ゲームレビュー

十三機兵防衛圏 感想・ファーストレビュー byとも

2019/12/01

十三機兵防衛圏

アトラス × ヴァニラウェア の大作『十三機兵防衛圏』が発売されました。

唯一無二のグラフィックで目を見張る今作。
7時間ほどプレイした感想をお伝えします。

ネタバレなしです。

なお『十三機兵防衛圏 プロローグ(有料体験版)』をプレイ済みです。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『十三機兵防衛圏』概要

19年11月28日時点の情報です。

発売日 19年11月28日
発売元 アトラス 
開発元 ヴァニラウェア
ハード PS4
ジャンル アドベンチャー
プレイ人数 1人
CERO C(15才以上対象)
通常価格 【パッケージ版】
通常版 9,878円
プレミアムボックス 16,478円
【ダウンロード版】
通常版 9,878円
プレミアムエディション 13,178円
公式サイト 十三機兵防衛圏
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの。
一部の画像は『十三機兵防衛圏 プロローグ』のものです。
権利表記 ©ATLUS
©SEGA ALL rights reserved

 

 

ゲーム内容

主人公は13人です。

十三機兵防衛圏

『十三機兵防衛圏 プロローグ』スクリーンショットより

 

パート選択

十三機兵防衛圏

3つのパートに分かれています。

▼追想編

13人それぞれの視点を追体験する探索パート。
ルート分岐もあります。

十三機兵防衛圏

 

▼崩壊編

機兵(ロボット)を使っての戦闘パート。
最大6人まで操作できます。
難易度は3段階から選択できます

十三機兵防衛圏

 

▼究明編

一度見た追体験を再度回想することができます。

十三機兵防衛圏

 

「クラウドシンク」システム

追想編では「クラウドシンク」システムを採用しています。

見聞きした言葉や名前をキーワードとして、主人公は覚えます。
それをクラウドシンク内で考えたり、使用します。

十三機兵防衛圏

十三機兵防衛圏

 

ミステリーファイル(用語解説集)

用語解説集があります。
一部は崩壊編で手に入る「ミステリーポイント」で開放します。

十三機兵防衛圏

 

セーブ数

オートセーブ枠が1つ、手動セーブ枠が9つです。

 

解説書

解説書が見られます。
一度目を通した方がわかりやすいと思います。

十三機兵防衛圏

 

 

感想・気になった点

感想の一部は『十三機兵防衛圏 プロローグ』と同じです。

 

グラフィックの良さと、キャラクターの自然な動き

追想編は、水彩画のようなタッチで、優しさとノスタルジックな雰囲気で、かなりの好感触

また人物の動きもとても自然で、よいです。

十三機兵防衛圏

 

複雑に絡むストーリー

主人公たちは13人ですが、他のキャラクターも含めると20人以上にもなります。

プレイしているとだんだんと名前や特徴を覚えていきます。
しかし、人物相関図が複雑だったり、時代も変わるため、頭の中でプチパニックになりやすいです。

今は真実が見えませんが、いずれ1本の真実が見えると感動すると思います。

ミステリーファイル(用語解説集)もありますし、究明編で再度回想できるので、極力わかるような配慮はあります。

十三機兵防衛圏

 

戦闘が爽快で楽しい

いわゆる「タワーディフェンス」といわれるタイプのバトルパート。

機兵(ロボット)を使うので「難しいのかな」と思っていましたが、難しい操作はいらず、意外にもサクサクと進んでいきます。

そして、たくさんの敵をいっぺんに倒す爽快感を味わえます。

主人公たちは3回連投はできません。
なので、誰をどう使い、どう作戦をたてていくか、を考えるのも醍醐味になっています。

十三機兵防衛圏

 

バランスが良い

最序盤は自由に選択できませんが、パート選択が解禁になると、主に「追想編」と「崩壊編」を行き来することになります。

ノベルパートである「追想編」でキャラクターを知り真実を追い、バトルパートである「崩壊編」で敵を倒し爽快感を得る。

このバランスが良いと思いました。

強制的にノベルパート、バトルパートでもよいのですが、気分によって自由にプレイできるのは良かったです。

 

バックログ

縦書きのバックログはかなり見やすく、台本のようでカッコいいと感じました。

十三機兵防衛圏

 

文字が小さくて読みにくい

崩壊編(バトルパート)で兵装のカスタマイズをする際に感じました。

どんな技なのか、という部分がとても小さいです。
採用しているフォントも読みにくいです。

十三機兵防衛圏

 

 

プレイ状況

ソフトウェア パッケージ版
プレイ時間 7時間20分(19年11月28日時点)
シリーズのプレイ状況(とも
※記事作成時点
十三機兵防衛圏 プロローグ(体験版)(PS4)

 

 

まとめ

『十三機兵防衛圏 プロローグ(有料体験版)』をプレイ済みですが、かなり忘れているため、新鮮な気持ちでプレイしています。

またバトルパートは『プロローグ』にはなかったので、戸惑いがありましたが、だんだんと理解してきました。

まだまだ序盤。
これからも楽しんでプレイしていこうと思います。

関連記事はこちら
→ 『十三機兵防衛圏』声優のお仕事まとめ【メイン13人】
→ 十三機兵防衛圏 プロローグ(体験版) 感想・レビュー byとも

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー
-, , , ,