ゲームレビュー

ウルトラマン Fighting Evolution 3 レビューbyみなと

2017/06/15

概要 

【発売日】2004年12月2日
【発売元】バンプレスト
【開発元】メトロ
【ハード】プレイステーション2
【ジャンル】ウルトラバトルアクション
CERO】A(全年齢対象)
【公式サイト】http://www.banpresto-game.com/ultraman_fe3/
画像は全て上記サイトより引用

ウルトラマン Fighting Evolution ファイティング・エボリューション)3

「ウルトラマン」を題材にした、3D格闘アクションゲーム。
PS2『ウルトラマン Fighting Evolution (ファイティング・エボリューション)3』をレビューします。

「ウルトラマン」にハマり、「ウルトラマン」が登場するおもしろいゲームを探していて、今作に出会った。
経緯はこちらのコラム 「ウルトラマン」で。

 

スポンサーリンク

記事下広告1

各モード解説

▼ウルトラモード

TVシリーズの印象的な回を再現したモード。
ここでしか登場しない形態や、敵も存在する。
基本的には、使用キャラや技はミッションにより固定。
ゲームオリジナルのミッションもある。

ミッション中の行動や残体力等で評価が下される。
全ミッションをA以上の評価でクリアすることで解放される要素がある。

▼バトルモード

CPU相手に5戦する。
ウルトラ戦士の場合、クリアすることで技を習得する。
装備している技によっては、新たな技を習得することもある。

▼VSモード

2Pか、CPUと対戦する。
同キャラを選んだ場合、2P側は緑がかったカラーリング。

▼タッグモード

プレイヤーが2人いないとプレイできない。
2人のウルトラ戦士が、怪獣(CPU)と5戦する。
5戦目は必ずガタノゾーア。

▼カスタムモード

各キャラの技を設定できる。
技は、各モードクリアで増えていく。

▼プラクティスモード

好きなキャラを選び、練習ができる。

▼チュートリアルモード

ウルトラマンタロウが、ゾフィーから戦闘の基本を教わる。
今作は独特な戦闘システムなので、必ずプレイしておこう。
また、条件を満たしたうえで「チュートリアルモード」をクリアすると解放される要素もある。

▼ビューモード

プレイアブルキャラと、ステージの鑑賞ができる。
キャラクターには、簡単なプロフィールが表示される。
タイプチェンジや支援機のモデリングも鑑賞可能。
戦闘中に流れる曲を試聴することもできる。

▼リプレイモード

自分がプレイした「ウルトラモード」と「VSモード」での最近の5戦をリプレイできる。
リプレイ中はカメラアングルを変えることも可能。
メモリーカードにリプレイデータを保存することもできる。
メモリーカードに保存しなかったデータは、ゲームを終了すると失われる。

▼オプション

  • ゲーム難易度
  • 「ウルトラモード」以外の戦闘制限時間
  • ラウンド数
  • 必殺技チャージの通常/自動
  • 振動機能のON/OFF
  • セーブ、ロード、オートセーブのON/OFF
  • サウンド
  • キーコンフィグ
    の設定ができる。

ゲーム難易度は、EASY・NORMAL・HARDから選べる。
EASYでも全要素開放は可能。

制限時間は1:00、2:00、2:40、3:00から選べる。
ただし「タッグモード」の場合、ダメージを与えた量で勝っていても制限時間が来れば負けになってしまうので注意。

 

良い点

徹底した原作再現

変身シーン、技のモーション、効果音やエフェクト等、TV原作の再現度がとても高い。
フォームチェンジのあるキャラは別形態もちゃんと実装していて、戦闘中に変身できる。
必殺技でしかトドメを刺せない点も、こだわりが伺える。

「ウルトラモード」においても、ゲームとして成立する範囲で、原作再現をしている。
原作に出た技を使うと評価が上がったりなんてことも。

ウルトラマン Fighting Evolution ファイティング・エボリューション)3

巨大感 特撮感

動き一つ一つに重みがあり、巨大なキャラクターが戦っている感じが良く出ている。
まるで人間が中に入っているかのよう。

とても「特撮」っぽい。
市街地や山里など、特撮で良く見るステージが用意されていて、戦闘中はビル等が破壊されていく。
特に「夜の街」は雰囲気たっぷりで、ウルトラ戦士の目も光ったりしてカッコいい。

 

充実した参戦キャラクター

TVシリーズとしては、「ウルトラマン」~「コスモス」までの、主要なウルトラ戦士と怪獣・宇宙人が参戦している。
ゾフィーやジャスティスといった主役以外のウルトラ戦士もいて、実に充実している。
全プレイアブルキャラを、記事の最下部に記載しておく→『全プレイアブルキャラ一覧(一部ネタバレあり)

