ゲーム情報

2020/9/30

「日本ゲーム大賞2020」受賞作品を発表 / 『龍が如く』ハリウッド実写化 みなとも Game News Pick Up 20年9月23日~29日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!「日本ゲーム大賞2020」ではアトラス作品が2本優秀賞に!『真・三國無双8Empires』が発表。など。

ゲーム情報

2020/9/29

『スーパーマリオブラザーズ35』『Spiritfarer』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年9月24日~10月7日

20年9月24日~10月7日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『A Short Hike』『カービィファイターズ2』などなど。

ゲームの旅路

2020/9/28

『シンキングシティ』『サンシャイン』クリア ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.23

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『あつ森』『The Sinking City』『ゴーストオブツシマ』『スーパーマリオ 3Dコレクション』です。

週刊アトラス

2020/9/27

【TGS2020】裏ネタあり!アトラス特番「TGSだよ、目がテン!」情報まとめ【週刊アトラス】

「東京ゲームショウ2020」の中で放送された26日の「アトラス特番」を観ました!おもしろメンバーによる濃い話、聞けましたよ。

ウルトラマンZ 第14話感想

ウルトラマン

2020/9/26

ウルトラマンZ 第14話 感想夫婦対談 / 笑いと感動と迫力と驚きの四次元的神回!

『ウルトラマンZ(ゼット)』第14話「四次元狂騒曲」の感想を、夫婦対談形式でお届け。ひと味違ったウルトラマン感想記事です。

ウルトラマン 私たちのお気に入り

2020/9/29

ウルトラかいじゅう絵本 全巻感想・レビュー / ウルトラマンファン目線でツッコミまくる!?

登場ウルトラマンはもちろん、登場怪獣やモブキャラクター的な怪獣までご紹介。ちょっと変わった感想記事です。

ゲーム情報

2020/9/23

『P5R』のボードカードゲームが登場 / 3DSシリーズが生産終了 みなとも Game News Pick Up 20年9月16日~22日

私たちがこの一週間で得た気になるゲーム情報、この一週間のゲームプレイ状況・購入したゲームなどを紹介します。アトラスニュースも!『メガテン3』の新グッズも魅力的。TGSタイムスケジュールのおさらいも。

ゲーム情報

2020/9/21

『Ori and the Will of the Wisps』『原神』etc. ゲーマー夫婦の「新作ゲーム談議」20年9月17日~9月30日

20年9月17日~9月30日に発売される新作ゲームから、いくつかピックアップして夫婦で語ります。『World for Two』『Into the Breach』などなど。

ゲームの旅路

2020/9/21

妻、『ツシマ』開始 / 『3Dコレクション』は『サンシャイン』から ゲーマー夫婦の「ゲームをまったりと語ろうよ」vol.22

今、攻略中のゲームをゲーマー夫婦が語り合います。略して「ゲゲ語り」!ネタバレありの対談記事です。今回は『あつ森』『龍が如く7』『カルドセプトリボルト』です。

Ghost of Tsushima(ゴーストオブツシマ)

ゲームレビュー

2020/9/20

ゴースト オブ ツシマ 感想・レビュー byみなと / 圧倒的迫力で魅せるオープンワールド時代劇

『Ghost of Tsushima』をクリア!「洋ゲーだし、日本のこと勘違いしたゲームでしょ?」いいえ!違います。「和」へのリスペクトにあふれた傑作でした!

特別企画

みなとも対談【UNDERTALE】Nルート編 ~私たちが感じたこと~ 

2019年3月24日

UNDERTALE

発売してから、口コミで広がっていった印象のある『UNDERTALE(アンダーテイル)』。
遅ればせながら、私たちもプレイしてみました。

笑ったり、泣いたり、考えさせられたり、恐怖を感じたりと、私たちに大きな影響を与えた『UNDERTALE』。

ネタバレなしのレビュー記事だけでは語りつくせぬ!

というわけで、クリア後だから話せるアレコレを夫婦で語り合いました。
ちなみに私たちは3周目のとあるボスで止まっています。

なので、私たちがプレイしたその辺りまでのネタバレありの対談になっています。
ですから、まだクリアしていない方や2周目、3周目を未プレイの方も、ご覧にならないでください!

『UNDERTALE』の世界にひたれるよう、BGMの試聴ボタンを設置しています。
ぜひ、音楽をかけながら読んでください。

注意

この記事は『UNDERTALE』のネタバレを含みます。
未プレイの方は絶対に読まないでください!!

