ゲームレビュー

Burly Men at Sea: 三人の海の男 感想・レビュー byみなと

2019/08/08

Burly Men at Sea: 三人の海の男

本日のレビューは、インディーズ ゲームの『Burly Men at Sea: 三人の海の男』。

不思議な雰囲気と絵でつづられる、絵本のような物語です。
今作はスマホやPC、PS4、Vita、Switch等さまざまな機種で配信されています。

今回プレイしたのは、vita版です。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『Burly Men at Sea: 三人の海の男』概要

19年5月5日時点の情報です。

発売日 PS4版・VITA版 2018年3月14日
Switch版 2018年6月28日
発売元 PS4版・VITA版 Brain&Brain LLC
Switch版 Plug In Digital
開発元 Brain&Brain LLC
ハード PSVita、プレイステーション4、Nintendo Switch
ジャンル アドベンチャー
CERO A(全年齢対象)
通常価格(税込) PS4版・VITA版 通常版1,296円
PS4版・VITA版 Maestro Beard Edition1,836円
Switch版 通常版1,000円
公式サイト Burly Men at Sea: 三人の海の男(PS4/PSのソフトウェアカタログ)
Burly Men at Sea: 三人の海の男(PSVita/PSのソフトウェアカタログ)
画像の出典 画像はハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 Copyright © 2017 Brain&Brain LLC. All rights reserved.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しているかは不明です。

 

 

ゲーム内容

三人の海の男

vita版での操作ですが、全編画面タッチで進行します。

画面をタッチし、スッと絵を広げると、3人の男たちが移動します。
オブジェクトをタッチしたり、移動したりして、話を進行していきます。

途中で物語は分岐を重ね、12種類のストーリーに展開していきます。

全てのストーリーを見ると、エンディングです。

「ゲームオーバー」はありません。
必ず、いずれかの話へ展開していきます。

 

 

良い点

素朴で静かな物語

三人の海の男

とある地図を見つけ、その地図を埋める旅に出る、3人の海の男たち。

道中、奇想天外なできごとを体験しますが、非常にホンワカしたやりとりで進行します。
殺伐とした描写は一切なく、旅の果てに得るものより「やりとり」にメッセージがつまっているような・・・。

そんな「絵本」のような体験が味わえます。

 

言葉選びが秀逸

例えば、とある巨大な岩のような生物を「地質学的脅威」と表現したり・・・。

つづられる言葉が詩的でユーモアにあふれていて、おもしろく感じました。

1周目と2周目でセリフに変化がある点も、良いです。

 

トロフィー稼ぎに良い

今作のトロフィーは、各ルートを見るだけでコンプリートできます。
非常に簡単です。

しかも、プラチナトロフィーありです。

トロフィーレベルを上げるには、うってつけです。

 

 

不満点

起伏にとぼしい展開

全体的にホンワカしているのは良いのですが、何が起きても淡々と進み過ぎでした。
もう少し、驚きや冒険感があっても良かったと感じました。

各ルート最後の「あの存在」も、いつも同じセリフなのが不満です。
12個しかルートがないのですから、進んだルートによってセリフが変わってほしかったです。

 

移動が遅い

三人の海の男

男たちは、あまり移動スピードは速くありません。
歩くにしても、泳ぐにしても。

まぁ「ホンワカ感」は増しますが、周回プレイをすると、その遅さは煩わしかったです。

特に、各周回ラストの一本道

他のシーンでは画面タッチで進行方向へスワイプすると勝手に進んでくれますが、このラストの道だけは、なぜか進行方向をタッチし続けないと進んでくれません。
本当に、ただの一本道でイベントも何もなく、そこそこ長いうえに何度も通るので、めんどうくさかったです。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 2時間半
トロフィー 状況 100%
トロコン 難易度 非常に簡単

 

 

総評

クリアしたはいいものの、「どう言っていいのか」と、レビューに困ったゲームでした。

優しい雰囲気と絵本のようなゲーム体験がしたいなら、とても良い作品です。
気分転換に最適かも。
ただし、「ゲームとしての楽しみ」は期待しない方が良いかと。

全体評価   ★★★☆☆

シナリオ   ★★☆☆☆
操作性    ★★☆☆☆
システム   ★★☆☆☆
キャラクター ★★☆☆☆
ビジュアル  ★★★★☆
音  楽   ★★★☆☆

ちなみに、各ルートはクリアしたら番号が表示されます。
その番号をこちらの公式サイト(海外サイト)で入力すると・・・。

そのルートの物語を、実際の絵本として購入(1冊30$)できるようになるみたいです。
現実とゲームの融合みたいで、おもしろい試みですね。

・・・このサービスに関しては実際に利用していないので、本当に届くかは不明です。

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, ,