一部ネタバレのため注意。

ウルトラマン Fighting Evolution ファイティング・エボリューション)3

ウルトラマン Fighting Evolution ファイティング・エボリューション)3

簡単な操作

難しいコマンド操作は一切なく、格闘ゲーム初心者でも簡単。
制限時間までに必殺技が決まらないと決着がつかない為、瀕死の状態でも逆転の可能性がある。
動作が遅いため、反射神経が必要な場面も少ない。遅すぎて苛つく要因にはなり得るが・・・。
取っつきづらい印象の「格ゲー」の中では、かなり敷居は低いと思われる。
というか、娘に負けることすらある。

 

技カスタマイズ

必殺技・特殊技・シールド技は、カスタマイズで入れ替えできる。
フォームチェンジのあるキャラは、フォーム毎に設定できる。
技の豊富なウルトラ戦士たちの魅力を、存分に吟味できる要素だ。
もちろん、各技のモーションも作り込まれているので、使わない技でも一通り見ておきたくなる。

 

不満点

怪獣の技の少なさ

怪獣も技カスタマイズができるが、そもそもカスタマイズするほど技がない。
必殺技が一つしかない怪獣もざらで、怪獣を使う楽しさは低め。
これも原作再現ではあるのだが。

 

タッグモードの仕様

「タッグモード」の使用キャラは、ウルトラ戦士の中から選ぶ。
敵は怪獣(操作はコンピューター)が1体ずつ。5戦を勝てばクリア。
怪獣同士でタッグを組んだり、ウルトラ戦士と怪獣でタッグを組んだりはできない。
タッグ戦ならではの技もあるが、ごく僅か。
掴み技もタッグ専用になるが、使い勝手は悪い。

ガタノゾーアと戦える点は良いが。

ウルトラマン Fighting Evolution ファイティング・エボリューション)3

何度も同じウルトラモード

「世界10拠点同時侵略指令」というミッションは、全ウルトラ戦士で挑戦できて、使用したウルトラ戦士の技がクリア報酬。
つまり、技を揃えるためにはウルトラ戦士全員分、同じミッションをクリアせねばならない。
ミッション自体も「何戦もこなす必要があるもの」で、時間がかかる。

 

総評

今作で初めて知ったキャラクターも多数いるが、1キャラ1キャラ丁寧に作られているためか、気に入ったキャラは多い。

ズシンズシンと動くさまは非常に重量感があり、「これぞ、巨大特撮3D格闘アクション!」というできばえだ。

全要素を開放するのに手間と手順はあるが、実に完成度が高い「ウルトラマンゲーム」である。
願わくば、この路線で最近のシリーズも網羅した「ウルトラマンゲーム」が出て欲しいものだ。

【ソフトウェア】パッケージ版
【プレイ時間】60時間

全体評価   ★★★★☆

シナリオ   ★★★☆☆
操 作 性  ★★☆☆☆
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★★★
ビジュアル  ★★★★☆
音   楽  ★★★★☆

全プレイアブルキャラ一覧(一部ネタバレあり)

「このキャラが使えるなら買おうかな」という方もいるやもしれないので、ここに全プレイアブルキャラを記しておこう。
隠しキャラも含めているため、少しネタバレにはなる。
名前の後ろの()は、そのキャラのタイプを記している。

ウルトラ戦士

  • ウルトラマン
  • ウルトラセブン
  • ウルトラマンジャック
  • ウルトラマンA
  • ウルトラマンタロウ
  • ゾフィー
  • ウルトラマンレオ
  • アストラ
  • ウルトラマン80
  • ウルトラマンティガ(マルチ、スカイ、パワー、グリッター)
  • ※グリッターティガは「ウルトラモード」の1ミッション限定
  • ウルトラマンダイナ(フラッシュ、ミラクル、ストロング)
  • ウルトラマンガイア(ノーマル、V2、スプリームヴァージョン)
  • ウルトラマンアグル(ノーマル、V2)
  • ウルトラマンコスモス(ルナ、エクリプス、フューチャー)
  • ウルトラマンジャスティス(スタンダード、クラッシャー)
  • ウルトラマンレジェンド
    ※ウルトラマンレジェンドは、「ウルトラモード」にて出現させてから、PS2の電源を切るまでの間だけ各モードで使える。

怪獣・異星人

  • バルタン星人
  • キングジョー
  • ゴモラ
  • グドン
  • エースキラー
  • タイラント
  • エースロボット
  • マグマ星人
  • ゴルザ(強化)
  • レイキュバス(冷気、炎)
  • ガンQ
  • ゼットン
  • ツインテール
  • レッドキング
  • もうそうウルトラセブン
  • イーヴィルティガ
  • ニセウルトラマンダイナ(ミラクルタイプ)
  • グローカービショップ
  • ダダ
  • ベムスター
  • バキシム

 

-ゲームレビュー
-, ,