ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

リモコンカー ゲーム内容・レビュー byみなと【Nintendo Labo(ニンテンドーラボ) バラエティキット】

2018年4月23日

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

2018年4月20日発売の、『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』。
私たちは5つのキットがセットになった「Toy-Con 01 バラエティキット」を購入しました。

まずは「リモコンカー」を、私たちの長女(7歳)が作りました。
その様子は、こちら
→ Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)リモコンカー Toy-Con 娘(7歳)が作ってみた

さてこの「リモコンカー」。
実際に触ってみて、遊んでみてどうだったのか?
私・みなともプレイをしましたので、そのレビュー・感想を書いていきます。

スポンサーリンク

概要

『Nintendo Labo バラエティキット』概要(クリックすると展開します)

19年8月27日時点の情報です。

発売日 2018年4月20日
発売元 任天堂
開発元 任天堂
ハード Nintendo Switch
ジャンル つくる、あそぶ、わかる
プレイ人数 1人
CERO A(全年齢対象)
通常価格(税込) パッケージ版・ダウンロード版 各7,538円
※ダウンロード版はニンテンドーストアのみの取り扱い
公式サイト ニンテンドーラボ
画像の出典 画像はハード本体のスクリーンショット機能で撮影したものと、デジカメで撮影したもの
権利表記 ©2018 Nintendo

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

ニンテンドーラボの基本

この項目は、『ニンテンドーラボ』共通のシステム内容の解説です。
『ニンテンドーラボ』に関するレビュー記事には、全て同じ解説を載せています。

すでに読んでいる方は、この項目は飛ばして、下の「ゲーム内容」までスキップしてください。

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

『ニンテンドーラボ』は、大きく分けて3つの項目があります。

  • つくる
  • あそぶ
  • わかる

「つくる」でToy-Con(トイコン)作り方を動画で確認し、「あそぶ」で実際に遊んでみて、「わかる」では仕組みや応用を学べます。

 

つくる

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「つくる」は、進化した電子説明書です。

 

基本は静止した動画で、読み進めたい時に「すすむ」を押し続けます。
戻りたい時も同様に、「もどる」を押し続けます。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

ちなみに、「すすむ」をグイッと右にスライドして押し続けると「早送り」になります。
「もどる」の時も同様です。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

画像の回転やスライド、拡大縮小も可能です。

 

あそぶ

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「あそぶ」では、作ったToy-Con(トイコン)を使ってゲームができます。

その内容はToy-Con(トイコン)によってさまざまです。

 

わかる

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「わかる」では、

  • Toy-Con(トイコン)を使ってどんな遊びができるか
  • 動く仕組みや、機能の仕組み
  • その機能を使った応用
  • Toy-Con(トイコン)のデコレーションや修理
  • 新しい遊びや、新しいToy-Con(トイコン)の作り方

などを学べます。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

案内は、「Toy-Con発明室」のメンバーです。
新キャラですね。

「わかる」は、Toy-Con(トイコン)ごとに、いくつかのトピックが用意されています。
全て読み、最後のクイズに正解すると、「マスター」の称号が得られます。

 

 

リモコンカー Toy-Con ゲーム内容

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「リモコンカー」は、Joy-Conに搭載されている「HD振動」を利用した車です。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

Nintendo Switch本体には、「リモコンカー」に取り付けたJoy-Conを振動させるためのボタンが表示されます。
これをタッチし続けると「ンンーーー」と振動し、車が回転します。
2つタッチすると前進します。

 

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

中央下のボタンを押すと、カバーが開き、さらに発展した遊びが楽しめます。
上手く前進しない時は、両側に付いているツマミを上下させましょう。

 

IRカメラ

カバーを開くと、中央に画面が表示されます。
これは、右Joy-Conに搭載されている「モーションIRカメラ」で映している映像です。

このカメラは暗視カメラでもあり、暗くても映すことができます。

ちなみに、カバーが開いた状態ではNintendo Switchの撮影機能は使えなくなります。
これは、「IRカメラを使って顔などを撮影した画像」を使えないようにするためかと思います。
もしくは、盗撮防止かな。

 

自動走行

カバーを開いた状態の右下のスイッチは、自動走行ボタン。

付属の「再帰性反射材シート」を貼った標識を「IRカメラ」が捉えると、そこを目指して自動的に動きます。
「IRカメラ」が隠れているとちゃんと作動しないので、自動走行を使用する時は、カメラは隠さないようにしましょう。

ちなみに「再帰性反射材シート」は、自転車用の反射シールで代用が可能とのこと。

 

2人対戦

カバーを開いた状態で左下のボタンを押すと、2人対戦モードになります。

2人対戦には、Joy-Conがもう1セット必要です。
「リモコンカー」も、もう1つ必要ですが、付属のシートに予備の分がありますので、それが使えます。

中央のゴングをタッチすると、タイムをカウントしてくれます。
それぞれルールを決めて、自由に対戦しましょう。

 

 

良い点

「入門」に最適

「リモコンカー」の作成時間の目安は、「10歳で10分」。
実際、私たちの娘(7歳)がかかった作成時間は「約12分」。
私たち夫婦は一切、口も手も出さずに完成しました。

電子説明書も見やすく分かりやすいですし、『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』の入門にはピッタリです。

「まずは、リモコンカー」。
おそらくそういった狙いがあると思いますが、大成功ですね。

なにより「自分の力で完成させた」という達成感や喜びを味わう事ができます。

 

単純だけど奥が深い

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)

「リモコンカー」の仕組みとしては、「振動で前進する」のみ。
とっても単純ですね。

ですが、そこに「IRカメラによる暗視映像・自動走行」が加わることで、とても奥が深いアイテムになります。

  • 箱の中の迷路
  • レール走行

と、いうような遊びの工夫ができますし、アイディア次第では他にも応用がききそうです。

 

 

不満点

「ゲーム」としては物足りない

『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』の導入としては、手軽で簡単で、あっさりしているのは良いのですが・・・。
単体として見ると、どうしても物足りなさはあります。

本当に、ただ単に「暗視・自動走行ができるリモコンカー」であり、ラボ側で「ゲーム」として用意されている機能は特にないです。

走行距離に応じて何かプレゼントがある・・・とか、そんなシステムがあっても良かったかも。

 

 

まとめ

まずは「リモコンカー」をレビューしました。

今後、このような形で「娘による各Toy-Con(トイコン)作成のようす」と「そのToy-Con(トイコン)のレビュー記事」を公開する予定です。
全ての作成・レビューを終えたら、『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ) バラエティキット』の総合レビュー記事を作成しようかと思います。

お楽しみに。

「リモコンカー」作成のようすはこちら
→ Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)リモコンカー Toy-Con 娘(7歳)が作ってみた

関連記事はこちら
→ 「 Nintendo Labo 」 記事一覧

 

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ゲームレビュー, 解説・操作方法・攻略
-, , , ,

© 2021 ゲーマー夫婦 みなとも =夫婦で運営するゲームブログ= Powered by AFFINGER5