ゲームレビュー

HEAVY RAIN ~心の軋むとき~ 感想・レビュー byとも

2019/02/11

HEAVY RAIN

昨年、私たち夫婦がハマったゲーム『Detroit: Become Human』。
今作『HEAVY RAIN ~心の軋むとき~』はそれを手がけたクアンティック・ドリームの作品です。

PS3版で発売された今作をPS4版でHDリマスターされました。
そのリマスター版をプレイしたので、レビューしていきます。

なお、一部ネタバレしていますが、展開しない限り表示されませんので、ネタバレなしで読みたい方でも読める記事になっています。

プレイ中に殺人鬼が出ることを知り、おののいてしまいましたが、怖がりの私でもクリアできました。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『HEAVY RAIN ~心の軋むとき~』概要
発売日 2016年6月1日(PS3オリジナル版・2010年2月18日)
発売元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
開発元 クアンティック・ドリーム
ハード プレイステーション4
ジャンル サスペンスアドベンチャー
プレイ人数 1人
CERO D(17才以上対象)
通常価格(税込) 単体のダウンロード版は、3,400円。
『BEYOND: Two Souls™』とのセットはダウンロード版、4,400円。
公式サイト HEAVY RAIN ~心の軋むとき~(PS公式サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©2016 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Quantic Dream.
PSストアのページ HEAVY RAIN™ -心の軋むとき- (単体)
HEAVY RAIN™ -心の軋むとき- & BEYOND: Two Souls™ Collection (セット)

 

ゲーム内容

QTE で進んでいきます。 

HEAVY RAIN

 

スキップ不可

会話をスキップしたり、シーンをスキップすることはできません。

なお、クリア後もスキップできません。

 

マルチエンディング

ラストのシーンを迎えた後は、それまでのプレイ内容によって、後日談として18種類のエピローグを見ることができるそうです。

トロフィーもあるので、チャレンジしたかったのですが、さすがに全てを見るのは時間的に無理です。

 

良い点

濃密ストーリーと、雰囲気を盛り上げる音楽

ハラハラドキドキのストーリー展開で先が読めず、ストーリーが気になって気になって仕方がありませんでした。
たびたび出る選択肢も、かなり悩まされましたよ。

クリア後、トロフィーのためにチャプターを選んでプレイしましたが、

あっ!!

とクリア後だからこそわかるアレコレがあり、クリア後も楽しめました。

また音楽もかなり良いんです
ハラハラドキドキの私の心にグイグイ流れてきて、息がつまりそうでした。

ただ、ストーリーには「殺人鬼」が出てきますから、サスペンス映画が苦手な人はダメかもしれません。

 

HDリマスターされ、きれいになったグラフィック

HEAVY RAIN

HEAVY RAIN

上記の画像からわかる通り、かなりグラフィックがきれいです。

ただし、遺体などあまり鮮明には見たくないものは、鮮明には映りません。
安心しました。

 

ARIがおもしろい

ジェイデンが捜査で付ける「ARI」が、かなりおもしろかったです。

もっと「ARI」で、あれこれやりたかったくらいです。

HEAVY RAIN

 

不満点

操作方法とQTE

歩くだけなのに、2ヶ所押し?

プレイ始めに、そう驚いてしまいました。

左スティックで方向を決め、R2ボタンで歩きます。

さすがに慣れましたが、左スティックでサクサク移動したかったです。

HEAVY RAIN

また、QTEも「5ボタンを同時押し」なんてことを要求してきます。
ボタンを押している指によっては、手だけではこと足りず、口も使ったことがありました。

ツイスターゲームを思い出しました。

さすがに操作感が悪く、途中で「イージーにあたる難易度」に変更しました。

たくさんボタンを押させたいならば、押しやすい配置を指示してほしかったです。

HEAVY RAIN

この場面のように「R1、L1、×」なら押しやすいのですが・・・

 

また、コントローラーそのものを振り続ける指示も出ます。

扱いにくいですし、勢いで投げつけてしまう可能性もあります。

PS4にリマスターしたのですから、「タッチパッド部分をこする」という方法に変更されるとよかったです。(難しいのかな)

