救世主の資格

ウルトラマン

2021/11/27

ウルトラマントリガー 第19話 感想夫婦対談 / 敵も味方も試される!キリエルの暗躍と次元を超えた光

『ウルトラマントリガー』第19話「救世主の資格」の感想を、夫婦対談形式でお届け。『ティガ』未視聴の夫婦による感想記事です。

週刊アトラス

2021/11/27

日めくり悪魔動画 感想夫婦対談 / 全悪魔リスト付き『真・女神転生Ⅴ』【週刊アトラス】

「日めくり悪魔」で紹介された悪魔動画を夫婦で対談。短い動画ですが、あんなことやこんなことに気づいちゃいました。悪魔一覧も掲載。随時更新していきます。

週刊アトラス

2021/11/26

『真・女神転生Ⅴ』声優のお仕事まとめ【週刊アトラス】

あの声優さん、他に何の役をやっているんだろう?『メガテン5』に出演される声優さんの、主な出演作をまとめました。

メガテン5 タイトル

ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略 週刊アトラス

2021/11/25

真・女神転生Ⅴ 感想・レビュー byみなと / 快適で高難度!まさに「進化したメガテン」!

1周目クリア!RPG職人たちが練り上げたこだわりの逸品!『メガテン5』の感想・評価・レビューをお届けします。「御魂の倒し方」も記載。

ゲーム情報

2021/11/23

『にゃんこ大戦争』がいっせいトライアル / 『Dead Cells』がメトロイドヴァニアコラボ みなとも Game News Pick Up 21年11月17日~23日

21年11月16日~11月23日の間のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!「真・女神転生シリーズくじ」の特設サイトがオープン。ブラックフライデーセールがスゴイ。など。

ゲームの旅路

2021/11/22

VRミクちゃんカワイイ / 『ハッピーホーム』クリア 【ゲゲ語り】vol.83

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ハッピーホームパラダイス』『初音ミクVRフューチャーライブ』など。

DEATH STRANDING DIRECTOR'S CUT

ゲームレビュー

2021/11/21

DEATH STRANDING DIRECTOR'S CUT 感想・レビュー byとも / ただの配達が使命感に燃えた!新クエストでボリュームアップ!

「ほんとうに楽しいの?」と、疑いの眼を向けていた『デストトランディング』。実際にやってみると驚きが!無印版をクリア済みでも楽しめるディレクターズカット版についてお伝えします。

スマイル作戦 第一号

ウルトラマン

2021/11/27

ウルトラマントリガー 第18話 感想夫婦対談 / 何かがおかしい!?箸休め回かと思いきや・・・

『ウルトラマントリガー』第18話「スマイル作戦 第一号」の感想を、夫婦対談形式でお届け。『ティガ』未視聴の夫婦による感想記事です。

ゲームレビュー

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 感想・レビュー byとも / ファンは絶対プレイしよう!最高のバトル演出に酔いしれる!

2021年10月20日

評価:5

トップ画像

販売が『鬼滅の刃』のアニメを制作したアニプレックス。
開発が『ドラゴンボールZ KAKAROT』や『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』など格闘ゲームに定評があるサイバーコネクトツー。

この2つの会社が作った作品がこの『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚(けっぷうたん)』です。

早速プレイし、この度クリアしました。
この記事はファーストレビューを再編集したものです。

 

主な良かった点

  • バトルが最高にカッコイイ!!
  • 『鬼滅の刃』の世界を追体験できる

主な不満点

  • 調べないとゲットできない
  • エンドロールがローマ字表記
それでは詳しく書いていきます。
プレイしたのはPS5版です。

スポンサーリンク

概要

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』概要 (クリックすると展開します)

21年10月14日時点の情報です。

発売日 2021年10月14日
発売元 株式会社アニプレックス
開発元 サイバーコネクトツー
ハード プレイステーション5、プレイステーション4、Xboxシリーズ
ジャンル アクション
プレイ人数 1~2人
CERO C(15才以上対象)
通常価格(税込) 【パッケージ版】 PS5、PS4 8,360円

【ダウンロード版】
通常版 各8,360円
デラックスエディション 各9,900円

公式サイト 鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable ©「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」製作委員会

 

 

ゲーム内容

モード選択 ヒノカミ血風譚

 

ヒノカミ血風譚

ストーリーモード。
序章から第8章まであります。

ストーリーモード

 

▼物語

ストーリーとバトルを中心に楽しめます。

内容としては探索モードとバトルモードがあります。

 

探索モードでは、青色の「!」マークの物や人を調べたり、キメツポイントや「想いの欠片」を探します。
最終的には、赤色の「!!」へ向かいます。

夜の探索の場合、野良の鬼と戦うこともあります。

探索画面

匂いを辿る

画像をクリックすると拡大します。

 

下記の画像はバトルモード。
バトルは評価され、総合評価として章評価があります。

敵の攻撃範囲表示

ボス戦の演出

画像をクリックすると拡大します。

 

またボス戦では QTE もあります。

ボス戦のQTE

 

▼想いの欠片

キャラクターの過去や、「物語」には描かれなかった舞台裏を鑑賞することができます。

この「想いの欠片」は撮影禁止区域となります。

主にテレビアニメのシーンの静止画と、キャラクターによるナレーションで語られます。
また「想いの欠片劇場」という、アニメでいう「大正コソコソ噂話」のようなやりとりもあります。

 

▼特別任務

鬼を討伐する「特別任務」があります。

こちらはバトルのみで、2種類の難易度があります。

 

 

対戦

対戦モード

▼オンライン対戦

ランクマッチとプレイヤーマッチがあります。

  • ランクマッチ
    対戦結果によって、ランクポイントが増減。
    ランキングが決まる。
  • プレイヤーマッチ
    対戦結果で、ランクポイントは増減しない。
    「地域設定」と「時間設定」が同じ相手で対戦する。
    フレンドとも対戦が可能。

 

▼オフライン対戦

「VS プレイヤー」か「VS COM」を選びます。

「対戦設定」ではハンデを付けることが可能です。

2vs2の対戦

 

▼プラクティス

操作方法やコンボなどの練習ができます。

メニューでは、ゲージの設定や相手の設定を細かく設定できます。

対戦相手はなにもしてきません。
なので、演出だけをじっくり見たい時も活用できます。

 

▼隊士票メニュー

オンライン対戦時に使用する「隊士票」を設定します。

隊士票には、獲得した「隊士票台紙」と「名言」を設定できます。

なお、隊士票にはアカウント名と国名も表示されます。

隊士票について

画像をクリックすると拡大します。

 

 

褒章盤(ほうしょうばん)

パズルのようになっていて、開放条件を満たすと絵が表示され、隊士票台紙や名言などを獲得できます。

また未入手のものについては入手条件を見ることができます。

褒賞盤の開放

開放条件のクリアが難しい場合は、キメツポイントで開放することも可能です。

 

▼キメツポイント

キメツポイントは探索中にゲットできるほか、「褒章盤」で△ボタンで「キメツポイント獲得条件一覧」を見ることができます。

「キメツポイント獲得条件」は主にオフライン対戦、オンライン対戦での条件です。

 

戦術指南

各キャラクターが相手役となって、戦います。

各キャラクターに壱の段~拾の段までのお題があり、それぞれに課題が設けられています。

戦術指南

画像をクリックすると拡大します。

 

 

隊士記録帳

以下の4つを、獲得することで見たり聴いたりすることができます。

  • 衣装
    各キャラクターの衣装を様々な角度から見ることができます。
    これらの衣装は「対戦」で使用ができます。
    また未入手のものについては入手条件を見ることができます。
  • 隊士票台紙
    「隊士票」に使用する、隊士票台紙の一覧を見ることができます。
    また未入手のものについては入手条件を見ることができます。
  • 名言
    各キャラクターの名言集で、聴くことができます。
    「隊士票」にも使用します。
    また未入手のものについては入手条件を見ることができます。
  • BGM
    ゲーム内のBGMを聴くことができます。
    また未入手のものについては入手条件を見ることができます。

 

 

遊戯指南

これまでに見た、チュートリアル集です。

遊戯指南(ヘルプ)

画像をクリックすると拡大します。

 

 

21年11月6日追記

アップデート第1弾による追加要素

追加要素については夫・みなとが説明します。

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 塁

21年11月4日に無料アップデート第1弾が配信されました。
このアップデートで、鬼の「塁(るい)」「猗窩座(あかざ)」を対戦モードで使用できるようになりました。

加えて、「褒章盤の追加」「オンラインミッションの実装」もされています。

 

鬼の仕様

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 鬼の仕様

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 鬼の仕様

画像をクリックすると拡大します。

追加キャラクターである鬼は、通常のキャラクターとは仕様の違いがいくつかあります。
違いは以下の通りです。

  • 対戦モードでのみ使用可能(ストーリーや戦術指南では使用できない)
  • 共闘できない(代わりに「特殊ゲージ」があり、使用感は共闘と差はない)
  • 開放・全開放で回復できる

 

追加褒章盤

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 追加褒章盤

追加キャラクターに合わせ、褒章盤も追加されました。
こちらは開放条件が全て「キメツポイント2000を使用」となっています。

 

オンラインミッション

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 オンラインミッション

新規追加要素として、オンライン対戦の成績などによって達成できる「オンラインミッション」が追加されました。

1日ごとに条件が変わる「デイリーミッション」と、一定期間で条件が変わる「シーズンミッション」が用意されています。

  • ○○を使用してランクマッチで○〇回勝利
  • ○○を使用する
  • オンライン対戦をする

といった条件を達成するとキメツポイントを獲得できます。

追加褒章盤で必要になる膨大なキメツポイントは、こちらで稼ごう。
という感じでしょうか。

 

 

良い点

バトルが最高にカッコイイ!!

