ゲームの旅路

2022/10/3

『Jack Move』クリア / 『スプラ3』はランク上げ中【ゲゲ語り】vol.128

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラ3』『ソウルハッカーズ2』『Jack Move』『魔法の女子高生』です。

Jack Move

ゲームレビュー

2022/9/30

Jack Move(ジャックムーブ) 感想・レビュー byみなと / ピクセルドットの表現力極まるサイバーパンクRPG

日本のRPGにインスパイアされたサイバーパンクRPG『Jack Move』の感想・レビュー・評価です。ヌルヌル動く最高のドット絵を堪能できますよ。

ゲーム情報

2022/9/29

【毎月更新】2022年の「フリープレイ」まとめ【PS Plus】

2022年に配信のPS+「フリープレイ」タイトルを紹介します。毎月更新し資料記事にしていきます。

ゲーム情報

2022/9/28

『ニーア オートマタ』がアニメ化 / タマネギ騎士がねんどろいどに みなとも Game News Pick Up 22年9月21日~27日

22年9月21日~27日のゲーム情報から、気になるものをピックアップ!『アームドファンタジア』のキックスターターがもうすぐ終了。『ガンズ・アンダークネス』にも注目。など。

ゲーム情報

2022/9/27

『ピクロスS8』『VALKYRIE ELYSIUM』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年9月22日~10月5日

22年9月22日~10月5日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『Shovel Knight Dig』『ラッキーハプニング』などなど。

ゲームの旅路

2022/9/26

『スプラ3』フェスをやり込む / 『Jack Move』開始 【ゲゲ語り】vol.127

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラトゥーン3』『ソウルハッカーズ2』『Jack Move』です。

ゼノブレイド3

ゲームレビュー

2022/9/23

ゼノブレイド3 (Xenoblade3) 感想・レビュー byみなと / 全員推し!超物量のシリーズ集大成

モノリスソフトのRPG『ゼノブレイド3』の感想・レビュー・評価をします。キャラクターの魅力もクエストの物量も、遊びやすさも一級品の傑作です。

ゲーム情報

2022/9/21

日本ゲーム大賞2022が発表 / 『スプラ3』バトロイカTシャツが登場  みなとも Game News Pick Up 22年9月15日~20日

22年9月15日~20日のゲーム情報から、気になるものをピックアップ!20日にPSプラス「ゲームカタログ」に7作品追加。など。

ウルトラマン

ウルトラマントリガー 第14話 感想夫婦対談 / アブソリューティアン襲来!エタニティコアをレスキューせよ!

2021年10月23日

ウルトラマントリガー

21年7月10日から放送が開始された『ウルトラマントリガー』。

テレビ放送を視聴した感想を、夫婦対談形式でお届けします。
対談はストーリーに沿っておこないますので、読むことであらすじをおさらいできます。

 

『ウルトラマントリガー』の公式サイトはこちら
→ https://m-78.jp/trigger/

『ウルトラマン』は、放送後一週間「見逃し配信」を無料で視聴できます。
YouTubeの円谷プロの公式チャンネル「ウルトラチャンネル」をチェックしましょう。
→ YouTube「ウルトラチャンネル」

 

私たち夫婦は、『ウルトラマンティガ』を未視聴です。クロニクルでの予習もあえてしませんでした。
ウルトラマン関連の本やゲームで、少し知っている程度です。
『ティガ』をほとんど知らない人が『トリガー』を観たうえでの感想」という点をご了承ください。

注意

この記事は『ウルトラマントリガー』(および関連作品)のネタバレを含みます。
放送をご覧になった後に読んでいただくのが、ベストだと思います。

また、当ブログはコメントを受け付けていませんので、ご了承ください。

画像・動画は上記公式サイト、もしくは上記公式チャンネルからの引用
【権利表記 ©円谷プロ ©ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京】

前回はこちら
ウルトラマントリガー 第13話 感想夫婦対談 / ネタ回かと思いきや総集編!パロディ満載で話も進む

『ウルトラマントリガー』第13話「狙われた隊長~マルゥル探偵の事件簿~」の感想を、夫婦対談形式でお届け。『ティガ』未視聴の夫婦による感想記事です。

『ウルトラマントリガー』関連記事はこちら

スポンサーリンク

今週の主な出演者

レギュラー

  • マナカ ケンゴ / 寺坂 頼我
  • シズマ ユナ / 豊田 ルナ
  • ヒジリ アキト / 金子 隼也
  • サクマ テッシン / 水野 直
  • ナナセ ヒマリ / 春川 芽生
  • タツミ セイヤ / 高木 勝也
  • イグニス / 細貝 圭
  • メトロン星人マルゥル / cv.M・A・O