HEAVY RAIN

また、選択肢はフラフラと空中をただよい、場合によっては選択肢が見にくくなります。

そのキャラクターの心情がわかりやすいですが、ゲームとしてはどうなのでしょう。
「間違えて選択して、トロフィーを取り逃す」こともありえますので、普通に表示されると良かったです。

 

ストーリーで語られていないことがある

クリア後、

そういえば、あれってどういうことだったんだろう

と思うことがありました。

ネットで調べてみると、その話は DLC で配信される予定だったらしいのですが、途中で打ち切り。
私が気になった疑問は、自分の想像で何とかするしかなさそうです。

ちなみに、唯一配信された「DLC第1弾」はPS3版では販売していますが、PS4版は発売していません。

 

気になった点

親の立場だからこそわかる心情

注意
以下、ストーリーのネタバレが含まれます。
下記の「→」をクリックすると展開します。

「親の立場だからこそわかる心情」

イーサンの息子ジェイソンがいなくなった時、身体から血の気が引くのがわかりました。
数年前の自分と重なったのです。

 

今から約2年前。
総合ショッピングモール内で、2歳の息子がいなくなりました。

普段から、何度言ってもウロチョロしていた息子。
十分、気をつけていたつもりでしたが、油断しました。

どこを探してもいない。
探しても、探してもいない。
大きな声で、子どもの名を呼びたくても、人の目を気にして呼べない。
背が小さいから、見えていないだけかも。
かくれんぼしてたら、見つからないよ。
誘拐されたら、どうしよう。
事故に遭ったら、どうしよう。

ゲーム中、瞬時に、そのことを思い出し、
「これはゲーム、これはゲーム」と自分に言い聞かせました。

私の息子は見つかりましたが・・・。

本当に心苦しくなりました。

 

また、自分を犠牲にしていくイーサン。

「私がイーサンと同じ立場ならどうするのか。」

を考えざるをえませんでした。

 

赤子の扱い

首で支えてあげてー!
今ので、起きる~!

と叫びたくなりました

HEAVY RAIN

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 約15時間
トロフィー 状況(記事作成時現在) 62%
トロコン 難易度 難しくないが、めんどう

 

総評

今作をプレイして、『デトロイト』は『ヘビーレイン』の進化バージョンなのだと気づきました。

『デトロイト』を彷彿とさせるシーンが実はあるんです。

もし、今作をプレイして満足したのなら『デトロイト』をオススメします。
『デトロイト』をプレイして満足したのなら、今作もオススメします。(操作感は悪くなりますが)

通常価格は、単体のダウンロード版は、3,400円(税込)
『BEYOND: Two Souls™』とのセットはダウンロード版、4,400円(税込)です。

関連記事はこちら
→ BEYOND:Two Souls(ビヨンド:ツーソウルズ)感想・レビュー byとも
→ 初プレイの方のために Detroit: Become Human(デトロイト) レビュー byみなと
→ Detroit: Become Human(デトロイト ビカム ヒューマン)レビュー byとも

PSストアのページはこちら
→ HEAVY RAIN™ -心の軋むとき- (単体)
→ HEAVY RAIN™ -心の軋むとき- & BEYOND: Two Souls™ Collection(セット)

全体評価   ★★★★☆

シナリオ   ★★★★☆
操作性    ★☆☆☆☆
システム   ★★★☆☆
キャラクター ★★★☆☆
ビジュアル  ★★★★☆
音  楽   ★★★★★

夫からもちょっと言わせてくれ

■19年2月11日追記

ハラハラする展開、心をえぐる選択、そして驚きのラスト。

サスペンスアドベンチャーとしては、非常に高水準の作品でした。
先が気になって、一気にクリアしましたよ。

ただ、操作性の悪さもかなりのもの。
移動だけでも一苦労ですし、選択肢は見づらいし・・・。
選択に時間制限があるのも、つらいところでした。

シナリオに突っ込みどころはありますが、全体的にはとても楽しめました。
サスペンス好きなら、とてもオススメです。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , , , ,