解説・操作方法・攻略

Dead Cells(デッドセルズ) 攻略のコツ【ハードモード】

2019/08/09

はじめに

2Dダンジョンを探索して自身の能力を強化する「メトロイドヴァニア」と、
ゲームオーバーになるとスタート地点からやり直しになり、ランダムダンジョンを攻略する「ローグライク」の融合。

Switch版『Dead Cells(デッドセルズ)』のハードモードをクリアしました!

今回は、ハードモードを中心とした、今作の攻略のコツを伝授したいと思います。

ノーマルモードの攻略にも役立つ情報ですが、あくまでノーマルモードをクリアした前提でお話します。
未クリアの方は、ご注意を。

 

プレイヤーによって、さまざまな攻略法がある今作。
あくまで「みなと的攻略法」ということを念頭に置いて、読んでいってください。

なお、バージョンは1.2を想定しています。

今作のレビュー記事はこちら
→ Dead Cells(デッドセル) 大型アップデート後 感想・レビュー byみなと

この記事は、みなとがお伝えします。

スポンサーリンク

記事下広告1

概要

「→」をクリックすると展開します。

『Dead Cells』概要

19年6月15日時点の情報です。

発売日 Switch版 2018年8月7日
PS4版 2018年8月7日
発売元 Motion Twin
開発元 Motion Twin
ハード Nintendo Switch、PS4
ジャンル ローグライク、メトロイドヴァニア
プレイ人数 1人
CERO C(15才以上対象)
通常価格(税込) ダウンロードソフト
Switch版 通常版 2,480円
Switch版 Rise of the Giant同梱版 2,480円
PS4版 通常版 2,480円(追加アップデートは無料)
公式サイト Dead Cells(開発元海外サイト)
画像の出典 画像は全て、ハード本体のスクリーンショット機能で撮影したもの
権利表記 © 2018 Motion Twin. All rights reserved.

Nintendo Switchの動画撮影機能に対応しています。

 

 

モード解説

ハードモードの始め方

ノーマルモードでラスボスを倒し、「ボス・ステムセル」を入手します。
スタッフロール後に牢獄に戻ってから、「ボス・ステムセル」を使用します。

Dead Cells(デッドセル)

スタート地点にある透明な管のところで、使用します。

 

ノーマルモードとの違い

  • 敵の強さがアップ
  • 出現する敵の種類が変化
  • 道中のボスセル扉が開くようになる
  • 中ボス戦後の休憩所でできる、高品質アイテムのドロップ率上昇(レジェンダリー・フォージ)で、++のアイテムにセルを投入できるようになる
  • 生命の泉が減少

生命の泉を使って回復薬をチャージできますが、特定の休憩所では壊れてしまっているため、利用できません。
大体、2回に1回くらいの割合で壊れています。

 

 

攻略のコツ -準備編-

ルーンをそろえよう

Dead Cells(デッドセル)

ノーマルモードクリア時点で未取得のルーンは、ノーマルモードで回収しておきましょう。

ルーンを獲得することで、新しいエリアに行くことができます。
新しいエリアで未取得のルーンが見つかることもあるので、一度は全エリアを探索しておきましょう。

ルーンを使って行ける場所には、装備品やセル、スクロールがある場合があります。
まずはルーンをそろえ、強化できるチャンスを増やします。

 

セルを使ってアンロックしよう

DeadCells

ノーマルモードをクリアしている以上、ある程度の要素はアンロックできていると思います。

少なくとも「回復薬」や「ゴールド保持」は、できるだけ優先して強化しましょう。
あと、「最初の武器」「最初の弓」「最初の盾」も優先的に。

 

各種装備品のアンロックは、慎重に。
アンロックした装備品が多いほど、落ちている装備品のランダム性が上がります。

どの装備品が使いやすいかはプレイヤーによりけりなので、説明文を読んで自分に合ってそうなものをアンロックしていきましょう。

「使ってみたら、意外といける」という場合もありますが。
僕の場合は、近接武器より遠距離武器を優先しました。

 

レジェンダリー・フォージを強化しよう

Dead Cells(デッドセル)

