映画レビュー

映画「セッション」 レビューbyとも

2017/08/01

イメージ画像

映画のイメージ

3DS「バッジとれ~るセンター」でゲットしたバッジを使った、私の勝手な映画のイメージ画像です。
画像のキャラクターと映画は一切関係ありません。
3DS「バッジとれ~るセンター」のレビューは
→ HOMEメニューにかざれる バッジとれ~るセンター レビューbyとも

概要

原題 WHIPLASH
公開年 2014年
ジャンル ドラマ
監督 デイミアン・チャゼル
主なキャスト マイルズ・テラー、J・k・シモンズ
Amazonビデオのページ セッション(字幕版)
セッション(吹替版)
PSストアのページ セッション(字幕版)
セッション(吹替版)

 

あらすじ

名門音楽学校へ進学したニーマン(マイルズ・テラー)。
ドラムの練習をしていた、ある日、鬼教師フレッチャー(J・k・シモンズ)と出会い、狂気の世界に踏み込んでいく。

スポンサーリンク

記事下広告1

感想と評価

キャッチコピーに「才能と狂気」という言葉が使われていますが、「才能と狂気+努力」だと思います。
ものすごい努力です。
実際、ほんとに血が出るくらい、ドラムを叩いたらしいです。
だから、映像に本物の血が映ってます。
痛ぃ・・・。

実はこの映画の存在を知ってから、「絶対、音楽いいぞ」と思い、映画よりも、サントラCDの方を先に聞いていました。
ネタバレしないように最初の2曲だけ聞いて(オープニング曲)、「あーこれは映画も間違いない」と思い、映画を観ました。
そして大当たり。
音楽もいいし、映像もいい。
J・k・シモンズの演技がすばらしく、頭にある手術痕がさらに怖くさせています。

とりあえず、なにも知らず、見てほしいです。
圧倒されました。

ちなみにジャズのことや音楽のことを知らなくても大丈夫です。
また原題の「WHIPLASH」は映画内に出てくる、曲のタイトルです。

総合★★★★★
脚本★★★★★
演出★★★★★
映像★★★★★

Amazonビデオのページはこちら
 セッション(字幕版)
→ セッション(吹替版)

PSストアのページはこちら
→ セッション(字幕版)→ セッション(吹替版)

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-映画レビュー
-,