特別企画 私たちのお気に入り

2022/12/1

ポケプラ紹介 / 簡単に作れる高クオリティなプラモデル!ポケモンフィギュアとしても優秀

非常に簡単にプラモデルが作れる「ポケプラ」。プラモデル初心者や子どもでも、道具を使わずに作れます。ポケモン好きなら買い!誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントにもピッタリです。

ゲーム情報

2022/11/29

ペルソナ×ヴィレヴァンコラボ! / マリオ映画ダイレクトが30日7時放送 みなとも Game News Pick Up 22年11月23日~29日

22年11月23日~29日のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!『スプラ3』新シーズンのアプデ情報が公開。ほか。

ゲーム情報

2022/11/29

『ミンサガリマスター』『Sable』etc. みなとも「新作ゲーム談議」22年11月24日~12月7日

22年11月24日~12月7日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『ソード オブ ザ バークラント』『サムライメイデン』などなど。

ゲームの旅路

2022/11/27

『スプラ』と『ポケモン』しかしていない 【ゲゲ語り】vol.136

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『スプラトゥーン3』『ポケモンSV』です。

ゲーム情報

2022/11/23

『ソウルハッカーズ2』アプデ! みなとも Game News Pick Up 22年11月16日~22日

22年11月16日~22日のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!『十三機兵防衛圏』3周年記念特番が28日に放送。など。

ゲームの旅路

2022/11/20

『ポケモンSV』夫婦で同時プレイ開始! 【ゲゲ語り】vol.135

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!今回は『ポケモンSV』『Finding Paradise』など。

ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

2022/12/1

ポケットモンスター スカーレット・バイオレット 感想・ファーストレビュー / 想像を超える自由度のオープンワールドで大冒険

ポケモンもついにオープンワールド!『スカーレット』と『バイオレット』2作を購入し、夫婦でそれぞれ『ポケモンSV』をプレイした感想・第一印象をお伝えします。

ゲーム情報

2022/11/16

GOTY候補が決まる / 『スプラ3』新シーズン情報が解禁 みなとも Game News Pick Up 22年11月9日~15日

22年11月9日~15日のゲーム情報で、気になるものをピックアップ!『メガテン』30周年セール中。ゲームカタログの11月追加タイトルは?など。

週刊アトラス

『ペルソナ3ポータブル』の魅力をネタバレなしで語る【週刊アトラス】

はじめに

『ペルソナ5 ザ・ロイヤル(P5R)』『ペルソナ4 ザ・ゴールデン(P4G)』『ペルソナ3ポータブル(P3P)』の3作品が、さまざまな機種にリマスターされることが発表されました。

『P5R』は新しい作品ですし、『P4G』はSteam版も出ています。
ですが、『P3P』が発売されたのは2009年。(オリジナル版である『ペルソナ3』は2006年発売。)

10年以上前の作品ですし、当時出た機種はPSP。
「よく知らない」という人がとても多いかと思います。

そこで今回は、『ペルソナ3ポータブル』の魅力を、ネタバレなしで語っていこうと思います。

「古い作品だし控えようと思ってたけど、それなら買ってみようかな」
と思っていただけると、幸いです。

この記事はみなとがお伝えします。

画像は公式サイトからの引用です。
【権利表記 ©ATLUS ©SEGA All rights reserved.】

スポンサーリンク

『ペルソナ3ポータブル』の基本情報

2006年にPS2用ソフトとして発売された『ペルソナ3(P3)』。
『ペルソナ3ポータブル』は、その『P3』のリメイク作にあたります。

機種はPSPで、『P3』本編の内容に加え「女性主人公」が追加されました

『P3』ではできなかった「仲間への戦闘指示」など、全体的に遊びやすくなっている反面、ハードスペック低下による演出面やアニメーションの簡素化がされています。

『P3』公式サイト

『P3P』公式サイト

 

 

過去作とのつながりは?

「3」と付いているので「続編」っぽいですが、過去作とのつながりはいっさいありません

共通するのは「ペルソナ」という能力と、ペルソナ合体を担う「イゴール」の存在。
スキルやペルソナの名前。
あとは過去作を知っているとニヤリとする要素が少しだけあるくらいです。

『ペルソナ』シリーズは、どれもナンバリングごとに物語がわかれているので、どの作品からプレイしても問題ありません。
もし「過去作プレイしてないし・・・」という理由で手を出していなかったのなら、安心してプレイして大丈夫です

ちなみに『P3P』には、『P4』をプレイ済みだとニヤリとする要素もあります。

 

 

どういうストーリー?

