ゲーム情報

2020/11/25

『あつ森』キャラがフロッキードールに / 『十三機兵』グッズも続々 みなとも Game News Pick Up 20年11月18日~24日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が300万本突破。フロッキーって、何だろう?など。

ゲーム情報

2020/11/23

『フェノトピア』『Chronos』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年11月19日~12月2日

20年11月19日~12月2日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『ピクロスS5』『キュビ』などなど。

ゲームの旅路

2020/11/23

『メガテン3』クリア / 『厄災の黙示録』開始 ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.31

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『真3HD』『天穂のサクナヒメ』『ゼルダ無双 厄災の黙示録』などです。

真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER

ゲームレビュー 週刊アトラス

2020/11/22

真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER 感想・レビュー byとも / 色褪せない魅力と、進化前だからこそ感じる不満

『メガテン3リマスター』をクリアしました!今プレイするからこそ感じた、思い出補正抜きの公正なレビューをお届けします。

ウルトラマンZ 第21話感想

ウルトラマン

2020/11/21

ウルトラマンZ 第21話 感想夫婦対談 / 撃てるか?異次元兵器D4 最終5部作開始!

『ウルトラマンZ(ゼット)』第21話「D4」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ゼルダ無双 災厄の黙示録

ゲームレビュー

2020/11/22

ゼルダ無双 厄災の黙示録 感想・ファーストレビュー byみなと / 『ブレスオブザワイルド』の魅力がつまったコラボ無双

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』を4時間ほどプレイ!感想と第一印象をお伝えします。

ゲーム情報

2020/11/18

PS5の追加抽選はどこ? / 「世界ふしぎ発見」で対馬特集 みなとも Game News Pick Up 20年11月11日~17日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!「世界ふしぎ発見!」の対馬特集は21日放送。メガテングッズはまだまだ増える!など

ゲーム情報

2020/11/16

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』『桃太郎電鉄』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年11月12日~11月25日

20年11月12日~11月25日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『The Pathless』『交通パニック』などなど。

ゲームの旅路

2020/11/22

『サクナヒメ』開始!『メガテン3』は終盤 ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.30

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『真3HD』『天穂のサクナヒメ』『BABA IS YOU』など。

週刊アトラス

2020/11/15

【真3HD】「マガツヒ」「ミフナシロ」「イヨマンテ」聞きなれない単語の元ネタ集【週刊アトラス】

「アマラ」って何?「ゲッシュ」って何語?『メガテン3』に出てくる不思議な単語、実は語源があるのです。それを一挙にご紹介!

ウルトラマン

ウルトラマンZ 第2話 感想 夫婦対談 / ヒロインはセブンガー!お姫様抱っこで始まる恋

2020年6月27日

ウルトラマンZ

20年6月20日から放送が開始された『ウルトラマンZ(ゼット)』。

テレビ放送を視聴した感想を、夫婦対談形式でお届けします。
対談はストーリーに沿っておこないますので、読むことであらすじをおさらいできます。

 

『ウルトラマンZ(ゼット)』の公式サイトはこちら
→ https://m-78.jp/z/

『ウルトラマン』は、放送後一週間「見逃し配信」を無料で視聴できます。
YouTubeの円谷プロの公式チャンネル「ウルトラチャンネル」をチェックしましょう。
→ YouTube「ウルトラチャンネル」

注意

この記事は『ウルトラマンZ(ゼット)』(および関連作品)のネタバレを含みます。
放送をご覧になった後に読んでいただくのが、ベストだと思います。

また、この記事に対するコメントはできませんので、ご了承ください。

画像・動画は上記公式サイト、もしくは上記公式チャンネルからの引用
【権利表記 ©円谷プロ ©ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京】

前回はこちら
ウルトラマンZ 第1話感想
ウルトラマンZ 第1話 感想夫婦対談 / 熱いキャラと凝った設定に惹かれる最高のスタート

『ウルトラマンZ(ゼット)』第1話「ご唱和ください、我の名を!」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

『ウルトラマンZ(ゼット)』関連記事はこちら

スポンサーリンク

今週の主な出演者

レギュラー

  • ナツカワ ハルキ / 平野 宏周
  • ウルトラマンZの声 / 畠中 祐
  • ヘビクラ ショウタ / 青柳 尊哉
  • ナカシマ ヨウコ / 松田 リマ
  • イナバ コジロー / 橋爪 淳
  • オオタ ユカ / 黒木 ひかり