 

ゲスト

  • ウルトラマンリブット / 声:駒田 航 人間態:土屋 神葉

 

登場怪獣・宇宙人・ロボット

  • 妖麗戦士カルミラ / cv.上坂 すみれ
  • 剛力闘士ダーゴン / cv.真木 駿一
  • 俊敏策士ヒュドラム / cv.高橋 良輔
  • 奇機械怪獣 デアボリック
  • アブソリュートタルタロス / cv.諏訪部 順一
  • アブソリュートディアボロ / cv.小川 輝晃

 

 

第14話「黄金の脅威」感想夫婦対談

黄金の脅威

新たなアブソリューティアン

自分は光の化身だということを自覚し、闇と戦う運命を痛感するケンゴ。
一方その闇の勢力・カルミラはイライラMAX。
愛するトリガーがケンゴのせいで裏切ったととらえ、その憎しみをまき散らす。

姐さん、荒ぶってる。

怒った姐さん、怖いねぇ。
でも荒ぶる気持ちはわかる。

そこへ突如現れた、アブソリュートディアボロが「エタニティコアは我々『キングダム』がいただく」と宣言。
ヒュドラムを軽くあしらい、ダーゴンを抑え込むほどの力を持つディアボロ。

アブソリューティアンって、『ウルトラギャラクシーファイト』に出てきた金色の巨人のことだね。

まさか本編に登場するとは思わなかったなぁ。

さらに『ウルトラギャラクシーファイト』の事件の張本人、タルタロスも登場。
「この場を双方無傷にする代わりに、エタニティコアへ手だしするのを見逃せ」と一方的に取り付けて去る2体。

確かに戦っても勝てそうにない相手だからねぇ。
闇の巨人側にメリットがないけど。

カルミラ「力が回復すれば」って言ってたね。
じゃあ完全復活したら、容姿も変わるのかな。
あー、その可能性もあるね。
力が回復したら、アブソリューティアンにも勝てるのか?
だとしたら超強いな。

 

 

デアボリック襲来

ナースデッセイ号では、数日前に監視衛星がとらえたエネルギー反応を分析中。
金色のエネルギーと赤いエネルギーで、特に金色の方は計り知れないエネルギー量とのこと。

それを聴き、アキトは研究室で神妙な顔をしながら端末を操作。
そこをケンゴがちょっかいかけるけど、ユナに「イチャイチャ」って言われる。

ユナもずっと思ってたのかな(笑)

思ってたんだろうねぇ。
「またイチャついてる」って。
アキトは戦いに備えてナースデッセイ号の真の力を開放するつもりらしい。
でもそれには膨大なエネルギーが必要みたい。

そうこうしていると街中に突如、怪獣デアボリックが出現。
どうやら先に観測した金色のエネルギーに近い空間から出てきたとのこと。

タルタロスが召喚したっぽいね。
『オーブ』の映画で初登場した怪獣だよ。
あと、『タイガ』にも出てた。

マジか。
覚えてない・・・。
かわいそう・・・まぁサデスの方が印象強いからなぁ。
お、人間目線からの地上戦すごいアングル。
このカメラワークは珍しいかも。

だね!どうやって撮ってるのかわかんなかった。

で、その後、倒れてきたビルをトリガーがポイってしたよ。
・・・投げた先は大丈夫だったのかな?

避難誘導中だったからねぇ、避難が済んでればいいけど。

デアボリックと対決するトリガー。
でもその猛攻に押される。

うわー痛そう。
直で撃たれたよ?

肩ね。
これは痛いね。

このままではいけないと、グリッタートリガーエタニティにチェンジするトリガー。
その力をまだ制御できていないけど、なんとか撃破。

さっき撃たれた肩に、さらに3発撃たれたよ?
大丈夫なの?
ふと気づいたんだけど、グリッタートリガーエタニティになったら動きが鈍いよね。
それだけ制御が大変ってことかな。

 

 

イグニスの持つ情報

グリッターの力を使いこなせず、満身創痍のケンゴ。
アキトとユナに心配されるが、それが運命だと言ってきかない。

そこへアキトへ何者かから着信が・・・、ってイグニス?