なお、ネタバレなしのレビュー記事はこちらです
→ UNDERTALE(アンダーテール) 感想・レビュー byとも

スポンサーリンク

Nルート(1周目)

いせき周辺

冒頭の物語は飛ばすけれど、落ちてきたニンゲンに名前をつけたら、花のフラウィに出会うよね。
で、フラウィから「カプセルを拾ってね」って言われて、それにあたるとダメージを受ける。
この世界は「殺すか殺されるかだ」ってね。

フラウィの存在は知ってたんだよね。
「『UNDERTALE』のマスコット」みたいな立ち位置なのかなって思ってた。
だからその花に言われた言葉の衝撃は大きかった・・・。

うん。いきなり予想を裏切られるよね。
その後、トリエルが来て。
で、トリエルにかなり親切にしてもらうんだよね。
パズルを解くのも親切に書いてあったり、手つないで一緒に歩いたりさ。

そうそう。とっても優しくて、いい人なんだなって分かる。
モンスターとのバトルも、戦わなくて済むようにトリエルが助けてくれるんだけれど・・・自然と戦っちゃうんだよね。
今までの経験からか「敵=倒す」になっててさ。
いや、戦いたかったのかも。

UNDERTALE

先入観や固定概念もあったよね。
1周目の時は、特に疑問にも思わず倒してたけど。

いま思うと「本当にごめんなさい」だよ。

で、いせきを後にして、ホームに着くとさ、見たことのある花があるんだけど、名前がわからない。
部屋にある本に「ガマ」が載っていて、別名「ウォーターソーセージ」だってわかる。
で、さっきの花を調べると「ウォーターソーセージだ」って言う。
調べたから、セリフに変化があった。
これ、最高じゃない?

UNDERTALE

だね。他にも看板やセリフでも、センスが光るよね。
トリエルに「アズゴアたちに殺される」みたいなセリフがあるけれど、「アズゴア」だけ赤で書かれてて、
「きっと怖いボスがいるんだな」って思ったよ。

うんうん。思った。
で、トリエルに「力を証明してみろ」って言われたから、しぶしぶ戦ったんだけれど・・・トリエルが死んじゃった。
まさか死ぬとは思わなかった。
なんか、自動的に死なない展開になるんだろうと思っててさ。
でも、倒さないと次に進めないのかなって思って、罪悪感を少し背負って、先進んだわ。

 

 

スノーフル周辺

で、サンズに出会うよね。
「弟のパピルスがニンゲンを捕まえようとしているから、そこのランプに隠れて」って。
ランプ!?って驚いたけれど、ニンゲンとピッタリなんだよね。

私の好きなシーンですよ。そこ。
何枚もスクリーンショット撮ったよ。

UNDERTALE

すごいよね。
ああいった場面で、ああいうオブジェを用意するセンス。
あっ、パピルスだけセリフが縦書きなんだよね。

うんうん。
サンズもそうなんだけど、フォントが違ってたり、セリフの音が違っていたりしてさ。
そうやって、個性を表しているのがビックリしたな。

UNDERTALE

そうだねぇ。
ここのエリアでは、ゆきモフの話とか、犬の兵士の話とか、パズルの話とか話そうと思うとずっと話せるね。

うん、確かにね。
犬の兵士といえばさ、スノーフルのバー「グリルビーズ」で「今日は犬の兵士たちがいない」って話が出て。
「あー、ごめん。倒したわ・・・。」ってまた、罪悪感が生まれて。

そうなんだよね。
でも、倒さないとレベル上がらないし、ボス戦でも困ると思ったから、エンカウントしたら必ず倒してたよ。

うんうん。私もです。
で、パピルス戦を経て、パピルスとデートして・・・。
これまた話すとキリがなくなるね。

 

 

ウォーターフェル周辺

ウォーターフェルで、モンスターの子に会うね。
アンダインに憧れてる。

うん。あの子がまた、可愛くてねぇ。
ズデって転ぶのもいいよね。
ウォーターフェルって、雨のようなものが降ってたり、星のようなものが見えたりして、けっこう幻想的で好きなんだよね。

UNDERTALE

ウォーターフェルでは、影の使い方がうまいよね。
ドット絵でああいった表現ができるのはビックリしたな。

うん、あれはビックリした。そしてゾッとした。
で、そこにアンダインですよ。
大きくて、甲冑着て、絶対強いと思った。

UNDERTALE

攻撃も槍がブンブン飛んでくるしね。
危険な敵だと思ったよ。

うん。その後かな。
私の好きなナプスタブルークと一緒に遊ぶのは。
カタツムリレース、応援してねって言うから、応援したら止まった(笑)
応援する度に止まる(笑)
でも、わかるよ。
応援されたらプレッシャーになって、力を発揮できなくなるよね。

UNDERTALE

うんうん。見守っていてほしいよね。
でもまぁ、応援しなくても勝てないんだけどね。
そういうのも含めて、当たり前なこと、ゲームの常識っていうものを覆しているゲームだと思うな。

