ゲームレビュー

HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

2017/11/07

バッジとれ~るセンター

3DS、基本無料ダウンロードゲーム。

うさぎのバイトと、姿を見せぬ店長が切り盛りしている、ゲームセンターが舞台。
ゲームセンターといっても、できることは、UFOキャッチャーのみ。
UFOキャッチャーをして、バッジを取る。

そのバッジは正式名称にもあるように、3DSのHOME画面で飾ることができる。
バッジは任天堂キャラクターはもちろんのこと、ゲーム会社の垣根を越えているものもある。

 

アームは、定番であるクレーンなど4種類。
5プレイで90円。
架空のお金ではなく、リアルマネーを支払う。
つまり課金ゲーである。

「うわ。課金かよ。」

と思うかもしれない。
しかし、このゲームが親切なところは、無料プレイが充実している点にある。
また課金のおまけもうれしい。

なお、課金は1ヵ月に1万円までという上限あり。
また、プレイにはインターネット環境が必要。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

発売年 2014年
発売元 任天堂
開発元 任天堂
ハード ニンテンドー3DSシリーズ
ジャンル バッジがゲットできるゲームセンター
CERO A(全年齢対象)
公式サイト バッジとれ~るセンター
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの

 

追記情報

[16年9月5日追記]
不明な点は、バイトをタッチするか、ゲーム内のインフォメーション、電子説明書でご確認ください。

 

[16年11月21日追記]
質問がありましたので、明記します。
『とびだせ どうぶつの森』が『とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)』に無料アップデートされたことを受けて、今、とび森関連のamiiboやamiiboカードが人気だそうです。
バッジとれ~るセンターで扱っているバッジの中にも、とび森関連のamiiboがいます。
しかし、あくまでもバッジですので、ホーム画面に飾ることしかできません。
操作ができるバッジは、ニンテンドーeショップや内蔵カメラ、すれちがいMiii広場などを起動するもののみです。
なおレビューはこちら
→ とびだせ どうぶつの森 amiibo+(アミーボプラス)アップデート後レビューbyとも

 

[16年11月27日追記]
ダウンロードソフト『イラスト交換日記』の日記にバッジを貼ることができるようになりました。
詳しくはこちら
→ イラスト交換日記 レビューbyとも

 

[16年11月28日追記]
最下部に「お子さんに勝手に課金されないようにするには」を追記しました。

 

[17年3月8日追記]
当ブログでは、視聴した映画のレビューもしています。
各映画のイメージ画像は、今作で入手したバッジを使って作成しました。
参考になるかと思いますので、ご覧下さい。
→ 「映画レビュー」カテゴリー

 

バッジの飾り方

[17年1月15日追記]
バッジの飾り方を追記します。
なにもゲームを起動していない状態で、左上のマークをタッチ。

マイHOMEメニュー
「バッジをかざる」をタッチ。
するとこのゲームでゲットしたバッジが出てきます。

L・Rボタンで、カテゴリーごとにページが移動します。
十字キーの左右ボタンで、カテゴリー内のページが移動します。
右の四角マークで、アイコンの大きさを変えられます。
右上の設定マークで、バッジをフォルダの上に飾れたり、バッジを全て戻せます。
終了する場合は、左の×をタッチ。

 

バッジケースの入れ替え方法

[17年3月2日追記]
バッジケースの入れ替えは、バッジとれ~るセンター内のインフォメーションから行う。
インフォメーションにて「バッジケースの設置」→「バッジのいれかえ」でできる。

ただし、バッジの入れ替えをすると、HOMEに飾っている全バッジがいったんケースに戻ってしまう。
それを回避するには、マイHOMEメニューで、今のバッジ状態を保存しておけばいい。
しかし、ソフトの中断中はマイHOMEメニューの機能は使えないため、ソフトを立ち上げる前に行う必要がある。

マイHOMEメニュー

マイHOMEメニューは、左上のメニューの中

 

ゲーム内容

品揃え

バッジの品揃えは主に任天堂キャラクターだが、ロックマンや妖怪ウォッチ、サンリオキャラクターなど、ゲーム会社の垣根を越えたものもある。
変わったバッジといえば、ローソンのポンタやあきこちゃん。このコラボにはかなりびっくりした。

