣れていたので、楽勝。
ただ、ゲージ2本目からまた驚きの展開でした。

もう一体の猿が登場。

このゲーム、猿多すぎじゃない!?

2体の大猿相手では為す術なく、あっという間にやられてしまいました。

有効なのは、爆竹
2体目の猿に爆竹を当てると、体幹が大きく削れます。
何度か当てれば忍殺が可能になり、獅子猿と1対1の戦いに戻れました。

みなとの苦戦度:★★★☆☆

 

破戒僧

『SEKIRO(隻狼)』破戒僧(幻影)

葦名の底、水生村の奥で出くわす幻影の破戒僧。

とにかく体幹が削れず、ダメージもあまり与えられず、苦戦を強いられました。

後で調べたら「種ならし」が有効だったらしいですが、この時はそんなことは思いつきもせず、ただひたすら正攻法で戦っていました。

このエリア自体、怖ろしい雰囲気で苦手でした。

みなとの苦戦度:★★★★☆

 

大忍び 梟

『SEKIRO(隻狼)』梟

多種多様な忍術を駆使する、老獪な大忍び。

まず困ったのは「禁薬」。
当たると回復ができなくなるので、当たらないことを最優先にして戦いました。
禁薬攻撃時は反撃のチャンスですが、禁薬に当たってしまうことも多かったので、慎重に。

手裏剣を2回投げた後の飛びかかり攻撃が、最大の反撃チャンス。
というかそこでしか攻撃できず、チクチクと削る戦法を取りました。

ゲージ2本目からは毒や煙幕も使ってきて厄介さが増します。
煙幕→禁薬のコンボを使ってくることが多いので、煙幕をされたら慌てずにロックオンして距離を取ると安全でした。

「危」の攻撃がないんですよ。
忍びらしいトリッキーな戦いぶりでした。

みなとの苦戦度:★★★★☆

 

宮の破戒僧

『SEKIRO(隻狼)』破戒僧

源の宮を守る、蟲憑きの破戒僧。

ゲージが3本もあり最初は驚きましたが、幻影と戦い方は同じでした。
むしろこちらは体幹を削りやすく、段違いに楽。

ゲージ2本目の分身攻撃も枝の上に避難すれば問題なく、実質ゲージ1本のボスと戦っている感じでした。

3本目も「怖気」の攻撃が怖いくらいで、比較的苦戦をせずに倒せました。

ゲージ2本目の時は落下忍殺が狙える場合も。
他のボスには苦戦してばっかりだったので、楽に勝てて助かりました。

みなとの苦戦度:★★☆☆☆

 

桜竜

『SEKIRO(隻狼)』桜竜

まずは前哨戦として、白木の翁たちと戦います。
と言っても強敵ではなく、生えてくる樹に注意して、樹上から忍殺すればあっという間に一掃できます。

桜竜が姿を現してからが本番。

樹から樹へ鉤縄で飛びながら、雷返しを決めていけばHPを削れます。

あと一歩というところで、桜竜は樹を引っ込めて怒涛の連続攻撃を仕掛けてきます。

どうすればいいか分からず、近づいて攻撃しようとしたりもしましたが・・・。
耐えていればまた樹をはやしてくれるので、トドメを決めることができました。

ギミックボスと言うやつでしょうか。
対処法さえ分かれば問題ない相手でした。

みなとの苦戦度:★★☆☆☆

 

怨嗟の鬼

『SEKIRO(隻狼)』怨嗟の鬼

源の宮クリア後、葦名が内府に襲撃されると出現する、炎に包まれた鬼。

あらゆる攻撃が強力で、何度も何度も一瞬で負けてしまいました。

活躍したのは、「朱雀の紅蓮傘」。
飛びあがり攻撃や火の腕による攻撃は、傘を開くことでかなり安全に防げました。

あとは踏みつけ攻撃をきちんとガードし、チクチク股間を攻撃すれば勝てる。

と思っていましたが、「危」攻撃の突進にどうしても対処できず、なかなか突破できませんでした。

後で知りましたが、突進は下段攻撃だったんですね・・・ジャンプすれば良かったのか。

みなとの苦戦度:★★★★★

 

ラスボス前哨戦

『SEKIRO(隻狼)』葦名弦一郎

巴流 葦名弦一郎

ラスボスの前哨戦として登場する、半裸の弦一郎どの。

相変わらず弓が強く、距離を取ると一気に不利に。
黒い波動からの斬撃は、ガードしてもダメージを受けてしまうため、上手によけなくてはなりません。

連続攻撃をきっちり弾けるかどうかで、かなり苦戦度が変わるボスです。

この後のラスボスと同じくらいリトライを重ねて、倒しました。

みなとの苦戦度:★★★★★

 

