映画レビュー

映画「ゴールデンスランバー」 レビューbyとも

2017/07/27

イメージ画像

映画のイメージ

3DS「バッジとれ~るセンター」でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS「バッジとれ~るセンター」のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

公開年 2010年
ジャンル サスペンス
監督 中村義洋
主なキャスト 堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、濱田岳、香川照之、滝藤賢一

 

あらすじ

青柳雅春(堺雅人)は、大学時代の友人である、森田森吾(吉岡秀隆)に釣りに誘われ、合流する。
数年ぶりに会った、森田の様子があきらかにおかしい。
聞けば、青柳は首相殺しの犯人に仕立て上げられると言う。
森田を信じられない青柳だが、近くで行われていた首相の凱旋パレードで爆発が起きる。

 

原作

伊坂幸太郎氏の小説「ゴールデンスランバー」が原作。

 

今まで私が観た、中村義洋監督の監督作品

  • 『アヒルと鴨のコインロッカー』(2006年)
  • 『チーム・バチスタの栄光』(2008年)
  • 『フィッシュストーリー』(2009年)
  • 『ジェネラル・ルージュの凱旋』(2009年)
  • 『ゴールデンスランバー』(2010年)
  • 『ポテチ』(2012年)
  • 『奇跡のリンゴ』(2013年)

スポンサーリンク

記事下広告1

感想

巨大な組織が動くと、現実でも起こりえる話。
作中のマスコミの情報操作なども、納得のいく話。

大学の友人、力になってくれる仲間の手を借りながら、逃げていく様は、天晴れである。
時代や時間の交差、一見関わりのなさそうな人物が交差する時など、「交差」がこの作品をよりおもしろいものにしている。

 

この映画は、ぽけーっと見られる映画ではない。
登場人物の心情や裏事情、関係性など、想像力を働かせる必要がある。
想像力が働かせられない人は、つまらないで終わってしまうと思う。
リアリティはありますが、現実的表現と映画的表現の2つが入り乱れた作品なので、純粋に「映画」だと思ってみると楽しいと思います。

テレビでもネットでも、「その情報は真実なのか」ということをあらためて確かめさせられる映画でした。

総合★★★★★
脚本★★★★★
演出★★★★☆
映像★★★☆☆

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-,