とにかくバトルの演出が最高です。

アニメさながら、いえ、アニメを超えるようなバトル演出に感動を覚えます。

 

また下記の動画のとおり、攻撃に合わせて地面が変化します。
こういった細かいところまで、丁寧に作られていて素晴らしいです。

 

親切丁寧

チュートリアルも丁寧でわかりやすいですし、バトル中もどの範囲に攻撃が来るかが赤で示されるため、回避しやすいです。

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

また褒章盤などの未入手の入手条件を見ることができるのもうれしいです。

 

『鬼滅の刃』の世界を追体験できる

見せる順番こそ違いますが、ほぼほぼ原作のストーリーそのままを追体験できます。

もう一度アニメ版を見ているような感覚でもあります。
キャラクターグラフィックはもちろん、背景もアニメさながらで、見応え十分です。

なので、原作ファンの方、アニメファンの方、どちらも未視聴の方でも楽しめる内容になっています。

ちなみにCEROはCで15歳以上推奨となっています。

竈門禰豆子

 

ほぼフルボイス!

主人公クラスの人々はもちろん、敵もフルボイス。

アニメ版さながらの演出に脱帽です。

さすがに村人のようなモブキャラはフルボイスではないですが、それでもこの力の入れようはスゴイです。

 

 

不満点

調べないとゲットできない

キメツポイントや、想いの欠片はボタンを押して調べないと獲得できません。

触れるだけで獲得できると、やりやすかったです。

キメツポイント

 

エンドロールがローマ字表記

ザ・日本!という感じの世界観なのに、エンドロールは日本語表記ではなくローマ字表記。

読みにくいだけでなく、世界観も壊してきます。

「日本だけでなく、海外も視野に入れているためか?」とも思ったのですが、言語切り替えはできません。
ではなぜローマ字表記なのか。

普通に日本語表記にしてほしかったです。

 

「想いの欠片」の解放場所

「想いの欠片」は基本的には時系列に沿っているのですが、原作第1話の話を第2章で開放しているのが1つありました。
ちょっと唐突で、ここに入るのはちょっと違う気がしました。

 

 

気になった点

スキル開放や装備セットの必要はなく、探索の楽しみもない

探索モードにある、「!マーク」や「キメツポイント」「想いの欠片」はすべて、地図で確認ができます。

つまり

どこに隠れているんだろう

というような探索のワクワク感は得られません。

「1/4個、獲得中」のような個数表示だけで十分だったのではないでしょうか。

 

またスキル開放や装備などもありません。

 

つまり、それだけストーリーに没入できるということ。
あくまでもストーリーとバトルを楽しむゲームになっています。
マップに表示される

画像をクリックすると拡大します。

 

 

体感的には、探索1:バトル3:鑑賞6

メインストーリーである「ヒノカミ血風譚」。

個人差はあると思いますが、私の体感的にいえば「探索1:バトル3:鑑賞6」という感じ。

後半へ行けば行くほど、ストーリー展開を見ている時間が多く、バトル画面が出てきてやっと

これゲームだった!

と思うほど、アニメのように見入ってしまいました。

 

好きな漫画、アニメなので苦痛ではありませんでした。
しかし「ゲームとしてはどうなのか」という点。

おそらく「ヒノカミ血風譚」は鑑賞を強めにして、「対戦」でバトルを思いっきり楽しんでもらおう、ということなのかと思います。

私はこの方法で満足でしたが、人によっては不満なところなのかもしれません。

 

 

プレイ状況

ソフトウェア パッケージ版
プレイ時間 約10時間
トロフィー 状況(記事作成時現在) 58%
トロコン 難易度 難しい

 

 

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』の総合評価・レビュー

想像以上の仕上がりで、期待値をはるかに超えてきました

画像もとにかくきれいですし、声優さんもアニメ版と同じですので、これがまた泣けるのです。

ファンはもちろんのこと、『鬼滅の刃』初心者でも楽しめる内容で、オススメします。

 

レビュー

総合評価
シナリオ
操作性
システム
キャラクター
ビジュアル
音楽
最新記事
救世主の資格
ウルトラマントリガー 第19話 感想夫婦対談 / 敵も味方も試される!キリエルの暗躍と次元を超えた光

『ウルトラマントリガー』第19話「救世主の資格」の感想を、夫婦対談形式でお届け。『ティガ』未視聴の夫婦による感想記事です。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー
-, , ,

© 2021 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5