映画レビュー

映画「ラッシュライフ」 レビューbyとも

2017/07/27

イメージ画像

映画のイメージ

3DS「バッジとれ~るセンター」でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS「バッジとれ~るセンター」のレビューはこちら
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

公開年 2009年
ジャンル ドラマ
監督 真利子哲也、遠山智子、野原位、西野真伊(東京芸術大学 映像研究科)
主なキャスト 堺雅人、寺島しのぶ

 

映画について

作家、伊坂幸太郎の小説を映画化。
東京芸術大学の映像研究科の4人の監督からなるオムニバス映画。

スポンサーリンク

記事下広告1

ネタバレと評価

完全ネタバレの為、評価を先に。

総合★☆☆☆☆
脚本★☆☆☆☆
演出★☆☆☆☆
映像★☆☆☆☆

以下ネタバレが含まれています。見ても大丈夫な方のみスクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

ネタバレ

脚本がひどい。
映像がひどい。
音楽もひどい。
音声もひどい。
演出がひどいせいなのか、一部の役者が棒読み。
伊坂幸太郎が好きなのに、これには失望(この原作まだ読んでないけど)。
まぁ、序盤に出てきた遺体がかなりリアルで、そのショックが尾を引いた可能性もあります。

調べてみれば、東京芸術大学の映像研究科たちが手掛けた映画で、配給元も東京芸術大学。
うーん。
脚本とかカメラワークなどの「技術」で、もっと魅せてほしかった。

一見、オムニバスですが、ほぼ繋がりがなく、同時期に起こった人々の短編集という感じです。

 

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-, ,