解説・操作方法・攻略

『ドライブキット』スプレーToy-Conの使い方【Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)】

18年9月14日に発売された、『ニンテンドーラボ Toy-Con03 ドライブキット』。

「あそぶ」の中にある「ペイント」では、スプレーToy-Conを使って、クルマ、センスイカン、ヒコウキの色を塗ることができます。

今回は、そのスプレーToy-Conの使い方をまとめてみました。

この記事は、ともがお伝えします。

スポンサーリンク

記事下広告1

操作方法

  • 色の変更 ………………… カギを回す
  • カメラ照準のリセット … スプレーを振る
  • カメラ回転 ……………… Lスティック 
  • ズーム …………………… Lスティック+ZLボタン
  • 上下左右に移動 ………… Lスティック + Lボタン 
  • メニュー ………………… +ボタン / -ボタン 
  • 位置リセット …………… ↑ボタン
  • パーツ選択 ……………… ←または→ボタン
  • マスキングモード ……… ↓ボタン
  • 全体を見る ……………… トイコンに挿す
  • 2台目へ変更 …………… Lスティック押しこみ

 

カメラ照準のリセット

スプレーToy-Conを振ることによって、カメラが正面にリセットされます。

振ると、カラカラと音が鳴って、本物のスプレー缶のような雰囲気を味わえます。

 

全体を見る

各Toy-Conに挿すことによって、全体を見ることができます。

 

2台目への変更

各2台(機)ずつ用意されています。

1つ目の基本色は赤で、2つ目の基本色は青です。(ウンテンシュは逆)

 

色を塗る

このように色を塗ることができます。

 

塗れる対象一覧

  • ボディ
  • ウンテンシュ(運転手)
  • パラシュート
  • プロペラ
  • ウイング(右)
  • ウイング(左)
  • スクリュー(右)
  • スクリュー(左)
  • リアタイヤ(右)
  • リアタイヤ(左)
  • フロントタイヤ(右)
  • フロントタイヤ(左)

 

カラーの一覧

カラーは16色。

間違った場合は、カラーの中にある「洗い落し」を選択して、水をかけて消すことができます。

カラー見本は以下の通り。

 

マスキングモード

右下にあるマスキングモードをオンにすることで、Joy-Conに内蔵されているIRカメラが、形を読みとることができます。

マスキングテープと同じで、障害物(影)がある場所以外を塗ります。

つまり、○模様を描きたい場合、下の図のように○を切り取った跡の物を使用します。

マスキングモードでスプレーを始めると、その影が固定されるので、塗ることに集中できます。

 

塗るときのコツ

  • ズーム機能を使って、細かく塗ることができます
  • カメラがずれてきたら、振ってリセット
     
  • カメラを回転させて、隅々までチェック

 

まとめ

スプレーToy-Conを使い始めると、凝り始めて夢中になります。

とりあえず、作ってみたのはこれ。

部品ごとに塗りたいのですが、マスキングモードを活用しないと、きれいにはできあがりません。
それはまた時間のある時かな。

関連記事はこちら
→ ドライブキットを娘(8歳)が作ってみた【Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)】
→ 開封・収納ボックス紹介 Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)ドライブキット

その他のニンテンドーラボの記事はこちら
→ 「Nintendo Labo」一覧

 

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-解説・操作方法・攻略
-, ,