解説・操作方法・攻略

パーティBINGO ゲーム内容まとめ / プレイのコツ【Nintendo Switch】

2018/03/21

18年3月15日に発売された『パーティ BINGO』。

紹介文章や紹介動画を見ても、「よくわからない」という方が多いゲームなのでは?

ということで、ゲーム内容をまとめてみました。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売日  2018年3月15日
発売元 Starsign
開発元 sims
ハード Nintendo Switch
ジャンル パーティゲーム
プレイ人数 1~4人
対応コントローラー Joy-Conのみ
プレイモード TVモード、テーブルモード、携帯モード
CERO A(全年齢対象)
公式サイト パーティBINGO 公式サイト
任天堂のソフト紹介ページ
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

 

ゲーム内容

基本ルール

ビンゴカードのタテ、ヨコ、ナナメの5つの数字の列が赤くなると「BINGO(ビンゴ)」になり、その人の勝利になります。
また2人同時に「BINGO」になった場合は、その2人が勝利になります。

タテ、ヨコ、ナナメの数字が4つまで赤くなると、リーチ状態になります。
リーチ状態になると、あと1つの数字が黄色になります。

2P、3P、4Pがリーチ状態

画像を見てわかるように、通常のビンゴゲームとは違い、中央はフリーではありません
またビンゴカードの数字はランダムです。

 

▼点数

プレイヤーの点数は2000点から始まります。
お手つきなどで点数が引かれたり、もらえたりします。
また「BINGO」になると他のプレイヤーから均等に点数をもらえます。

それぞれのゲームによって、より多くの点数が得られる方法があります。

勝負が終了した時点の点数が高い順に勝者が決まります。

なお、点数のハイスコア記録は保存されません。

 

▼お手つき

早押しビンゴでは、出てきた数字が自分のビンゴカードにないのに、ボタンを押してしまうと「お手つき」になります。
ベーシックビンゴでは、出てきた数字とは違う数字を選択してしまうと、「お手つき」になります。

お手つきをすると、他のプレイヤーに点数を支払わなければいけません。
また、1回お休みになります。

 

▼黒いマス

ビンゴカードの中の獲得できなかった数字や捨てた数字は、黒いマスに変化します。
黒いマスの列は「BINGO」ができなくなります。

 

▼引き分け(DRAW)

黒いマスにより、全員がビンゴになれない場合は、引き分け(DRAW)となります。

 

プレイ人数

プレイ人数は以下の通り。COMはコンピュータです。

  • プレイヤー 1人 + COM 3人
  • プレイヤー 2人 + COM 2人
  • プレイヤー 3人 + COM 1人
  • プレイヤー 4人

 

ルール設定

プレイ人数を設定後、ルール設定に移ります。

各モードのルール設定は以下の通り。

  ゲーム回数 持ち時間※ 平置きモード
早押しビンゴ 1回・4回・8回 --- ON/OFF
ローテーションビンゴ 10・30・∞(無限) ---
ビンじゃん 10・30・∞(無限) ON/OFF
ベーシックビンゴ --- ON/OFF

※持ち時間が0になると、自動で行動します。

 

▼平置きモード

画面上部の表示が180度回転します。
Nintendo Switch本体をテーブルに水平に置いて、向かい合うように対戦する場合に使用します。

ただ、3人以上の時でしか、威力を発揮しません。

 

オプション(設定)

メインメニューで「+」もしくは「-」ボタンを押すとオプションが開きます。
変更できるのは、BGMとSEの音量のみです。

 

ポーズ

ゲーム中に「+」もしくは「-」ボタンを押すとポーズ画面が開き、「ゲームを続ける」か「ゲームをやめる」を選択できます。

 

Joy-Con以外不可、十字キー不可

Joy-Conグリップ、PROコントローラーでの操作ができません。
つまりテレビモードやテーブルモードの場合はJoy-Con横持ちのみの操作になります。

また、十字キーが対応していないため、スティックのみの操作になります。

 

ゲーム選択

早押しビンゴ

数字が中央に出てきます。
その数字が自分のビンゴカードにあった場合、すばやく右ボタンを押して、数字を取らなければなりません。
出てきた数字をゲットできるのは、1人のみです。

上記の画像の場合、「51」の数字はP1、P2、P4が持っているので、その三者が「51」をゲットするためにすばやくボタンを押さなくてはなりません。

ボタンを押した瞬間、そのタイムが表示されます。
一番早い人がその数字をゲットできます。

 

数字が取れなかった人は、該当するビンゴカードの数字が黒くなり、その列の「BINGO」はできなくなります。

ビンゴカードに数字がないのに、ボタンを押してしまった場合は、お手つきとなり、1回お休みになります。

 

▼点数とボーナス

「BINGO」をすると他のプレイヤーから均等に点数がもらえます。

  • ビンゴ列ボーナス
    「BINGO」した列数に応じてもらえる点数。
    列数が多いほど点数は高くなります。
     
  • 赤マスボーナス
    10個以上赤いマスがある状態で「BINGO」するともらえる点数。
    赤いマスが多いほど、点数が高くなります。
     
  • 持ち越しボーナス
    引き分けた次のゲームで「BINGO」すると、先ほどの引き分けた時の点数がもらえます。
    ラウンド設定を4回または8回にしている場合に限ります。

 

ローテーションビンゴ

ビンゴカードに5つの赤いマスがある状態からスタートします。
その赤いマスがタテ、ヨコ、ナナメで揃えられるように、列(赤いマス)を動かします。

白い枠を動かして、赤いマスを動かす「列」と「向き」を決めます。

P1のターン。白い枠はヨコ向きになっている。

白い枠をタテ向きにしてみた。

動かす列を決めたら、動かしたい方向(上または下 / 左または右)のボタンを押しましょう。

動かすと、全員の列が同じように動きます

他の人が「BINGO」しないように考えて動かしましょう。

 

