ゲーム情報

2022/5/17

PSプラス新サービスの提供タイトルが追加発表 / Switchオンラインで『カービィ64』 みなとも Game News Pick Up 22年5月11日~17日

22年5月11日~17日の間のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!ペルソナ25周年記念グッズの受注生産が受付開始。など。

ゲーム情報

2022/5/17

『ノゾムキミノミライ』『Death's Gambit: Afterlife』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年5月12日~5月25日

22年5月12日~5月25日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『ギボン: ジャングルを超えて』『Source of Madness』などなど。

ゲームの旅路

2022/5/15

『ソルト&サクリファイス』開始 / 『ウイングスパン』はバグだらけ 【ゲゲ語り】vol.108

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『アルセウス』『ライザ』『WINGSPAN』『ソルトアンドサクリファイス』です。

Déraciné(デラシネ)

ゲームレビュー

2022/5/14

Déraciné(デラシネ) 感想・レビュー byとも / 優しさと愛があふれる反面、ダークな一面も!?

フロムソフトウェアが手掛けたPSVR専用ソフト『Déraciné(デラシネ)』のレビュー・感想です。プレイヤーは妖精となり、子どもたちのお願いを聞くことに・・・。

ゲーム情報 特別企画

2022/5/12

みなとも対談【Indie World 2022.5.11】感想 ~私たちが感じたこと~

22年5月11日に配信された「インディーワールド」で紹介された全タイトルをリスト化。その中から気になるタイトルをピックアップして夫婦で語ります。

ゲーム情報

2022/5/11

「インディーワールド」が11日23時に放送 / 『あつ森』フロッキードール第3弾が発売 みなとも Game News Pick Up 22年5月4日~10日

22年5月4日~10日の間のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!「Indie World 2022.5.11」は11日午後11時頃。『カービィ』の一番くじがカワイイ。など。

ゲーム情報

2022/5/10

『春ゆきてレトロチカ』『Salt and Sacrifice』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年5月5日~5月18日

22年5月5日~5月18日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Trek to Yomi』『錬金術師シミュレーター』などなど。

ゲームの旅路

2022/5/9

フロムゲーを2つトロコン / 『アルセウス』開始 【ゲゲ語り】vol.107

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『トランシルビィ』『黄昏ニ眠ル街』『Déraciné』など。

ゲームレビュー

DEAD OR SCHOOL 感想・レビュー byみなと / 作者の趣味全開な痛快ハクスラアクション

2021年6月10日

評価:4

デッドオアスクール

今日のレビューは『DEAD OR SCHOOL(デッド オア スクール)』です。

インディースタジオ「ナナフシ」のスタッフ3人で開発した、横スクロールアクションゲームです。

さまざまな武器を駆使し、迫りくる腐敗生物(ゾンビ)たちをなぎ倒し、地上へ目指す主人公・ヒサコ。
地上を取り戻し、学校を作るのが目的です。

 

主な良かった点

  • キャラクタービジュアルが良い
  • やりごたえがある

主な不満点

  • 売却が面倒
  • バグが多め
それでは詳しく書いていきます。
ストーリーのネタバレはありません。

下記のすべての画像はクリックすると拡大します。

スポンサーリンク

概要

『DEAD OR SCHOOL』概要 (クリックすると展開します)

21年6月9日時点の情報です。

発売日 2019年8月29日
発売元 ナナフシ
開発元 ナナフシ
ハード Nintendo Switch、プレイステーション4
ジャンル アクション
プレイ人数 1人
CERO C(15才以上対象)
通常価格(税込) パッケージ版 各機種4,378円
ダウンロード版 各機種2,970円
公式サイト DEAD OR SCHOOL
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©2018 Studio Nanafushi

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ゲーム内容

舞台は東京。

地上を腐敗生物(ゾンビ)に支配され、人間は地下で暮らすしかない未来の話。

主人公・ヒサコは祖母が使っていた制服を着て、地上を取り戻すために戦います。

北海道の人とか、どうなったんでしょう?
札幌は地下鉄があるからまだ大丈夫かもしれませんが・・・地方は全滅かなぁ。

 

ハック&スラッシュ

デッドオアスクール

  • 刀や斧などの近接武器
  • ライフルやマシンガンなどの遠距離武器
  • バズーカ砲などの重火器

ヒサコは、以上3タイプの武器を切り替えて戦います。

それぞれの種別で1種類ずつしか装備できないので、例えば「同じ近接武器の刀と斧を切り替えて戦う」といったプレイはできません。
装備の変更は拠点やチェックポイントでのみ、おこなえます。

武器にはランダムに効果が付いていることがあります。
道中で拾えるカスタマイズパーツにも、それぞれ効果がついています。

ひたすら戦い、敵を倒し、拾った装備の強さやランダム効果を見て、装備する武器を考え直すタイプの「ハック&スラッシュ」です。

 