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

『P3P』公式サイトから引用

ー1日は24時間ではなく、深夜0時になると「影時間」という普通の人間には認識できない時間が存在するー
という話で、主人公たち「ペルソナ使い」と敵である「シャドウ」は、この「影時間」で戦うことになります。

主人公たちは高校生活を送りながら、この「影時間」の謎を追う。

というのが大まかな話の流れとなります。

 

 

主なシステム

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

『P3P』公式サイトから引用

日中は高校生活を送り、夜はダンジョン(タルタロス)攻略やイベント進行。
そして次の日へ。

という、『P4』や『P5』でおなじみのカレンダーシステムを導入した作品です。

  • 弱点を突いてダウンを取る「ワンモアプレスバトル」
  • NPCと交流して心の力を高める「コミュ」
  • 作成したペルソナを呼び出せる「ペルソナ全書」

など、後年のシリーズでは定番の要素がそろっています。

 

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

『P3P』公式サイトから引用

スキルを直接覚えさせることができる「スキルカード」は、『P3』にはなく『P3P』から実装されたシステムです。

 

 

『ペルソナ3ポータブル』の魅力

ここからは『P3』および『P3P』の魅力について語っていきます。

2人の主人公

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

『P3P』公式サイトから引用

『P3P』では、ゲーム開始時に「男性主人公」か「女性主人公」を選んでプレイすることができます。
ゲーム中に変更することはできません。

ストーリーの大筋は変わりませんが、

  • 固有のイベント・会話展開
  • コミュ活動できるキャラクター
  • ベルベットルーム(ペルソナ合体をする施設)の人物
  • メインで流れる楽曲

など、その違いはかなり多いです。

1本で2度おいしい作品ですね。

 

 

キャラクター

ゲーム内時間で、約1年。
苦楽を共にするキャラクターたちは、みんな個性豊かで印象的です。

有名どころで言えば、「アイギス」が『P3』のキャラです。
見たことありませんか?

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

『ペルソナ3』公式サイトから引用

それぞれが抱えている想いや悩みなども、コミュ活動やストーリーイベントなどを通して垣間見ることができます。

最初は苦手だったキャラも、しだいに印象が変わるかも?

キャラクターボイスを担当されている声優さんも、非常に豪華で実力派ぞろい。
詳しくはこちらの記事を参照してください。

声優まとめ
『ペルソナシリーズ』声優のお仕事まとめ【PQ/PQ2】

『ペルソナシリーズ』のキャラクターを演じている声優さんが、他にどんなゲームやアニメ等の声を演じてらっしゃるか、調べてみました。『PQ』と『PQ2』の全員分!

 

 

システム面

ゲーム内の日付によってイベントが進む「カレンダー」を使ったシステムは、今や定番となりました。
『P3』から実装された要素ですが、「高校生活」と「イベント進行」が密接に絡み、「月や時間の進行」が物語的にも意味がある今作にとって、とても革新的で重要な要素です。

ある意味「すべての日が1度きりで、後戻りはできない」というリアルな部分も味わえて、「その日その日を大切に過ごそう」という気持ちにさせてくれます。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

『P3P』公式サイトから引用

バトル面で言うと、弱点を突いてダウンからの「一斉攻撃」も今作から。
キャラクターごとに親密度とイベントが用意された「コミュイベント」も今作からです。

『P4』『P5』でもおなじみの要素がそろっているので、後年の作品に慣れた人でもすんなりプレイできるかと思います。

 

 

楽曲

『P3』の楽曲は、シリーズおなじみのコンポーザー・目黒将司さんが手掛けています。

参加アーティストは川村ゆみさん、Lotus Juiceさん、藤田真由美さん、喜多修平さん。
男性主人公か女性主人公かで、メインで使われる楽曲やアーティストが変化します。

かなり魅力的な楽曲ばかり!
「ペルソナミュージックライブ」でも定番の楽曲も多いです。

 

 

おわりに

ちなみに、『P3』には後日談を収録した『ペルソナ3フェス』というバージョンがありますが、PS2用ソフトです。
格闘ゲームの『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』も実質『P3』の後日談にあたります。

3DSで発売された『ペルソナQ』と『ペルソナQ2』にも『P3』や『P3P』のキャラが登場するので、興味がある方はそちらもチェックしてください。

 

さて、今回の【週刊アトラス】はいかがでしたか?

この記事で『ペルソナ3ポータブル』に興味を持ってもらえたらうれしいです。

 

それでは、コンゴトモヨロシクお願いします。

【週刊アトラス】関連記事はこちら

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク!! 1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-週刊アトラス
-,