前回侵入した時についでに調べたのかな?

アブソリューティアンの情報をアキトにあげるイグニス。
手にはジャンク品だったスパークレンス。
スパークレンスの代金としての情報だってさ。

直ってたね、スパークレンス。
まぁアキトにはまだ気づかれてないみたいだけど、これを今後どうするのか・・・。

研究室に戻り、情報の解析をするアキト。
アブソリューティアンはかなり膨大なエネルギーを持っている様子。
これを利用したいと考えるアキト。

一方ケンゴは、ユナに傷の手当てをしてもらってる。
様子を見にきた隊長。
トリガーと傷の場所が同じことに気づく・・・。

おお!さすが隊長。
勘がいいねぇ。
もしかすると、いつも一人だけケガしているケンゴを怪しく思ってたのかもね。

確かにね。

作戦室では、デアボリックは地球外で作られた怪獣だと話す。
おそらくエタニティコアを狙ってのことだと推察する面々。
とその時、アブソリュートディアボロが街中に現れる。

 

 

トリガー vs ディアボロ

現れたアブソリュートディアボロは、トリガーをご指名。
傷つきながらも向かうケンゴ。
変身し、ディアボロと対峙する。

この状況じゃ勝てそうもないねぇ。

ディアボロはそもそも強いだろうし、体力も全開だもんね。
これは難しいんじゃないの?

トリガーはディアボロのパワーに対抗するため、パワータイプにチェンジし応戦。
感心されるものも、余裕なディアボロ。
必殺技の撃ちあいになり、トリガーが押し負ける。

うわ、ガレキがちょうどカメラに飛んできた!
これ偶然だよね?臨場感すごいな。

すごかったね。
きっと一番驚いたのは監督だよ。

あと、火薬の量も多いんじゃない?
噴煙がすごいことに。

だねぇ。

 

 

リブット推参!

トリガーを後ろから羽交い絞めにするディアボロ。
上空に空間ができ、グリッターのエネルギーを奪っていく。

つまりは最初からこうやってグリッターの力を使わせ、そこを奪うつもりだったわけね。

しかし、そこでディアボロへ攻撃をする者が!

リブットキターーーーーー!!!
構えのポーズカッコイイ!!!
窓ガラスを使った演出、教室や立体駐車場からのカメラワークとかすごーい!
めっちゃ気合入ってる!!

これは気合入ってるね!
リブットはもともとマレーシアで登場したウルトラマンで「リブット」はマレー語で「嵐」。
あの構えは東南アジアの武術・シラットをモチーフにしているらしいよ。

リブットはディアボロをけん制し、その隙にトリガーを逃がす。
クリスタルを大きくして盾にし、光の槍も構えて、騎士のようだね。
いやぁ、カッコイイな。

よく見ると、光の槍って、ちょっと、しなるんだね。
硬いって思い込んでた。

しなるほうが、より威力が増す気がするなぁ。

リブット押せ押せだったけど、タルタロスが介入してディアボロと一緒に一時退散。

ボロボロのケンゴのもとへ、リブットの人間態が登場。

わ!リブット、イケボだ!
アキトが隊長にナースデッセイ号の真の力について進言するところで、次回へ続く!

 

 

次回

ついにテレビ本編に登場した、ギャラクシーレスキューフォース・ウルトラマンリブット。
人間態も登場したし、次の活躍も期待できそうだね。
次回ガッツリ、リブットと絡みありそうね。
楽しみー。
で、次はナースデッセイ号が龍の姿になるんだね。
おもちゃのCMでちょいちょいバレてるから、ようやくって感じ。

 

次回第15話は「オペレーションドラゴン」。

ナースデッセイ号が真の姿に!
お楽しみに!

第15話感想
オペレーションドラゴン
ウルトラマントリガー 第15話 感想夫婦対談 / リブットかっこいい!ナースデッセイ号が真の姿に!

『ウルトラマントリガー』第15話「オペレーションドラゴン」の感想を、夫婦対談形式でお届け。『ティガ』未視聴の夫婦による感想記事です。

『ウルトラマントリガー』関連記事はこちら

注意

当ブログはコメントを受け付けていませんので、ご了承ください。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ウルトラマン
-,