ゲームレビュー 解説・操作方法・攻略

Dead Cells(デッドセル) 大型アップデート後 感想・レビュー byみなと

2019/03/27

DeadCells

本日のレビューは、Nintendo Switch版の『Dead Cells(デッドセル)』。

2Dダンジョンを探索して自身の能力を強化する「メトロイドヴァニア」と、
ゲームオーバーになるとスタート地点からやり直しになり、ランダムダンジョンを攻略する「ローグライク」の融合。

「ローグヴァニア」と言われるゲームデザインの作品です。

非常に高難度でしたが、無事クリアしましたので、レビュー・感想いってみます。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『Dead Cells』概要
発売日 2018年8月7日
発売元 Motion Twin
開発元 Motion Twin
ハード Nintendo Switch
ジャンル ローグライク、メトロイドヴァニア
プレイ人数 1人
対応コントローラー Proコントローラー
プレイモード TVモード、テーブルモード、携帯モード
CERO C(15才以上対象)
通常価格(税込) 2,480円
公式サイト Dead Cells(開発元海外サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 © 2018 Motion Twin. All rights reserved.
PSストアのページ Dead Cells

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

ゲーム内容

基本的な流れ

スタート地点である「牢獄」から、ダンジョンを探索・敵を倒しながら進み、先のエリアに進むことが目的。
武器や爆弾などの装備品・スキル等を拾ったり買ったりして自身を強化していきます。

「スクロール」と言われるアイテムを入手すると、ステータスを強化できます。

それら全てを無視しても先に進むことができますが、途中でボス戦があるので、強化せずに攻略するのは難しいです。

敵を倒して入手することがある「セル」は、エリア間の休憩所にて消費し、新たな武器やスキルのアンロックに使います。

ゲームオーバーになると、装備品や所持金、所持しているセル、スクロールによる強化を全て失い、スタート地点へ。

 

失わないもの

DeadCells

セルを使ってアンロックした要素は、ゲームオーバーになっても持続します。

装備品等をアンロックすると、アンロックした瞬間に手に入るほか、道中でもランダム出現するようになります。

攻略中に手に入れた「ルーン」も残ります。
ルーンは、特定の場所の仕掛けを解くための力で、新たなエリアへ行く時に必要になります。

ただし、ルーンを手に入れていなくても、エンディングに到達することは可能です。

 

アップデート

DeadCells

19年2月におこなわれた無料アップデート1.1で追加された要素を、わかる範囲でまとめます。

▼ゲーム内実績の追加

  • 新たなエリアに初めて到達
  • 新たなルーンを獲得
  • 特殊な行動を取る

といったことで解除される「実績」が追加されました。

すでにクリア済みのデータの場合、改めて条件をクリアすることで解除になります。

すでに習得済みのルーンに関する実績は、解除できないようです。

 

▼休憩所内に扉が追加

ダンジョン内に用意されていた、「○○分内に到達すると開く扉」が、ダンジョンの合間に用意されている休憩所内に移動しました。
休憩所内では時計が止まるので、この時限扉は開きやすくなったと思います。

また、「ダメージを受けずに○○体倒すと開く扉」が新たに追加されました。
達成した後にダメージを受けても、扉は開きます。

どちらの扉も、お金やセル、装備品を獲得できます。
アップデート前とは違い、スクロールは入手できなくなりました。

 

▼ELITEタイプの敵が強化

ダンジョン攻略中に、たまに登場するエリートタイプ。
通常の敵が大幅に強化された存在で、倒すと貴重な装備品等を落としますが、アップデートでさらに強敵に

2体同時や、障壁を作ったり、ガンビットのような補助機能を持ったり、さまざまな特殊技能を持つようになりました。

エリートと戦う際は、より慎重になる必要があります。

 

▼変異の効果調整

休憩所ごとに1つずつ、最大3つ追加できる特殊能力「変異」。
その効果に大きく調整が入りました。

分かりやすいところで言えば、「○○すると回復」といったタイプ。
アップデート前は固定数値の回復でしたが、アップデート後はパーセンテージで回復します。

その他にも、全体的に理にかなった調整がなされました。

 

▼カスタムモードの追加

ゲーム開始時に「カスタムモード」を選ぶことができるようになりました。

アンロック済みのアイテムの出現を抑えたり、ステージが常に暗闇に包まれたり。
通常とは違う設定でゲームをプレイできます。

好みに合った、挑戦してみたい設定を作り、いつもとは違う楽しみ方で遊べます。

 

▼その他の変更点

  • ボスの強さの調整
  • 難易度による難しさを調整
  • ボスの落とすアイテムを調整

などなど。

 

良い点

美麗なドット絵

DeadCells

全体的に、非常に美しくて丁寧なドット絵で描かれています。

キャラクターの動きも洗練されていて、惚れ惚れするほどのグラフィックです。

ロケーションによる雰囲気も差別化がされていて、攻略中に目が退屈になることは、ありませんでした。

 

重厚・軽快なBGM

↑のタイトル画面から、BGMはお気に入りでした。

今作の音楽はどれも秀逸で、時に重苦しく、時に軽快に冒険心を駆り立ててくれました。

 

中毒性が高い

メトロイドヴァニアとローグライクという、好きな人にはたまらないジャンルの融合。

とても難易度が高く、油断すると簡単に死んでしまいますが、すぐに「もう一回!」となり止めどきが分からないくらいでした。

  • ダメだった部分は大抵自分のミス
  • 復活までのロードが早い
  • アンロックされる要素によって戦術に幅ができる
  • ルーンによる新たな道の開拓
  • ダンジョン構造や拾うアイテムがランダムなので、同じプレイにはならない
  • 自分自身の上達が実感できる

大体、このあたりがハマる要因だと思いました。

クリアまでに40回以上死にましたが、うんざりすることなくエンディングまで頑張れました。

 

ニヤリとする小ネタの数々

30年以上前のSFホラー映画から、最近の高難度アクションRPGまで、ゲーム内の随所にオマージュ系小ネタが隠されています。

背景の絵などにも仕込まれているようで、制作陣の遊び心が見えました。

DeadCells

ちょっと休憩しようかな?

 

アップデートで快適に

今作のプレイを開始したのは、アップデート前。
攻略中にアップデートされました。

実はプレイ中は、「時限扉」に関しては「不満点」に書くつもりでした

アップデート前の時限扉はダンジョン中に設置されていました。
直前のエリアをスピーディーに抜けたとしても、次のエリアの時限扉を見つけられなかったら、開けなかったのです。

アップデート後ここは改善され、時計が止まる場所に移動になりました。

ただしスクロールは置かれなくなったので、強化に専念したい場合は無理に急ぐ必要はなくなりました。

その他にもアップデートで改善・修正された点が多くあります。
一部の難度は上昇しましたが、全体的に良アップデートであったと思います。

 

不満点

一部の実績が解除できない

アップデートで追加された「実績」ですが、すでに獲得済みのルーンに関する実績は、解除されませんでした。

実績自体、特別ゲームプレイに影響するものではありませんが、ちょっと釈然としないです。

獲得済みルーンの実績については、自動解除でも良かったのではと思いました。
アップデートに関しては、ここだけが不満でした。

 

名前かぶり

DeadCells

↑の2つの盾。
性能は違いますが、両方「防壁」。

これは、ミスなのでは・・・?

 

一部のグロテスクな敵

DeadCells

倒したらムシのような敵を生んだり、ナメクジを量産したり。
一部ではありますが、グロテスクな敵もいました。

こういったジャンルのゲームでは、必ずと言っていいほどグロテスクな敵が出てくる印象です。

今作の舞台設定的には仕方ないところではありますが、ちょっと苦手です。

 

プレイ状況

ソフトウェア ダウンロード
プレイ時間 40時間
所持しているサウンドトラック Dead Cells (Original Soundtrack)

 

総評

ノーマルモードをクリアすると、ハードモードに挑戦できます。
プレイしてみましたが、超序盤エリアで撃沈。
ここから先の攻略は、とても難しそうです。

それでも「挑戦してみようかな」と思わせる魔力が、今作にはあります。

「ローグヴァニア」という、麻薬のように危険なゲームジャンルです。
手を出す際は、ご注意を。

高難度ゲームやローグライクが苦手な人には合わないので、その点は考慮してくださいね。

通常価格は、2,480円(税込)です。

PS4版も発売されていますので、気になる方は、お好みの機種で。

PSストアのページはこちら
→ Dead Cells

全体評価   ★★★★★

シナリオ   ★★★☆☆
操作性    ★★★★★
システム   ★★★★☆
キャラクター ★★★☆☆
ビジュアル  ★★★★★
音  楽   ★★★★★

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-ゲームレビュー, 解説・操作方法・攻略
-, ,