高品質アイテムのドロップ率が高まる、レジェンダリー・フォージ。
中ボス戦後の部屋にのみある施設で、セルを投入することで高品質アイテムを入手しやすくなります。

ドロップ率が上昇すると、落ちているアイテムだけではなく、初期装備や店売りのアイテムも高品質になります。

「+」品質のアイテムは、休憩所の鍛冶屋(マイナー・フォージ)で「++」品質に鍛えなおすことができます。

「++」のアイテムはスクロールの効果もあるため、自分のステータスの底上げにもなります。

 

「+」品質のドロップ率を100%にしたら、「++」品質のドロップ率を上昇させられるようになります。
「++」品質にセルを投入できるのは、ハードモード以降です。

 

▼セルを大量投入するために

大量のセルを必要とするレジェンダリー・フォージ。

ですが、直前の中ボス戦ではせいぜい20ほどしか獲得できません。
ノーダメージやスピードクリアでも獲得数を増やせますが、もっと確実な方法があります。

セルの持ち越しです。

エリア間にある休憩所では、セルを使い切らないと扉があかない仕様です。

Dead Cells(デッドセル)

ですが、この扉は攻撃やローリングで壊すことができます
壊すことでセルを持ち越して次のエリアに行くことができるので、中ボス戦までセルを保持したまま進むことが可能です。

Dead Cells(デッドセル)

もちろん、途中で死んでしまえば全て失ってしまいます。
中ボスを安定して倒す自信があれば、ぜひ狙ってみてください。

 

 

攻略のコツ -実践編-

ノーダメージを目指す

Dead Cells(デッドセル)

エリア間の休憩所には、条件をクリアすると開くドアがあります。

1つは、その回の経過時間によって開く「時間制限ドア」。
1つは、直前のエリアでダメージを受けずに敵を一定数倒すと開く「アンタッチャブルドア」。

どちらのドアも、多くのセルやレベルが高めの装備品を獲得できます。

時間制限ドアは、とにかく早くエリアを抜ければ開けますが、途中の探索がおろそかになりがちです。
できれば、アンタッチャブルドアのクリアを目指したいところ。

そのためにも、できるだけダメージを受けない立ち回りが必要です。
ハードモード以降は回復できる手段も限られてくるので、なおのこと。

 

個人的にオススメしたいのは、遠距離武器とスキルの活用です。

近接武器の場合、素早く敵を倒すことができますがダメージを受ける危険も高まります。
できる限り近づかずに敵を倒しましょう。

遠距離武器のオススメは、単発ダメージの大きいクロスボウ系。
スキルは、グレネードや自動ダブルクロスボウ、タレットなどがオススメです。
安全に行くなら、スキルで少しずつ片付けましょう。

空中で「↓+ジャンプ」をすると、下方向に大ダメージのドスン攻撃ができます。
こちらもオススメ。
ただし、上に戻る手段を確保することと、下に棘や毒沼がないか注意しましょう。

みなと的最強装備は、「ヘヴィクロスボウ」「パワーグレネード」「ウルフトラップ」。
盾は「防壁」が良いですが、それ以外でもOK。

Dead Cells(デッドセル)

アンタッチャブルドアは、最初のエリアのみ敵30体。
次のエリアからは敵60体をノーダメージで倒すと開きます。

一度条件をクリアすれば、そのエリアでダメージを受けてしまっても大丈夫です。

 

スクロールで強化する

Dead Cells(デッドセル)

スクロールを入手すると、ステータスを選んで強化することができます。

スクロールは、↑画像のように有料の扉の中にあったり、普通に道端に落ちていたりします。
☆がついた敵を倒しても、落とす場合があります。
「++」や「L」の装備品はスクロール効果が1つ、「S」の装備品はスクロール効果が2つ付属しています。

最終的には、スクロールでどれだけ強化できたかが、ボス戦で物を言います。
できる限り獲得しておきましょう。

優先して強化したいステータスは、使っている武器やスキルにもよりますが、オススメはHPの上昇率の良い「生存」
なので、生存属性の武器やスキルが、やはりオススメになります。

ただし、「暴虐」「戦術」もある程度強化すること。
HPの伸びが良くなります。

 

