私たちのお気に入り

真・女神転生トレーディングカードゲーム カード種類紹介

2017/03/08

『真・女神転生TCG』という、知る人ぞ知る、伝説のカードゲームがある。・・・と、いうのは言い過ぎか。
1997年に第1弾が発売され、2003年の第9弾を最後に、終わってしまったカードゲームです。

名前の通り、『真・女神転生』を題材にしたカードゲームで、『メガテン』シリーズ(1、2、3、if、NINE)、『ペルソナ1、2』、『デビルサマナー』、『ソウルハッカーズ』に登場した悪魔やペルソナ、人物やアイテム、魔法等のカードがあります。
アイテムカードや魔法カード以外の主なカードの絵柄は、アトラス作品でお馴染みの金子一馬氏や副島成記氏で、ゲームの原画が使われています。
カードの相性や、使用する・放出する「マグネタイト」の属性等を考慮し60枚のデッキを組んで対戦します。

一応公式サイトもありますが・・・大した情報はありません。 → http://www.enterbrain.co.jp/tc/contents/ddstcg/

そんなカードゲームの存在など露知らず、販売終了から何年も経ったある日、近所のおもちゃ屋で偶然見つけたのです。
(そのおもちゃ屋は、現在は閉店しております。)
夫婦でこのカードゲームの虜になり、もっと欲しいと思ったのですが、既に生産されていないと知り、愕然としました。
それから様々なお店やネットショップなどを探して回り、たくさん買い集めました。

 

あまりにも数が多いため、一気には紹介できません。
また、全部のカードを紹介しようとも思っていません。
フルコンプリートも出来ていませんし・・・。
とりあえず今回は、主なカードの種類を紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

記事下広告1

カード紹介

カードの見た目

▼裏面

六方星と陰陽マークが描かれた、渋いデザイン。
当然、全てのカードがこのデザインです。

 

▼表面

シリアルナンバー001番、魔神ヴィシュヌ。
第1弾から第6弾まではこのデザイン。

 

第7弾からはデザインを一新しました。
シリアルナンバーは「G」が加わり、G0001番からとなります。
こちらはそのG0001番、魔神ヴィシュヌ。
旧版とは配色がかなり違います。

 

パートナーカード

場に男女1枚ずつ出すことが出来るカード。
名前の右にある数値だけ「マグネタイト」を放出する。
「DARK」や「CHAOS」(他に「LIGHT」「LAW」「NEUTRAL」)は放出する「マグネタイト」の属性。
この「マグネタイト」が、様々なカードの使用条件になっている重要な要素。

 

仲魔カード

▼ノーマル仲魔カード

弱いけど簡単に場に出せるカード。
右上に書かれた数値が、場に出すために必要な「マグネタイト」。(見にくいが、このカードは「10」と描かれている)
特に指定がない場合、どの属性の「マグネタイト」でも使える。
名前のところに「放出できる『マグネタイト』」も書かれている。

 

▼合体仲魔カード

左上の「堕天使」の表記の下に、「2身合体」と書いてある。
場にある2枚の仲魔カードを重ね、その上に重ねて場に出す。
「3身合体」と書かれている場合、3枚必要になる。
場に出す条件は厳しいが、強力。
素材にした仲魔の技も使用可能。

 

アイテムカード

配置すると効果が出るものや、場にあるカードに装備させて使うもの、使った瞬間効果を発揮するものなど様々。
右上の数値は、仲魔カードと同様、使用するために必要な「マグネタイト」。

 

魔法カード

パートナーや仲魔が使用するカード。
主にパートナーが使うことになる。
「マグネタイト」を消費し、そのターンの行動も犠牲にするため、強力で確実な効果が多い。

 

まとめ

ざっとこんな感じの種類のカードがあります。

私たちもデッキを組み、夫婦で対戦などして、大いに楽しみました。(妻の方が強い
もう、しばらく触っていなかったのですが、こうしてブログで紹介できる日が来て嬉しいです。
ルールはかなり忘れてしまったので、突っ込んだ質問はナシでお願いします・・・。

最後にもう一つ、専用のバインダーを紹介します。

全面に悪魔やキャラクターたちがひしめくデザイン。
赤黒いカラーリングも素敵。

 

いかがでしたでしょうか。
今後もお気に入りのカードや、一押しのレアカードなどを紹介していくつもりです。
お楽しみに。

みんなのくじ 真・女神転生 b賞 ヴィシュヌフィギュア
みんなのくじ 真・女神転生 b賞 ヴィシュヌフィギュア

デビルサマナー ソウルハッカーズ
デビルサマナー ソウルハッカーズ

-私たちのお気に入り
-, , ,