常にそれらがあるわけでなく、品揃えは日々変わっていくので、注意。
ちなみに、過去に出たバッジでも、めぐりめぐって出ることがあるので、要チェック。

[16年11月21日追記]
最近の傾向としては、毎週金曜日に新バッジが配信されている。
金土日無料プレイを実施しているので、かなりうれしい。

 

親切な無料プレイの充実

このゲームが親切なのは、無料でかなりのことができる所。
例えば、不定期ではあるが、新バッジが出た記念として、金土日各1~2回の無料プレイ実施。
イベントとしての無料プレイ実施
そして「当たりつき!練習キャチャー」が魅力的。
1日1回(5プレイ)のみ遊べて、くじとなる練習用バッジを集める。(現実時間の朝4時から翌朝3時59分までの営業時間が1日としてカウント)

あつめたハズレくじ10枚で、1プレイ無料。
小当たりが出ると1プレイ無料。
大当たりが出ると3プレイ無料。
ハズレくじ10枚と当たりくじは併用できるので、2プレイ無料、または4プレイ無料なんてことも。

[16年9月2日追記]
金土日の無料プレイが本日から、不定期ではなくなり、レギュラー化。
また金土日に遊べなかった場合でも、平日に訪れると無料プレイを一度プレゼント、とある。
毎週金土日無料プレイ実施ということは、今までのイベントでの無料プレイは廃止の可能性がある。

 

課金のおまけ

もし、課金してもおまけがくる。
1日180円の支払いで、HOME画面での限定テーマがもらえる。
また、支払い90円でバイトのバッジをもらえるキャンペーンもある。
課金ゲーだとしても許せてしまう。
なお、ゲーム中の下画面の情報に、なにがもらえるのか書いてあるので、しばらくページがめくられるのを待ってほしい。

 

プレイのコツ

16年8月10日現在、アームはクレーン、ハンマー、バクダン、スティックの4種類。
ボタンを離しても、すぐにピタッとは止まらないので、「当たりつき!練習キャッチャー」で、練習して、アームのクセを見抜いて、攻略してほしい。
練習あるのみ。(練習用の台は毎日変わるので、ねらっている台やアームが練習用に選ばれるとは限らない)

注意する点は、クレーンの開いた先に、障害物がある場合。
その障害物にぶつかって取り損ねないようにご注意を。

難易度の高いプレイ方法は「その場所にピッタリねらう」だと思う。
緊張したりして、うまくいかない方が多いかもしれないが、ゲットできたときの感動は大きい。
制限時間はないので、焦らずゆっくりと、作戦を練ってプレイしてもらいたい。

なお、下画面にある大きなAボタンを タッチペン で押して操作してもいいが、誤作動回避のため、3DS本体のAボタンで操作するといい。

[17年4月18日追記]
公式サイトにて、「バイトがおしえるテクニック」動画を配信中です。
こちらからどうぞ →https://www.nintendo.co.jp/3ds/dl/jwvj/ 

 

ローソン限定プリペイドカード[16年8月22日追記]

16年1月にローソン限定で、バッジとれ~るセンターオリジナルのプリペイドカードが1000円で発売された。
なんと5プレイのプレゼントつき。つまり90円お得。
その1000円はバッジとれ~るセンターだけで使用するわけではなく、ニンテンドーeショップで使える。
そのお得さで、つい2000円分購入。「どうせダウンロードゲーム買うし・・・」と。

それから約半年。16年8月にその第二弾が発売された。
まさか来るとは思いませんでした。
今回も5プレイのプレゼントつき。しかも20%の確率でさらに5プレイで、合計10プレイの大当たりが出るかも、と来た。
今回も2000円購入。そしてなんと大当たり!!
当たったのに、バイトはなにも言ってくれませんでした・・・。

こちらはローソンのみの販売で、数量限定です。
なお、番号は二段に分かれていて、上段がプリペイド番号、下段が無料ダウンロード番号です。
無料プレイのみ楽しんで、ゴミ箱へ・・・なんてことのないよう、お気を付け下さい。

 

良い点

無料プレイとおまけ

無料プレイでかなり遊べるところ。
課金したとしても、限定テーマや限定バッジがもらえること。

 

「イチオシ!Miiverse広場」がおもしろい

バッジを飾った HOME画面をスクショして、投稿することができる。
[HOME画面の撮り方・・・Yボタンを押して、↓を押すと下画面が撮影できる]