ラスボス

『SEKIRO(隻狼)』葦名一心

剣聖 葦名一心

弦一郎を倒すと出現する、通常ルートのラスボスです。
弦一郎戦から連続しているため、弦一郎戦で回復薬を使いすぎていると、非常に厳しい戦いに。

初見では一撃も入れられずに負けてしまいました。

何度もチャレンジしていくうちに、少しずつ勝ち筋が見えてきました。

連続攻撃を丁寧に弾き、上段からの「葦名流一文字」を横にかわして反撃をして、HPと体幹を削る。
居合斬りは傘を開いて防御しました

ゲージ2本目の槍モードは、突攻撃を見切りやすく、ゲージ1本目よりは安定して戦えました。

ゲージ3本目は雷返しが有効なので、HPを減らすのは比較的楽でした。
ここまで来ると「もう後には引けない」と思い、おくるみ地蔵も使って力ずくで倒し切りました。

この一心様の最期が、まぁカッコ良くて泣けるんですよ。

みなとの苦戦度:★★★★★

 

義父

『SEKIRO(隻狼)』義父

もう1つの過去で対峙する、義父 梟。
葦名城で戦った時よりも数段強く、パターンを覚えるのに、ものすごく苦労しました。
葦名城の時とは別人だと思って戦った方が良いですね。

連続攻撃→火薬による爆発攻撃を下がって回避、からの「寄鷹斬り」が個人的に有効な戦法でした。

「危」攻撃で「大忍び刺し」を使ってきます。
当たれば非常に痛い攻撃ですが、見切りのチャンスでもあります。

問題は、2ゲージ目からのフクロウをともなった戦法。

姿を消したり、炎をまとって突進したり、なかなか上手にさばけずに苦戦を強いられました。

姿を消された場合は、すぐに背後を見て離れる。
炎をまとった突進は、柱の陰に隠れることで対処しました。

あまり上手くはいきませんでしたが、なんとか倒しました。

みなとの苦戦度:★★★★★

 

修羅ルート ラスボス前哨戦

『SEKIRO(隻狼)』柔剣エマ

柔剣 エマ

葦名城で梟からの問いかけに「御子を捨てる」を選択することで戦う、修羅ルートのラスボス前哨戦です。

動きが読みづらく、「弾き」を決めるのが難しい強敵。
掴んで投げる攻撃も持っていて、「柔剣」の名に恥じない戦いぶりでした。

居合切りはガードしてもHPが削れてしまうので、ここでも傘を使って防御をしました。

掴み攻撃も、傘でガード!

下段攻撃だけは傘ガードができないので、見極めが肝心ですね。
できれば突き攻撃は見切りたいし。

彼女を倒した時の「しゅ・・・ら・・・」が、とっても色っぽくて悲しげで、美しかったです。

みなとの苦戦度:★★★☆☆

 

修羅ルート ラスボス

『SEKIRO(隻狼)』葦名一心

葦名一心

修羅ルートを3周目に攻略したからか、本当に鬼神のような強さでした。
一撃もらっただけで、もう瀕死。

回復しようとしたら詰め寄って妨害してくるしで、超強敵でした。
回復は、かなり距離を取ってから安全におこなわないといけません。

反撃チャンスを見つけるため、何度も何度もチャレンジしました。
再戦はエマ戦からなので、またそこでも苦戦し・・・。

2ゲージ目も大苦戦。
炎攻撃に翻弄されまくりで、なかなか攻撃できる機会がありませんでした。

幸い、溜め攻撃の時に爆竹でひるんでくれたので、そこを叩く感じに。

「もう一回倒せ」と言われても、上手くできる自信がありません。

みなとの苦戦度:★★★★★

 

さいごに

いかがでしたか?

『SEKIRO』の全ボス撃破の軌跡でした。
苦戦ばかりで何とか勝てたボスばかりなので、あまり攻略の参考にはならないと思います。

みなとはこんな感じに戦いましたよー。

という感じの報告です。

ちなみにこれらのボス全員に勝てば、「死闘の果て」というトロフィーが手に入ります。

個人的にお世話になったのは、「」。
下段攻撃以外は防いでくれますし、反撃に転じやすくてお気に入りでした。

今作のレビュー記事はこちら
→ SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE(隻狼:せきろ) 感想・レビュー byみなと

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームの旅路, 解説・操作方法・攻略
-,