見た目の思いこみっていうのもあるよね。
イカツイから、怖いんだろうみたいなね。

愛の形や認識も違うっていうのがわかるよね。
「当たり前が当たり前じゃない」っていうのが伝わるよ。

で、その後、アンダインを倒したらパピルスから電話がかかってきて、
「3人で遊ぼう。いい友達になれるよ」みたいなこと言われて。
ちょいちょい、心をエグってくるよね。

そうなんだよねぇ。
また罪悪感が生まれるんだよね。

 

 

ホットランド周辺、ラスボス

ホットランドで、アルフィーとメタトンに会うね。
まさかのクイズとか、ロミオとジュリエットとか、番組とかいろいろあったね。
これまた話すと長くなるけど。

メタトン戦の前に、「今までのことはアルフィーのやらせだった」みたいなこと言われてさ。
アルフィーの可愛さや優しさに触れて、アルフィーを信じてたから、ビックリしちゃって。
あの話が本当かウソかはわからないけれど、ゾクッとしたよ。

「何を信じるべきなんだろう?」って気持ちになるよね。
その後は「ニューホーム」でいろいろ過去の話が分かって・・・。
最終戦の直前、サンズに「実はEXPは殺戮ポイントで、LVは暴力レベルのことを指す」って言われて。
で、言われて初めてハッとするんだよね。

これは私もハッとしたわ。
ゲームにとってそれが当たり前、普通だと思っていた行為は実はとんでもない行為だったって。

そうなんだよね。「RPGの当たり前」を、ここでも覆してくる。
で、アズゴアに出会う。
一面、金色の花でキレイなんだよね、ここ。

UNDERTALE

うん。「水あげ終わるから待って」って言われて。
今までモンスターからは「アズゴアはいい人」と聞かされていたけれど、本当に「いい人」なんじゃないかと思い始めてさ。
あれ?本当にこの人倒すの?って感情になった。
で、アズゴアに「しょうがない、戦うかぁ」みたいになってさ。

アズゴア戦に入ると、アズゴア自身が「みのがす」ってコマンドを壊してくるんだよね。
もう後には引けないぞって感じで。
この時の曲が、ものすごいよね。

そう!最初聴いた時の衝撃はスゴかった!

で、ある程度戦闘したら「たたかう」か「みのがす」かの選択が出るんだよね。
「みのがす」って選択したら、あいつが来てさ。
まぁ、目論見どおりだったわけだよね。

ほんとにあれはビックリだったよ。
で、このラストの戦いがもう絶望しかないんだよね。
何度やっても倒されるし、逃げ場もないし。
ラスボスの造形も恐怖だったな。

「別ゲーか!?」って思うくらいとんでもないバトルだったよね。
で、そんな時に・・・ね。

「これで負けない」って確信したら、泣けてきてね。
ずっと泣きながらプレイしてたから、涙で見えない見えない。

で、戦いの最後はとどめをさすか、ささないかの選択肢が出てさ。
俺は「ささない」の選択を選んだ。

私も。殺戮ポイントや暴力レベルは上げたくなかったもの。

 

 

次へのルートへの誘い

あいつがさ「次は誰1人殺さないで来てよ」って言うんだよね。

そうそう。
でも「『誰も殺さない』ってどういうこと?」って思った。
いせきで、トリエルがいるときはトリエルが助けてくれるけど、いせき以外はどうするのって。

うん。
まぁ、半信半疑で2周目をスタートさせたというわけだね。

 

 

おわりに

この後も対談は続きました。
続きはまた後日です。

第2回もお楽しみに!

追記。続きはこちら
→ みなとも対談【UNDERTALE】Pルート・Gルート編 ~私たちが感じたこと~ 

この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。励みになります。

3+

当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!↓

「ゲーマー夫婦 みなとも」の

ゲームレビューリスト

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


おすすめ記事

ゲームレビュー 1

「ゲーマー夫婦 みなとも」のゲームレビュー記事一覧です。検索・ソート機能付きで目的の記事を探しやすい!

2

ゴールデンウィーク間近!1人でどっぷり、ガッツリはまれるゲームを紹介します。中毒性の高い作品、ボリューム満点の作品、揃っています!

3

長い休み。子どもと一緒になにか楽しみたい、そんな時「テレビゲーム」という選択肢はいかがでしょう?「テレビゲーム」を理解し、子どもとの距離をグッと近づけるため「一緒に遊べるテレビゲームのオススメ」を紹介します。

4

私たち夫婦にとって、特別なメーカーである「アトラス」。アトラスが出しているゲームから、特にオススメしたい作品をご紹介します!

5

値段が安いのに、おもしろい!長時間楽しめる!そんなインディーゲームをご紹介。「コストパフォーマンス」の観点からゲームをおすすめします。

-特別企画
-,

© 2020 ゲーマー夫婦 みなとも =Gamelovebirds MINATOMO= Powered by AFFINGER5