 

登場怪獣・宇宙人・ロボット

  • 特空機1号 セブンガー
  • 透明怪獣 ネロンガ

 

 

第2話「戦士の心得」感想夫婦対談

ウルトラマンZ 第2話感想

バコさん登場

休眠怪獣の生体反応が大きくなってるって話から始まったね。

休眠怪獣がいるから、それを監視する機関(ストレイジ)が必要だったのかな。
まぁゴメスみたいな小ぶりの怪獣は多かったのかもだけど。

うん。そうだね、きっと。
で、これからどんどん休眠怪獣が起きて、ウルトラマンゼットと戦うっていう伏線だね。

どんな怪獣が現れるか楽しみだね。

そうそう。
ハルキの身体を気遣うヘビクラ隊長だけど、ハルキが去った後のあの眼光。
・・・怪しい。

怪しいね。
ゼットホルダーを見てるのかな?

で、つくば市の「クリーンインフィニティ発電所」で、「半永久的発電システム」の開発が進んでいるっていう話。

これはスゴイね、実用化されたらセブンガーが時間制限なく動けたりするのかな?

ん?あっ、そっか。そういうことになるのか。
じゃあ実用化されたら、セブンガーの戦闘をずっと眺められるのか。グフフフフ。

グフフフフって・・・。
それはさておき、ユカちゃんは発明担当なのかな。
『ウルトラマンオーブ』のシンさんを思い出すね。

そうだね。
女版シンさんだね。

で、ストレイジ本部ではヨウコが「枯れ専」だって話が。
バコさん、カッコイイもんね。

いやーカッコイイよねぇ。
ヨウコちゃんの気持ち、わかるよ、わかる。
私もどちらかといえば「枯れ専」だからね!

セブンガー対ネロンガ

ウルトラマンZ 第2話感想

まずはストレイジの正式名称が出たね。
対怪獣特殊空挺機甲隊(Special Tactical Operations Regimental Airborne and Ground Equipment)」。
で、セブンガーは「対怪獣特殊空挺機甲1号機」。

セブンガーの発進シーン、いいねぇ。
カッコよくてカワイイ。

うんうん。
カッコよくてかわいいよねぇ。
そしてどこかマヌケな顔で、好きだわ~。

そうそう。ハルキがセブンガーに乗ってから、起動スイッチ入れたり、ヨウコちゃんの天候や風の情報とか、そういう細かいところが田口監督っぽいよねぇ。

そうなんよ。
やっぱいいよねぇ。

で、対ネロンガ戦。
透明になる怪獣に苦戦するハルキ。
電気も吸われて停止しちゃう。

空振りでブンブンが可愛かったねぇ。

ウルトラマンゼットは5,000歳

ウルトラマンZ 第2話感想

ネロンガに負けて帰ってきたハルキの側に、光の扉が登場!

これは、あれだ。
『ペルソナ5』のベルベットルームの扉だ。

まぁ確かに似てるっちゃ似てるね。
ああいう風にハルキと話したい時は突然扉が出現する形なのかな?

ね、なんだか珍しい感じだよね。

さっきの戦闘では変身できなかったんだけど、そのことに関するゼットの意見が聞けたね。

ちゃんとギリギリまで頑張って、俺たちの気持ちがグッと出来上がってからじゃないとウルトラマンにはなれないんでございますよ」だって。
この話は『ウルトラマンメビウス』でも言っていたし、『ウルトラマンガイア』の歌でも近いことを言っていたよね。

そうだね。
やっぱり『ウルトラマン』っていうシリーズにとっても共通の理念みたいなもんなんだね。

ところで、ここでゼットの年齢が出たよ。
5,000歳だってさ。
ちなみにウルトラマンゼロの年齢は5,900歳(初登場時)。
ウルトラセブンは17,000歳。

ゼロとは1,000歳差くらいなんだね。まぁ先輩か。

「頭(ず)が低い」には笑っちゃったな。
あとは「ホルダーは普通の人には見えない」っていうのが、そういうもんなんだなぁって。

これはある意味、今まで変身アイテムとかが周りにあまり突っ込まれなかったことへの「答え」みたいなもんだね。
まぁヘビクラ隊長には見えているかもしれないけど・・・。

隊長に稽古つけてもらう

ストレイジの道場で稽古に励むハルキ。
そこにヘビクラ隊長が登場。稽古をつけてもらうことに。

人対人の激しいアクションシーン!
これは、スーツアクターの岩田さんがアクション指導したのかな?