ちなみに↑の有料扉は、攻撃をし続ければ破壊可能です。
呪われますが。

 

呪われた箱に関して

Dead Cells(デッドセル)

  • スクロール、お金、アイテムが手に入る
  • ただし呪われる
  • 呪われた状態でダメージを受けてしまうと即死
  • 敵を10体倒せば、呪いは解除される

このように危険な呪われた箱ですが、ハードモード以降の場合スクロールをどれだけ得られるかが、とても重要。
できる限り入手したいです。

呪いは、トラップや毒沼のダメージでもアウト。
いくら安全に敵を倒せても、進行方向に針の山があると非常に危険です。

そういった危険地帯が多いエリアの場合は、呪われた箱を諦めるか、ワープなどを開放して安全に移動できる状態を確保してから開けるようにしましょう。

敵が10体以上残っていることも肝心です。
次のエリアが中ボス部屋なら、なおさら。

 

遠距離攻撃をパリィしよう

ハードモード以降は、ナイフ・スロワーという透明な敵が出現するようになります。

おそらくハードモード最初の洗礼。
不意打ちで満身創痍になった人も多いかと。

この敵、透明ではありますがわずかに背景が歪むので、注意して見ればそこにいるのが分かります。

この敵のナイフ攻撃は3連続で放ってきますので、よけるのはなかなか難しいのです。
そこで提案したいのが、盾によるパリィ。

パリィに成功すれば、遠距離攻撃を跳ね返すことができます。
3連続のナイフに対し、盾に対応するボタンをタイミング良く3連続に連打。
これで全弾跳ね返せば、大抵倒すことができます。

安定して対応できるのには慣れが必要ですが、ナイフ・スロワーは多くのエリアに登場しますので、対策を習得するのはとても大事です。

 

同様に、他の敵の遠距離攻撃もパリィで跳ね返すことができれば、攻略が大きく楽になります。

Dead Cells(デッドセル)

近接攻撃のパリィはタイミングが難しいですが、遠距離攻撃は比較的簡単です。
選択肢の1つとして、覚えておきましょう。

 

攻略ルート

全てのルーンがあれば、攻略ルートはかなり自由がききます。

ルーンを使って行くエリアは敵が強めですが、その分リターンも大きいです。

個人的に好みのルートは、

牢獄 → 有毒の下水道 → 古い下水道 → 辛苦の安置所 → 墓場 → 洞穴 → 守護者の安息所 → 天上城 → 玉座の間

ワープしてくる敵が苦手なため、そのタイプの敵ができるだけ少ないルートです。
洞穴はデーモンが危険ですが、拾えるアイテムの質が高いです。

Dead Cells(デッドセル)

 

ボス戦に関して

dead cells

ハードモードではボスのステータスも強化されています。
ですが、ボスの行動自体はどの難易度でも変わりません。

スクロールで十分に強化をし、設置系の罠を張って逃げ回る。

これだけでも、意外となんとかなります。

攻撃をパリィできると非常に有効ですが、慣れるまでは危険です。
ローリングが全般的に役に立ちますので、活用しましょう。

ラスボスに関しては、それでも強敵。
しかも直前の休憩所で回復薬のチャージができないので、天上城攻略の際は細心の注意を払い、できるかぎりダメージを受けないようにしましょう。

 

 

まとめ

『Dead Cells』の攻略方法を、みなと流で解説してみました。
いかがでしたか?

プレイヤーによって、得意な行動、得意な敵、得意なルート、それぞれ違うのも今作のおもしろいところ。

この記事を参考に、自分なりの攻略法を探してみてください。

ちなみに、この記事作成時点では「ベリーハード」を攻略中。
段違いに難しくて、まだまだ苦戦中です。

関連記事はこちら
→ Dead Cells(デッドセル) 大型アップデート後 感想・レビュー byみなと

↑この記事が気に入りましたら「いいね!」してください。
励みになります。

コメントはこちら

お気軽にコメントしてください!

↓当ブログに初めて来た方は、こちらがオススメ!

twitter

★下記のフォローボタンでフォローすると、「ゲーマー夫婦 みなとも」の最新の投稿がTwitterでわかります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


-解説・操作方法・攻略
-, ,