ターンが1周するたびに赤いマスは1つ増えます。(誰もリーチしていない場合)

 

▼点数とボーナス

自分で列を動かして「BINGO」した場合は、他のプレイヤーから均等に点数をもらいます。
他のプレイヤーが動かして、自分が「BINGO」した場合は、動かしたプレイヤー1人から点数をもらいます。

  • ビンゴ列ボーナス
    「BINGO」した列数に応じてもらえる点数。
    列数が多いほど点数は高くなります。
     
  • ターン数ボーナス
    少ないターン数で「BINGO」するほどもらえる点数。

 

ビンじゃん

ビンゴと麻雀を合わせたゲーム。

ビンゴカードに5つの赤いマスがある状態からスタートします。
プレイヤー順に数字がルーレットで出てくるので、その数字を止めます。

「7」と書かれていますが、実際にはルーレットで数字が動いています。

止まった数字がビンゴカードに書かれていたら、自動的に獲得し、赤いマスになります。
数字を獲得した場合、ビンゴカードに書かれている不要な数字1つを捨てなくてはなりません


捨てた数字は黒いマスに変化し、その列は「BINGO」になりません。

 

ルーレットで持っていない数字が出た場合は、その数字自体を捨てることになります。

 

いずれかの方法で捨てられた数字は、その数字が必要なプレイヤーが拾うこと(GET)ができます。
拾える回数は1人につき3回です。

自分がもらった数字や他のプレイヤーが捨てた数字を集めて、「BINGO」を目指します。

 

▼点数とボーナス

自分がもらった数字で「BINGO」した場合は、他のプレイヤーから均等に点数をもらいます。
他のプレイヤーが捨てた数字で、自分が「BINGO」した場合は、捨てたプレイヤー1人から点数をもらいます。

  • ビンゴ列ボーナス
    「BINGO」した列数に応じてもらえる点数。
    列数が多いほど点数は高くなります。
     
  • GET回数ボーナス
    GETの残数によりもらえる点数。
    つまり、他のプレイヤーが捨てた数字を拾わなければ拾わないほど、ボーナスがもらえます。
     
  • 持ち越しボーナス
    引き分けた次のゲームで「BINGO」すると、先ほどの引き分けた時の点数がもらえます。
    ラウンド設定を4回または8回にしている場合に限ります。

 

ベーシックビンゴ

ベーシックビンゴは通常のビンゴゲームと同じ。

ランダムに数字が出てくるので、それと同じ数字を選んでボタンを押すだけ。

ただし、制限時間が限られていますので、その時間内に数字を見つけ、選んで、ボタンを押さなければなりません。

ビンゴカードに、出てきた数字があるのにもかかわらず見逃した場合は、そのマスが黒く変化し、その列は「BINGO」ができません。

別の数字を選んでしまった場合は、お手つきとなり、1回お休みになります。

 

▼点数とボーナス

「BINGO」をすると他のプレイヤーから均等に点数がもらえます。

  • ビンゴ列ボーナス
    「BINGO」した列数に応じてもらえる点数。
    列数が多いほど点数は高くなります。
     
  • 持ち越しボーナス
    引き分けた次のゲームで「BINGO」すると、先ほどの引き分けた時の点数がもらえます。
    ラウンド設定を4回または8回にしている場合に限ります。

 

プレイのコツ

早押しビンゴのコツ

ビンゴカードの数字を暗記しておき、その数字が出てきたら、素早く押す。
・・・ということは、暗記が得意でなければできません。

とにかく素早く数字を見つけ、素早くボタンを押す。

黒マスが増えてきたら、「BINGO」になる数字だけを暗記して、その数字が出てきたら、素早く押しましょう。

 

ローテーションビンゴのコツ

ヨコでもタテでも、上下左右どれでも赤いマスを動かせるので、臨機応変に対応しましょう。

自分のビンゴカードだけでなく、対戦相手のビンゴカードにも注目
対戦相手がリーチだったら、そのリーチを崩せるような手を使いましょう。

じっくり考えてプレイしたいならば、オススメの持ち時間は「∞(無限)」。
スリルを味わいたいならば、オススメの持ち時間は「10秒」。

 

ビンじゃんのコツ

対戦相手のビンゴカードに注目。
捨てようとした数字が、実は対戦相手がほしい数字かもしれません。
対戦相手が有利になるような数字は捨てないようにしましょう。
(ただし、ルーレットで出た不要の数字は捨てるしかない。)

また、他のプレイヤーが捨てた数字は「ここぞ」という時以外は、取らないようにしましょう。
GET回数は3回までですし、GET回数を残した方がもらえる点数が高いです。

 

ベーシックビンゴのコツ

制限時間の時間操作はできませんので、制限時間内に数字を見つけ、すばやく正確に選択してボタンを押しましょう。
制限時間は、かなり短いです。

カーソルの位置は常に中央にして、すぐに最短で動けるようにします。

また、黒いマスが増えてきたら、ビンゴになる可能性のある列の数字だけ暗記しましょう。

[18年3月21日追記]
カーソルは、上にずっと行くと下から出てきて、右にずっと行くと左から出てきます。
それを活用するとスムーズです。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 3時間

 

まとめ

このゲームのシステムが理解できたでしょうか?

通常のビンゴゲームとは違い、様々なゲームができる今作。
コンピュータ相手だけではなく、家族やお友達と一緒にプレイすることをオススメします。

後日、レビュー記事を公開しますので、お楽しみに。

[18年3月20日追記]
レビュー記事を公開しました。
→ パーティBINGO レビュー byとも【Nintendo Switch】

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-解説・操作方法・攻略
-,