ウルトラマンZ 第14話感想

ウルトラマン

2020/9/26

ウルトラマンZ 第14話 感想夫婦対談 / 笑いと感動と迫力と驚きの四次元的神回!

『ウルトラマンZ(ゼット)』第14話「四次元狂騒曲」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ウルトラマン 私たちのお気に入り

2020/9/26

ウルトラかいじゅう絵本 全巻感想・レビュー / ウルトラマンファン目線でツッコミまくる!?

登場ウルトラマンはもちろん、登場怪獣やモブキャラクター的な怪獣までご紹介。ちょっと変わった感想記事です。

ゲーム情報

2020/9/23

『P5R』のボードカードゲームが登場 / 3DSシリーズが生産終了 みなとも Game News Pick Up 20年9月16日~22日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『メガテン3』の新グッズも魅力的。TGSタイムスケジュールのおさらいも。

ゲーム情報

2020/9/21

『Ori and the Will of the Wisps』『原神』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年9月17日~9月30日

20年9月17日~9月30日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『World for Two』『Into the Breach』などなど。

ゲームの旅路

2020/9/21

妻、『ツシマ』開始 / 『3Dコレクション』は『サンシャイン』から ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.22

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『あつ森』『龍が如く7』『カルドセプトリボルト』です。

Ghost of Tsushima(ゴーストオブツシマ)

ゲームレビュー

2020/9/20

ゴースト オブ ツシマ 感想・レビュー byみなと / 圧倒的迫力で魅せるオープンワールド時代劇

『Ghost of Tsushima』をクリア!「洋ゲーだし、日本のこと勘違いしたゲームでしょ?」いいえ!違います。「和」へのリスペクトにあふれた傑作でした!

ウルトラマンZ 第13話感想

ウルトラマン

2020/9/26

ウルトラマンZ 第13話 感想夫婦対談 / カネゴン大暴れ!ギャグ回に見せかけた重要なおさらい回

『ウルトラマンZ(ゼット)』第13話「メダルいただきます!」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ゲーム情報

2020/9/18

観た!PS5ショウケース / ニンテンドーダイレクトmini

PS5とSwitchのタイトルラインナップ。夫婦で特に気になった・ピックアップしたい情報を語っていきます!

レゴシティアンダーカバー

ゲームレビュー

2020/9/17

レゴシティ アンダーカバー 感想・レビュー byとも / レゴブロックの完成度は高いが、ゲームとしての完成度はイマイチ

レゴブロックでできた世界を警察官が事件解決に奔走。宇宙飛行士になったり、現場作業員になったり、ドロボウにまで変身します!ただそこまでやる必要ある?と思うくらい犯罪に手を染めます。それってどうなの?

ゲーム情報

2020/9/16

PS5の特別放送が17日朝5時 / 講談社がインディーゲーム開発者を支援 みなとも Game News Pick Up 20年9月9日~15日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!Xboxの次世代機の国内販売展開が公開。『メガテン3HD』の購入特典画像が公開。など。

ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

リモコンカー ゲーム内容・レビュー byみなと【Nintendo Labo(ニンテンドーラボ) バラエティキット】

2018年4月23日

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

2018年4月20日発売の、『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』。
私たちは5つのキットがセットになった「Toy-Con 01 バラエティキット」を購入しました。

まずは「リモコンカー」を、私たちの長女(7歳)が作りました。
その様子は、こちら
→ Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)リモコンカー Toy-Con 娘(7歳)が作ってみた

さてこの「リモコンカー」。
実際に触ってみて、遊んでみてどうだったのか?
私・みなともプレイをしましたので、そのレビュー・感想を書いていきます。

スポンサーリンク

概要

「↓」をクリックすると展開します。

『Nintendo Labo バラエティキット』概要(クリックすると展開します)

19年8月27日時点の情報です。

発売日 2018年4月20日
発売元 任天堂
開発元 任天堂 
ハード Nintendo Switch
ジャンル つくる、あそぶ、わかる
プレイ人数 1人
CERO A(全年齢対象)
通常価格(税込) パッケージ版・ダウンロード版 各7,538円
※ダウンロード版はニンテンドーストアのみの取り扱い
公式サイト ニンテンドーラボ
画像の出典 画像はハード本体のスクリーンショット機能で撮影したものと、デジカメで撮影したもの
権利表記 ©2018 Nintendo

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ニンテンドーラボの基本

この項目は、『ニンテンドーラボ』共通のシステム内容の解説です。
『ニンテンドーラボ』に関するレビュー記事には、全て同じ解説を載せています。

すでに読んでいる方は、この項目は飛ばして、下の「ゲーム内容」までスキップしてください。

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

『ニンテンドーラボ』は、大きく分けて3つの項目があります。

  • つくる
  • あそぶ
  • わかる

「つくる」でToy-Con(トイコン)作り方を動画で確認し、「あそぶ」で実際に遊んでみて、「わかる」では仕組みや応用を学べます。

 