難易度

デッドオアスクール

難易度はイージー、ノーマル、ハードの3種類用意されていて、コンフィグ画面からいつでも変更できます。

途中まで「ノーマル」でプレイしていましたが、途中から「イージー」にしてプレイしました。
難易度自体は高めだと思います。

 

記憶地点(チェックポイント)

デッドオアスクール

ダンジョンの要所要所に「記憶地点」があります。
これがチェックポイントになっていて、

  • 買い物
  • 武器のカスタマイズ
  • 記憶地点間のワープ

といったさまざまな行動をとることができます。

記憶地点を開くことで自動的に、

  • ヒサコの体力が回復
  • 近接武器の耐久度が回復
  • 遠距離武器、重火器の弾数が回復
  • セーブ

がおこなわれます。

また、記憶地点に到達することで、そこまでに発生していた強制戦闘が発生しなくなります。

 

スキルツリー

デッドオアスクール

ゲーム中の特定の条件を満たすことで「スキルポイント」を獲得できます。

スキルポイントを使うことで、各武器を使っている時のスキルを開放できます。
新技の獲得や強化、武器の壊れにくさなど、さまざまなスキルが用意されています。

拠点に戻れば、スキルポイントの振り直しも可能です。

 

 

良い点

キャラクタービジュアルが良い

デッドオアスクール

主人公・ヒサコの前向きなキャラクターはとても魅力的で、好感がもてました。
制服姿も、似合っていてかわいいです。

登場する他のキャラクターも、見た目がかなり良くて好みでした。

デッドオアスクール

特に女性キャラがかなりカワイイ。逆に男性キャラはちょっと微妙。

デッドオアスクール

銃を構える時の脚が良い。描いた人はわかってる。

デッドオアスクール

スキルツリーは黒板で。ここに描かれている絵や文もステキ。

デッドオアスクール

ロード中。居眠りヒサコ。

デッドオアスクール

君がそれを言うのか!

ここには載せられませんが、スタッフロールの絵もステキですよ。

 

やりごたえがある

デッドオアスクール

自分に合った武器を見つけ、カスタマイズパーツを組み、スキルを練り直す。
おそらく、プレイする人によって全然違う戦い方になるのではないかと思います。

途中から難易度を下げてプレイしましたが、それでも歯ごたえはありました。
何も考えずにプレイしたらキツイ作品ですね。

サブクエストや収集品集めといった寄り道も多く用意されていて、メイン一辺倒にならず幅を持たせた楽しみ方ができて良かったです。

デッドオアスクール

収集品(おみやげ)の解説も凝っています。

 

 

不満点

売却が面倒

デッドオアスクール

ハクスラは、不必要なアイテムがどんどん溜まっていく作りのゲームです。

今作の場合、アイテムそれぞれにタグを付けることができ、そのタグを使って一括売却が可能です。
ですが、そのタグ付け→売却がそこそこ面倒くさいです。

まず1つ1つタグを付けなきゃならないところで時間がかかります。

個人的には「低ランクの武器やカスタマイズパーツを売却」といったことがしたいので、細かいソート機能があるとうれしかったです。

 

バグが多め

  • ぶら下がれる場所を掴まなくなった
  • 敵が壁にのめり込んで倒せない
  • 水中から画面外に出てしまい、戻ってこられない
  • フリーズ

といったバグに遭うことが、ちょいちょいありました。

変になった時は、ゲームをいったん終了してから再起動することで直していました。

大変なところを突破した後、セーブする前に不具合が起こったりしたら悲惨です。
1回なりました。

 

 

気になった点

難しすぎる寄り道

サブクエストやおみやげ集めなどの寄り道では、通常とは違う操作で攻略するポイントが出てきます。

  • 素早く駆け上がる
  • 自動で動きながら障害物を壊す
  • アーケードゲームをプレイする
  • パズルステージ

などなど。

これらはバトルの難易度とは関係がなく、かなりシビアなアクション操作が必要です。
特に自動で進む系。

かなり難しいですし、かなりイライラした部分です。
あくまで寄り道なので、ストーリークリアに必須ではありませんが。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード版
プレイ時間 約35時間

 

 

『DEAD OR SCHOOL(デッド オア スクール)』の総合評価・レビュー

デッドオアスクール

こだわりのビジュアル、歯ごたえのあるバトル、ヒサコのキャラクター。
非常に完成度が高く、最後までダレずに楽しむことができました。

インディーズらしく、製作者の趣味全開なコンセプトやイベントも良かったです。
刺さる人には、かなり強めに刺さる作品だと思います。

 

ちなみにヒサコ役の声優・藤堂れんげさんは今作で他の女性キャラの声も演じられています。
というか、参加している声優さんはこの方だけみたいです。

そりゃヒサコ以外はほとんどしゃべらない作品ですけど、スゴイですねぇ。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽

 

最新記事
PSプラス新サービスの提供タイトルが追加発表 / Switchオンラインで『カービィ64』 みなとも Game News Pick Up 22年5月11日~17日

22年5月11日~17日の間のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!ペルソナ25周年記念グッズの受注生産が受付開始。など。

 

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , ,

© 2022 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5