どうかな。それにしてもカッコイイアクションだったね。

で、ヘビクラ隊長が怪しさ満点なんだよねぇ。
もう完全に「ジャグラーでしょ?」ってなセリフもあるんだよね。

そうそう。
もう怪しさを隠そうともしない。
ちょっと前髪が垂れるんだよねぇ、ジャグラーみが増すね。

そうそう!
いやー、ジャグラーだとしたらさ、「正義」の心を戻した?
それとも、なにか悪巧みしてる?

どちらにせよ、楽しみだなー。

ストレイジ対ネロンガ

ウルトラマンZ 第2話感想

対ネロンガ作戦立案!
いいねぇ、こういう防衛隊のしっかりとした作戦シーン。

うんうん。ユカちゃんの発明っぷりもよかったなぁー。
で、ヘビクラ隊長の無言の「(押忍?了解!)」もおもしろかったなー。
・・・たぶんそう言ってるよね?

多分ね。
で、現場でのストレイジ対ネロンガ。
ネロンガは透明だと体温も消える。
ユカちゃんは興奮してたけど、これは手ごわい。

うん。嫌な相手だよねぇ。

ハルキが発信機を撃ち込めたけど、ヨウコが搭乗しているセブンガーは苦戦。
相性悪いよねぇ。

ウルトラマンゼット対ネロンガ

ウルトラマンZ 第2話感想

光の扉を通って、ウルトラマンゼット アルファエッジに変身!
セブンガーをお姫様抱っこした!

まさかのお姫様抱っこだったね。
うーん。今作のヒロインはセブンガーだね!!

あっ、そうそう。
足元や足の間からのカメラワークがよかったなぁー。

あと、ネロンガの攻撃を避けつつの、飛行からの、攻撃がよかったなぁー。
あの手法は観たことがない・・・はず。

ウルトラマンZ 第2話感想

だね!
眼を閉じてネロンガを察知するシーンもカッコよかった。
いやぁ、相手がネロンガだと地味になるかと思ったけど、見所満載の戦闘だったね。

うんうん。
戦闘方法やカメラワークで、カッコよくできるもんだねぇ。

あっ、ウルトラマンゼットが飛び立つときの「Z」はやっぱり「N」に見える(笑)

あはは、確かに「N」に見える。
光線の構や形も「Z」だし、「Z」に対する強いこだわりを感じるねぇ。

ウルトラマンZ 第2話感想

恋するヨウコ

戦闘終了後、本部にて。
なにやら乙女チックなヨウコ。
恋しちゃったのかぁ。

いやーカッコイイもの。
恋してもおかしくないよ。

ゼットの年齢を聞いて「5,000歳かぁ~♡」って・・・。
いくら枯れ専でも限度がありませんか。
まぁゼットって人間換算したらかなり若いと思うけど。

まぁ、そうだね。
でも人間とウルトラマン。
今までのウルトラマンシリーズを考えても、あり得ない組み合わせじゃないんだよね?

今までもあったけど、あくまで人間体との恋愛感情がメインだったような・・・。
ガチにウルトラマン状態に恋するのはレアかも?
ヨウコの恋路がどうなるかも注目だね!

次回

 

次回第3話は「生中継! 怪獣輸送大作戦」。

ゴモラと、新フォーム「ベータスマッシュ」が登場。
お楽しみに!

 

第3話感想
ウルトラマンZ 第3話感想
ウルトラマンZ 第3話 感想夫婦対談 / ゴモラは花粉症 ベータスマッシュ登場!

『ウルトラマンZ(ゼット)』第3話「生中継! 怪獣輸送大作戦」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

『ウルトラマンZ(ゼット)』関連記事はこちら

注意

この記事に対するコメントはできませんので、ご了承ください。

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

9+

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-ウルトラマン
-,

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5