つくる

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「つくる」は、進化した電子説明書です。

 

基本は静止した動画で、読み進めたい時に「すすむ」を押し続けます。
戻りたい時も同様に、「もどる」を押し続けます。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

ちなみに、「すすむ」をグイッと右にスライドして押し続けると「早送り」になります。
「もどる」の時も同様です。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

画像の回転やスライド、拡大縮小も可能です。

 

あそぶ

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「あそぶ」では、作ったToy-Con(トイコン)を使ってゲームができます。

その内容はToy-Con(トイコン)によってさまざまです。

 

わかる

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「わかる」では、

  • Toy-Con(トイコン)を使ってどんな遊びができるか
  • 動く仕組みや、機能の仕組み
  • その機能を使った応用
  • Toy-Con(トイコン)のデコレーションや修理
  • 新しい遊びや、新しいToy-Con(トイコン)の作り方

などを学べます。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

案内は、「Toy-Con発明室」のメンバーです。
新キャラですね。

「わかる」は、Toy-Con(トイコン)ごとに、いくつかのトピックが用意されています。
全て読み、最後のクイズに正解すると、「マスター」の称号が得られます。

 

 

リモコンカー Toy-Con ゲーム内容

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「リモコンカー」は、Joy-Conに搭載されている「HD振動」を利用した車です。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

Nintendo Switch本体には、「リモコンカー」に取り付けたJoy-Conを振動させるためのボタンが表示されます。
これをタッチし続けると「ンンーーー」と振動し、車が回転します。
2つタッチすると前進します。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

中央下のボタンを押すと、カバーが開き、さらに発展した遊びが楽しめます。
上手く前進しない時は、両側に付いているツマミを上下させましょう。

 

IRカメラ

カバーを開くと、中央に画面が表示されます。
これは、右Joy-Conに搭載されている「モーションIRカメラ」で映している映像です。

このカメラは暗視カメラでもあり、暗くても映すことができます。

ちなみに、カバーが開いた状態ではNintendo Switchの撮影機能は使えなくなります。
これは、「IRカメラを使って顔などを撮影した画像」を使えないようにするためかと思います。
もしくは、盗撮防止かな。

 

自動走行

カバーを開いた状態の右下のスイッチは、自動走行ボタン。

付属の「再帰性反射材シート」を貼った標識を「IRカメラ」が捉えると、そこを目指して自動的に動きます。
「IRカメラ」が隠れているとちゃんと作動しないので、自動走行を使用する時は、カメラは隠さないようにしましょう。

ちなみに「再帰性反射材シート」は、自転車用の反射シールで代用が可能とのこと。

 

2人対戦

カバーを開いた状態で左下のボタンを押すと、2人対戦モードになります。

2人対戦には、Joy-Conがもう1セット必要です。
「リモコンカー」も、もう1つ必要ですが、付属のシートに予備の分がありますので、それが使えます。

中央のゴングをタッチすると、タイムをカウントしてくれます。
それぞれルールを決めて、自由に対戦しましょう。

 

 

良い点

「入門」に最適

「リモコンカー」の作成時間の目安は、「10歳で10分」。
実際、私たちの娘(7歳)がかかった作成時間は「約12分」。
私たち夫婦は一切、口も手も出さずに完成しました。

電子説明書も見やすく分かりやすいですし、『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』の入門にはピッタリです。

「まずは、リモコンカー」。
おそらくそういった狙いがあると思いますが、大成功ですね。

なにより「自分の力で完成させた」という達成感や喜びを味わう事ができます。

 

単純だけど奥が深い

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「リモコンカー」の仕組みとしては、「振動で前進する」のみ。
とっても単純ですね。

ですが、そこに「IRカメラによる暗視映像・自動走行」が加わることで、とても奥が深いアイテムになります。

  • 箱の中の迷路
  • レール走行

と、いうような遊びの工夫ができますし、アイディア次第では他にも応用がききそうです。

 

 

不満点

「ゲーム」としては物足りない

『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』の導入としては、手軽で簡単で、あっさりしているのは良いのですが・・・。
単体として見ると、どうしても物足りなさはあります。

本当に、ただ単に「暗視・自動走行ができるリモコンカー」であり、ラボ側で「ゲーム」として用意されている機能は特にないです。

走行距離に応じて何かプレゼントがある・・・とか、そんなシステムがあっても良かったかも。

 

 

まとめ

まずは「リモコンカー」をレビューしました。

今後、このような形で「娘による各Toy-Con(トイコン)作成のようす」と「そのToy-Con(トイコン)のレビュー記事」を公開する予定です。
全ての作成・レビューを終えたら、『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ) バラエティキット』の総合レビュー記事を作成しようかと思います。

お楽しみに。

「リモコンカー」作成のようすはこちら
→ Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)リモコンカー Toy-Con 娘(7歳)が作ってみた

関連記事はこちら
→ 「 Nintendo Labo 」 記事一覧

 

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

0

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー, 解説・操作方法・攻略
-, , ,

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5