優秀作品は、なんとその広場で披露され、自分の作品が全国のみんなの目に触れるというシステム。
うさぎのバイトが解説をするのだが、かなりのゲーマー&雑学の持ち主で、コメントもおもしろい。

上手い方は何度も採用されているため、名前を覚えてしまった。
課金しないと作れないであろう作品もあるけれど、アイディア次第という作品はたくさんある。
だから、みんなにチャンスはある。

かくいう私も採用された。なんと3回も。
初めて採用されたのが、この「かぐや姫」。

バッジとれ~るセンター

次に採用されたのが、これ。タイトルは「逃げろ」だっけな。

そして次がこれ。「スルメイカの作り方」ってタイトルだっけな。

バッジとれ~るセンター

採用された時は、すごくうれしかった。
なお、投稿してから採用されるまで、2、3カ月ほどかかる模様。

 

不満点

ロードが長い

お店のバッジの内容を替えるためなので、これは仕方がないかなとは思う。
ちなみにインターネットにつながっている環境でないとロードもプレイもできない。

 

一度お店を離れると、バッジの配置がリセット

例えば、バッジが5個並んでいて、無料プレイで4個取ったとする。残りは1個。
「いらないや」と思い、バッジとれ~るセンターを完全に離れる。
「やっぱりさっきの1個、課金してでも欲しい」と、再度入店。
初期化され5個並んでいる、という具合。
ゲームを終了する際は、お気をつけて。

 

バッジケースの使いずらさ

バッジケースの中に入っているバッジのみ飾れるのだが、制限があり、種類は1000まで。カテゴリは100まで。
というわけで、全てのバッジを吟味しながら飾っていくということができない。
また、バッジケースの中身を入れ替える際、カテゴリの中に入っているバッジが見えない。

私の持っているバッジは2000近く(16年8月10日時点)。ある程度記憶しているものの、正確には覚えておらず、しかたなく、カテゴリ別でバッジを飾り、スクショで撮って、それを見ながら吟味したこともあった。
けれど、新しいバッジを取るたびに撮影で辛く、この方法は断念。

ゲーム内にコレクションがあり、全てのバッジが見られるのだが、クレーンの台ごとのページのため、膨大になり、1枚1枚チェックするのに時間がかかる。

入れ替えの際に全バッジが見えるようにしていただけると、すごく助かるのだが・・・。

 

プレイ状況(16年8月10日時点)

ソフトウェア ダウンロード
プレイ期間 配信後すぐ開始したので、約2年
プレイ状況 ほぼ毎日プレイ
プレイ時間 1日10分程度
総バッジ数 約2000個
課金と無課金の割合 課金2割、無課金8割

 

総評

3DSを持っているのなら、このゲームはオススメ。
無料でかなりのことができるから。
しかし、あくまで課金ゲームなので、のめり込みに注意。
特にお子さんが勝手に課金しないよう、制限をかけておくことを勧めます。
最下部に記載してありますので、参考になさってください。

関連記事はこちら
→ さよなら そして ありがとう!『バッジとれ~るセンター』 byとも

全体評価   ★★★★☆ 

操作性    ★★★☆☆
システム   ★★★★☆
品ぞろえ   ★★★★☆

夫からもちょっと言わせてくれ

「イチオシ!Miiverse広場」に投稿されているネタがおもしろくて、バイトのコメントも毎回、手が込んでいて良い。
ただ、わかる人にしかわからないサブカルネタ・パロディーがちょっと多過ぎかな。
バッジのレパートリ-はポケモンやどうぶつの森に偏り過ぎている。
人気コンテンツなのはわかるけど、せめてスマブラ関連キャラくらいはカバーしてもらいたい。

お子さんに勝手に課金されないようにするには

3DS本体の設定で、保護者による使用制限をかけることができます。

初めて設定する場合、まず、3DSの「本体設定」→「保護者による使用制限」を選択。
暗証番号の設定とヒミツの質問の設定、メールアドレスの設定を行う。
「ニンテンドーeショップ等での商品やサービスの購入」が「制限する」になっていれば、購入する際に、設定した暗証番号が必要になります。
暗証番号はお子さんに分からない番号で。

すでに暗証番号を設定している場合は、「ニンテンドーeショップ等での商品やサービスの購入」が「制限する」になっているかどうかの確認を。

 

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , , ,